朴 龍洙

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 02:47
 
アバター
研究者氏名
朴 龍洙
 
パク ヨンス
通称等の別名
朴 龍洙
eメール
park.enochshizuoka.ac.jp
URL
http://www.agr.shizuoka.ac.jp/c/biotech/
所属
静岡大学
部署
グリーン科学技術研究所 - グリーンケミストリー研究部門
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1992年
名古屋大学工学部助手
 
1993年
 - 
1994年
静岡大学農学部助手 
 
1994年
 - 
1999年
静岡大学農学部助教授 
 
1996年
 - 
1997年
アメリカ合衆国ラトガス大学化学・生物工学科 文部省長期在外研究員(10ヶ月)
 
1998年
   
 
アメリカ合衆国ラトガス大学化学・生物工学科 文部省短期在外研究員(1ヶ月)
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京大学 工学系研究科 化学工学
 
 
 - 
1980年
漢陽大学 工学部 化学工学
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
2018年3月
地域産学バリュープログラム専門委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
静大産学連携強力会  顧問
 
2017年12月
 - 
2020年3月
フーズサイエンスヒルズプロジェクト戦略検討委員会
 
2017年4月
 - 
2018年3月
マッチングプランナープログラム専門委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
静岡市海洋産業クラスター協議会
 

受賞

 
2018年3月
田中貴金属研究財団奨励賞
 
2018年3月
2018年度日本農芸化学会大会大会トピックス賞
 
2017年9月
第69回日本生物工学会大会 (2017)大会トピックス
 
2017年3月
インフルエンザウイルスの種間伝播機構解明を可能にする異種抗原型糖鎖プローブの開発
 
2016年4月
静岡大学研究フェロー
 

論文

 
Application of novel sialoglyco-particulates enhances the detection sensitivity of equine influenza virus by real-time RT-PCR
[責任著者] Makoto Ogata [共著者]Takashi Yamanaka, Ami Koizumi, Mao Sakamoto, Rena Aita, Hiroyuki Endo, Takehiro Yachi, Noriko Yamauchi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Tatsuya Kato, Enoch Park, Hiroyuki Kono, Manabu Nemoto, Kazuya Hidari
ACS Applied Bio Materials      2019年5月   [査読有り]
Metabolic comparison of aerial and submerged mycelia formed in the liquid surface culture of Cordyceps militaris
[責任著者]Enoch Y. Park [共著者] Ahmad Suparmin, Tatsuya Kato, Hiroyuki Takemoto
MicrobiologyOpen      2019年4月   [査読有り]
Application of novel sialoglyco-particulates enhances the detection sensitivity of equine influenza virus by real-time RT-PCR
[責任著者] Makoto Ogata [共著者] Takashi Yamanaka, Ami Koizumi, Mao Sakamoto, Rena Aita, Hiroyuki Endo, Takehiro Yachi, Noriko Yamauchi, Tadamune Otsubo, Kiyoshi Ikeda, Tatsuya Kato, Enoch Park, Hiroyuki Kono, Manabu Nemoto, Kazuya Hidari
ACS Applied Bio Materials      2019年4月   [査読有り]
[責任著者 Enoch Y. Park [共著者] 1. Indra Memdi Khoris, Kenshin Takemura, Jaewook Lee, Toshimi Hara, Fuyuki Abe, Tetsuro Suzuki
Biosensors and Bioelectronics   126 425-436   2019年1月   [査読有り]
[責任著者]朴 龍洙 [共著者] Kenshin Takemura, Oluwasesan Adegoke, Tetsuro Suzuki
PLoS One,   14(1) e0211517   2019年1月   [査読有り]

