松方 冬子

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/27 14:28
 
アバター
研究者氏名
松方 冬子
 
マツカタ フユコ
URL
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/personal/fuyuko
所属
東京大学
部署
史料編纂所 特殊史料部門 海外史料室
職名
准教授
学位
文学修士(東京大学), 博士(文学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1993年
 - 
2006年
 東京大学史料編簒所 助手
 
2006年
 - 
2007年
 東京大学史料編纂所 助教授
 
2007年
   
 
-   東京大学史料編纂所 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1993年
東京大学 人文科学研究科 国史学
 
 
 - 
1988年
東京大学 文学部 国史学
 

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
洋学史学会  評議員
 

受賞

 
2008年
角川源義賞(歴史研究部門)
 

論文

 
松方 冬子
洋学 : 洋学史学会研究年報   (23) 135-142   2015年
松方 冬子
古文書研究   (69) 95-104   2010年5月
西澤美穂子・松方冬子
日蘭学会会誌   34(1) 95-122   2010年3月
1856(安政3)年の別段風説書蘭文テキスト
松方冬子
古文書研究   (69) 95-104   2010年
矢森 小映子, 松方 冬子
東京大学史料編纂所研究紀要   19 <1>-<18>   2009年3月
1850(嘉永3)年の別段風説書蘭文テキスト」
矢森小映子・松方冬子
東京大学史料編纂所研究紀要   (19) 1-18   2009年
松方冬子・矢森小映子
日蘭学会会   33(1) 73-88   2008年12月
西澤 美穂子, 松方 冬子
論集きんせい   (30) 1-24   2008年5月
松方 冬子
東京大学史料編纂所研究紀要   18 <1>-<17>   2008年3月
近世後期『長崎口』からの『西洋近代』情報・知識の受容と翻訳
松方冬子
歴史学研究   (846) 68-76   2008年
1853(嘉永6)年の別段風説書蘭文テキスト
松方冬子
東京大学史料編纂所研究紀要   (18) 1-17   2008年
1854(嘉永7)年の別段風説書蘭文テキスト
西澤美穂子・松方冬子
論集きんせい   (30) 1-24   2008年
松方冬子
日蘭学会会誌   32(1) 105-116   2007年12月
1849(嘉永2)年の別段風説書蘭文テキスト
矢森小映子・松方冬子
論集きんせい   (29) 1-15   2007年
1848(嘉永元)年の別段風説書蘭文テキスト
松方冬子
『科学研究費補助金基盤研究(B)(2)「近世日本関係欧文文書群の史料学的研究」研究成果報告書』   94-109   2007年
1857(安政4)年最後の別段風説書蘭文テキスト(上)
松方冬子
日蘭学会会誌   31(1) 75-86   2006年
オランダ風説書の終局―1853~59年―
松方冬子
論集きんせい   (28) 34-43   2006年
オランダ国王ウィレム2世の親書再考―1844年における「開国勧告」の真意―
史学雑誌   114(9) 1-32   2005年
オランダ商館長の年二回の風説上申構想
日本歴史   (671) 88-93   2004年
新紹介・一八四五(弘化二)年の別段風説書和文テキスト
論集きんせい   (26) 38-59   2004年
幻の1845年別段風説書とその情報源(下)
日蘭学会会誌   27(1) 57-66   2002年
幻の1845年別段風説書とその情報源(上)
日蘭学会会誌   26(2) 1-19   2002年
一八四〇~四五年の別段風説書蘭文テキスト
日本歴史   (643) 43-58   2001年
浅野家と伊達家の和睦の試みとその失敗
日本歴史   (617) 1-17   1999年
風説書確立以前のオランダ人による情報提供について
東京大学史料編纂所研究紀要   (9) 1-20   1999年
「不通」と「通路」-大名の交際に関する一考察
日本歴史   (558) 71-87   1994年
語られた「大名」屋敷-近世史研究のための聞き取り調査試論
年報都市史研究、山川出版社   (1) 112-126   1993年
加賀藩の機構と江戸家老
史学雑誌   102(9) 25-44   1993年
両敬の研究
論集きんせい   (15) 38-52   1993年
書上家文書の御触留について
桐生史苑   (28) 68-88   1989年

