田口 聡

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/18 16:51
 
アバター
研究者氏名
田口 聡
 
タグチ サトシ
URL
http://www-step.kugi.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科
職名
教授 (兼)附属地磁気世界資料解析センター長
学位
博士(理学)(京都大学), 理学修士(京都大学)
ORCID ID
0000-0001-7419-5531

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
兼 京都大学 大学院理学研究科  附属地磁気世界資料解析センター長
 
2014年4月
 - 
現在
京都大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 教授
 
2011年
 - 
2014年
電気通信大学 大学院情報理工学研究科、情報理工学部 情報・通信工学専攻、情報・通信工学科 教授,宇宙・電磁環境研究センター長
 
2011年
   
 
電気通信大学情報理工学研究科 教授
 
2010年
 - 
2011年
電気通信大学情報理工学研究科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
京都大学 理学研究科 地球物理学専攻
 
 
 - 
1986年
京都大学 理学部 
 

受賞

 
1998年
地球電磁気・地球惑星圏学会 大林奨励賞
 
1996年
NASA/GSFC超高層地球物理学研究所功績賞
 
2003年
The Order of the Blue Crab (NASA/GSFC, Lab for Extraterrestrial Physics)
 

論文

 
Matsui, H., C.J. Farrugia, J. Goldstein, R. B. Torbert, M. R. Argall, H. Vaith, C. T. Russell, R. J. Strangeway, B. L. Giles, C. J. Pollock, S. Taguchi, and K. Hosokawa
Journal of Geophysical Research Space Physics   124    2019年5月
Taguchi, S., Y. Chiba, K. Hosokawa, and Y. Ogawa
Journal of Geophysical Research Space Physics   122(3) 3509-3525   2017年3月
Hosokawa, K., S. Taguchi, and Y. Ogawa
Journal of Geophysical Research Space Physics   121(6) 5652   2016年6月
Hosokawa, K., S. Taguchi, and Y. Ogawa
Journal of Geophysical Research Space Physics   121(4) 3410-3420   2016年4月
Taguchi, S., K. Hosokawa, and Y. Ogawa
Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics   133 98-110   2015年10月
Thomas, E. G., K. Hosokawa, J. Sakai, J. B. H. Baker, J. M. Ruohoniemi, S. Taguchi, K. Shiokawa, Y. Otsuka, A. J. Coster, J.-P. St.-Maurice, and K. A. McWilliams
Radio Science   50 904-915   2015年9月
Taguchi, S., K. Hosokawa, and Y. Ogawa
Progress in Earth and Planetary Science   2(11) 4020-4037   2015年5月
Taguchi, S., A. Tawara, M. R. Hairston, J. A. Slavin, G. Le, J. Matzka, and C. Stolle
Journal of Geophysical Research Space Physics   120(5) 4020-4037   2015年5月
Sakai, J., K. Hosokawa, S. Taguchi, and Y. Ogawa
Journal of Geophysical Research Space Physics   119(3) 2214-2228   2014年3月
Hosokawa, K., S. Taguchi, K. Shiokawa, Y. Otsuka, Y. Ogawa, and M. Nicolls
Geophysical Research Letters   41 1-6   2013年12月
Ogawa, Y., M. Sawatsubashi, S. C. Buchert, K. Hosokawa, S. Taguchi, S. Nozawa, S. Oyama, T. T. Tsuda, and R. Fujii
Journal of Geophysical Research Space Physics   118(11) 7426-7437   2013年11月
Hosokawa K., S. Taguchi, Y. Ogawa, T. Aoki
Journal of Geophysical Research Space Physics   118(1) 447-453   2013年1月
Sakai, J., S. Taguchi, K. Hosokawa, and Y. Ogawa
Journal of Geophysical Research Space Physics   118(1) 462-471   2013年1月
Hosokawa, K., S. Taguchi, Y. Ogawa, and J. Sakai
Journal of Geophysical Research Space Physics   118(10) 6536-6543   2013年10月
Taguchi, S., K. Hosokawa, Y. Ogawa, T. Aoki, and M. Taguchi
Journal of Geophysical Research   117(A12)    2012年12月
Abe, M., S. Taguchi, M. R. Collier, and T. E. Moore
Journal of Geophysical Research   116(A10) 10225   2011年10月
Koshida, T., T. F. Shibata, S. Taguchi, and H. Misawa
Journal of Geophysical Research   115(A12) 12213   2010年12月
Taguchi, S., K. Hosokawa, S. Suzuki, A. Tawara, H. U. Frey, J. Matzka, A. S. Yukimatu, and N. Sato
Journal of Geophysical Research   115(A10) 10308   2010年10月
