吉澤 雅幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/23 09:51
 
アバター
研究者氏名
吉澤 雅幸
 
ヨシザワ マサユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/efc7b33544a304eebec92f9f250177c8.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 物理学専攻
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
   
 
東北大学大学院理学研究科 助教授
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東北大学理学部 助教授
 
1988年4月
 - 
1993年3月
東京大学 助手 助手
 
1986年4月
 - 
1988年3月
東京大学理学部 日本学術振興会特別研究員
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
国際物理オリンピック日本大会科学委員会  委員
 
2015年4月
 - 
現在
日本物理学会  Jr.セッション委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本物理教育学会東北支部  理事
 
2014年4月
 - 
現在
日本物理学会  東北支部支部長
 
2014年4月
 - 
現在
日本分光学会  東北支部支部長
 

論文

 
Chiasa Uragami, Keisuke Saito, Masayuki Yoshizawa, Péter Molnár, Hideki Hashimoto
Archives of Biochemistry and Biophysics   650 49-58   2018年3月   [査読有り]
Phase analysis of coherent radial-breathing-mode phonons in carbon nanotubes: Implications for generation and detection processes
Akihiko Shimura, Kazuhiro Yanagi, and Masayuki Yoshizawa
Phys. Rev. B   97 035441   2018年1月   [査読有り]
Hui Shang, Hidekazu Shimotani, Susumu Ikeda, Thangavel Kanagasekaran, Kazuaki Oniwa, Tienan Jin, Naoki Asao, Yoshinori Yamamoto, Hiroyuki Tamura, Kenta Abe, Miyuki Kanno, Masayuki Yoshizawa, and Katsumi Tanigaki
J. Phys. Chem. C   121 2364-2368   2017年2月   [査読有り]
Dependence of vibrational dynamics in β-carotene on actinic pump wavelength by wavelength-modulated FSRS
S. Kikuchi, A. Tamura, H. Hashimoto, and M. Yoshizawa
Carotenoid Science   21 32-34   2016年12月   [査読有り][招待有り]
Vibrational Dynamics in β-Carotene Investigated by Wavelength-Modulated FSRS
M. Yoshizawa, A. Shimura, A. Tamura, and H. Hashimoto
Carotenoid Science   21 25-27   2016年12月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
フェムト秒誘導ラマン分光法の開発-測定における不確定性原理への挑戦-
吉澤 雅幸
分光研究   67(2) 57-59   2018年3月   [査読有り][依頼有り]
吉澤雅幸
分光研究   53(2) 102-103   2004年2月
橋本秀樹、佐島徳武、柳和宏、吉澤雅幸
レーザー研究   32(11) 701-710   2004年11月
出前授業における光学デモ実験と最先端研究の紹介-分光からみたエネルギー問題-
吉澤雅幸
東北物理教育   18 12-16   2009年3月
須藤彰三、長谷川琢哉、本堂毅、吉澤雅幸
大学の物理教育   10(3) 163-166   2004年3月

書籍等出版物

 
有機非線形光学材料の開発と応用
吉澤雅幸、小林孝嘉 (担当:共著, 範囲:第4章 機構 1 共役高分子の超高速光学応答 388頁~394頁)
シーエムシー   2001年7月   
カロテノイドの科学と最新応用技術
杉崎満、橋本秀樹、吉澤雅幸
シーエムシー   2009年9月   ISBN:978-4-7813-0518-7
東北大学全学教育科目テキスト「自然科学総合実験」
東北大学自然科学総合実験テキスト編集委員会編 (担当:編者, 範囲:課題13、付録A、付録E)
東北大学出版会   2006年4月   

講演・口頭発表等

 
Primary processes of photosynthesis investigated by multi-pump femtosecond spectroscopy [招待有り]
Masayuki Yoshizawa
Physical Chemistry Colloquium on “Ultrafast electronic and structural dynamics”   2017年9月19日   
Wavelength-Modulated Femtosecond Stimulated Raman Spectroscopy and its Application to Vibrational Dynamics in Carotenoid
Shoko Kikuchi, Akari Tamura, Hideki Hashimoto, and Masayuki Yoshizawa
The 6th International Conference on Photoinduced Phase Transitions (PIPT6)   2017年6月5日   
マルチ励起フェムト秒分光による光合成初期過程の研究
最先端光計測とライフサイエンスの近未来   2016年11月12日   
Study of molecular systems by multi-pump spectroscopy
M. Yoshizawa, M. Kanno, and A. Tamura
KAKENHI International Symposium on "Studying the Function of Soft Molecular Systems"   2015年7月9日   
Coherent phonon spectroscopy of single-walled carbon nanotubes: a quest for excited-state vibrational dynamics
A. Shimura, K. Abe, K. Morita, H. Kawai, K. Yanagi, and M. Yoshizawa
The 16th International Conference on the Science and Application of Nanotubes   2015年6月29日   

競争的資金等の研究課題

 
マルチ励起光を用いた能動的測定による柔らかな分子系の研究
科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 現在
時空間波形整形超短パルス光の発生
科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 現在
光合成系のエネルギー伝達過程の研究
研究期間: 2000年4月 - 現在
カーボンナノチューブの超高速分光
その他の研究制度
研究期間: 2006年4月 - 現在
フェムト秒時間分解ラマン分光
研究期間: 1997年4月 - 現在

社会貢献活動

 
仙台市科学館企画展「世界物理年2005」
【その他】  2005年7月16日 - 2005年10月16日
東北大学の物理系の活動内容を展示
日本物理学会出前授業
【その他】  2016年3月9日
出前授業「光の色とエネルギー」宮城学院高等学校
日本物理学会出前授業
【その他】  2015年10月20日
出前授業「光の色とエネルギー」岩手県立福岡高校
日本物理学会出前授業
【その他】  2014年8月20日
出前授業「光の色とエネルギー」東北学院高等学校
東北大学出前授業
【その他】  2013年11月25日
出前授業「光の色とエネルギー」田子小学校

その他

 
2007年10月   光合成初期反応のナノ空間光機能制御
光合成初期過程の本質的な理解の達成およびバイオナノサイエンス・テクノロジーの基盤概念・技術形成を目的としている。分担課題「光合成色素蛋白ナノ組織体の構造およびフォノンがエネルギー移動に果たす役割の解明」を行う。
2006年4月   色素内包カーボンナノチューブの超高速分光
カロテノイドなどの色素分子を内包したカーボンナノチューブでは、分子とカーボンナノチューブの間で高速のエネルギー移動が起きていると予測されている。その動的過程を超高速分光で観測し、その機構の解明を目指す。
2000年4月   光合成初期過程における超高速エネルギー移動の研究
光合成の初期過程では、光アンテナ分子であるカロテノイドが光エネルギーを吸収し、超高速かつ高効率でクロロフィル分子にエネルギーを伝達している。本研究では、超高速分光によりエネルギー移動機構の解明し、より高効率の人工光合成系を開発することを目指して研究を行っている。