桑山 敬己

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/04 19:56
 
アバター
研究者氏名
桑山 敬己
 
クワヤマ タカミ
所属
関西学院大学
部署
社会学部
職名
教授
学位
哲学博士(UCLA), 文学修士(東京外国語大学)
その他の所属
法政大学国際日本学研究所

プロフィール

内外の日本研究を舞台として「ネイティヴ」にまつわる問題を文化人類学および民俗学の観点から研究している。主著は Native Anthropology: The Japanese Challenge to Western Academic Hegemony (Trans Pacific Press, 2004)、『ネイティヴの人類学と民俗学:「知の世界システム」における日本』(弘文堂、2008年)。共著に『文化人類学と現代民俗学』(風響社、2019年)。編著に『日本はどのように語られたか:海外の文化人類学的・民俗学的日本研究』(昭和堂、2016年)、共編著に『よくわかる文化人類学(第2版)』(ミネルヴァ書房、2010年)、『詳論 文化人類学』(ミネルヴァ書房、2018年)など。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
関西学院大学 社会学研究科 教授
 
2018年4月
 - 
現在
北海道大学 名誉教授
 
2003年12月
 - 
2018年3月
北海道大学大学院 文学研究科 教授
 
2003年4月
 - 
2003年11月
創価大学 比較文化研究所 教授
 
2001年4月
 - 
2013年3月
創価大学 文学部 教授
 
1993年10月
 - 
2001年3月
創価大学 文学部 助教授
 
1989年8月
 - 
1993年5月
米国ヴァージニア・コモンウェルス大学 社会学人類学学部 助教授 assistant professor (tenure-track)
 

学歴

 
1982年10月
 - 
1989年6月
カリフォルニア大学大学院ロサンゼルス校 人類学部 
 
1979年4月
 - 
1982年3月
東京外国語大学大学院 地域研究研究科 アジア=太平洋コース
 
1974年4月
 - 
1978年3月
東京外国語大学 外国語学部 英米語科
 

委員歴

 
2019年3月
 - 
現在
人間文化研究機構  日本研究国際賞選考委員会 委員
 
2017年2月
 - 
現在
International Federation of Folklore Societies(国際民俗学会連合)  Vice President
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本文化人類学会  「国際情報発信強化」特別委員会 委員長
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本文化人類学会  第27期理事会 理事
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本文化人類学会  第27期評議会 評議員
 
2015年10月
 - 
2016年10月
The East Asian Anthropological Association (EAAA)  Vice chair, Organizing Committee for the 2016 EAAA Meeting
 
2015年10月
 - 
現在
日本民俗学会  国際民俗学会連合検討準備特別委員会 委員長
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本文化人類学会  「国際情報発信強化」特別委員会 委員長
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本文化人類学会  Japanese Review of Cultural Anthropology 編集主任
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本文化人類学会  第26期理事会 理事
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本文化人類学会  第26期評議会 評議員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本文化人類学会  学会賞・奨励賞選考委員会 委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本文化人類学会  第24期理事会 理事
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本文化人類学会  第24期評議会 評議員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
公益信託「澁澤民族学振興基金」  第36回澁澤賞選考委員会 委員長
 
2008年4月
 - 
2009年3月
公益信託「澁澤民族学振興基金」  第35回澁澤賞選考委員会 委員
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本文化人類学会  Japanese Review of Cultural Anthropology 編集主任
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本文化人類学会  第23期理事会 理事
 
2008年4月
 - 
2010年3月
日本文化人類学会  第23期評議会 評議員
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本文化人類学会  第21期理事会 理事
 
2004年4月
 - 
2006年3月
日本文化人類学会  第21期評議会 評議員
 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本民族学会(現・日本文化人類学会)  Japanese Review of Cultural Anthropology 編集委員
 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本民族学会(現・日本文化人類学会)  第20期評議会 評議員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
Anthropology of Japan in Japan (AJJ)  Vice President
 
1996年4月
 - 
1998年3月
日本民族学会(現・日本文化人類学会)  国際連携委員
 

受賞

 
2018年11月
Asian Anthropology 2017年度最優秀論文賞 Japanese Anthropology, Neoliberal Knowledge Structuring, and the Rise of Audit Culture: Lessons from the Academic World System
 