Taguchi, S., K. Hosokawa, S. Suzuki, A. S. Yukimatu, and N. Sato
Journal of Geophysical Research   115(A5) 5305   2010年5月
Taguchi, S., K. Hosokawa, A. Nakao, M. R. Collier, T. E. Moore, N. Sato, and A. S. Yukimatu
Journal of Geophysical Research   114(A2) 2311   2009年2月
NOSE M., TAGUCHI S., CHRISTON S. P., COLLIER M. R., MOORE T. E., CARLSON C. W., MCFADDEN J. P.
Journal of Geophysical Research   114(A5) 5207   2009年
TAGUCHI S., SUZUKI S., HOSOKAWA K., OGAWA Y., YUKIMATU A. S., SATO N., COLLIER M. R., MOORE T. E.
Journal of Geophysical Research   114(A6) 6211   2009年
HOSOKAWA K., TAGUCHI S., SUZUKI S., COLLIER M. R., MOORE T. E., THOMSEN M. F.
Journal of Geophysical Research   113(A10) 10205   2008年10月
SUZUKI S., TAGUCHI S., HOSOKAWA K., COLLIER M. R., MOORE T. E., FREY H. U., MENDE S. B.
Geophysical Research Letters   35(13) 13103   2008年
KUNORI T., NOSE M., TAGUCHI S., HOSOKAWA K., COLLIER M. R., MOORE T. E.
Geophysical Research Letters   34(18)    2007年
MURATA Y., TAGUCHI S., HOSOKAWA K., NAKAO A., COLLIER M. R., MOORE T. E., SATO N., YAMAGISHI H., YUKIMATU A. S.
Journal of Geophysical Research   112(A11) 11208   2007年
Neutral atom emission coming from the direction of the high-latitude magnetopause under northward IMF
Taguchi, S., K. Hosokawa, Y. Murata, A. Nakao, M. R. Collier, T. E. Moore, N. Sato, A. S. Yikimatu
Advances in Polar Upper Atmosphere Research   20 17-26   2006年
Simultaneous observations of ions of ionospheric orgin over the ionosphere and in the plasma sheet at storm-time substorms
Nosé, M., T. Kunori, Y. Ono, S. Taguchi, K. Hosokawa, T. E. Moore, M. R. Collier, S. P. Christon, and E. W. McEntire
Proceedings of the Eighth International Conference on Substorms   203-208   2006年
TAGUCHI S., HOSOKAWA K., NAKAO A., COLLIER M. R., MOORE T. E., YAMAZAKI A., SATO N., YUKIMATU A. S.
Geophysical Research Letters   33(3) 3101-3101   2006年
TAGUCHI S., CHEN S.-h., COLLIER M. R., MOORE T. E., FOK M.-c., HOSOKAWA K., NAKAO A.
Journal of Geophysical Research   110(A12) 12204-12204   2005年12月
Nosé M., Hosokawa K., Taguchi S., McEntire R.W., Christon S.P., Collier M.R., Moore T.E.
Journal of Geophysical Research   110(A9)    2005年9月
TAGUCHI S, COLLIER M R, MOORE T E, FOK M‐C, SINGER H J
Journal of Geophysical Research   109(A4) 1-4208   2004年4月
Simultaneous observations of the cusp with IMAGE Low Energy Neutral Atom imager and SuperDARN radar
S. Taguchi, K. Hosokawa, M. R. Collier, T. E. Moore, M.-C. Fok, A. S. Yukimatu, N. Sato, R. A. Greenwald
Advances in Polar Upper Atmospheric Research   18 53-64   2004年
Neural network prediction of relativistic electrons at geosynchrnous orbit during the storm recovery phase: Effects of recurring substorms
M. Fukata, S. Taguchi, T. Okuzawa, T. Obara
Annales Geophysicae   20(7) 947-951   2002年7月
KISHIDA H, TAGUCHI S, MUKAI T, SAITO Y
Advances in Space Research   30(12) 2781-2786   2002年
Ionospheric Potential Model for the Development of a Substorm
Taguchi, S, and H. Nishimura
Proceedings of the Sixth International Conference on Substorms   115-122   2002年   [招待有り]
KUGBLENU S, TAGUCHI S, OKUZAWA T
Earth, Planets and Space   53(3) 207-212   2001年3月
TAGUCHI S, KIYOHARA M, MUKAI T, NOSE M, SAITO Y
Journal of Geophysical Research   106(A3) 3943-3952   2001年3月
