ANBO Hideo

J-GLOBAL         Last updated: Jan 15, 2019 at 16:04
 
Avatar
Name
ANBO Hideo
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f5a55c7e68837c6b40ea6afe7bb64f72.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Education Educational Science Human Development and Disabilities
Job title
Associate Professor
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Sep 2010
   
 
日本心理臨床学会  実行委員
 
Jul 2009
   
 
日本ヒューマン・ケア心理学会 第11回大会  実行委員
 
Jun 2009
   
 
日本コミュニティ心理学会 第12回大会  実行委員
 
Sep 2007
   
 
日本社会心理学会第47回大会  実行委員
 
Apr 2005
   
 
日本ヒューマンケア心理学会  理事
 

Published Papers

 
糖尿病者と配偶者の食事療法における取組に及ぼす性別の影響と問題構造の検討
東海林渉,安保英勇
ヒューマン・ケア研究   17(2) 93-114   Mar 2017   [Refereed]
竹ヶ原靖子, 安保英勇
心理学研究   88(1)    Jan 2017   [Refereed]
友人間の相談行動における援助要請コストを低下させる要因の検討
竹ヶ原靖子, 安保英勇
東北大学教育学研究科研究年報   65(1) 35-46   Dec 2016
援助要請における援助者コスト予測の変容可能性
竹ヶ原靖子, 安保英勇
対人社会心理学研究   17 25-33   2016   [Refereed]
メンタルヘルス・リテラシー教育は高校生の援助要請の態度を促進するのか-臨床心理士もしくは保健担当教諭による授業の実施-
内田知宏,高橋由佳,佐藤修哉,本庄谷奈央,安保英勇,上埜高志
日本社会精神医学会雑誌   25(3) 202-212   2016   [Refereed]
東北大学生の留学及びカリキュラムの国際化に関する意識
神谷哲司,工藤与志文,田中光晴,安保英勇,深谷優子,若島孔文,本郷一夫
東北大学教育学研究科教育ネットワークセンターー年報   15 1-15   Mar 2015
The Influence of the Costs Associated with Help-Seeking on the Perceptions of Help-Seekers and Help-Givers
Yasuko TAKEGAHARA,Hideo AMBO
Annual Bulletin, Graduate School of Education, Tohoku University   1 27-39   Mar 2015
高校生のメンタルヘルスリテラシーおよび相談意欲の向上を目的とした介入の効果の検討
佐藤修哉,内田知宏,高橋由佳,本庄谷奈央,伊藤晃代,安保英勇,上埜高志
東北大学大学院教育学研究科年報   62(2) 119-132   Jun 2014
援助要請行動の研究動向と今後の展望
竹ヶ原靖子, 安保英勇
東北大学教育学研究科研究年報   62(2) 167-184   Jun 2014
ソーシャルサポートと自己効力感が糖尿病のセルフケアに及ぼす影響
東海林渉,大野美千代,安保英勇
ヒューマン・ケア研究   14(2) 139-152   Mar 2014   [Refereed]
高校生用日本語版心理専門職への援助要請に関する態度尺度短縮版(ATSPPH-SF)の信頼性および妥当性の検討.
佐藤修哉、安保英勇、藤川真由、内田知宏、上埜高志
学校メンタルヘルス   17(2) 142-151   2014   [Refereed]
石津 憲一郎・安保 英勇
心理学研究   84(2) 130-137   Jun 2013   [Refereed]
「若者自立塾」の効果の検討―利用経験者の就業状況の観点から―
安保英勇
東北大学臨床心理相談室紀要   11 1-12   Mar 2013
行動分析による箱庭制作過程の検討―不安との関連を中心に―
遠藤歩,安保英勇
ヒューマン・ケア研究   13(2) 125-133   Mar 2013   [Refereed]
第一部Ⅴ 仕事と家庭の関係について
安保英勇
「大学・短大教員のキャリア形成と能力開発に関する調査」報告書(CAHE TOHOKU Report 48)   44-48   Mar 2013
第二部第四章 ライフワークバランス
安保英勇
「大学・短大教員のキャリア形成と能力開発に関する調査」報告書(CAHE TOHOKU Report 48)   91-98   Mar 2013
親しい仲にもエラーは生じるか:相談行動における視点取得
竹ヶ原靖子,安保英勇
東北大学臨床心理相談室紀要   11 40-51   Mar 2013
