深尾 敏幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/15 02:53
 
アバター
研究者氏名
深尾 敏幸
 
フカオ トシユキ
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 分子・構造学講座 小児病態学分野
職名
教授
学位
医学博士(岐阜大学)
その他の所属
医学系研究科医学部附属病院

プロフィール

先天性ケトン体代謝異常症の臨床,診断,分子病態解析/T2欠損症,SCOT欠損症の臨床,診断,蛋白遺伝子解析/先天性免疫不全症候群の分子病態/ataxia-telangiectasia, Bloom syndrome, selective IgG2 deficiency, IgA deficiency, common variable immunodeficiencyの病態解明/アレルギーの臨床,環境要因,遺伝要因に関する研究/ペットとアレルギー,食物アレルギー,Th1/Th2,

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
2015年
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
 
   
 
岐阜大学 大学院医学研究科 小児病態学 教授
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1989年10月
岐阜大学 医学研究科 内科系
 
1979年4月
 - 
1985年3月
三重大学 医学部 医学
 

委員歴

 
2003年
   
 
日本先天代謝異常学会  評議員
 
2003年
   
 
日本人類遺伝学会  評議員
 

受賞

 
1993年
日本先天代謝異常学会奨励賞
 
1998年
日本人類造伝学会奨励賞
 
2000年
岐阜医学奨励賞
 
2010年3月
平成21年度小児医学川野賞
 
 
平成5年度日本先天代謝異常学会奨励賞,平成10年度日本人類遺伝学会奨励賞
 

論文

 
アラキドン酸カスケード
深尾 敏幸(小児病態学),伊上 良輔(いのうえ小児科・アレルギー科),近藤 直実(小児病態学)
小児科診療   61 554-559   1990年4月
アトピーの遺伝子と I gE 産生調節の異常
近藤 直実(小児病態学),深尾 敏幸(小児病態学),寺本 貴英(小児病態学),笠原 貴美子(小児病態学),横山 由香里(小児病態学)
呼 吸   16 1224-1232   1997年8月
多機能遺伝子ATM (ataxia-telangiectasia mutated).
金子 英雄(小児病態学),深尾 敏幸(小児病態学),深尾 敏幸(小児病態学),近藤 直実(小児病態学)
医学のあゆみ   182 736-740   1997年9月
参考資料
近藤 直実(小児病態学),伊上 良輔(いのうえ小児科・アレルギー科),寺本 貴英(小児病態学),深尾 敏幸(小児病態学)
小児科診療   61 856-859   1998年4月
乳幼児期の重症アトピー性皮膚炎の2症例
近藤 直実(小児病態学),寺本 貴英(小児病態学),寺本 貴英(小児病態学),深尾 敏幸(小児病態学),伊上 良輔(いのうえ小児科・アレルギー科),福富 悌(福富医院)
小児科診療   61 841-844   1998年4月

Misc

 
間敦子,谷口恭治,東佐保子,井上彰子,小川哲,三宅宗典,玉井浩,美濃真,深尾敏幸,近藤直実:βーケトチオラーゼ欠損症に非ホジキンリンパ腫を合併した1例.日本小児科学会雑誌 106:1261ー1266,2002
近藤直実,深尾敏幸,平山耕一郎,坂本龍雄,鳥居新平:小児気管支喘息患児と親または保護者のQOL調査表の評価ー徐放性テオフィリンドライシロップ投与前後における評価ー.アレルギー 48:533ー545,1999
寺本貴英,伊上良輔,深尾敏幸,福富悌,近藤直実:乳幼児期の重症アトピー性皮膚炎の2症例.小児科診療 61:841ー844,1998
Toshiyuki Fukao, Satomi Sakurai, Marie Odile Rolland, Marie Therese Zabot, Andreas Schulze, Keitaro Yamada, Naomi Kondo
Molecular Genetics and Metabolism   89(3) 280-282
Succinyl-CoA: 3-ketoacid-CoA transferase (SCOT; locus symbol OXCT, EC 2.8.3.5) deficiency is a rare genetic disorder affecting ketone body utilization in extra-hepatic tissues. A 6-bp deletion at the splice donor site of intron 1 resulted in the a...
Toshiyuki Fukao, Toshiyuki Fukao, Hoan Thi Nguyen, Nhan Thu Nguyen, Dung Chi Vu, Ngoc Thi Bich Can, Anh Thi Van Pham, Khanh Ngoc Nguyen, Hironori Kobayashi, Yuki Hasegawa, Thao Phuong Bui, Kary E. Niezen-Koning, Ronald J A Wanders, Tom de Koning, Liem Thanh Nguyen, Seiji Yamaguchi, Naomi Kondo
Molecular Genetics and Metabolism   100 37-41
Mitochondrial acetoacetyl-CoA thiolase (T2) deficiency is an inborn error of metabolism affecting isoleucine catabolism and ketone body utilization. This disorder is clinically characterized by intermittent ketoacidotic episodes with no clinical s...