TAGUCHI S, KISHIDA H, MUKAI T, SAITO Y
Journal of Geophysical Research   106(A2) 1949-1954   2001年2月
TAGUCHI S, OTSUBO M
Advances in Space Research   28(11) 1587-1594   2001年
YAMAMOTO A, OHTA Y, OKUZAWA T, TAGUCHI S, TOMIZAWA I, SHIBATA T
Earth, Planets and Space   52(11) 1073-1076   2000年11月
Geotail Observations of Mid-Tail Traveling Compression Regions and Their Temporal Relation With Geosynchronous Substorm Ohset
Taguchi, S., M. Kiyohara, T. Mukai, T. Yamamoto, Y. Saito, S. Kokubun, G. D. Reeves
Advances in Space Research   25(7/8) 1703-1707   2000年
KUGBLENU S, TAGUCHI S, OKUZAWA T
Earth Planets, and Space   51(4) 307-313   1999年4月
SLAVIN J A, OWEN C J, TAGUCHI S, KOKUBUN S, MUKAI T, LUI A T Y, ANDERSON R R, MATSUMOTO H, SUTCLIFFE P R
Geophysical Research Letters   26(19) 2897-2900   1999年
TAGUCHI S, WARASHINA M
Geophysical Research Letters   25(12) 2093-2096   1998年12月
TAGUCHI S, SLAVIN J A, LEPPING R P
Journal of Geophysical Research   103(A8) 17641-17650   1998年11月
COLLIER M R, SLAVIN J A, LEPPING R P, OGILVIE K, SZABO A, LAAKSO H, TAGUCHI S
Journal of Geophysical Research   103(A8) 17293-17305   1998年8月
SLAVIN J A, FAIRFIELD D H, KUZNETSOVA M M, OWEN C J, TAGUCHI S, MUKAI T, KOKUBUN S, LUI A T Y, REEVES G D
Journal of Geophysical Research   103(A1) 119-133   1998年1月
Magnetic Field Configurations and Plasma Dynamics of the Mid-Tail Lobe Near Substorm Expansion Phase Onset : Geotail Observations
Taguchi, S., M. Kiyohara, T. Mukai, T. Yamamoto, M. Nosé, Y. Saito, S. Kokubun
Substorms-4, Astrophysics and Space Science Library, vol. 238   191-194   1998年
TAGUCHI S, SLAVIN J A, KIYOHARA M, NOSE M, REEVES G D, LEPPING R P
Journal of Geophysical Research   103(A11) 26607-26612   1998年
TAGUCHI S, KIYOHARA M, MUKAI T, YAMAMOTO T, NOSE M, SAITO Y, KOKUBUN S
Geophysical Research Letters   25(22) 4125-4128   1998年
Sunward Flow of the Dayside Reverse Convection for Northward Interplanetary Magnetic Field
Taguchi, S., M. Warashina
Proceedings of National Polar Research Symposium-Upper Atmospheric Physics   12 115   1998年
TAGUCHI S, SLAVIN J A, LEPPING R P
Geophysical Research Letters   24(4) 353-356   1997年4月
TAGUCHI S, HOFFMAN R A
Journal of Geomagnetism and Geoelectricity   48(5/6) 925-933   1996年5月
Traveling Compression Region Observed in the Mid-tail Lobes Near Substorm Expansion Phase Onset
Taguchi, S., J. A. Slavin, R. P. Lepping, and M. Nosé
European Space Agency Special Publication 389   603-607   1996年
TAGUCHI S, HOFFMAN R A
Geophysical Research Letters   23(6) 637-640   1996年
TAGUCHI S, HOFFMAN R A
Journal of Geophysical Research   100(A10) 19313-19320   1995年10月
TAGUCHI S, SUGIURA M, IYEMORI T, WINNINGHAM J D, SLAVIN J A
Journal of Geophysical Research   100(A8) 14743-14753   1995年8月
TAGUCHI S, SUGIURA M, IYEMORI T, WINNINGHAM J D, SLAVIN J A
Journal of Geophysical Research   99(A4) 6027-6044   1994年4月
Characterization of the IMF By-Dependent Field-Aligned Currents in the Cleft Region Based on DE2 Observations
Taguchi, S., M. Sugiura, J. D. Winningham, J. A. Slavin
Journal of Geophysical Research   98(A2) 1393   1993年2月
By-Controlled Field-Aligned Currents Near Midnight Auroral Oval During Northward Interplanetary Magnetic Field
Taguchi, S.
Journal of Geophysical Research   97(A8) 12231   1992年8月