ピアサポートの実践 ―学習支援の試み―
安保英勇
東北大学における障害学生支援システム構築の試み      Mar 2013
春入学・秋始業に対する自由記述
安保英勇
「大学の秋入学に関する東北大学生の意識調査」報告書   27-32   Mar 2013   [Invited]
仕事と家庭の関係について
安保英勇
大学・短大教員のキャリア形成と能力開発に関する調査 報告書   44-49   Mar 2012   [Refereed]
ライフワークバランス
安保英勇
大学・短大教員のキャリア形成と能力開発に関する調査 報告書   81-88   Mar 2012   [Refereed]
若年無業者への支援制度に対する当事者の抵抗感―「自立塾」」への態度を中心に―
安保英勇
東北大学臨床心理相談室紀要   10 11-23   Mar 2012
援助要請行動の促進に向けて―抑制因の検討から―
竹ヶ原靖子,安保英勇
東北大学臨床心理相談室紀要   10 86-97   Mar 2012
東日本大震災と東北大学生―東北大学学生生活調査の結果から―
猪股歳之,堀匡,池田忠義,安保英勇,佐多教子,峰岸幸子,白崎隆典,日出間純,木島明博
東北大学高等教育開発推進センター紀要   7 199-209   Mar 2012   [Refereed]
若年無業者の心理的諸特性
安保英勇
東北大学大学院教育学研究科研究年報      Dec 2011
大学生・大学院生の箱庭制作過程の行動分析
遠藤歩・安保英勇
東北大学大学院教育学研究科研究年報   59(2)    Jun 2011
知覚されたソーシャルサポートと学校ぎらい感情は常に関連するか―過剰適応の視点から―
石津憲一郎・安保英勇
学校心理学研究   10(1)    Apr 2011   [Refereed]
大学における発達障害のある学生への対応―四年生大学の学生相談機関を対象とした全国調査を踏まえて―
川住隆一、吉武清実、西田充潔、細川徹、上埜高志、熊井正之、田中真理、安保英勇、池田忠義、佐藤静香
東北大学大学院教育学研究科研究年報   59(1)    Dec 2010
糖尿病者のソーシャル・サポート概念の検討--尺度のレビューを通して
東海林渉、安保英勇
ヒューマン・ケア研究   11(1) 32-44   May 2010   [Refereed]
Ⅴ発達障害学生に関わる東北大学の現状 第1章 アンケート調査を通しての現状把握
田中真理と共著
平成21年度総長裁量経費「東北大学における発達障害学生修学支援システムの構築」に関する事業成果報告書   7-37   Mar 2010
Ⅷ 海外における取り組み 第1章 トップ30の現状
熊井正之と共著
平成21年度総長裁量経費「東北大学における発達障害学生修学支援システムの構築」に関する事業成果報告書   157-159   Mar 2010
Ⅷ 海外における取り組み 第2章 カーネギーメロン大学
熊井正之と共著
平成21年度総長裁量経費「東北大学における発達障害学生修学支援システムの構築」に関する事業成果報告書   160-207   Mar 2010
Ⅷ 海外における取り組み 第3章 オスロ大学
佐藤俊彦,安保英勇
平成21年度総長裁量経費「東北大学における発達障害学生修学支援システムの構築」に関する事業成果報告書   208-219   Mar 2010
高等学校における発達障害の理解と支援に関する研究.
上埜高志、本郷一夫、安保英勇、加藤道代、内田知宏、東海林渉、三船奈緒子、安部恵、川村千慧子、舘花佳奈子
平成21年度組織的な大学院教育改革推進プログラム「実践指向型教育専門職の養成プログラム」プロジェクト型共同研究成果報告書      Mar 2010
中高年の男性糖尿病者のサポート・ニーズに関する研究―属性の違いによるニーズの差異に着目して―
東海林渉,安保英勇
東北大学大学院教育学研究科研究年報   58(1)    Dec 2009
東北大学における学部学生のキャリア意識(3) ―スキルの自己評価とキャリアレディネス―
安保英勇,石津憲一郎,菊池武剋,千葉政典,猪股歳之
東北大学大学院教育学研究科研究年報   57(2)    Jun 2009
高等学校における「メンタルヘルス教育」の実態およびその課題
上埜高志、安保英勇、内田知宏
平成20年度大学院教育改革支援プログラム「実践指向型教育専門職の養成プログラム」プロジェクト型共同研究成果報告書   169-180   Mar 2009
発達障害に関わる東北大学の現状 第1章 アンケート調査を通しての現状把握
田中真理と共著
平成20年度教育学研究科研究科長裁量経費 「東北大学における発達障害学生修学支援システムの構築」に関する研究成果報告書   6-27   Mar 2009
心理的ストレス研究の近年の研究動向―ストレス対処に注目して―
安保英勇
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   7 43-51   Mar 2009
自己の変動的側面はどのような多次元性を有するのか―状態測定用教示が自己認知尺度の因子構造に与える影響―
安達知郎,安保英勇
