野崎 眞次

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/18 02:41
 
アバター
研究者氏名
野崎 眞次
 
ノザキ シンジ
所属
電気通信大学
職名
名誉教授
学位
工学士(東京工業大学), 工学修士(カンサス州ウイッチタ州立大学(米国)), 工学博士(カーネギーメロン大学大学院(米国))
科研費研究者番号
20237837

研究分野

 

経歴

 
1984年8月
 - 
1993年3月
インテルコーポレーション(米国) 主席研究員
 
1988年4月
 - 
1989年3月
名古屋工業大学 客員研究員
 
1989年4月
 - 
1991年5月
東京工業大学 客員研究員
 
1991年6月
 - 
1993年4月
東京工業大学 客員助教授
 
1993年4月
 - 
2003年10月
電気通信大学電気通信学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年7月
カーネギメロン大学大学院(米国) カーネギー工学科 電気工学科
 
1969年4月
 - 
1972年3月
福井県立藤島高等学校  
 

委員歴

 
1992年
 - 
1995年
電子情報通信学会  エレクトロニクス部門和文誌編集委員
 
1993年
 - 
1997年
電気学会  調査専門委員
 
1993年
 - 
1998年
電子情報通信学会  電子デバイス研究専門委員
 
1996年10月
 - 
1998年9月
電気学会  自己組織化プロセス技術調査専門委員会幹事
 
2001年4月
 - 
2003年3月
応用物理学会  シリコンテクノロジー分科会幹事
 

受賞

 
2004年5月
European Materials Research Society Contribution EC
 
2003年5月
半導体理工学研究センター感謝状
 
2002年6月
European Materials Research Society Contribution EC
 
2001年3月
矢崎学術賞
 

論文

 
S. N. Sarangi⁠⁠, S. N. Sahu⁠ and S. Nozaki⁠
Physica E: Low-dimensional Systems and Nanostructures   97(-) 64-68   2018年   [査読有り]
Deep level characterization improved by Laplace charge transient spectroscopy
Shumpei Koike, Kazuo Uchida, Shinji Nozaki
International Journal of Engineering and Applied Sciences   5(2) 66-69   2018年2月   [査読有り]
Sachindra Nath Sarangi, Arun T, Dinseh K. Ray, Pratap Kumar Sahoo, Shinji Nozaki, Noriyuki Sugiyama and Kazuo Uchida
AIP Conference Proceedings 1832   1832(-) 060022-1-060022-3   2017年   [査読有り]
Sachindra Nath Sarangi, Arun T, Dinseh K. Ray, Pratap Kumar Sahoo, Shinji Nozaki, Noriyuki Sugiyama and Kazuo Uchida
AIP Conference Proceedings   1832(060022) 060022-1-060022-3   2017年6月   [査読有り]
1. Sachindra Nath Sarangi, Arun T, Dinseh K. Ray, Pratap Kumar Sahoo, Shinji Nozaki, Noriyuki Sugiyama and Kazuo Uchida
AIP Conf. Proc.   1832(-) 060022-1-060022-3   2017年5月   [査読有り]

Misc

 
酸化シリコンナノ粒子の新機能と応用
野崎眞次
化学工業   57(1) 8 – 12   2006年1月
酸化シリコンナノ粒子の新機能:ナノの不思議
野崎眞次
SEMI News   21(6) 20 – 21   2005年12月
Germanium Nanocrystals(共著)
S. Nozaki, S. Sato, and H. Morisaki
3 805-820   2004年
米国での17年間
野崎真次
応用物理   66(8) 874   1997年
IV族半導体ナノクリスタルの可視発光
野崎真次
電気学会技術報告書   (627) 70-77   1997年4月

書籍等出版物

 
低温ポリシリコン薄膜トランジスタの開発-システムオンパネルをめざして-
木村誠二、野崎眞次 (担当:共著, 範囲:第3章 SiOナノ粉末の真空蒸着による高品位シリコン酸化膜の低温形成)
シーエムシー出版   2007年2月   
Handbook of Semiconductor Nanostructures and Nanodevices
Souri Banerjee and Shinji Nozaki (担当:共著, 範囲:Few-electron memory: Fabrication, operations, and challenges)
American Scientific Publisher   2006年   
Substrate Nanostructuration: Self-assembling and Nanoparticles
I. Berbezier, A. Pimpinelli, R. Hull and S. Nozaki (担当:編者)
Special Issue of Superlattices and Microstructures 36 (1-3)2004 (European Materials Research Society Symposia Proceedings 174   2004年   
Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology
S. Nozaki, S. Sato, and H. Morisaki (担当:共著, 範囲:Vol. 3 Germanium Nanocrystals)
American Scientific Publisher   2004年   
EMRS 2002 Symposium S, Micro- and Nano-Structured Semiconductors
I. Berbezier, A. Nassiopoulou, and S. Nozaki (担当:編者)
Special Issue, Materials Science and Engineering B101(1-3)   2002年   

講演・口頭発表等

 
Single-crystal NiO grown on GaN by MOVPE
Shinichi Watanabe, Teuku Muhammad Roffi, Kazuo Uchida, and Shinji Nozaki
The Irago Conference 2018   2018年11月1日   
Optical Rectenna Designed for 30 THz
R. Kawaminami, S. Nozaki, and K. Uchida
The Irago Conference 2018   2018年11月1日   
Effects of the tunneling barrier on the GaN Schottky diode
M. Takahashi, S. Nozaki, and K. Uchida
The Irago Conference 2018   2018年11月1日   
Remote sensing: A combined big data and IoT tool for precision agriculture [招待有り]
T. George and S. Nozaki
The Irago Conference 2018   2018年11月1日   
High-Al content AlGaN pn diode with p-AlGaN improved by the UV wet oxidation
Xiaojia Zhang, Jun Morimoto, Kazuo Uchida, and Shinji Nozaki
19th International Conference on Metal Organic Vapor Phase Epitaxy   2018年6月5日   

担当経験のある科目

 

Works

 
ベンチャー企業(ナノテコ)を共同で設立し運営
2001年
共同研究者等:森崎 弘、内田和男
科学技術アクショングループ(在日英国商工会議所の分科委員会)推進委員
1995年 - 1997年
インドー日本科学技術協力推進委員
1994年 - 1997年
インドにおける研究所、大学にて講演(インテリジェント材料)
1993年 - 1993年

競争的資金等の研究課題

 
光レクテナの開発
ソニーセミコンダクターソリューションズ: 研究助成
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月
酸化物半導体抵抗変換型デバイスのニューロネットワーク集積回路の設計・試作
日本学術振興会: 調査研究
研究期間: 2018年5月 - 2018年6月
水熱法による酸化物半導体ナノ材料の作製および光酸化による高品質化
日本学術振興会: 調査研究
研究期間: 2017年12月 - 2018年2月
高効率太陽光発電用レクテナの開発
科学技術振興機構: 委託研究
研究期間: 2013年10月 - 2019年3月

特許

 
特願2006-213878 : 発光素子、およびその製造方法
内藤寛人、内田和男、野崎眞次
PCT/JP2005/17466 : SiOx粒子の製造法
SiOx粒子の製造法
特許出願2004-319954 : 白色発光ダイオード
特許出願2004-280053 : 結晶質シリコン内在SiOx成形体の製造方法とその用途
特許出願2003-080935 : 発光素子

その他

 
2014年
太陽光発電用レクテナに関する研究が注目され、オーム社のインタビューを受け、その雑誌の専門用語の検索Engine, pp. 70 – 71, OHM 4, 2014:光レクテナ「太陽電池に代わる高効率太陽光発電用デバイス」として掲載された。