TORIYAMA Kinya

J-GLOBAL         Last updated: Feb 21, 2019 at 17:17
 
Avatar
Name
TORIYAMA Kinya
E-mail
torikintohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/d55d7f5276dd6f6f8b0d21ed388d4669.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Life Science Department of Environmental Bioscience Laboratory of Environmental Biotechnology
Job title
Professor
Degree
Doctor of Agriculture(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2005
 - 
Today
Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
 
Apr 1999
 - 
Mar 2005
Associate Professor, Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
 
Apr 1993
 - 
Mar 1999
Associate Professor, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 
Feb 1991
 - 
Mar 1993
Iwate University, Associate Professor
 
Sep 1988
 - 
Aug 1990
Postdoctoral Associate, Cornell University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1988
農学, Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1983
農学, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Sep 2004
 - 
Today
Plant Cell Reports  Editor
 
Jan 2016
 - 
Jun 2016
日本植物細胞分子生物学会  評議員
 
Feb 2014
 - 
Dec 2015
日本植物細胞分子生物学会  学術賞・特別賞・技術賞・奨励賞・学生奨励賞の各賞選考委員
 
Jan 2012
 - 
Dec 2015
日本植物細胞分子生物学会  評議員
 
Feb 2013
 - 
Mar 2015
東北マリンサイエンス拠点形成事業研究運営連絡会  外部評価委員
 

Awards & Honors

 
Apr 1993
イネのプロトプラスト培養とトランスジェニックイネの作出, 日本育種学会賞, 日本育種学会
Winner: 内宮博文、島本功、鳥山欽哉
 
Jul 2016
講演番号P128 イネ品種「Ma sho」の柱頭露出率に関係するQTLの解析, 第129回講演会日本育種学会優秀発表賞, 日本育種学会
Winner: 川出 駿*, 鳥山 欽哉
 
講演番号P128 (ポスター発表)
イネ品種「Ma sho」の柱頭露出率に関係するQTLの解析
☆川出 駿, 鳥山 欽哉 (東北大院農)
川出 駿 (M2)
Nov 2010
講演番号526 「イネLD型細胞質雄性不稔性に対する稔性回復遺伝子Rf2はグリシンリッチタンパク質をコードする」, 第118回講演会日本育種学会優秀発表賞, 日本育種学会
Winner: 板橋 悦子*(PD), 岩田 夏子, 藤井 壮太, 風間 智彦, 鳥山 欽哉
 
講演番号526 (口頭発表)
イネLD型細胞質雄性不稔性に対する稔性回復遺伝子Rf2はグリシンリッチタンパク質をコードする
○板橋 悦子・岩田 夏子・藤井 壮太・風間 智彦・鳥山 欽哉(東北大院農)
Nov 2004
ナガイモレクチン遺伝子を導入した害虫抵抗性植物の作出と評価, 東北大学大学院農学研究科 農学研究科長奨励賞, 東北大学大学院農学研究科
Winner: 鳥山欽哉、小川智久、堀 雅敏
 

Published Papers

 
Genetic diversity among perennial wild rice Oryza rufipogon Griff., in the Mekong Delta
Dinh T. Lam, Bui C. Buu, Nguyen T. Lang, Kinya Toriyama, Ikuo Nakamura, Ryuji Ishikawa*
Ecology and Evolution   2019 1-14   Jan 2019   [Refereed]
Tetsuya Murakami, Tomohiko Kazama, Kinya Toriyama*
Rice   11(30) 1-5   May 2018   [Refereed]
Igarashi K, KazamaT, Toriyama* K
Plant Cell Physiol   57 2187-2193   Oct 2016   [Refereed]
IF=4.319
Igarashi K (D3)
Toriyama* K, Kazama T
Rice   9(22) 1-4   May 2016   [Refereed]

