FUKADA Yoshitaka

J-GLOBAL         Last updated: Dec 20, 2019 at 14:03
 
Avatar
Name
FUKADA Yoshitaka
E-mail
sfukadamail.ecc.u-tokyo.ac.jp
URL
http://www.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
Affiliation
The University of Tokyo
Section
Graduate School of Science Department of Biological Sciences
Job title
Professor
Degree
Doctor of Science(Kyoto University), Master of Science(Kyoto University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1983
 - 
1986
Sapporo Medical College, Assistant Professor
 
1986
 - 
1993
Kyoto University, Assistant Professor
 
1993
 - 
1995
University of Tokyo, Associate Professor
 
1996
 - 
1997
National Institute of Genetics,
 
 
   
 
     Adjunct Professor
 

Education

 
 
 - 
1983
Graduate School, Division of Natural Science, Kyoto University
 
 
 - 
1978
Faculty of Science, Kyoto University
 

Awards & Honors

 
Jul 2012
Yoshida Memorial Prize 2012, The Japanese Society for Cmparative Physlology and Biochemistry
 
1992
Yoshida Memorial Award, The Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry
 
1992
Biochemical Award, The Japanese Biochemical Society
 

Published Papers

 
Ogawa Y, Shiraki T, Asano Y, Muto A, Kawakami K, Suzuki Y, Kojima D, Fukada Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116(10) 4651-4660   Mar 2019   [Refereed]
Mano H, Asaoka Y, Kojima D, Fukada Y
Communications biology   2 364   2019   [Refereed]
Yoshitane H, Asano Y, Sagami A, Sakai S, Suzuki Y, Okamura H, Iwasaki W, Ozaki H, Fukada Y
Communications biology   2 300   2019   [Refereed]
Terajima H, Yoshitane H, Yoshikawa T, Shigeyoshi Y, Fukada Y
Scientific reports   8(1) 14848   Oct 2018   [Refereed]
Imamura K, Yoshitane H, Hattori K, Yamaguchi M, Yoshida K, Okubo T, Naguro I, Ichijo H, Fukada Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(14) 3646-3651   Apr 2018   [Refereed]
Hayasaka N, Hirano A, Miyoshi Y, Tokuda IT, Yoshitane H, Matsuda J, Fukada Y
eLife   6    Dec 2017   [Refereed]
Terajima H, Yoshitane H, Ozaki H, Suzuki Y, Shimba S, Kuroda S, Iwasaki W, Fukada Y
Nature genetics   49(1) 146-151   Jan 2017   [Refereed]
Shimizu K, Kobayashi Y, Nakatsuji E, Yamazaki M, Shimba S, Sakimura K, Fukada Y
Nature communications   7 12926   Sep 2016   [Refereed]
Nakano JJ, Shimizu K, Shimba S, Fukada Y
Scientific reports   6 33500   Sep 2016   [Refereed]
Dudek M, Gossan N, Yang N, Im HJ, Ruckshanthi JP, Yoshitane H, Li X, Jin D, Wang P, Boudiffa M, Bellantuono I, Fukada Y, Boot-Handford RP, Meng QJ
The Journal of clinical investigation   126(1) 365-376   Jan 2016   [Refereed]
Hirano A, Nakagawa T, Yoshitane H, Oyama M, Kozuka-Hata H, Lanjakornsiripan D, Fukada Y
PloS one   11(4) e0154263   2016   [Refereed]
Torii M, Kojima D, Nishimura A, Itoh H, Fukada Y
Photochemical & photobiological sciences : Official journal of the European Photochemistry Association and the European Society for Photobiology   14(11) 1991-1997   Nov 2015   [Refereed]
Ogawa Y, Shiraki T, Kojima D, Fukada Y
Proceedings. Biological sciences   282(1812) 20150659   Aug 2015   [Refereed]
Kon N, Sugiyama Y, Yoshitane H, Kameshita I, Fukada Y
Communicative & integrative biology   8(4) e982405   Jul 2015   [Refereed]
Hirano A, Kurabayashi N, Nakagawa T, Shioi G, Todo T, Hirota T, Fukada Y
Molecular and cellular biology   34(24) 4464-4473   Dec 2014   [Refereed]
[Regulation of the circadian rhythm by phosphorylation and ubiquitination].
Hirano A, Fukada Y
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   86(4) 528-531   Aug 2014   [Refereed]
Kon N, Yoshikawa T, Honma S, Yamagata Y, Yoshitane H, Shimizu K, Sugiyama Y, Hara C, Kameshita I, Honma K, Fukada Y
Genes & development   28(10) 1101-1110   May 2014   [Refereed]
Gossan NC, Zhang F, Guo B, Jin D, Yoshitane H, Yao A, Glossop N, Zhang YQ, Fukada Y, Meng QJ
Nucleic acids research   42(9) 5765-5775   May 2014   [Refereed]
