永山 國昭

J-GLOBALへ         更新日: 16/01/05 11:56
 
アバター
研究者氏名
永山 國昭
 
ナガヤマ クニアキ
ハンドル
格致
eメール
nagayamanips.ac.jp
URL
http://www.nips.ac.jp/dsm/index.html
所属
自然科学研究機構
部署
生理学研究所
職名
特任教授
学位
博士(理学)(東京大学)

プロフィール

1968東京大学理学部物理学科卒、1968-1973東京大学大学院理学系研究科物理学専攻(和田昭允研究室)、1974年理学博士、 1973-1983東京大学理学部物理学教室助教、1976-1979チューリッヒ工科大学生物物理学研究所博士研究員、1983-1993日本電子(株)生体計測学研究室室長、1990-1995科学技術振興事業団ERATO永山たん白集積プロジェクト総括責任者、1993-1997東京大学教養学部教授/基礎科学科教授、1996-2001生理学研究所教授、2001-2011岡崎統合バイオサイエンスセンター教授、2011年-2013生理学研究所特任教授

研究内容:電子線顕顕微鏡学、画像科学、生命の熱力学的基礎論

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
現在
自然科学研究機構生理学研究所
 

学歴

 
 
 - 
1968年
東京大学 理学部 物理学科
 

委員歴

 
1987年
 - 
1991年
日本生物物理学会  運営委員
 
1990年
 - 
1994年
日本蛋白質科学会  理事
 
1999年
 - 
2005年
IUPAB理事
 
2005年
 - 
2008年
IUPAB副会長
 
1991年
 - 
2011年
学術会議生物物理分科会委員長
 

論文

 
DAI Wei, FU Caroline, FLANAGAN John, KHANT Htet A., LIU Xiangan, ROCHAT Ryan H., LUDTKE Steve J., SCHMID Michael F., CHIU Wah, RAYTCHEVA Desislava, HAASE‐PETTINGELL Cameron, KING Jonathan A., RAYTCHEVA Desislava, PIRET Jacqueline, NAGAYAMA Kuniaki
Nature (London)   502(7473) 707-710   2013年   [査読有り]
Tethered PEG crowdedness determining shape and stealthiness of polyplex micelles from plasmid DNA and PEG-b-poly(L-lysine)
46 6585-6592   2013年   [査読有り]
TAYLOR David W, TAYLOR David W, MA Enbo, SHIGEMATSU Hideki, CIANFROCCO Michael A, NOLAND Cameron L, NAGAYAMA Kuniaki, NAGAYAMA Kuniaki, NAGAYAMA Kuniaki, NOGALES Eva, NOGALES Eva, DOUDNA Jennifer A, DOUDNA Jennifer A, WANG Hong‐Wei, WANG Hong‐Wei
Nature Structural and Molecular Biology   20(6) 662-670   2013年   [査読有り]
Zernike phase contrast cryo-electron tomography of whole   
177 484-489   2012年   [査読有り]
ROCHAT R. H., LIU X., MURATA K., NAGAYAMA K., RIXON F. J., CHIU W.
Journal of Virology   85(4) 1871-1874   2011年   [査読有り]
DANEV Radostin, NAGAYAMA Kuniaki
Ultramicroscopy   111(8) 1305-1315   2011年   [査読有り]
NAGATANI Yukinori, NAGAYAMA Kuniaki
Journal of the Physical Society of Japan   80(9) 1-94402   2011年   [査読有り]
SHIGEMATSU Hideki, SOKABE Takaaki, DANEV Radostin, DANEV Radostin, TOMINAGA Makoto, TOMINAGA Makoto, NAGAYAMA Kuniaki, NAGAYAMA Kuniaki
Journal of Biological Chemistry   285(15) 11210-11218   2010年   [査読有り]
DANEV Radostin, KANAMARU Shuji, MARKO Michael, NAGAYAMA Kuniaki
Journal of Structural Biology   171(2) 174-181   2010年   [査読有り]
MURATA K., LIU X., JAKANA J., SCHMID M.F., CHIU W., DANEV R., NAGAYAMA K., KING J.
Structure   18(8) 903-912   2010年   [査読有り]

Misc

 
木下正弘、永山國昭、
生物物理   52(6) 300-303   2012年   [査読有り][依頼有り]
生物物理学の50年とこれから―特集「日本初の生物物理学」に寄せて
永山 國昭
生物物理   51 46-47   2011年   [査読有り][依頼有り]
電子顕微鏡による生物物質の三次元イメージング
永山 國昭
高分子   50 813-815   2011年   [査読有り][依頼有り]
イントロダクション:科学の終焉と脳科学の未来
永山 國昭
自然科学研究機構シンポジウム収録集⑤科学者が語る科学最前線 解き明かされる脳の不思議 脳科学の未来   17-36   2009年   [査読有り][依頼有り]
位相差電子顕微鏡で見えてきた生き物のナノ世界
永山 國昭
自然科学研究機構シンポジウム収録集①科学者が語る科学最前線 見えてきた!宇宙の謎。生命の謎。脳の謎   171-184   2008年   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
「水と生命-熱力学から生理学へ」シリーズ・ニューバイオフィジックスII-(]G0025[)
共立出版   2000年   
生命と物質-生物物理学入門
東京大学出版会   1999年   
自己集積の自然と科学
パリティブックス丸善(株)   1997年   
立体構造を解く-NMR分子構造解析法
実験生物物理(丸善)   1993年   

Works

 
複素電子顕微鏡を用いたin situでの蛋白質局在性の証明
2001年
タンパク質構造を安定化する電子顕微鏡用陰染色剤の開発
2001年
電子顕微鏡DNAシーケンシング法の開発
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
ns-nm分解能電子・光子ハイブリッド顕微鏡の開発
CREST
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 永山 國昭
生命一次情報の高速収集
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2005年
電子顕微鏡開発
研究期間: 1999年   
生命の熱力学原理
研究期間: 1990年   
位相差電子顕微鏡による医学生物学および材料科学の新分野開拓

特許

 
特願2011-249966 : 位相板デバイス及びその製造方法並びに位相差電子顕微鏡
永山 國昭
特願2011-235473 : 位相板及び位相差電子顕微鏡
永山 國昭、香山 容子、杉谷正三、伊藤俊幸
特願2010-134729 : 対物レンズ及び電子顕微鏡
永山 國昭、永谷幸則、新井善博
特願2010-88201 : 複合顕微鏡装置
永山 國昭、飯島寛史、寺川進、新井善博
特願2001-290860 : 差分コントラスト電子顕微鏡および電子顕微鏡のデータ処理方法
永山 國昭、ダネフ・ラドスチン
特願2001-033799 : 透過電子顕微鏡の位相板用レンズシステム、および透過電子顕微鏡
永山 國昭、ダネフ・ラドスチン、細川 史生
特願2000-085493 : 位相差電子顕微鏡用薄膜位相板並びに位相電子顕微鏡及び位相板帯電防止方法
永山 國昭、ダネフ・ラドスチン
平10-373597 : 顕微鏡における複素信号検出方法
永山 國昭