対人社会心理学研究   9 81-89   Mar 2009   [Refereed]
東北大学における学部学生のキャリア意識(2) ―キャリアレディネスと職業志向―
安保英勇,石津憲一郎,菊池武剋,千葉政典,猪股歳之
東北大学大学院教育学研究科研究年報   57(1)    Dec 2008
小児がん・先天奇形児と家族へのメンタルサポート ―過酷な状況を乗り越えるためのロゴセラピーの導入―
本多奈美,工藤亜子,近藤直洋,松岡洋夫,安保英勇,上埜高志,舩越俊一,仁尾正記,林富
明治安田こころの健康財団研究助成論文集   43    Oct 2008
Nagata S., Funakosi S., Amae S., Yoshida S., Ambo H., Kudo A., Yokota A., Ueno T., Matsuoka H., Hayashi Y.
Journal of Pediatric Surgery   43(8) 1480-1486   Aug 2008   [Refereed]
東北大学における学部学生のキャリア意識(1) ―希望進路にかかわる要因とその準備活動―
安保英勇,石津憲一郎,菊池武剋,千葉政典,猪股歳之
東北大学大学院教育学研究科研究年報   56(2)    Jun 2008
精神障害者、回復者の就労を探る視点―自立支援法をめぐる社会の動きと奄美大島「明りの家」訪問記録から―
安保英勇,與古田孝夫,簗瀬誠,江崎一朗,木ノ上高章,近藤功行
Journal of Okinawa Public Health   38/39 62-66   Jun 2008
精神障害者、回復者の就労を探る視点―就労、福祉的就労、医学的就労、企業就労の重要を探る視点―
近藤功行,與古田孝夫,簗瀬誠,江崎一朗,木ノ上高章,安保英勇
Journal of Okinawa Public Health   38/39 67-71   Jun 2008
石津憲一郎,安保英勇
教育心理学研究   56(1) 23-31   Mar 2008   [Refereed]
日常における心理的ストレスの研究(3)―心理的ストレス反応からの回復とその関連要因―
安保英勇
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   6 26-38   Mar 2008
日本の大学における障害を持つ学生への対応―発達障害に対する支援を中心に―
安保英勇・上埜高志
平成17年度~19年度 文部科学省科学研究費基盤研究(B) 「特別支援教育を軸とした高等教育システムの構築 ~ユニバーサル・アクセスへの保証~」報告書   146-156   Mar 2008
国立大学の学生相談に関する機関と活動の実状
池田忠義,松川春樹,吉武清実,高野明,関谷佳代,佐藤静香,安保英勇
東北大学高等教育開発推進センター 紀要   3 155-161   Mar 2008   [Refereed]
高等学校に在籍する発達障害のある生徒の保健室利用の実態について
上埜高志、龍田希、笹原未来、知名青子、石津憲一郎、安達知郎、遠藤歩、深谷優子、安保英勇、田中真理、加藤道代、本郷一夫、長谷川啓三、川住隆一、細川徹、小野寺淑行、宇野忍、菊池武剋
平成19年度大学院教育改革支援プログラム「実践指向型教育専門職の養成プログラム」プロジェクト型共同研究成果報告書   197-208   Mar 2008
小児固形腫瘍のサバイバーと家族の心的外傷と情緒行動上の問題について ―メンタルケアと予防のシステム樹立のための基礎的研究―
本多奈美,工藤亜子,永田真一,松岡洋夫,舩越俊一,安保英勇,上埜高志,林富
明治安田こころの健康財団研究助成論文集   42    Oct 2007
過剰適応研究の動向と課題 ―学校場面における子どもの過剰適応―
石津憲一郎,安保英勇,大野陽子
学校心理学研究   7 47-54   Sep 2007   [Refereed]
化粧療法による被介護者と介護ボランティアの精神的活性化
吉田寿美子,荒川冴子,中幡美絵,土屋慶子,作山美智子,石津憲一郎,安保英勇,上埜高志
Annual Report of Cosmetology   15 106-114   Sep 2007
中学生の抑うつ傾向と過剰適応―心身の適応との関連から―
石津憲一郎,安保英勇
東北大学大学院教育学研究科研究年報   第55集(2)    Jun 2007
化粧療法の健康増進に与える影響に関する研究
作山美智子,吉田寿美子,荒川冴子,中幡美絵子,石津憲一郎、上埜高志,安保英勇
総合ケア   17(5) 82-85   May 2007   [Refereed]
日常における心理的ストレスの研究(2) ―心理的ストレス反応と個人属性の関連―
安保英勇
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   5 21-30   Mar 2007
障害者自立支援法の諸相 -新聞記事を素材として-
安保英勇
平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(一般) 研究課題名:精神障害者、回復者の就労をめぐる医療社会学的研究(研究代表者:近藤功行)   93-105   Jul 2006