Pekovic-Vaughan V, Gibbs J, Yoshitane H, Yang N, Pathiranage D, Guo B, Sagami A, Taguchi K, Bechtold D, Loudon A, Yamamoto M, Chan J, van der Horst GT, Fukada Y, Meng QJ
Genes & development   28(6) 548-560   Mar 2014   [Refereed]
Yoshitane H, Ozaki H, Terajima H, Du NH, Suzuki Y, Fujimori T, Kosaka N, Shimba S, Sugano S, Takagi T, Iwasaki W, Fukada Y
Molecular and cellular biology   34(10) 1776-1787   Mar 2014   [Refereed]
Tamai S, Imaizumi K, Kurabayashi N, Nguyen MD, Abe T, Inoue M, Fukada Y, Sanada K
The Journal of biological chemistry   289(3) 1629-1638   Jan 2014   [Refereed]
Tsutsui K, Haraguchi S, Fukada Y, Vaudry H
Frontiers in neuroendocrinology   34(3) 179-189   Aug 2013   [Refereed]
Hirano A, Yumimoto K, Tsunematsu R, Matsumoto M, Oyama M, Kozuka-Hata H, Nakagawa T, Lanjakornsiripan D, Nakayama KI, Fukada Y
Cell   152(5) 1106-1118   Feb 2013   [Refereed]
Kokel D, Dunn TW, Ahrens MB, Alshut R, Cheung CY, Saint-Amant L, Bruni G, Mateus R, van Ham TJ, Shiraki T, Fukada Y, Kojima D, Yeh JR, Mikut R, von Lintig J, Engert F, Peterson RT
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   33(9) 3834-3843   Feb 2013   [Refereed]
Tsutsui K, Haraguchi S, Hatori M, Hirota T, Fukada Y
Neuroendocrinology   98(2) 97-105   2013   [Refereed]
Tsutsui K, Haraguchi S, Inoue K, Miyabara H, Ubuka T, Hatori M, Hirota T, Fukada Y
Journal of experimental neuroscience   7 15-29   2013   [Refereed]
Yoshitane H, Honma S, Imamura K, Nakajima H, Nishide SY, Ono D, Kiyota H, Shinozaki N, Matsuki H, Wada N, Doi H, Hamada T, Honma K, Fukada Y
EMBO reports   13(5) 455-461   May 2012   [Refereed]
Kinoshita E, Kinoshita-Kikuta E, Sugiyama Y, Fukada Y, Ozeki T, Koike T
Proteomics   12(7) 932-937   Apr 2012   [Refereed]
Hatori M, Hirota T, Iitsuka M, Kurabayashi N, Haraguchi S, Kokame K, Sato R, Nakai A, Miyata T, Tsutsui K, Fukada Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(12) 4864-4869   Mar 2011   [Refereed]
Fivos Vogalis*, Tomoya Shiraki*, Daisuke Kojima*, Yasutaka Wada, Yuko Nishiwaki, Jaakko L. P. Jarvinen, Junichi Sugiyama, Koichi Kawakami, Ichiro Masai, Satoru Kawamura, Yoshitaka Fukada# and Trevor D. Lamb#. (*equal contribution; #corresponding authors)
J. Physiol. (London)   589 2321-2348   2011   [Refereed]
Hidetoshi Kassai and Yoshitaka Fukada.
The Enzymes   29(Protein Prenylation Part A) 125-145   2011   [Refereed]
Kojima D, Mori S, Torii M, Wada A, Morishita R, Fukada Y
PloS one   6(10) e26388   2011   [Refereed]
Shiraki T, Kojima D, Fukada Y
Photochemical & photobiological sciences : Official journal of the European Photochemistry Association and the European Society for Photobiology   9(11) 1498-1504   Nov 2010   [Refereed]
Kurabayashi N, Hirota T, Sakai M, Sanada K, Fukada Y
Molecular and cellular biology   30 1757-1768   Apr 2010   [Refereed]
Hirota T, Kon N, Itagaki T, Hoshina N, Okano T, Fukada Y
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   15 111-121   Feb 2010   [Refereed]
Sasaki M, Yoshitane H, Du NH, Okano T, Fukada Y
The Journal of biological chemistry   284 25149-25159   Sep 2009   [Refereed]
Yoshitane H, Takao T, Satomi Y, Du NH, Okano T, Fukada Y
Molecular and cellular biology   29 3675-3686   Jul 2009   [Refereed]
Akiyama M, Okano K, Fukada Y, Okano T
FEBS letters   583 933-937   Mar 2009   [Refereed]
[Regulation of phototransduction in rod cells by selective farnesylation of G-protein transducin: farnesyl as a molecular post-it].
Kassai H, Fukada Y
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   78(6) 533-537   Jun 2006   [Refereed]
Haldar C, Fukada Y, Araki M
Brain research. Developmental brain research   145(1) 71-79   Oct 2003   [Refereed]
Nakaya M, Sanada K, Fukada Y
Biochemical and biophysical research communications   305(3) 494-501   Jun 2003   [Refereed]
Shimizu F, Sanada K, Fukada Y
Journal of pineal research   34(3) 208-216   Apr 2003   [Refereed]
[Photoreception and circadian clock system in the pineal gland].
Fukada Y, Asaoka Y
No to shinkei = Brain and nerve   55(1) 13-24   Jan 2003   [Refereed]