Misc

 
松方 冬子
歴史学研究 = Journal of historical studies   (968) 55-57   2018年3月
松方 冬子
UP   36(11) 22-27   2007年11月
松井 洋子, 松方 冬子
東京大学史料編纂所報   42 45-46   2007年10月
松方 冬子
日蘭学会会誌   31(1) 75-86   2006年12月
松井 洋子, 松方冬子
東京大学史料編纂所報   40 44-46   2005年10月
松方 冬子
日本歴史   (671) 88-93   2004年4月
松方 冬子
古文書研究   (52) 98-100   2000年11月
小池 進, 松方 冬子, 松本 良太
史学雑誌   106(5) 793-802   1997年
書評:山本博文著『江戸城の宮廷政治』
史学雑誌   104(1) 91-99   1995年

書籍等出版物

 
歴史を社会に活かす―楽しむ、学ぶ、伝える、観る―
松方 冬子
東京大学出版会   2017年   
日蘭関係史をよみとく(上) つなぐ人々
松方 冬子 (担当:編者)
臨川書店   2015年6月   
吉田伸之先生退職記念 近世社会史論集 東京大学日本史学研究室紀要 別冊
松方 冬子 (担当:共著, 範囲:『契約貿易』序説―18~19世紀の日蘭本方貿易―)
2013年   
別段風説書が語る19世紀―翻訳と研究―
松方 冬子 (担当:編者)
東京大学出版会   2012年1月   
Large and Broad: The Dutch Impact on Early Modern Asia; Essays in Honor of Leonard Blussé
Matsukata Fuyuko (担当:共著, 範囲:“From the Threat of Roman Catholicism to the Shadow of Western Imperialism: Changing Trends in Dutch News Reports Issued to the Tokugawa Bakufu, 1690-1817”)
Tokyo: The Toyo Bunko   2010年3月   ISBN:978-4-8097-0244-0
『日本の対外関係6 近世的世界の成熟』
松方 冬子 (担当:共著, 範囲:通訳と『四つの口』)
吉川弘文館   2010年   
オランダ風説書―「鎖国」日本に語られた「世界」―
松方冬子
中央公論新社(中公新書)   2010年   ISBN:978-4-12-102047-5
オランダ風説書と近世日本
松方冬子
東京大学出版会   2007年   ISBN:978-4-13-026215-6
日本書誌学大系94 田藩文庫目録と研究―田安徳川家伝来古典籍―
松方 冬子 (担当:共著, 範囲:田安徳川家蔵書の伝来について)
青裳堂   2006年   
オランダ商館長の見た日本―ティツィング往復書翰集―
松方冬子 (担当:共著, 範囲:ティツィングと日本の書物)
吉川弘文館   2005年   
古典講演シリーズ9 田安徳川家蔵書と高乗勲文庫
松方冬子 (担当:共著, 範囲:田安家蔵書の伝存について)
臨川書店   2003年   
十七世紀の日本と東アジア
松方冬子 (担当:共著, 範囲:一六六〇年代オランダ風説書の確立過程)
山川出版社   2000年   
武家屋敷-空間と社会
松方冬子
山川出版社   1994年   