日常における心理的ストレスの研究(1)
安保英勇
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   4 30-37   Mar 2006
学生アンケート調査から見た東北大学における補習・補正教育問題
陳輝・岩崎信・吉武清實・高野明・北原良夫・安保英勇・末松和子・嶺岸幸子・八木美保子・飛田渉
教育情報学研究(東北大学大学院教育情報学研究部紀要)   (4) 35-46   Mar 2006
心身不調時の地域住民の対処行動
安保英勇
東北大学大学院臨床心理相談室紀要   3 69-82   Mar 2005
高齢者のソーシャルサポート・ネットワーク・サイズとその影響要因
安保英勇,目黒 謙一,小松洋,関田康慶,島田真須美,山口智
東北大学大学院臨床心理相談室紀要   2 29-37   Mar 2004
Kenichi MEGURO, Mirna LH SENAHA, Paulo CARAMELLI, Junichi ISHIZAKI, Rosa YS CHUBACCI, Mitsue MEGURO, Hideo AMBO, Ricardo NITRINI, Atsushi YAMADORI
Psychogeriatrics   3(2) 63-68   Jun 2003   [Refereed]
An Environmental Change Does Not Affect Dementia Prevalence but Affects Depressive State and Physical Activity: A Trans-Cultural Study of Japanese Elderly Subjects and Japanese Elderly Immigrants in Brazil
Kenichi Meguro,Mitsue Meguro,Paulo Caramelli,Junichi Ishizaki,Hideo Ambo,Rosa Y. S. Chubaci, Hiroshi Ishii,Satoshi Yamaguchi, Masumi Shimada,Gerson S. Hamada,Ricardo Nitrini,Atsushi Yamadori
PSYCHOGERIATRICS   1(4) 295-302   Dec 2001   [Refereed]
Meguro, M., Meguro, K., Caramelli, P., Ishizaki, J., Ambo, H., Chubaci, R., Hamada, G., Nitrini, R., Yamadori, A.
International Journal of Geriatric Psychiatry   16(8) 768-774   May 2001   [Refereed]
Meguro, M., Meguro, K., Caramelli, P., Ishizaki, J., Ambo, H., Chubaci, R., Hamada, G., Nitrini, R., Yamadori, A.
International Journal of Geriatric Psychiatry   16(8) 775-779   May 2001   [Refereed]
Ambo, H., Meguro, K., Ishizaki, J., Shimada, M., Yamaguchi, S.
International Journal of Geriatric Psychiatry   16(8) 780-788   May 2001   [Refereed]
東北大学における学生の不登校・不適応
安保英勇,吉武清実,菊池武剋
東北大学学生相談所紀要   27 1-9   Mar 2001
ボリビアの日本人移住地と地域医療
安保英勇
東北大学保健管理センター年報(平成11年度)   11-28   Dec 2000   [Invited]
宮城県農村部における高齢者の死生観
安保英勇
平成9-11年度科学研究費補助金(基盤研究(B))『高齢化社会における死生観(課題番号09410014)』研究成果報告書(研究代表者:華園聡麿)   76(98)    Mar 2000
Hiroshi Ishiia, Kenichi Meguro, Junichi Ishizaki, Masumi Shimada, Satoshi Yamaguchi, Iwao Sano, Hideo Ambo, Hiroya Ohtake, Yoichi Shimada, Kyoko Someya, Mari Sato, Yuka Shibuya, Masami Kato, Yasuyoshi Sekita and Atsushi Yamadori
Archives of Gerontology and Geriatrics   29(3) 249-265   Feb 2000   [Refereed]
第12章 ボリビアにおける日系人の同化の諸相1 -農業移住者の場合-
安保英勇,石井宏典,大橋英寿