Misc

 
行動を制御する脳内分子メカニズムとそのダイナミクス 記憶の概日変動を生み出す分子制御メカニズム
清水 貴美子, 前畑 佳納子, 池野 知子, Qiuyi Wang, 高尾 敏文, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [3S11m-01]   Sep 2019
時計タンパク質の生化学の新展開と挑戦 マウス概日時計の正常な発振において必須の役割を果たすFBXL3とFBXL21
深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [3S09a-03]   Sep 2019
時計タンパク質DBPの転写活性を制御するRING型E3ユビキチンリガーゼ
増田 周作, 吉種 光, 布川 莉奈, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [2P-247]   Sep 2019
Functional D-box sequences and their roles in the circadian clockwork(和訳中)
浅野 吉政, 吉種 光, 佐上 彩, 酒井 誠之介, 鈴木 穣, 岡村 均, 尾崎 遼, 岩崎 渉, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [2P-246]   Sep 2019
概日時計におけるBmal1の転写リズムの生理的意義
阿部 泰子, 吉種 光, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [2T12m-05]   Sep 2019
浸透圧ストレスシグナリングの最前線 浸透圧ストレスシグナリングによる概日時計の時刻調節
吉種 光, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [2S07a-04]   Sep 2019
【生体リズムを基盤とした時間医薬科学の展開】概日リズム、睡眠、代謝をともに制御するあらたなリン酸化シグナル
早坂 直人, 平野 有沙, 深田 吉孝
医学のあゆみ   267(6) 439-444   Nov 2018
恒常性(ホメオスタシス)は、外部環境や体内で引き起こされる変化に対応して生体内環境を安定に保とうとする、生命活動の維持にとって必要不可欠な性質であり、概日時計はまさにその一翼を担うと考えられる。恒常性維持には多様で複雑な仕組みが想定されるが、近年の研究からすくなくともその一部が同一のリン酸化シグナル伝達経路を介して制御されている可能性が浮上してきた。なかでも、恒常性制御に深く関わっている概日時計と睡眠や代謝との関連性についてはこれらに共通した制御機構の存在が示唆されており、医学的にもホット...
網膜科学がつなぐ生化学と感覚生理機能 中波長領域感受性の錐体型光受容タンパク質の発現制御メカニズム
小川 洋平, 白木 知也, 小島 大輔, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   91回 [2S07e-01]   Sep 2018
ASKキナーゼは体内時計の時刻調節の鍵分子である
吉種 光, 今村 聖路, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   91回 [1T14m-10(1P   Sep 2018
時間生物学からみた生活習慣病の病態 概日リズム形成の分子生物学
深田 吉孝
糖尿病   61(Suppl.1) S-90   Apr 2018
ナルディライジンによるPER2の機能調節を介した概日リズム制御機構
平岡 義範, 吉種 光, 大野 美紀子, 森田 雄介, 布川 莉奈, 西 清人, 久米 典昭, 木村 剛, 深田 吉孝, 西 英一郎
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [4LT15-09(3P   Dec 2017
環境周期と生物時間のメタ・チューニング A-to-I RNA編集酵素ADAR2が24時間周期のRNAリズムを生み出す
吉種 光, 深田 吉孝
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [4PS04-4]   Dec 2017
概日リズムの同期プロセスを束ねる細胞内分子イベント
田丸 輝也, 吉種 光, 河村 玄気, 小澤 岳昌, 深田 吉孝, 高松 研
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-1213]   Dec 2017
プロテインキナーゼ:生理機能へのアプローチとリン酸化解析の統合 ストレスシグナルを概日時計に入力するストレス応答性キナーゼASK
今村 聖路, 吉種 光, 服部 一輝, 名黒 功, 一條 秀憲, 深田 吉孝
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2PW15-2(3P   Dec 2017
【時間生物学の新展開】時計タンパク質の翻訳後修飾による体内時計制御
吉種 光, 深田 吉孝
生体の科学   67(6) 512-516   Dec 2016
哺乳類の概日時計機構におけるRNA編集酵素の重大な役割
吉種 光, 寺嶋 秀騎, 尾崎 遼, 鈴木 穰, 岩崎 渉, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3T05-06(3P   Sep 2016
環境ストレス応答と内部環境のサーカディアンリズム マウスにおける新規物体に関する記憶のサーカディアン調節(Circadian regulation of memory for novel objects in mice)
清水 貴美子, 小林 洋大, 仲辻 英里香, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3S16-4]   Sep 2016
体内時計をマウス脳や組織細胞で可視化すると見えてくる時計タンパク質の凄技
深田 吉孝
日本生理学雑誌   78(3) 56-56   May 2016
転写因子に着目した難治性乳がんの新規治療法の検討
荻野 敬史, 松永 直哉, 原 幸稔, 渡邊 美弥子, 田仲 孝広, 吉種 光, 深田 吉孝, 小柳 悟, 大戸 茂弘
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 85-85   Mar 2016
生物時計と外部環境の統合機構 リズミックなA-to-I RNA編集による体内時計システムの分子制御
寺嶋 秀騎, 吉種 光, 尾崎 遼, 鈴木 穣, 榛葉 繁紀, 岩崎 渉, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [4W27-2]   Dec 2015
ナルディライジンによる概日リズム制御機構
平岡 義範, 吉種 光, 布川 莉奈, 大野 美紀子, 西 清人, 森田 雄介, 久米 典昭, 北 徹, 木村 剛, 深田 吉孝, 西 英一郎