講演・口頭発表等

 
A Response to The Potential of Global History [招待有り]
松方 冬子
日本学術振興会研究拠点形成事業「新しい世界史/グローバル・ヒストリー共同研究拠点の構築(GHC)」シンポジウム「『新しい世界史へ』から『グローバル・ヒストリーの可能性』」   2018年4月23日   
約条・契約から条約へ [招待有り]
松方 冬子
幕末史研究会   2018年1月27日   
約条・契約・条約―オランダ東インド会社(VOC)の外交を考える― [招待有り]
松方 冬子
東洋史研究会大会   2017年11月3日   
Towards a Transcultural History of Diplomacy [招待有り]
Matsukata Fuyuko
Leiden Lecture Series in Japanese Studies   2017年9月8日   
Introduction for ‘Passes for Trade
松方 冬子
EAJS Annual Conference   2017年8月31日   
Departure of the Shuinsen Project for Trans-national and Trans-local Crossings [招待有り]
松方 冬子
the Japan Foundation, Summer Institute   2017年7月7日   
Countries for Commercial Relations (Tsusho-no-Kuni通商国):The Tokugawa Struggle to Control the Chinese in Japan
松方 冬子
East Asian Studies Program, Princeton University   2017年4月12日   
Towards a Transcultural History of Diplomacy
松方 冬子
the Core-to-Core Global History Collaborative workshop “Towards a Transcultural History of Diplomacy”   2016年12月9日   
Countries for Commercial Relations (Tsusho-no-Kuni通商国): The Tokugawa Struggle to Control the Chinese in Japan [招待有り]
松方 冬子
Global Japan Studies, Institute for Advanced Studies on Asia   2016年11月24日   
カロンの甥―1660年代アジア海域の情報ネットワーク―
松方 冬子
洋学史学会   2016年11月13日   
Countries for Commercial Relations (Tsusho-no-Kuni通商国): The Tokugawa Struggle to Control the Chinese in Japan
松方 冬子
Conference: Maritime Worlds around the China Seas: Emporiums, Connections and Dynamics   2016年8月31日   
国書と疑似臣民―『海禁・日本型華夷秩序論』を批判する―
松方 冬子
洋学史学会   2016年5月7日   
Diplomacy without Credentials: Foreign Relations in the 15th-17th Centuries East Asia
松方 冬子
Association for Asian Studies   2016年3月31日   
Overview of Historiography about the Red-Seal Ships (Shuinsen)
松方 冬子
Early Modern Vietnam-Japan Relationship: A Regional Perspective   2015年12月24日   
Contacting Japan: East India Company Letters to the Shogun in 1627, 1649, 1667 and 1673
松方 冬子
The Global Company Conference   2015年12月4日   
Embassies without Credentials: European Encounter with Japan in 17th Century Depicted in Western and Japanese Documents
松方 冬子
EAJRS   2015年9月17日   
江戸時代の外交と「鎖国」―17世紀ヨーロッパ勢力の日本遣使と『国書』―
松方 冬子
軽井沢夏期大学   2015年8月4日   
Diplomatic Relations with the Zheng Family?: Tokugawa’s Struggle to “Control” the Chinese in Japan
松方 冬子
Workshop on Maritime Worlds Around the China Seas: Emporiums, Connections and Dynamics   2015年7月1日   
『国書』がむすぶ外交―江戸時代から考える―
松方 冬子
東大桜友会   2015年6月27日   
17世紀中葉、日本派遣のヨーロッパ使節団 [招待有り]
松方 冬子
幕末史研究会   2014年8月31日   
オランダ風説書―1641 ~1859年―
松方 冬子
パリ・ディドロ大学   2014年3月11日   
Nephew of Caron: An Episode in the History of Fusetsugaki,” Symposium of Early Modern Japan Europe
松方 冬子
Workshop on Early Modern Japan   2013年12月14日   
17世紀オランダの絵入り本―日本と中国のイメージ [招待有り]
松方 冬子
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「15~17世紀における絵入り本の世界的比較研究の基盤形成」講演会「16・17世紀の絵入り本の日欧比較研究」   2013年1月12日   
オランダ語史料による近世アジア海域史の可能性―1660年代アジア海域の情報ネットワーク― [招待有り]
松方 冬子
鹿島学術振興財団第35回研究発表会   2012年11月21日   
海賊から商人へ―倭寇とオランダ東インド会社― [招待有り]
松方 冬子
東洋文庫ミュージアム企画展示記念シンポジウム「東インド会社とアジアの海賊」   2012年4月14日   
An Invisible Institution: The Start of the Dutch-Japanese Contract-Trade
松方 冬子
joint Annual conference of AAS/ICAS   2011年4月3日   
唐蘭風説書と鄭氏政権
松方 冬子
東亜海域与台湾―慶祝曹永和院士九十壽誕国際学術研討会   2010年10月28日   
オランダ風説書―「鎖国」日本に語られた「世界」― [招待有り]
松方 冬子
たばこと塩の博物館『阿蘭陀とNIPPON』展   2010年4月19日   
カロンの甥―一六六〇年代のオランダ商館―
松方 冬子
シンポジウム「出島文書と徳川時代」   2010年3月20日   
オランダから来た情報と知識―オランダ風説書と長崎通詞―
松方 冬子
日蘭交流400周年記念事業リレー講座「オランダが波濤を越えてやってきた」   2009年9月26日   
The Catalogue Database of the Batavia’s Uitgaand Briefboek
松方 冬子
Open Seminar “Opening-up and Editing Early Modern Dutch Sources for the Dutch and Japanese History   2009年8月31日   
The Ensign of the Bakufu: A Pre-history of Hi-no-maru
松方 冬子
Canton and Nagasaki Compared   2009年12月3日   
幕府の船印―『日の丸』前史―
松方 冬子
海事史学会   2009年4月18日   
オランダ風説書と長崎通詞
第8回日韓歴史家会議「グローバル・ヒストリーの諸相と展望」   2008年   
Catholics from Siam?: Dutch News Reports, 1686-1715
The EAJS Conference   2008年   
近世後期『長崎口』からの『西洋近代』情報・知識の受容と翻訳
歴史学研究会大会   2008年   
Dutch reports in Japan about the Opium War
松方 冬子
Canton Nagasaki Compared   2007年12月6日   
幕府の船印―日の丸の誕生― [招待有り]
松方 冬子
日本銀行旧友会(二木会)講演   2006年10月12日   
Whispers from the West: Dutch Reporting of World News during the Tokugawa Period, 1641-1859
松方 冬子
the University of Massachusetts   2006年4月18日   
Whispers from the West: Dutch Reporting of World News during the Tokugawa Period, 1641-1859
松方 冬子
Reischauer Institute special lecture   2006年4月17日   
アヘン戦争・オランダ・風説書
第104回史学会大会   2006年   
utch Reporting of World News to the Japanese Government: 1641-1859
松方 冬子
The 4th TANAP Workshop   2005年1月11日   
別段風説書―幕末日本がオランダから得た海外情報―
松方 冬子
鹿山文庫の会   2004年12月11日   
東アジアの中の徳川日本
松方 冬子
柳営会懇親会講演   2004年11月21日   
『オランダ植民省文書』に見るウィレムⅡ世の開国勧告
松方 冬子
2004年11月6日   
田安家蔵書の伝存について
松方 冬子
国文学研究資料館公開講演会「田安徳川家の蔵書と学芸」   2002年2月22日   
オランダ風説書再考―1660年代オランダ風説書の確立過程―
洋学史学会日蘭交流400年記念シンポジウム   2000年   
オランダ風説書再考
第1回オランダ史研究会   1999年   
江戸武家社会の終焉
第91回史学会大会   1993年   