平成10-12年度科学研究費補助金(基盤研究(B))南米ボリビアのオキナワ移住地出身者の日本適応に関する社会心理学的研究(課題番号10551005、研究代表者:大橋英寿)中間報告書【南米のオキナワ村 移民の社会心理学的研究】   225-259   Dec 1998
A normative, community-based study of Mini-Mental State in elderly adults: the effect of age and educational level
Ishizaki J. Meguro K. Ambo H. Shimada M. Yamaguchi S. Hayasaka C. Komatsu H. Sekita Y. Yamadori A
Journals of Gerontology Series B-Psychological Sciences & Social Sciences   53(6) 359-363   Nov 1998   [Refereed]
市町村における保健・医療・福祉・連携の標準化方法と情報信頼性の検討 高齢者カルテ方式と連携データベース
関田康慶, 増子正, 安保英勇, 伊藤道哉, 稲田紘
医療情報学   18(3) 241-250   Oct 1998   [Refereed]
市町村における保健・医療・福祉連携の標準化方法と情報信頼性の検討
関田康慶, 増子正, 安保英勇, 伊藤道哉, 稲田紘
医療情報学   18(suppl) 1-6   Aug 1998   [Refereed]
ソーシャルサポートネットワークの構造と抑鬱感との関連 -高校生とその両親を対象とした質問紙調査より-
安保英勇
東北大学学生相談所紀要   25 1-8   Mar 1998
南米ボリビア国における日系人社会の宗教観と死をめぐる習俗
安保英勇
川崎医療福祉大学平成8年度プロジェクト研究報告書   285(299)    Mar 1997
『学生教育・社会教育における「死生学(サナトロジー)」の担う役割について-その将来的展望と基礎・学際的研究の試みから-』(代表:近藤功行)
南米ボリヴィアのオキナワ移住地と周辺住民の保健行動-オキナワ診療所受診患者の動向調査-
安保英勇、大橋英寿、マリー・フクモト
移住研究   33 129-140   Oct 1996   [Refereed]
プライマリ・ケアにおける研究方法 医療人類学的な研究方法 病気への対処とセルフケア
安保英勇, 大橋英寿
プライマリ・ケア   18(1) 81-86   Mar 1995   [Invited]
移民経験者の生活史
後藤明,安保英勇
宮城学院女子短期大学教養実習ノート   30 131-153   Mar 1995
東北の巫者・祈祷師-4-要約と考察(資料)
大橋英寿;杉山幸子;安保英勇
日本文化研究所研究報告 別巻   30 93-110   Mar 1993
東北の巫者・祈祷師―3―山形県・福島県(資料)
大橋英寿;杉山幸子;安保英勇
日本文化研究所研究報告 別巻   28 148-160   Mar 1991
多元的治療システムにおける住民の保健行動
安保英勇,早坂浩志,石井宏典,大橋英寿
東北大学学生相談所紀要   18 39-53   Mar 1991   [Refereed]
単身で生活する精神分裂病者の生活実態
相沢宏邦,佐々木喜美子,柳沢敬一,佐竹嘉裕,横野富美子,安保英勇
宮城県精神保健センター紀要   19 1-21   Mar 1991
The Health-seeking Behavior of Pluralistic Medical System:A Social Psychological Field Research in a Japanese Urban Community.
Ishii, H.,Hayasaka, H.,Ambo, H.,Ohashi, H.
Tohoku Psychologica Folia   50 69-76   Mar 1991
The Functions of“Family” in Health Care System : Health Diary Study in Japanese Cities.
Hayasaka, H., Ishii, H., Ambo, H., Ohashi, H.
Tohoku Psychologica Folia   50 62-68   Mar 1991
「健康日記」に見る住民のセルフケア:青森県北津軽の動向調査
大橋英寿,安保英勇,早坂浩志
日本保健医療行動科学会年報   4 33-47   Aug 1989   [Refereed][Invited]
東北の巫者・祈祷師―2―岩手県・宮城県(資料)
大橋英寿;杉山幸子;安保英勇
日本文化研究所研究報告 別巻   26 168-184   Mar 1989
Social Support Networks for Mental Patients
AMBO Hideo
Tohoku Psychologica Folia   48 53-59   Mar 1989
東北の巫者・祈祷師―1―青森県・秋田県(資料)
大橋英寿;南部昭文;安保英勇
日本文化研究所研究報告 別巻   25 94-106   Mar 1988