Misc

 
昼側オーロラオーバルの低緯度側に生じるフローチャネルのESR観測
田口 聡,細川 敬祐,小川 泰信,家田 章正
2018年度EISCAT研究集会      2019年3月
Multiple electron precipitation spots in the cusp and subsequent equatorward expansion of aurora beyond the cusp
Taguchi, Satoshi, Kohei Takasu, Keisuke Hosokawa, Yasunobu Ogawa
第144回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R006-19   2018年11月
Importance of an international collaboration between a data center, data providers, and supportive organizations: An example of a geomagnetic AE index derivation by the World Data Center for Geomagnetism, Kyoto
Taguchi, S., M. Takeda, H. Toh, O. A. Troshichev, D. Sormakov, and T. Iyemori
SciDataCon-International Digital Week 2018, Gaborone, Botswana      2018年11月
Activities of World Data Center for Geomagnetism, Kyoto
Taguchi, S., M. Takeda, H. Toh, and T. Iyemori
International Workshop on Data Science 2018 -Present & Future of Open Data & Open Science- (Extended Abstract)   93-94   2018年11月
データセンターにおけるオープンサイエンス活動の現状と将来像〜AE index の算出と公開を例として〜
田口 聡, 竹田 雅彦
科学とデータ研究集会〜オープンサイエンスとデータ駆動型科学の将来像をさがす〜      2018年9月
Red line aurora in the dayside cusp for northward IMF
TAGUCHI S., Y. ODA, K. HOSOKAWA
日本地球惑星科学連合2018年大会講演集   PEM15-02   2018年5月
カスプの赤道側の安定したsun-aligned オーロラアーク: 全天イメージャーとEISCATの同時観測
田口聡,細川敬祐,小川泰信
2017年度EISCAT研究集会      2018年3月
低高度カスプにおけるプラズマダイナミクスの最近の進展
田口聡
極域電離圏における電離大気流出現象のメカニズム解明に向けた戦略的観測計画に関する研究集会      2018年3月
北向きIMF時のカスプ電子オーロラの太陽風速度依存性
田口聡,織田優心,細川敬祐
磁気圏ダイナミクス研究集会      2018年3月
Plasma Flow in the North-South Aligned Auroral Region Equatorward of the Dayside Auroral Oval
TAGUCHI S., K. HOSOKAWA, Y. OGAWA
EOS Trans., AGU 2017      2017年12月
リコネクションした磁力線に沿うカスプ電 子降下の成長と減衰
田口聡,細川敬祐,小川泰信
第142回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R006-35   2017年10月
Spatiotemporal variations of the electron precipitation producing moving cusp aurora
TAGUCHI S., K. HOSOKAWA, Y. OGAWA
日本地球惑星科学連合2017年大会講演集   PEM14-17   2017年5月
巨大な動くカスプオーロラのEISCAT観測
田口 聡,細川 敬祐, 小川 泰信
2016年度EISCAT研究集会      2017年2月
動く red line カスプオーロラの水平プロファイル
田口 聡,細川 敬祐, 小川 泰信
第140回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R006(24)   2016年11月
カスプ領域のサイエンス
田口 聡
平成28年度磁気圏・電離圏シンポジウム      2016年10月
カスプの赤道側の安定したsun-aligned オーロラアーク
田口 聡,細川 敬祐, 小川 泰信
日本地球惑星科学連合2016年大会講演集   PEM18-02   2016年5月
カスプの赤道側の安定したsun-aligned オーロラアーク: 全天イメージャーとEISCATの同時観測
田口 聡,細川 敬祐,小川 泰信
EISCATシンポジウム      2016年3月
カスプF領域における鋭いプラズマ密度構造の生成
田口 聡,岡野 雄一
第4回電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター研究集会講演集      2015年12月
高緯度電離圏に見られる磁気圏や熱圏との「縫い目」が残る現象
田口 聡
日本地球惑星科学連合2015年大会講演集   U06-16   2015年6月   [依頼有り]
Cusp aurora as a backward-elongated image of the moving region of electron precipitation
田口 聡,千葉 康永,細川 敬祐,小川 泰信
日本地球惑星科学連合2015年大会講演集   PEM09-03   2015年5月
動く電子降下領域の後方に延びるカスプオーロラ:EISCATと全天イメージャーの同時観測
田口 聡, 千葉 康永, 細川 敬祐, 小川 泰信
EISCATシンポジウム      2015年3月
電離圏昼側極冠域の逆転プラズマ対流
田口 聡, 田原 篤史
第3回電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター研究集会講演集      2014年12月
Response of the reverse convection to sharp IMF turnings: Observations from multispacecraft and ground magnetometer stations
田口 聡, 田原 篤史, Hairston Marc, Slavin James, Le Guan, Matzka Juergen, Stolle Claudia
第136回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R006(38)    2014年11月
カスプにおけるオーロラ増光の時間空間分布
田口 聡,細川 敬祐,小川 泰信 
日本地球惑星科学連合2014年大会講演集   PEM28-15   2014年4月
極域電離圏における温度勾配ドリフト不安定性の数値シミュレーション
第4回極域科学シンポジウム講演集   OS-10   2013年
カスプの動くオーロラに伴うイオン温度上昇の3次元イメージング
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R006-17   2013年
カスプ域の熱圏質量密度異常を生成する上昇流の形成過程
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R005-18   2013年
降下電子ビームと630-nmオーロラ発光強度との関係