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P0479]-[2P0479]   Dec 2015
24時間周期の安定なリズムを生み出す時計タンパク質CLOCKとBMAL1のリン酸化制御
吉種 光, 金 尚宏, 今村 聖路, 佐上 彩, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2T21p-12(2P0204)]   Dec 2015
2種類のニワトリメラノプシンにおけるGタンパク質の選択性
鳥居 雅樹, 小島 大輔, 西村 明幸, 伊東 広, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1LBA117]-[1LBA117]   Dec 2015
【細胞シグナル操作法】分子からみたシグナル操作法 その他 サーカディアンシグナル
深田 吉孝, 寺嶋 秀騎
生体の科学   66(5) 448-449   Oct 2015
【認知機能とカルシウム】カルシウムによる体内時計の調節と神経・認知機能
金 尚宏, 深田 吉孝
Clinical Calcium   25(2) 201-208   Jan 2015
概日時計は、睡眠・覚醒などの行動リズムや血中ホルモンリズムなど約一日周期の生物リズムを生み出す体内時計である。概日時計の特徴として、(1)細胞自律的な振動機能を持つこと、および(2)明暗などの環境サイクルとの同調を担う入力機能を持つことが挙げられる。この二つの機能においてカルシウムイオンは極めて重要な役割を担っている。最近の研究によって、カルシウムイオンによる概日時計の調節メカニズムが分子レベルで明らかとなってきた。睡眠障害などの概日リズムの異常は様々な精神・神経疾患で見られるので、両者の...
新しいバイオインフォマティクス技術MOCCSを用いた転写因子CLOCKのDNA結合モチーフの決定
吉種 光, 尾崎 遼, 寺嶋 秀騎, ズ・ゴク・ヒエン, 岩崎 渉, 鈴木 穣, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [3T16p-14]   Oct 2014
行動・睡眠リズムを支配する体内時計の分子機構とその創薬標的としての可能性 概日時計システムにおけるCaMKIIの役割
金 尚宏, 吉川 朋子, 本間 さと, 山肩 葉子, 吉種 光, 清水 貴美子, 杉山 康憲, 原 千尋, 亀下 勇, 本間 研一, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [4S08a-4]   Oct 2014
精神科領域の用語解説 脳内光受容体
小島 大輔, 深田 吉孝
分子精神医学   14(4) 291-293   Oct 2014
リン酸化とユビキチン化によるサーカディアンリズムの制御
平野 有沙, 深田 吉孝
生化学   86(4) 528-531   Aug 2014
時間分子医療に向けたサーカディアンシグナロソームの解明 クロノバイオシグナルを捉える CRYタンパク質の安定性制御を介した分子時計の発振維持機構
深田 吉孝
日本生理学雑誌   75(5) 39-41   Sep 2013
哺乳類において網膜と耳に発現するUV光受容体OPN5の生理機能解析
森 卓, 鳥居 雅樹, 小島 大輔, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 3LBA-049   Sep 2013
膜蛋白質の分子機構と創薬 ヒト由来膜内在性タンパク質の構造解析と創薬への展開をめざして
田辺 弘明, 藤井 佳史, 中村 祥浩, 森 慎滋, 篠田 雄大, 石塚 芳子[桂], 新屋 直子, 奥田 賢一, 伊東 夏織[田嶋], 堀 哲哉, 池田 眞理子, 脇山 素明, 寺田 貴帆, 大沢 登, 深田 吉孝, 星野 克明, 改正 恒康, 日野 智也, 小笠原 諭, 村田 武士, 岩田 想, 岡田 美紀[岩部], 岩部 真人, 山内 敏正, 門脇 孝, 羽藤 正勝, 保坂 俊彰, 木村 友美[染谷], 白水 美香子, 横山 茂之
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 2S07a-5   Sep 2013
E4bp4の転写誘導を介したマウス概日時計への入力シグナル
佐上 彩, 吉種 光, 岡村 均, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 1P-348   Sep 2013
時計タンパク質CRYの安定化を担う脱ユビキチン化酵素
中川 智貴, 平野 有沙, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 1P-347   Sep 2013
マウス肝臓におけるCLOCK-ChIP-seq法と日周変動性トランスクリプトーム(CLOCK-ChIP-Seq and Circadian Transcriptome in the Mouse Liver)
寺嶋 秀騎, 吉種 光, 尾崎 遥, ズ・ゴク・ヒエン, 鈴木 穣, 榛葉 繁紀, 藤森 大平, 菅野 純夫, 高木 利久, 岩崎 渉, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 1P-345   Sep 2013
高浸透圧刺激による時計位相シフト機構の解析
今村 聖路, 吉種 光, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 1T14p-08   Sep 2013
生物時計の発生と維持と破綻 F-box型E3リガーゼFBXL21によるCRYタンパク質の安定化と概日時計の発振制御
平野 有沙, 弓本 佳苗, 恒松 良佑, 松本 雅記, 尾山 大明, 秦 裕子, 中川 智貴, ダーリン・ランジャコーン・シリパン, 中山 敬一, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 1S12a-3   Sep 2013
ロドプシン研究の過去・現在・未来 退色しないロドプシンから体色などを制御する非視覚性オプシンへ(Rhodopsin Research: Past, Present and Future From non-bleachable rhodopsin to non-visual opsins)
深田 吉孝
生物物理   53(Suppl.1-2) S96-S96   Sep 2013
FBXL21は時計タンパク質CRYをユビキチン化修飾して安定化することにより概日リズムを制御する
平野 有沙, 深田 吉孝
細胞工学   32(7) 796-798   Jun 2013
光受容ニューロンの応答性を特徴づける光受容体キナーゼGRKの活性
白木 知也, 深田 吉孝
生物物理   53(3) 145-148   May 2013
時計タンパク質のCRYの安定化を担う新規ユビキチンリガーゼの同定