Misc

 
R. Sjahril, M. Riadi, Rafiuddin, T. Sato, K. Toriyama, T. Abe, A. R. Trisnawaty
IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   157    Jun 2018
© Published under licence by IOP Publishing Ltd. Local rice in general has several weaknesses among others, long life, high plant posture and low yield result. The character is a limiting factor that causes farmers low interest to grow local rice....
DNAの組換え・遺伝子組み換えから、21世紀に喜ばれる植物が誕生するか
鳥山欽哉
食と農コミュニケーションづくりの集い「未来ある農業のために−少なくとも今—」   60-66   Jul 2012
羽柴輝良/鳥山欽哉編
Molecular studies on cytoplasmic male sterility and shoot apical meristem in rice.
Ito Y, Kazama T, Toriyama K
Tohoku J Agri Res   60 55-58   Dec 2009
遺伝子工学的手法を用いた雄性不稔作出技術と一代雑種作出法
有泉亨, 鳥山欽哉
育種学研究   9(1) 13-192   Mar 2007
細胞質雄性不稔植物の稔性回復遺伝子の正体とは? PPRタンパク質によるミトコンドリア遺伝子の発現制
鳥山欽哉, 風間智彦
化学と生物   43 212-213   Apr 2005

Books etc

 
農学生命科学を学ぶための入門生物学
山口高弘, 鳥山欽哉 (Part:Joint Editor, 3-2 遺伝の機構 pp. 88-95、3-3-2 トランスジェニック植物 pp. 97-99)
東北大学出版会   May 2011   ISBN:978-86163-165-5
遺伝学の基礎
西尾剛, 向井康比己, 大澤良, 草場信, 鳥山欽哉 (Part:Joint Work, 第9章85頁〜94頁,第10章95頁〜106頁,第12章119頁〜128頁)
朝倉出版   Mar 2006   
植物まるかじり叢書3 花はなぜ咲くの?
西村尚子著  日本植物生理学会監修 担当コラム著者 鳥山欽哉 (Part:Joint Work, コラム「植物にとっての花粉アレルゲン」 p.101-103)
化学同人   Mar 2008   ISBN:978-4-7598-1183-4
担当コラム「植物にとっての花粉アレルゲン」p.101-103
安全のための手引き(コンプリートマニュアル)
鳥山欽哉 (Part:Joint Work, 第2章-8 病原微生物・遺伝子組換え実験 pp. 56-67)
東北大学大学院農学研究科安全衛生委員会編   Mar 2006   
赤坂和昭、遠藤泰志、萩野顕彦、菅野均志、中野俊樹、新谷尚弘、鳥山欽哉、吉岡俊人(東北大学大学院農学研究科安全衛生委員会編)
ISBN 4-9902910-0-X
A manual of experiments for agriculture
鳥山欽哉, 岸谷幸枝, 長谷修, 高橋英樹 (Part:Joint Work, 65-67, 84-87, 114-159)
ソフトサイエンス社   Apr 2002   

Conference Activities & Talks

 
Dominant male sterility originated from an indica cultivar Lebed
Murakami T, Kazama T, Toriyama K
International Hybrid Rice Symposium 2018   27 Feb 2018   
Development of cytoplasmic male sterile lines of elite Indica Group rice cultivars using CW-CMS/Rf17 system
Toriyama K*, Kazama T, Fukuta Y, Oka M
International Hybrid Rice Symposium 2018   27 Feb 2018   
Poster, Abstract in Program Book p. 59: IHRS2017-1015
野生イネに由来するRf1相同遺伝子の分子遺伝学的解析
小方郁弥*・鳥山欽哉・風間智彦
日本育種学会第132回講演会   7 Oct 2017   
要旨集 育種学研究 19(別2)p.79
小方郁弥(M2)
イネ品種LEBEDに台中65号を連続戻し交雑することで得られた雄性不稔系統の遺伝学的解析
村上哲也*・風間智彦・鳥山欽哉
日本育種学会第132回講演会   7 Oct 2017   
要旨集 育種学研究 19(別2)p.127
村上哲也(M2)
イネミトコンドリアに存在するプラスミド様環状DNAの分子遺伝学的解析
阿部瑞希*・風間智彦・鳥山欽哉
日本育種学会第132回講演会   7 Oct 2017   
要旨集 育種学研究 19(別2)p.127
阿部瑞希(M1)
Comparative analysis of cytoplasmic male sterility developed from various rice
Kazama* , T., and Toriyama, K.
XIX International Botanical Congress   23 Jul 2017   
CW型細胞質とRf17遺伝子を利用したIR64とBasmatiの細胞質雄性不稔系統と稔性回復系統の作出
鳥山欽哉*・風間智彦
日本育種学会第131回講演会   29 Mar 2017   
要旨集 育種学研究 19(別1)158
CMS原因遺伝子orf79を保有する4種類のイネにおける稔性回復機構の解析
志田怜那*・長恵理子、風間智彦、鳥山欽哉
第11回東北育種研究集会   12 Nov 2016   
要旨集 p.10
志田怜那(M2)
長恵理子(B4)
Boro型細胞質雄性不稔性イネのミトコンドリアゲノムの解読
風間智彦*、鳥山欽哉
日本育種学会第130回講演会   24 Sep 2016   
要旨集 育種学研究18(別2) 14
orf79を保有す様々なイネにおけるorf79発現制御の比較解析
志田怜那*・長恵理子、風間智彦、鳥山欽哉
日本育種学会第130回講演会   24 Sep 2016   
要旨集 育種学研究18(別2)215
志田怜那(M2)
長恵理子(B4)