競争的資金等の研究課題

 
朱印船のアジア史的研究:16~17世紀、日本往来の『国書』と外交使節
三菱財団: 人文科学研究助成
研究期間: 2017年10月 - 2019年3月    代表者: 松方 冬子
歴史学研究者アーカイヴズの構築と人文学の再生
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 荒野 泰典
朱印船のアジア史的研究:16~17世紀、日本往来の『国書』と外交使節
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 松方 冬子
マルチアーカイヴァル的手法による在外日本関係史料の調査と研究資源化の研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(S)
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 保谷 徹
オランダ別段風説書の翻訳と研究
三菱財団: 人文科学研究助成
研究期間: 2006年10月 - 2017年9月    代表者: 松方 冬子
朱印船のアジア史的研究:16~17世紀、日本往来の『国書』と外交使節
鹿島学術振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 松方 冬子
東インド会社解散と出島商館の変容:史料構造からみる近世日蘭関係史料の研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 松井 洋子
日蘭関係史の再構築:オランダ語・現地語史料の併用によるアジア海域史の視点から
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 松方 冬子
ユーラシアの近代と新しい世界史叙述
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(S)
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 羽田 正
近世日蘭関係史料の相関的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 松井 洋子
江戸幕府・朝廷・諸藩の編年史・編纂史料集の史料学的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(A)
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 山本 博文
オランダ語史料による近世アジア海域史の可能性
鹿島学術振興財団: 研究助成
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 松方 冬子
オランダ別段風説書蘭文テキストの翻訳と研究
科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 松方 冬子
オランダ語史料による近世アジア海域史の可能性
三菱財団: 人文科学研究助成
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 八百 啓介
一九世紀オランダ対日貿易改革論の歴史的前提
鹿島学術振興財団: 研究助成
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 松方 冬子
一八五〇年代オランダ側史料から見た風説書の基礎的研究
守谷育英会: 研究助成
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 松方 冬子
日蘭双方の史料から見たオランダ風説書の史料学的研究
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 松方 冬子
一八四〇年代日蘭外交の相互模索―いわゆる「ウィレム二世の開国勧告」を中心に
稲盛財団: 研究助成金
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 松方 冬子
開国前夜日蘭外交の相互模索:海外情報伝達における帆船時代の最終段階
日本財団: 笹川科学研究助成
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 松方 冬子
『ティチング私信集』に見る一八世紀日蘭相互理解の研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 横山 伊徳
『ティチング私信集』に見る18世紀日本とオランダの相互理解
松下国際財団: 研究助成
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 松井 洋子
16~18世紀日本関係欧文史料の目録化及びデータベース化の研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 1997年 - 2000年    代表者: 松井 洋子
近世都市における巨大建設技術に関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 宮崎 勝美