論文

 
異文化体験から学ぶもの:日本・欧米・東アジアの現場から
桑山 敬己
文化学研究   28 1-27   2019年6月   [招待有り]
日本はどのように見られたか:女性の着物をめぐる西洋と日本の眼差し
桑山 敬己
アジア遊学   219 192-207   2018年6月   [招待有り]
文化相対主義の源流と現代
桑山 敬己
桑山敬己・綾部真雄(編)『詳論 文化人類学』   3-16   2018年4月   [招待有り]
Japanese Anthropology, Neoliberal Knowledge Structuring, and the Rise of Audit Culture: Lessons from the Academic World System
桑山 敬己
Asian Anthropology   16(3) 159-171   2017年9月
Introduction: The Internationalization/ Globalization of Anthropology in East Asia: Korea and Japan
桑山 敬己
Japanese Review of Cultural Anthropology   17(2) 53-55   2017年3月   [査読有り][招待有り]
General Introduction: The Internationalization of Japanese Cultural Anthropology and the Attempt to Strengthen the Overseas Dissemination of Information
桑山 敬己
Japanese Review of Cultural Anthropology   17(2) 25-26   2017年3月   [査読有り][招待有り]
日本の自画像の系譜:欧米的個人主義 vs 日本的集団主義
桑山 敬己
CEL (Culture, Energy and Life)   (114) 38-43   2016年11月   [招待有り]
On the Inauguration of the JRCA "Anthropology and Folklore" Series
桑山 敬己
Japanese Journal of Cultural Anthropology   16 233-236   2016年3月   [査読有り]
On the Inauguration of the JRCA "Classic Japanese Anthropology" Series
桑山 敬己
Japanese Review of Cultural Anthropology   16 5-6   2016年3月   [査読有り]
「沖縄」を描くということ:戦後英語圏民族誌のポリティカル・エコノミー
徳森りま・桑山敬己(共訳)
『日本はどのように語られたか:海外の文化人類学的・民俗学的日本研究』(桑山敬己編)   115-149   2016年3月
ビアズレーらによる Village Japan の宗教観:愚直なまでの民族誌的記述から見えること
中西裕二・桑山敬己
『日本はどのように語られたか:海外の文化人類学的・民俗学的日本研究』(桑山敬己編)   85-114   2016年3月
西洋の民族学的言説にみるアイヌ
桑山 敬己(訳)
『日本はどのように語られたか:海外の文化人類学的・民俗学的日本研究』(桑山敬己編)   179-207   2016年3月
エンブリー『須恵村』のRe-View(再見/再考):日本農村研究の古典をいま読み直す
桑山 敬己
『日本はどのように語られたか:海外の文化人類学的・民俗学的日本研究』(桑山敬己編)   57-83   2016年3月
序:日本研究の内と外
桑山 敬己
『日本はどのように語られたか:海外の文化人類学的・民俗学的日本研究』(桑山敬己編)   1-25   2016年3月
「国際情報発信強化」に関する説明と若干の私見
桑山 敬己
文化人類学   80(2) 270-274   2015年9月   [査読有り][招待有り]
Introduction: Bridging the Anthropology of Japan Inside and Outside Japan
桑山 敬己
Japanese Review of Cultural Anthropology   15 75-79   2015年3月   [査読有り][招待有り]
General Introduction: The Internationalization of Japanese Cultural Anthropology and the Attempt to Strengthen the Overseas Dissemination of Information
桑山 敬己
Japanese Review of Cultural Anthropology   15 47-48   2015年3月   [査読有り][招待有り]
桑山 敬己
American Anthropologist   116(3) 658-662   2014年9月   [査読有り][招待有り]
第2 次世界大戦前後のアメリカ人研究者による日本村落の研究
桑山 敬己
民博通信   (139) 10-11   2012年12月   [査読有り][招待有り]
Unfinished Projects in Postwar Japanese Anthropology: Explorations into What Never Happened
桑山 敬己
Anthropological Creation of East Asia: A Critical Reflection   15-29   2011年12月   [招待有り]
Anthropological Reflections on Cultural Relativism
桑山 敬己
The First World Humanities Forum, UNESCO   74-85   2011年11月   [招待有り]
外から見た日本
桑山 敬己
民博通信   (132) 10-11   2011年   [査読有り][招待有り]
女性・沖縄・捕鯨:欧米人類学者の日本を見る眼
桑山 敬己
民博通信   (135) 16-17   2011年   [査読有り][招待有り]
博物館展示と異民族イメージのあいだ:ギフトショップに見る日本の着物を中心に
桑山 敬己
『アジアにおける博覧会の研究:ヒトの展示を通して』科研報告書   80-112   2008年
Transcending the Boundaries: The Case of the Anthropology of Japan