平野 有沙, 恒松 良佑, 松本 雅記, 尾山 大明, 秦 裕子, ダーリン・ランジャコーンシリパン, 中山 敬一, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 3T01-08   Dec 2012
拡大・高深化する細胞内リン酸化ワールド リン酸化を起点とした時計タンパク質の分解調節と体内時計の制御
深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 3S07-4   Dec 2012
時計タンパク質CLOCKのChIP-Seq解析と概日性トランスクリプトーム解析
吉種 光, 尾崎 遼, 寺嶋 秀騎, ズ・ゴク・ヒエン, 岩崎 渉, 鈴木 穣, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 2T06-09   Dec 2012
【シグナル伝達研究最前線2012 翻訳後修飾、解析技術、疾患との連関から創薬応用まで】(第2章)シグナル伝達機構研究の最前線 サーカディアンリズムを生み出す時計タンパク質の修飾シグナリング
吉種 光, 深田 吉孝
実験医学   30(5) 754-758   Mar 2012
地球環境のダイナミックな日内変化に応答して生物はさまざまな生体機能リズムを獲得し、これを司る体内時計は翌日のサイクルを予知できる圧倒的な有利性から、ほぼすべての生物の生存戦略として定着した。その基礎となる分子振動は、一群の時計遺伝子の転写・翻訳フィードバックループを基本骨格とし、約24時間という長い周期を安定に刻むことができる。時計タンパク質は適切な時間帯に正しい翻訳後修飾を受けることにより、その分子機能が時刻と共に巧妙に制御されていることがわかってきた。タンパク質の修飾シグナルに時刻依存...
JNKはマウス概日時計システムの振動周期と光入力を制御する(JNK controls oscillation speed and photic regulation in the mouse circadian clock system)
吉種 光, 本間 さと, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回 2S11a-2   Sep 2011
【細胞内のリノベーション機構 タンパク質分解系による生体制御 ユビキチン、プロテアソーム、オートファジー、調節性プロテアーゼによる恒常性維持・刷新の新機構と、疾患への関与から創薬戦略まで】(第4章)細胞内分解がかかわるバイオロジートピックス 概日時計の分子サイクルを支えるリズミックなタンパク質分解
倉林 伸博, 深田 吉孝
実験医学   29(12) 1977-1981   Aug 2011
概日時計は地球上のほとんどすべての生物に内在し、さまざまな生理現象にみられる約一日周期の変動リズム(概日リズム)を制御している。概日時計の発振系は、一群の時計遺伝子の転写と翻訳を介したフィードバックループを基本骨格とし、24時間という非常に長い周期のリズムを安定に刻んでいる。この転写と翻訳の制御に加えて、多くの時計タンパク質はそれぞれ一日のさまざまな時間帯に分解され、各分子の機能が規則正しく日周変動することが概日リズムの形成に重要であることがわかってきた。タンパク質の分解制御に時刻依存性と...
マウス脳におけるプロテインキナーゼの発現と細胞内局在の日内変動
杉山 康憲, 広瀬 健太郎, 吉種 光, 亀下 勇, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 1P-0837   Dec 2010
生物時計におけるbHLH転写因子の機能と制御 哺乳類の日周時計運動におけるbHLH-PAS転写因子CLOCKおよびBMAL1の翻訳後制御(Function and its regulation of bHLH transcription factors in biological clocks Posttranslational regulation of bHLH-PAS transcription factors CLOCK and BMAL1 in mammalian circadian clock
吉種 光, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 4W21-4   Dec 2010
時計タンパク質のリン酸化によるサーカディアンリズムの制御
深田 吉孝, 平野 有沙
感染・炎症・免疫   40(2) 178-180   Jul 2010
【生物リズムをあやつる情報伝達分子研究の新展開】概日時計の時刻リセットの分子機構
金 尚宏, 深田 吉孝
比較内分泌学   36(137) 118-126   May 2010
概日時計の異なる段階におけるCLOCKとBMAL1の周期的リン酸化(Rhythmic phosphorylation of CLOCK and BMAL1 at different phases of circadian clock)
吉種 光, 高尾 敏文, ズ・ゴク・ヒエン, 岡野 俊行, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回 4P-461   Sep 2009
概日時計の分子制御と時刻リセット 哺乳類におけるCRY2の分解メカニズムはそのサーカディアンリズム調節リン酸化の依存する(Degradation mechanism of CRY2 dependent on its circadian-regulated phosphorylation in mammals)
倉林 伸博, 深田 吉孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   82回 3S8p-5   Sep 2009
生体リズムを制御する分子時計と同調機構
深田 吉孝
アレルギー   58(3-4) 272-272   Apr 2009
【mTORをめぐるシグナルタンパク】LKB1と神経細胞移動
深田 吉孝, 浅田 直之
生体の科学   59(6) 511-515   Dec 2008
細胞外pHのアルカリ性化はDec1遺伝子の誘導を介して概日時計の位相をリセットする
金 尚宏, 広田 毅, 河本 健, 加藤 幸夫, 坪田 匡史, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 4T16-4   Nov 2008
概日時計作働におけるCLOCKの転写促進の抑圧におけるCLOCKリン酸化の重要な役割(CLOCK phosphorylation plays a key role for the suppression of its transactivation in circadian clockwork)
吉種 光, 岡野 俊行, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 4T16-2   Nov 2008
ファルネシル欠失トランスデューシンγサブユニットを発現する視細胞の光応答解析
