織田 公光

J-GLOBALへ         更新日: 16/05/20 13:49
 
アバター
研究者氏名
織田 公光
 
オダ キミミツ
eメール
odadent.niigata-u.ac.jp
学位
薬学博士(九州大学)
科研費研究者番号
10122681

プロフィール

低フォスファターゼ症の分子基盤(発症メカニズム)の解析

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
新潟大学 医歯学総合研究科 教授
 
2001年4月
 - 
現在
新潟大学 医歯学総合研究科 教授
 

委員歴

 
1993年9月
 - 
現在
評議員
 
2008年4月
 - 
現在
評議員
 

論文

 
Expression of the mutant (1735T-del)tissue-nonspecific alkaline phosphatase gene from hyp[ophosphatasia patients
M Goseki-Sone, H. Orimo 他9名
J. Bone Mineral. Res.   13(12) 1827-1834   1998年12月   [査読有り]
N. Amizuka, M. Maie, J. Watanabe 他5名
Micros. Res. Technique   41 313-322   1998年12月   [査読有り]
K.Hoshi, N. Amizuka, K. Oda, Y. Ikehara, H. Ozawa
Histochem. Cell Biol.   107 183-191   1998年12月   [査読有り]
H. Shibata, M. Fukushi, A, Igarashi 他4名
J. Biochem.   123(5) 968-977   1998年12月   [査読有り]
Basement membrane heparan sulfate proteoglycan (perlcan)synthesized by ACC3, adenoid cystic carcinoma cells of human salivary gland origin
S. Kimura, J. Cheng 他3名
J. Biochem.   125 406-413   1998年12月   [査読有り]

Misc

 
アルカリフォスファターゼと低フォスファターゼ症
織田公光、沼ー金城 奈津子、相田美和、小丸圭一、網塚憲生
Clinical Calcium   24(2) 77-83   2014年1月   [依頼有り]
低フォスファターゼ症の分子基盤
低ホスファターゼ症の発症メカニズム
織田公光
生化学   80 1112-1115   2008年1月   [査読有り]
アルカリフォスファターゼの発症機序
アルカリフォスファターゼ遺伝子異常による致死性骨疾患
伊藤将広,織田公光,網塚憲生,小澤英浩
The Bone   16 3-7   2002年12月
石田陽子,小丸圭一,織田公光
臨床化学   33 36-44   2004年12月
Klotho遺伝子欠損が骨の細胞および骨基質に及ぼす影響
鈴木啓展,大島勇人,織田公光,李 敏啓,網塚憲生,吉江弘正,野田政樹,前田健康,小澤英浩
The Bone   20 395-399   2006年12月

担当経験のある科目