Research Grants & Projects

 
Plant Breeding through Introduction of Recombinant DNA
Project Year: May 1988 - Today
Analysis of Genes Expressed during Reproduction in Plants
Project Year: May 1988 - Today

Patents

 
MY-160224-A : マンノース特異的レクチン前駆体に含まれるシグナルペプチド及び当該シグナルペプチドをコードする核酸並びにその利用
小松正明・角康一郎・鳥山欽哉・小川智久・村本光二・堀雅敏・加藤哲也
5958979 : イネCW型雄性不稔細胞質に対する稔性回復遺伝子及び稔性回復方法
鳥山欽哉・藤井壮太
特許第5769310号 : マンノース特異的レクチン前駆体に含まれるシグナルペプチド及び当該シグナルペプチドをコードする核酸並びにその利用
小松正明・角康一郎・鳥山欽哉・小川智久・村本光二・堀雅敏・加藤哲也
5713314 : イネCW型雄性不稔細胞質に対する稔性回復遺伝子及び稔性回復方法
鳥山欽哉・藤井壮太
CN 101969758B : イネCW型雄性不稔細胞質に対する稔性回復遺伝子及び稔性回復方法
鳥山欽哉・藤井壮太
中華人民共和国 特許 登録番号 CN 101969758B, 
登録日 2014 年 3 月 5 日

Social Contribution

 
東北大学サイエンスカフェ第82回
[Others]  27 Jul 2012
エンジョイDNA〜よくわかる遺伝子組換え植物〜
「東北大学の新世紀」花粉の不思議を解明
[TV or radio appearance, Contribution]  東日本放送  3 Dec 2007
第4回科学者の卵養成講座
[Others]  3 Sep 2011
エンジョイDNA〜遺伝子組換え植物と植物の環境適応
東北大学ファイエンスカフェから 細菌を利用して植物を改良
[TV or radio appearance, Contribution]  河北新報  8 Aug 2012
広瀬小学校に水稲品種「愛子2号」の苗を提供
[Others]  Apr 2006 - Oct 2006
仙台市青葉区下愛子の広瀬小学校(土岐山武校長)の田植えの体験学習に、愛子地区で育種されたコメ「愛子2号」を古里の小学校の教育に役立てたいと、愛子2号の田植えの提案および苗の提供を行なった。

Others

 
Apr 2016   日本独自技術利用のインディカ・ジャポニカ新規ハイブリッドライス 実用化研究
従来不可能であった多様なエリートインディカ品種の細胞質雄性不稔化を実現し、それを♀親としてジャポニカ品種(♂)を交雑する新規ハイブリッドライス育種を実用化するため、東北大学が独自に開発した中国野生稲型(CW型)細胞質雄性不稔性と稔性回復遺伝子Rf17を利用することの優位性を実証する。
Oct 2014   オミクス育種技術のイネへの適用、イネ有用遺伝子の探索
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
次世代農林水産業創造技術
「戦略的オミクス育種技術体系の構築」
代表 阿部知子(理研・仁科)
Oct 2014   イオンビーム照射による栽培環境の変化に適応したイネの開発
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
次世代農林水産業創造技術
「ゲノム編集技術等を用いた農水産物の画期的育種改良」
代表 江面浩(筑波大学)
Apr 2014   アブラナ科植物の伝搬・栽培・食文化史に関する領域融合的研究
基盤研究(B)(海外学術)アブラナ科植物の伝搬・栽培・食文化史に関する領域融合的研究(連携研究者)
代表者:武田和哉(大谷大学)
Apr 2014   重イオンビーム突然変異誘発技術の効率化と耐塩性品種の育成
重イオンビーム突然変異誘発技術の効率化と耐塩性品種の育成