小島 大輔, 葛西 秀俊, 櫻井 啓輔, 岡野 俊行, 今井 啓雄, 中尾 和貴, 中谷 敬, 七田 芳則, 饗場 篤, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 2T15-9   Nov 2008
統合レチノロジー 網膜の機能的構築の多面的理解 視細胞G蛋白質トランスデューシンの特徴に基づく視覚機能特性
深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 3S15-2   Nov 2008
So-ichi Tamai, Kamon Sanada and Yoshitaka Fukada
PLoS One   3 e3835   2008
Naohiro Kon, Tsuyoshi Hirota, Takeshi Kawamoto, Yukio Kato, Tadashi Tsubota and Yoshitaka Fukada
Nature Cell Biol.   10(12) 1463-1469   2008
Maiko Katadae, Ken’ichi Hagiwara, Akimori Wada, Masayoshi Ito, Masato Umeda, Patrick J. Casey and Yoshitaka Fukada
Biochemistry   47(32) 8424-8433   2008
Daisuke Kojima, John E. Dowling and Yoshitaka Fukada
Photochem. Photobiol.   84(4) 1011-1015   2008
Daisuke Kojima, Masaki Torii, Yoshitaka Fukada and John E. Dowling
J. Neurochem.   104(5) 1364-1371   2008
大脳新皮質の発生過程でLKB1は神経細胞移動と分化を制御する
浅田 直之, 眞田 佳門, 深田 吉孝
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   80回・30回 4T14-6   Nov 2007
【循環器系のサーカディアン調節】体内時計の分子メカニズム
深田 吉孝, 倉林 伸博
血管医学   8(4) 341-348   Nov 2007
概日時計機能は地球上のほとんどすべての生物に内在し、多様な生理現象にみられるサーカディアンリズムを制御している。この概日時計の発振系は、一群の時計遺伝子の転写と翻訳を介したフィードバックループを基本骨格とし、24時間という非常に長い周期のリズムを安定に刻んでいる。このような長い周期のリズムを安定に刻む仕組みとして、近年、時計蛋白質のリン酸化が重要な役割を果たしていることが明らかになった。時計蛋白質は時刻依存的なリン酸化と脱リン酸化の調節を受け、その安定性、細胞内局在、あるいは分子機能などが...
【中枢時計と末梢時計 時計遺伝子研究の最前線】概日時計システムの総論 概日時計機構の最前線
深田 吉孝, 鳥居 雅樹
Clinical Neuroscience   25(10) 1090-1093   Oct 2007
【眠りのサイエンス】生物はどのように時間を刻んでいるのだろうか? 生物時計
深田 吉孝, 金 尚宏
Biophilia   3(1) 10-13   Mar 2007
Masaki Torii, Daisuke Kojima, Toshiyuki Okano, Atsushi Nakamura, Akihisa Terakita, Yoshinori Shichida, Akimori Wada, and Yoshitaka Fukada
FEBS Lett.   581(27) 5327-5331   2007
Naoyuki Asada, Kamon Sanada and Yoshitaka Fukada
J. Neurosci.   27 11769-11775   2007
Fumiko Shimizu and Yoshitaka Fukada
J. Neurochem.   103(5) 1834-1842   2007
Takahiro Tsuji, Tsuyoshi Hirota, Nobuaki Takemori, Naoka Komori, Hikari Yoshitane, Masafumi Fukuda, Hiroyuki Matsumoto and Yoshitaka Fukada
Proteomics   7 3500-3508   2007
Nobuhiro Nakao, Shinobu Yasuo, Atsuko Nishimura, Takashi Yamamura, Tsuyoshi Watanabe, Tsubasa Anraku, Toshiyuki Okano, Yoshitaka Fukada, Peter J. Sharp, Shizufumi Ebihara and Takashi Yoshimura
Endocrinol.   148 3031-3038   2007
Hiroaki Mano and Yoshitaka Fukada.
Photochem. Photobiol.   83 11-18   2007
Gタンパク質の選択的ファルネシル化による光シグナル伝達の制御:強すぎず弱すぎない分子の"のり"
葛西 秀俊, 深田 吉孝
生化学   78(6) 533-537   Jun 2006
【プロテオミクスの細胞機能解析への挑戦】質量分析法による翻訳後修飾の精密解析 光シグナル伝達系でのファルネシル化の役割
葛西 秀俊, 高尾 敏文, 深田 吉孝
細胞工学   25(6) 608-612   May 2006
【ここまで分かった生物時計の分子ネットワーク リン酸化による時計タンパク質の制御機構から睡眠・肥満への関与まで】時計タンパク質の多段階リン酸化
広田 毅, 深田 吉孝
実験医学   24(4) 452-459   Mar 2006
概日時計の自律的な発振メカニズムにおいては,時計遺伝子の転写・翻訳とともに時計タンパク質のリン酸化が重要な役割を果たす.いくつかの時計タンパク質は,複数のキナーゼによって段階的にリン酸化され,その分解速度や細胞内局在,転写調節などの機能が緻密に調節されている.本稿では,時計タンパク質をリン酸化するキナーゼの同定,およびリン酸化サイトの決定に関する最近の知見を紹介するとともに,多段階リン酸化による時計タンパク質の制御機構を概説する(著者抄録)
【ここまで分かった生物時計の分子ネットワーク リン酸化による時計タンパク質の制御機構から睡眠・肥満への関与まで】生物時計システムへの分子アプローチ
深田 吉孝
実験医学   24(4) 446-451   Mar 2006
【時計遺伝子】光から時計遺伝子への分子機構
岡野 俊行, 深田 吉孝
医学のあゆみ   216(3) 211-214   Jan 2006