Misc

 
ノロウイルスの高感度かつ迅速なオンサイト検出技術の開発
[責任著者]朴 龍洙 [共著者]竹村謙信
乳酸菌研究会に関する報告書   2017 75-76   2018年9月
病原ウイルスを高感度で捉える!ージカウイルス遺伝子を検出する新技術
朴 龍洙
化学   73(3) 41-45   2018年3月
分子認識ナノプローブによる4種の異なる血清型デングウイルスの迅速検出法の開発
[責任著者]朴 龍洙 [共著者]Sabar Pambudi,Oluwasesan Adegoke,加藤竜也
国際学術共同研究助成研究報告書   2014 52-55   2017年10月
迅速で高感度なインフルエンザウイルスの検出法の開発
[責任著者]朴 龍洙 [共著者]Oluwasesan Adegoke,Syed Rahin Ahmed,加藤竜也
乳酸菌研究会に関する報告書   2016 75-76   2017年9月
迅速で高感度なインフルエンザウイルス検出法の開発
朴 龍洙
JACI News Letter   62 6-6   2017年6月

書籍等出版物

 
Silkworm Biofactory: Silk to Biology
Enoch Y. Park (担当:編者)
CRC press   2018年8月   
別冊BIO Clinica慢性炎症と疾患
朴 龍洙
北隆館   2017年5月   
Short Views on Insect Genomics and Proteomics Insect Proteomics, Vol. 2
朴 龍洙,加藤竜也 (担当:共著)
Springer   2016年1月   
バイオチップの基礎と応用ー原理から最新の研究・開発動向までー
朴 龍洙,尾形 慎 (担当:共著)
シーエムシー出版   2015年10月   
バイオ医薬品製造の効率化と生産基材の開発
朴 龍洙,百嶋 崇 (担当:共著, 範囲:第V編トランスジェニック動物・昆虫・その他 第2章 カイコによるヒト型抗体の生産と糖鎖解析)
シーエムシー出版   2012年4月   

講演・口頭発表等

 
Challenge of dengue virus serotype detection with Serotype Identification Ability Using functionalized hybrid nanocomposites [招待有り]
朴 龍洙
6th BIENNIAL INTERNATIONAL CONFERENCE ON DRUG DISCOVERY FROM NATURAL PRODUCTS AND TRADITIONAL MEDICINES (DDNPTM-2018) 15 - 17 November 2018 and Mini Symposium on Traditional Chinese Medicine   2018年11月   
かいこは素晴らしいバイオファクトリー [招待有り]
朴 龍洙
静岡大学・中日新聞連携講座2018第5回「静岡大学の現在」   2018年10月   
プラズモン金ナノ粒子を基盤とした超高感度光学ウイルスセンサー
竹村謙信、朴 龍洙
第9回横幹連合コンファレンス「ひらけ、超スマート社会」   2018年10月   
カイコによるマラリア原虫のメロゾイト表面タンパク質の発現とヒト血清との結合
林谷美貴子、稲垣 裕、Murhandarwati Esa Heridiana, Widya Asmara, Vipin Kumar Deo、朴 龍洙
第70回日本生物工学会大会   2018年9月   
Neospora canimum antigens displaying-virus-like particles as a vaccine candidate against neosporosis
Jian Xu、平松 利輝人、Hamizah Suhaimi, 加藤竜也, Mayuko Kobayashi、Akari Fujimoto, 池和 憲、朴 龍洙
第70回日本生物工学会大会   2018年9月   

競争的資金等の研究課題

 
カーボン量子ドットの光・電気化学的特性によるデングウイルス血清型の迅速検出
特別研究員奨励費
研究期間: 2017年1月 - 2019年1月
機能性炭素ナノ粒子充填型マルチセンシングチャンネルによる多重ウイルスの迅速検出
特別研究員奨励費
研究期間: 2016年10月 - 2018年9月
カイコから4種血清型デングウイルスに対応した4価ウイルス様粒子ワクチンの開発
挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
「高免疫応答型多価ウイルス様粒子を用いた原虫感染症治療用ワクチン開発基盤技術の構築
基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
分子ビーコン型プローブを提示したナノ複合体による標的ウイルスの検出
特別研究員奨励費
研究期間: 2014年9月 - 2016年8月

特許

 
特許第6083849号 : 試料中の標的物質を検出又は定量する方法及びキット
特願2016-154343 : 標的物質を検出又は定量する方法及びキット
特願PCT/JP2015/053572 : Quantum dot fluorescence enhanced immunoassay
特願2014-025431 : 量子ドット蛍光増強免疫測定法
535460 : ウイルス阻害剤