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R006-P028   2013年
全天イメージャ観測に基づくカスプのpoleward-moving auroral form の統計的性質
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R006-P008   2013年
カスプの質量密度異常の時定数
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R005-P048   2013年
高感度全天イメージャーによる高緯度昼間側の中規模伝搬性電離圏擾乱の観測
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R005-P052   2013年
高緯度電離圏プラズマ対流速度分布の経験モデル
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R010-P010   2013年
F層カスプ域のプラズマ微細構造
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R005-P047   2013年
カスプにおける温度勾配ドリフト不安定性の数値シミュレーション
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R005-P049   2013年
電離圏カスプ域で同定される電子密度の周期構造:全天イメージャとEISCATの同時観測
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R006-P016   2013年
Fundamental Mechanisms of Thermospheric Mass Density Enhancement Around the Dayside Cusp Region
Asia Oceania Geoscience Society   ST09-D5-AM1-M1-003   2013年
Mesoscale flow dynamics related to a southeastward-moving auroral transient in the cusp
日本地球惑星科学連合2013年大会講演集   MSD04-11   2013年
電離圏カスプ域の数キロメータスケールのプラズマ密度構造
日本地球惑星科学連合2013年大会講演集   PEM28-P16   2013年
カスプの PMAF の加速運動
日本地球惑星科学連合2013年大会講演集   PEM28-16   2013年
昼側カスプ域付近の熱圏質量密度異常の新しい生成機構
日本地球惑星科学連合2013年大会講演集   PEM06-18    2013年
全天イメージャとEISCATレーダーの同時観測に基づく極域電離圏カスプの電子密度微細構造の周期的変動毒性
第132回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B006-P016   2012年
Flux Transfer Eventの電離圏ダイナミクスの数値モデル
第132回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B006-P003   2012年
衛星観測に基づく電離圏カスプ域の数キロメータスケールのプラズマ密度構造特性
第132回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B005-P035   2012年
昼間側レッドオーロラとF層プラズマパラメタの経度プロファイル:全天イメージャーとESR equi-MLAT mode 観測
第132回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B006-54   2012年
昼側カスプ域の熱圏質量密度異常の数値シミュレーション
第132回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B005-27   2012年
全天カメラとEISCATレーダーによるポーラーパッチの同時観測
日本地球惑星科学連合2012年大会講演集   PEM31-13   2012年
カスプにおけるクレーター型のレッドオーロラ
日本地球惑星科学連合2012年大会講演集   PEM31-12   2012年
カスプでみられる地上磁場変動の極向き伝搬特性
日本地球惑星科学連合2012年大会講演集   PEM31-P03   2012年
カスプF領域における電子密度の周期構造
日本地球惑星科学連合2012年大会講演集   PEM31-P04   2012年
ESR equi-MLATmode
EISCAT研究集会   2-3   2012年
数値シミュレーションによるカスプ域熱圏質量密度異常のメカニズムの解明
電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター   123-127   2012年
全天カメラとEISCATレーダーによるポーラーパッチの同時観測
電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター   118-122   2012年
高緯度電離圏プラズマ対流とオーロラオーバルの経験的モデリング
電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター   24-27   2012年
EISCATスバールバルレーダーを用いた今後の研究
EISCAT研究集会:北極・北欧における観測・研究戦略      2012年
高緯度電離圏プラズマ対流速度分布の経験モデル
第134回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   R010-P010   2011年
極域電離圏電子密度3次元分布の可視化モデルとそれから得られる特性
第2回極域科学シンポジウム講演集   Uo11   2011年
グリーンランド地磁気チェーンを用いたポーラキャップ・カスプ沿磁力線電流の遷移の共役観測
第130回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B006-42   2011年
Sharp electron density cutoffs observed by EISCAT Svalbard radar in the dayside polar cap
第130回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B005-36   2011年
カスプの transient フローに伴うプラズマの温度上昇
第130回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B006-17   2011年
高緯度電離圏ポテンシャル分布のモデリングに組み込まれた飽和効果
日本地球惑星科学連合2011年大会   PEM-31-P15   2011年
極域電離圏電子密度3次元分布の可視化モデルとリモートセンシング観測への応用
日本地球惑星科学連合2011年大会   PEM031-P13   2011年
Space Technology 5 衛星とグリーンランドの地磁気チェーンを用いた沿磁力線電流の時間発展の共役観測
日本地球惑星科学連合2011年大会   PEM031-P09   2011年
オーロラオーバルの数値モデルから探るフリッツのアイソカズムの意義
日本地球惑星科学連合2011年大会   PEM030-P17   2011年
オーロラオーバルとKp 指数の nowcastモデル
日本地球惑星科学連合2011年大会   PEM030-P16   2011年
IMF の南向きexcursion時にカスプで観測された電子密度多重増大現象
