石崎 松一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/24 13:35
 
アバター
研究者氏名
石崎 松一郎
 
イシザキ ショウイチロウ
所属
東京海洋大学
部署
学術研究院食品生産科学部門
職名
教授
学位
水産学修士(東京水産大学), 博士(水産学)(東京水産大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京海洋大学 学術研究院 教授
 
2005年10月
 - 
2018年3月
東京海洋大学 海洋生命科学部 准教授
 
2003年10月
 - 
2005年9月
東京海洋大学 海洋科学部食品生産科学科 助手
 
1993年4月
 - 
2003年9月
東京水産大学 水産学部食品生産学科 助手
 
1991年
 - 
1993年
水産大学校 助手
 

学歴

 
 
 - 
1991年
東京水産大学 水産学研究科 食品生産学
 
 
 - 
1987年
東京水産大学 水産学部 食品工学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本水産学会  関東支部幹事
 
2018年4月
 - 
現在
日本水産学会  平成31年度日本水産学会春季大会総務担当
 
2015年4月
 - 
2018年2月
日本水産学会  創立85周年記念国際シンポジウムプログラム委員会副委員長
 
2016年10月
 - 
2017年10月
International Symposium on Pufferfish  Scientific Committee Member
 

受賞

 
1997年
日本水産学会賞奨励賞
 

論文

 
T. Kuda, A. Takahashi, S. Ishizaki, H. Takahashi, and B. Kimura
LWT - Food Science and Technology   84 58-63   2017年10月   [査読有り]
A. Kiriake, S. Ishizaki, Y. Nagashima, and K. Shiomi
Toxicon   140 139-146   2017年10月   [査読有り]
C. Pan, S. Ishizaki, Y. Nagashima, J. Gao, and S. Watabe
Food Chemistry   241 104-112   2017年8月   [査読有り]
Urinary excretion of tetrodotoxin modeled in a porcine renal proximal tubule epithelial cell line, LLC-PK1
T. Matsumoto, Y. Ishizaki, K. Mochizuki, M. Aoyagi, Y. Mitoma, S. Ishizaki, and Y. Nagashima
Marine Drugs   15(7) 225-225   2017年7月   [査読有り]
X.Z.Yin, A. Kiriake, A. Ohta, Y. Kitani, S. Ishizaki, and Y. Nagashima
Toxicon   136 56-66   2017年6月   [査読有り]
H. Lin, S. Ishizaki, Y. Nagashima, K. Nagai, K. Maeyama, and S. Watabe
Fisheries Science   83(3) 489-498   2017年5月   [査読有り]
H. Ozawa, M. Koyama, S. Ishizaki, and Y. Ochiai
Food Science and Technology Research   23(1) 41-43   2017年3月   [査読有り]
C. Acar, S. Ishizaki, and Y. Nagashima
European Food Research and Technology   243(1) 49-57   2017年1月   [査読有り]
Species identification and the biological properties of several Japanese starfish
F. Sharmin, S. Ishizaki, and Y. Nagashima
Asian Journal of Medical and Biological Research   2(4) 689-695   2017年1月   [査読有り]
Molecular identification, micronutrient content, antifungal and hemolytic activity of starfish Asterias amurensis collected from Kobe coast, Japan
F. Sharmin, S. Ishizaki, and Y. Nagashima
African Journal of Biotechnology   16(4) 163-170   2017年1月   [査読有り]

Misc

 
田口 武, 石崎 松一郎, 田中 宗彦, 長島 裕二, 天野 慶之
日本食品工業学会誌   35(6) 452-455   1988年
石崎 松一郎, 浜田 盛承, 磯 直道, 田口 武
日本水産学会誌   59(7) 1219-1224   1993年
林 〓倫, 石崎 松一郎, 田中 宗彦, 高井 陸雄, 田口 武, 天野 慶之
日本食品工業学会誌   40(10) 738-742   1993年
ウルメイワシ丸干し塩干品の製造工程中における魚肉成分の変化ならびに製品の品質(共著)
水産大学校研究報告   41(4) 217-228   1993年
ウルメイワシ丸干し製造中におけるK値と呈味成分の変化(共著)
水産大学校研究報告   41(4) 229-235   1993年

書籍等出版物

 
水産海洋ハンドブック(第3版)
石崎 松一郎 (担当:共著, 範囲:7.1.水産加工、5. 缶詰)
生物研究社   2016年3月   
文部科学省著作教科書高等学校用「食品製造」
石崎 松一郎 (担当:共著, 範囲:第1章 食品製造の概要)
実教出版   2013年2月   
水産利用化学の基礎
石崎 松一郎 (担当:共著, 範囲:4章.魚貝類成分の加工貯蔵中の変化、タンパク質/脂質/糖質、9章.水産物の安全性、アレルギー)
恒星社厚生閣   2010年9月   
魚介類アレルゲンの科学
石崎 松一郎 (担当:共著, 範囲:Ⅲ.魚介類アレルゲンの分析方法、9.PCR検知法)
恒星社厚生閣   2010年4月   
水産食品の事典(共著)
朝倉書店   2000年   

Works

 
沖縄産ソデイカの有効利用に関する研究
2003年
インドネシア産輸入魚貝類およびその加工品の原料判別に関する共同研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
魚類筋肉タンパク質の変性とゲル形成に関する研究
魚類筋肉ミオシン軽鎖の構造と遺伝子特性に関する研究
研究期間: 1998年   
海産生物未利用資源の高度有効利用に関する研究
水産食品の履歴分析・評価技術の開発
研究期間: 2002年   
水産食品の品質と安全性に関する研究