動物においては,概日時計の発振は時計遺伝子とその産物の周期的活性化によって支えられている.光は概日時計の発振周期を外界の環境サイクルに同期させるためのもっとも主要な環境因子である.この光同調において,光シグナルはおそらく,時計遺伝子の転写活性や時計蛋白質の量を変化させると推定される.光感受性の時計細胞における光同調の分子メカニズムは,鳥類や魚類の細胞を用いた研究が進んでいる.最近の研究の結果から,時刻情報の制御エレメントであるCACGTG型のE-box配列(CACGTGおよびその類似配列,...
Yasutaka Wada, Junichi Sugiyama, Toshiyuki Okano and Yoshitaka Fukada.
J. Neurochem.   98(3) 824-837   2006
Yoko Kubo, Masashi Akiyama, Yoshitaka Fukada and Toshiyuki Okano
J. Neurochem.   97(4) 1155-1165   2006
Nobuhiro Kurabayashi, Tsuyoshi Hirota, Yuko Harada, Mihoko Sakai, and Yoshitaka Fukada
Chronobiology Int.   23 129-134   2006
Megumi Hatori, Toshiyuki Okano, Yoshito Nakajima, Masao Doi and Yoshitaka Fukada.
J. Neurochem.   96(6) 1790-1800   2006
【シグナル伝達研究2005-'06 生命現象や疾患を支配する分子メカニズムと新しい研究法 現在と未来】生命の形と機能を司るシグナル伝達 生物時計システムにおけるリン酸化の役割
深田 吉孝, 羽鳥 恵
実験医学   23(11) 1755-1761   Jun 2005
生物は体内に時計をもっている.体内時計の中でも,約1日周期のリズム(概日リズム)を刻む時計は概日時計と呼ばれる.概日時計は自律的に発振するだけでなく,光などの外界の環境変動を巧みに利用して時刻合わせを行っている.概日時計の発振は時計遺伝子群が織りなすフィードバックループによって構成され,時計発振や光応答には時計タンパク質のリン酸化が深く関与している.本稿ではタンパク質キナーゼの役割を中心に,概日時計の分子機構を概説する(著者抄録)
【ダイナミックに新展開する脂質研究 注目のメタボローム解析などから解明が進むシグナル伝達や疾患・生命現象の本質につながる多彩な機能】生体膜成分としての脂質の機能と動態 Gタンパク質の脂質修飾を介したシグナル伝達の調節
深田 吉孝, 葛西 秀俊
実験医学   23(6) 858-864   Mar 2005
Hidetoshi Kassai, Atsu Aiba, Kazuki Nakao, Kenji Nakamura, Motoya Katsuki, Wei-Hong Xiong, King-Wai Yau, Hiroo Imai, Yoshinori Shichida, Yoshinori Satomi, Toshifumi Takao, Toshiyuki Okano and Yoshitaka Fukada
Neuron   47(4) 529-539   2005
Yuko Harada, Mihoko Sakai, Nobuhiro Kurabayashi, Tsuyoshi Hirota and Yoshitaka Fukada
J. Biol. Chem.   280(36) 31714-31721   2005
Hidetoshi Kassai, Yoshinori Satomi, Yoshitaka Fukada and Toshifumi Takao
Rapid Commun. Mass Spectrom.   19(2) 269-274   2005
視細胞光シグナリング研究の新展開 個体・細胞・分子・モデリング 桿体G蛋白質βγ複合体による光シグナル伝達の制御
葛西 秀俊, 饗場 篤, 中尾 和貴, 中村 健司, 勝木 元也, Xiong Wei-Hong, Yau King-Wai, 今井 啓雄, 七田 芳則, 高尾 敏文, 岡野 俊行, 深田 吉孝
生物物理   44(Suppl.1) S16-S16   Nov 2004
ゼブラフィッシュ眼球におけるオプシンキナーゼの発現量の比較(Expression levels of opsin kinases in the zebrafish eye)
和田 恭高, 杉山 純一, 岡野 俊行, 松川 淑恵, 河村 悟, 深田 吉孝
神経化学   43(2-3) 384-384   Aug 2004
Kamon Sanada, Yuko Harada, Mihoko Sakai, Takeshi Todo and Yoshitaka Fukada
Genes Cells   9(8) 697-708   2004
Masao Doi, Toshiyuki Okano, Irene Yujnovsky, Paolo Sassone-Corsi and Yoshitaka Fukada.
Curr. Biol.   14 975-980   2004
Tsuyoshi Hirota and Yoshitaka Fukada.
Zool. Sci.   21(4) 359-368   2004
Yuichi Hashimoto, Takahiko Matsuda, Yoshiharu Matsuura, Tatsuya Haga and Yoshitaka Fukada
J. Biochem.   135(3) 319-329   2004
Ken'ichi Hagiwara, Akimori Wada, Maiko Katadae, Masayoshi Ito, Yoshikazu Ohya, Patrick J. Casey and Yoshitaka Fukada
Biochemistry   43(2) 300-309   2004
【睡眠障害と体内時計】松果体の光受容と概日時計システム
深田 吉孝, 浅岡 洋一
脳と神経   55(1) 13-24   Jan 2003
Toshiyuki Okano and Yoshitaka Fukada
J. Biochem.   134 791-797   2003
Yoshitaka Fukada
J. Biochem.   134 773-775   2003
Chandana Haldar, Yoshitaka Fukada and Masasuke Araki
Dev. Brain Res.   145 71-79   2003
Yuichiro Hayashi, Kamon Sanada, Tsuyoshi Hirota, Fumiko Shimizu and Yoshitaka Fukada.
J. Biol. Chem.   278(27) 25166-25171   2003
Michio Nakaya, Kamon Sanada and Yoshitaka Fukada
Biochem. Biophys. Res. Commun.   305(3) 494-501   2003