日本地球惑星科学連合2011年大会   PEM031-08   2011年
極冠域とサブオーロラ域のポテンシャルの飽和
第34回極域宙空圏シンポジウム予稿集   34 UO022   2010年
Superstorm 時のオーロラオーバル分布:数値モデルと観測
第34回極域宙空圏シンポジウム予稿集   34 UO023   2010年
中性粒子によって観測される経度方向に離れた2つのカスプイオンインジェクション領域
第128回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B006-35   2010年
カスプのフローバーストに伴う電子密度の高度方向変動特性
第128回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B005-44   2010年
オーロラオーバルとSARアークの分布の数値モデル
第128回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B010-P014   2010年
Superstorm時の高緯度電離圏ポテンシャル分布
日本地球惑星科学連合2010年大会   PEM022-P13    2010年
Superstorm 時に生じる極冠域とサブオーロラ域のポテンシャル飽和現象:経験モデルによるアプローチ
第128回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B010-P015   2010年
カスプのフローバーストに伴う電子密度減少の上向き伝搬
日本地球惑星科学連合2010年大会   PEM022-P12    2010年
オーロラオーバル分布の数値モデル
日本地球惑星科学連合2010年大会   PEM022-P10    2010年
カスプにおけるフローバーストの渦状特性
日本地球惑星科学連合2010年大会   PEM022-18    2010年
カスプ域における極向きに動くオーロラ構造と動くメソスケールプラズマ降下
第33回極域宙空圏シンポジウム予稿集   2-2   2009年
安定した IMF時におけるフローリバーサル境界の速い動き
第33回極域宙空圏シンポジウム予稿集   P14, 59-59   2009年
カスプに現れる動くプロトンオーロラスポット
第33回極域宙空圏シンポジウム予稿集   P18, 63-63   2009年
カスプのフローバーストに伴う電子密度変動
第33回極域宙空圏シンポジウム予稿集   P16, 61-61   2009年
カスプのフローバースト領域のプラズマ構造
第126回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B005-P024   2009年
Evidence for the longitudinal motion of mesoscale plasma precipitation in the cusp
第126回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B006-11   2009年
ENA 観測から推測される北向きIMF時のカスプにおける2種類のイオンインジェクション領域
日本地球惑星科学連合2009年大会   E118-P004    2009年
モデルと観測から得られるカスプのプロトン構造とオーロラエミッションの分布:メソスケール構造の重要性
第124回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B010-02   2008年
ENAで見るカスプイオンインジェクションのIMFクロックアングル特性
第124回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B006-23   2008年
北向きIMF時におけるカスプインジェクション領域の特性
第32回極域宙空圏シンポジウム   32 59-59   2008年
Zonal flow jet in the cusp: Simultaneous observations from spacecraft, radars, and ground magnetometer network
第32回極域宙空圏シンポジウム   32 21-21   2008年
Motion of the Cusp and Change in the Convection During By-Dominated IMF: Simultaneous Observations From IMAGE Spacecraft and SuperDARN radar
Asia Oceania Geoscience Society   286-286   2008年
Derivation of Magnetopause Subsolar Distance From ENA Flow in the Magnetosheath
Asia Oceania Geoscience Society   327-327   2008年
高緯度電離圏ポテンシャルの経験モデル
日本地球惑星科学連合2008年大会   E112-019   2008年
カスプインジェクション領域のIMFクロックアングル特性
日本地球惑星科学連合2008年大会   E116-P019   2008年
北向きIMF時におけるカスプイオンインジェクションによる中性粒子放射特性
日本地球惑星科学連合2008年大会   E116-P020    2008年
高緯度電離圏ポテンシャルのモデリングとその有効性の検討
国立極地研究所研究集会「電離圏・磁気圏のリモートセンシングデータとモデルの結合」   15   2008年
IMAGE衛星で見る磁気圏・電離圏カスプの共役性
国立極地研究所研究集会「電離圏・磁気圏のリモートセンシングデータとモデルの結合」   13   2008年
ENA観測に基づくsubsolar magnetopause motionのリモートセンシング:シースフラックスモデルを用いるアプローチ
国立極地研究所研究集会「電離圏・磁気圏のリモートセンシングデータとモデルの結合」   9   2008年
中性粒子エミッションによるカスプのリモートセンシング:観測とモデル
国立極地研究所研究集会「電離圏・磁気圏のリモートセンシングデータとモデルの結合」   5   2008年
ENA Emission From the Cusp of the Earth's Magnetosphere
Eos Trans. AGU, 88(52), Fall Meet. Suppl.   88(52) Abstract SH12A-0858   2007年
Directional ENA Flow in the Earth's Magnetosheath: Estimation of the Magnetopause Subsolar Distance
Eos Trans. AGU, 88(52), Fall Meet. Suppl.   88(52) Abstract SH12A-0849   2007年
Conjugate observations of ENA signals in the high-altitude cusp and proton auroral spot in the low-altitude cusp with IMAGE spacecraft
Eos Trans. AGU, 88(52), Fall Meet. Suppl.   88(52) Abstract SH12A-0850   2007年
Empirical Model of the High-Latitude Potentials During Storm Times
International CAWSES Symposium   P1-025   2007年
Extreme solar wind condition に対する高緯度電離圏ポテンシャル分布のモデリング
第122回地球電磁気・地球惑星圏学会講演集   B0100-P006   2007年