書籍等出版物

 
Mitchell GA, Fukao T. Chapter 102 inborn errors of ketone body catabolism.In Molecular and Metabolic Bases of Inherited Disease (8th edition)(Scriver CR,Beaudet AL, Sly WS, Valle Deds)
New York McGraw-Hill, Inc   2001年   
Fukao T. Acetoacetyl-CoA thiolase (cytosolic)in Wiley Encyclopedia of Molecular Medicine.
John Wiley & Sons, Inc   2002年   
Fukao T. Acetoacetyl-CoA thiolase (Mitochondrial)in Wiley Encyclopedia of Molecular Medicine.
John Wiley & Sons, Inc   2002年   
Fukao T. Thiolases (Acetyl-CoA acyltransferase)in Wiley Encyclopedia of Molecular Medicine.
John Wiley & Sons, Inc   2002年   
金子英雄,深尾敏幸,近藤直実:免疫グロブリンサブクラス欠損症モデルマウス:秦 順一編.ヒト疾患モデル 東京:文光堂,45ー51頁

講演・口頭発表等

 
「先天性ケトン体代謝異常症の発症形態と患者数の把握、診断指針に関する研究」班先天性ケトン体代謝異常症(T2欠損症、SCOT欠損症)の診断指針—日本での診断された症例の検討から
深尾敏幸、山口清次、重松陽介、高柳正樹、新宅治夫、堀川玲子
第52回日本先天代謝異常学会総会   2010年   
3.ミトコンドリアアセトアセチル-CoAチオラーゼ欠損症の解析-同じ遺伝子変異で患者によって異なったスプライシングをきたす?-
櫻井 里美(小児病態学),深尾 敏幸(小児病態学),張 改秀(小児病態学),近藤 直実(小児病態学)
第79回東海臨床遺伝・代謝懇話会   2005年6月   
A common mutation R208X identified in Vietnamese patients with mitochondrial acetoacetyl-CoA thiolase (T2) deficiency.
Fukao T, Nguyen TH, Nguyen NT, Can TBN, Vu CD, Pham TVA, Nguyen NK, Kobayashi H, Hasegawa Y, Bui PT, Nguyen TL, Yamaguchi S, Kondo N.
The 1st Asian Congress fro Inherited Metabolic Diseases   2010年   
An exonic splicing mutation identified in a beta-ketothiolase-deficient patient.
Fukao T, Naiki Y, Tanaka, Kondo N.
11th International Congress ofInborn Errors of Metabolism   2009年   
Bloom症候群原因遺伝子BLMの核移行シグナルの同定
近藤 直実(小児病態学),金子 英雄(小児病態学),早川 星朗(小児病態学),深尾 敏幸(小児病態学),松井 永子(小児病態学),笠原貴美子(小児病態学)
1998年6月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
「先天性ケトン体代謝異常症(β-ケトチオラーゼ欠損症、サクシニル-CoA:3-ケト酸CoAトランスフェラーゼ欠損症)の発症形態と患者数の把握、診断指針に関する研究班(H21-難治-一般-173)
厚生労働省: 厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 深尾 敏幸
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 深尾 敏幸
Alu配列はヒトゲノム中の100万コピー以上もあるとされ、全ゲノムの約10%を占める。Alu 配列は霊長類の進化とともに出現した。Alu配列はこれまで意味のない配列と考えられてきたが、最近その機能についての知見が少しずつ報告されてきている。申請者はこれまで小児科の先天代謝異常症および臨床遺伝を専門として、ケトン体代謝異常症の分子病態の解析を行ってきた。その中で、遺伝子内における複数のエクソンの欠失、挿入などの遺伝子再構成を伴う症例を経験し、それがイントロン内のAlu配列間での相同組換えによ...
Alu配列と遺伝性疾患の病態に関する研究
文部科学省: 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 深尾 敏幸
Alu配列と遺伝性疾患の病態に関する研究
文部科学省: 
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 深尾 敏幸
Alu配列と遺伝性疾患の病態に関する研究
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 深尾 敏幸

社会貢献活動

 
第106回日本小児科学会学術集会
【】  2003年4月1日
「What can we learn from patient cells? Metabolic and molecular aspects of the pathogenesis in acyl-CoA dehydrogenase deficiencies」
【】  2003年5月1日
International Workshop on Ataxia-telangiectasia
【】  2003年9月1日
第53回日本アレルギー学会総会
【】  2003年10月1日
第41回日本小児アレルギー学会
【】  2004年11月1日