保倉 理美

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 04:11
 
アバター
研究者氏名
保倉 理美
所属
福井大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

論文

 
Reconfiguration manipulability analyses for redundant robots
Tongxiao Zhang, Mamoru Minami, O.Yasukura, Wei Song
Journal of Mechanisms and Robotics (Published Quarterly by ASME)   5(4) 041001:1-16   2013年11月   [査読有り]
Orbit decomposition of Jordan Matrix Algebras of order three under the automorphism groups
Akihiro Nishio, O.Yasukura
J. Math. Sci. Univ. Tokyo   17(2010) 387-417   2011年   [査読有り]
The classification of orbits by a natural action of certain reductive linear groups
H. Kaji, O.Yasukura
Yokohama Mathematical Journal   53(1) 39-61   2006年1月   [査読有り]

Misc

 
The classification of orbits by a natural action of certain reductive linear groups
H. Kaji, O.Yasukura
Yokohama Mathematical Journal   53(1) 39-61   2006年
From Homma’s theorem to Pick’s theorem
T.Kurogi, O.Yasukura
Osaka J. Math.   42(4) 723-735   2005年
H.Kaji, O.Yasukura
Michigan Mathematical Journal   52(3) 515-542   2004年
Existence of primitive PL-complex decomposition for lattice PL-figures
T.Kurogi, O.Yasukura
Memoir of Faculty of Education and Regional Studies, Fukui Univ.,   55 1-9   2003年
簡約リー群の同型問題
保倉 理美
「数学」 日本数学会(岩波書店)   55(2) 199-202   2003年

講演・口頭発表等

 
F_{4(4)}の実最低次元表現の軌道分解について(西尾昭宏氏との共同研究)
保倉 理美
第21回沼津研究会   2014年3月   待田芳徳(沼津高専)
The classification of orbits by a natural action of certain reductive linear groups (joint work with Hajime Kaji)
保倉 理美
城西大学大学院理学研究科(数学専攻)講演会   2011年12月   小木曽岳義(城西大学)
幾何教材について
保倉 理美
科学研究費による研究集会「数学リテラシーを育成する数学教員養成カリキュラムの研究」(研究代表者:浪川幸彦)   2011年2月   
格子多角形に関するG.ピック/H.シュタインハウスの定理について
保倉 理美
数学教育および数学とその周辺(黒木哲徳先生定年退官記念研究会)   2009年1月   藤井一幸、保倉理美
実例外Jordan代数Herm(3, O')の自己同型群F4'による軌道分解
西尾 昭宏, 保倉 理美
日本数学会2008年度秋季総合分科会   2008年9月   日本数学会

所属学協会

 
 

Works

 
等質複素多様体のJordan代数的、および、微分幾何的研究, 基盤研究(C)一般
2004年
等質複素多様体のJordan代数的、および、微分幾何的研究, 基盤研究(C)
2003年

競争的資金等の研究課題

 
リー群, 微分幾何学