Misc

 
発達障害学生とのかかわりガイドブック
宮腰英一、上埜高志、田中真理、安保英勇、熊井正之、吉武清実、池田忠義、堀匠、佐藤静香
   Mar 2011
シャーマニズムと医療 沖縄の「ユタ」の場合
大橋英寿, 安保英勇
教育と医学   39(4) 333-339   Apr 1991

Books etc

 
大学教員の能力―形成から開発へ― (高等教育ライブラリ7)
安保英勇
東北大学出版会   Mar 2013   ISBN:9794861632235
生活の質を高める教育と学習 よりよいヒューマン・ケア実践をめざして
廣瀬清人ほか (Part:Joint Work, 第6章 青年期における生活の質を高める支援(高校生・大学生)
Jan 2011   ISBN:4788512173
死の儀法
安保英勇(近藤功行・小松和彦編) (Part:Joint Work, 心身不調時の対処行動に見る死生観(69-80)、心理学から見る死生観(201-224)、)
ミネルヴァ書房   Mar 2008   ISBN:978-4-623-05160-1
臨床心理学入門事典 岡堂哲雄編
安保英勇
至文堂   Oct 2005   
フィールド社会心理学
安保英勇(大橋英寿編)
(財)放送大学教育振興会   Mar 2004   

Conference Activities & Talks

 
Relationship between sleep diffuculties and other mental and physical symptoms in female disaster victims
SATO Toshihiko, ANBO Hideo, FUKUDA Kazuhiko
29th International Congress of Applied Psychology   29 Jun 2018   
Effects of a sleep hygiene and relaxation training program on sleep difficulties
SATO Toshihiko,ANBO Hideo
32nd Annual Meeting of the Associated Professional Societies(Sleep 2018)   4 Jun 2018   
Sleep problems caused by a great natural disaster
SATO Toshihiko, ANBO Hideo, FUKUDA Kazuhiko
the Joint Congress of World Association of Sleep Medicine & World Sleep Federation (World Sleep 2017)   11 Oct 2017   
ストレスフルな出来事後のネガティブな変化の分類の試み
千葉柊作 ,, 八嶋 玲央
東北心理学会第70回大会   Oct 2016   
道徳的態度尺度の開発と信頼性・妥当性の検討
手島 啓文
東北心理学会第70回大会   Oct 2016   

Research Grants & Projects

 
日常的心理的不調への対処
Project Year: Apr 2004 - Today
乳ガン患者への集学的アプローチ
Project Year: Apr 2002 - Mar 2006
精神障害者の就労支援
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007
ソーシャルサポートネットワークと精神的健康の関連
Project Year: Apr 1987 - Today
地域住民の保健行動
Project Year: Apr 1987 - Apr 2004

Social Contribution

 
つなぎっこ後援会総会
[Others]  Jul 2011
講演「震災とストレス」
平成23年度国立病院機構北海道東北ブロック看護師等実習指導者講習会
[Others]  Jun 2011
講義:人間関係論(6時間)
仙台市青葉区 こころの健康づくり講演会
[Others]  28 Feb 2011
ストレスと上手に付き合ってますか?
青少年自立支援者のための研究交流フォーラム
[Others]  11 Feb 2011 - 13 Feb 2011
交流分科会:不登校・ひきこもり・ニートの青少年が社会に受け入れられるための支援について考える:シンポジスト
平成21年度 産業カウンセラー(シニア)養成講座
[Others]  18 Sep 2010
認知行動療法

Others

 
Aug 1996   ボリビアの日系移住地における住民の保健行動
ボリビアの日系移住地―オキナワ移住地―及びその周辺地域を調査対象地域とし、地域内に存在する病院・公衆衛生制度・民間療法といった治療の資源を調査し、日系人の健康や病気に対する行動の実態を、社会調査を通して把握し、保健行動の解明を試みた。