書籍等出版物

 
理科年表2019
田口聡 (担当:共著, 範囲:地学部地磁気および重力)
丸善出版   2018年11月   
超高層大気物理学(訳)
奥澤隆志,田口聡 (担当:共訳)
愛智出版   2003年12月   

競争的資金等の研究課題

 
電離圏プラズマ高速フローチャネルとそのインターフェースにおける時間空間発展
研究期間: 2015年4月   
極域電離圏プラズマメソスケール密度構造のカスケード過程の解明
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月
リモートセンシングによる磁気圏・極域電離圏プラズマの動態の解明
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月
イメージ衛星リモートセンシング撮像データに基づく太陽風・磁気圏相互作用の研究
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月
イメージ衛星に基づく太陽風・磁気圏相互作用およびその電離圏結合に関する研究
研究期間: 2002年5月 - 2003年3月
電離圏プラズマ対流および磁気圏電場の定量的モデルと宇宙天気予報への応用
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月
極域電離圏プラズマ対流の定量的モデルとその宇宙天気予報への応用
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月
磁気圏尾部ローブ領域の動態に関する研究
研究期間: 1995年9月 - 1996年9月
北向き惑星間空間磁場の時の地球磁気圏の構造に関する研究
研究期間: 1994年3月 - 1995年9月