Books etc

 
Visual transduction process in vertebrate photoreceptor cell. (共著)
in : "Physiology and Pharmacology of Transmembrane Signalling"(eds. T. Segawa, M. Endo, M. Ui&K. Kurihara)Excerpta MEDICA   1989   
Signal transduction in visual cells.
Series Bunshiseibutsugaku no shimpo   1989   
Determination of posttranslationally modified structures in proteins by accurate mass measurement in FAB mass spectrometry. (共著)
in : "Peptide chemistry"(ed. Y. Shimonishi) Protein Research Foundation, Japan   1991   
Synthesis and biological function of the C-terminal farnesylated peptide of the γ-subunit of Photoreceptor GTP-binding protein. (共著)
in : "Peptide Chemistry"(ed. A. Suzuki) Protein Research Foundation, Japan   1992   
Roles of lipids linked to α- and γ-subunits of photoreceptor G protein.
in : "Frontiers of Photobiology"(A. Shima et al. , eds. ), Elsevier   1993   

Conference Activities & Talks

 
Pinopsin and Exo-rhodopsin: Pineal Photoreceptors
13th International Congress on Photobiology   2000   
Photoentrainment and molecular cycle in pineal clock system
Gordon Research Conference, Pineal Cell Biology   2000   
Phototransduction of brain photoreceptor pinopsin
9th International Conference on Retinal Proteins   2000   
Oscillation and Light-Dependent Down-Regulation of a Novel Positive Regulator Bmal2 in the Chicken Pineal Gland
Keystone Symposia on Molecular Clocks: Regulation of Circadian Behavioral Rhythms   2001   
Chicken pineal clock and photic entrainment
International Symposium on Molecular Clock Kobe-Awaji 2001   2001   

Works

 
Structural Analysis of G-proteins
1990 - 2006
Analysis of G-protein gene targetted animals
1998 - 2006
Functional analysis of photoreceptors
1996 - 2006

Research Grants & Projects

 
Molecular Mechanism of Photon-Signal Transduction in Visual Cells
Molecular Mechanism of Circadian Clock and Photic Input Pathway
Study on Structure and Function of GTP-Binding Proteins