桑山 敬己
Japanese Studies: Seen from Europe, Seen from Japan (Hosei University, 21st Century Center of Excellence Program, International Japanese Studies Research Series in English, Volume 1)   1 17-25   2008年   [招待有り]
西洋文明論としての新渡戸稲造『武士道』
桑山 敬己
21世紀COE国際日本学研究叢書7『国際日本学:ことばとことばを越えるもの』(法政大学国際日本学研究センター)   7 161-188   2007年   [招待有り]
Looking beyond Culture
桑山 敬己
Journal of Education for International Understanding   3 26-40   2007年   [査読有り][招待有り]
花札がファトゥになった(韓国語)
桑山 敬己
『国際理解教育』(韓国語)   19 20-35   2007年   [招待有り]
アメリカの人類学から学ぶもの
桑山 敬己
国立民族学博物館研究報告   31(1) 27-56   2006年   [査読有り][招待有り]
日本人が英語で日本を語るとき:『民族誌の三者構造』における読者/聴衆について
桑山 敬己
文化人類学   71(2) 243-265   2006年   [査読有り][招待有り]
文化人類学と民俗学:フィールドワークに関する若干の考察
桑山 敬己
文化政策・伝統文化産業とフォークローリズム:「民俗文化」活用と地域おこしの諸問題』 科研報告書(代表:岩本道弥)   151-158   2004年   [招待有り]
Representations of Japan in American Textbooks of Anthropology: Focusing on the Use of Photographs
桑山 敬己
Occasional papers series, Europe Japan Research Centre, Oxford Brookes University   1    2003年   [招待有り]
Natives as Dialogic Partners: Some Thoughts on Native Anthropology
桑山 敬己
Anthropology Today   19(1) 8-13   2003年   [査読有り]
Anthropology of Japan in Japan (AJJ) とJapan Anthropology Workshop (JAWS)
桑山敬己 中牧弘允
『民族学研究』   66(2) 258-262   2001年   [査読有り]
続・柳田国男の『世界民俗学』再考
桑山 敬己
第7回「柳田国男の会」報告集   7 1-13   2001年   [招待有り]
アメリカの文化人類学教科書の内容分析:1990年代前半からの変化を中心に
桑山 敬己
国立民族学博物館研究報告   25(3) 355-384   2001年   [査読有り]
英語圏人類学におけるイエ研究の系譜
桑山 敬己
日本民俗学   230 61-77   2001年   [査読有り]
ネイティヴの人類学の最前線
桑山 敬己
社会人類学年報   27 141-156   2001年   [査読有り]
The Discourse of Ie (Family) in Japan’s Cultural Identity and Nationalism: A Critique
桑山 敬己
Japaense Review of Cultural Anthropology   2 3-37   2001年   [査読有り]
Native Anthropologists: With Special Reference to Japanese Studies Inside and Outside Japan
桑山 敬己
Ritsumeikan Journal of Asia Pacific Studies   6 7-33   2000年   [招待有り]
柳田国男の「世界民俗学」再考:文化人類学者の目で
桑山 敬己
日本民俗学   222 1-32   2000年   [査読有り]
An Asian Anthropologist in the United States of America : An Autobiography
桑山 敬己
ソシオロジカ(創価大学社会学会紀要)   23(1) 77-106   1998年   [査読有り]
多数派意識の問題化・鈴木二郎先生の退官にあたって
桑山 敬己
ソシオロジカ(創価大学社会学会紀要)   22(1) 61-70   1997年   [査読有り]
「現地」の人類学者-内外の日本研究を中心に
桑山 敬己
民族学研究   61(4) 517-542   1997年   [査読有り]
アメリカの人類学の教科書と日本人像
桑山 敬己
NEWSLETTER 文化人類学』(財団法人民族学振興会)   3 14-15   1996年
Gasshuku : Off-Campus Training in the Japanese School
桑山 敬己
Anthropology & Education Quarterly   27(1) 111-134   1996年   [査読有り]
第95回アメリカ人数学会年次研究発表大会に参加して
桑山 敬己
民族学研究   61(3) 488-492   1996年   [査読有り]
Japan's Place in the Global Community : Is Japan Eastern or Western?
桑山 敬己
The Virginia Geographer   25(1-2) 1-10   1994年   [査読有り][招待有り]
A Japanese Anthropologist's Response to Contested Pasts and the Practice of Anthropology
桑山 敬己
American Anthropologist   95(3) 704-706   1993年   [査読有り]
The Japanese Conception of the Self: The Dynamics of Autonomy and Heteronomy (Ph.D. thesis)
桑山 敬己
University of California, Los Angeles (UCLA)      1989年   [査読有り]

Misc

 
自由と責任のある多様な社会を目指して
桑山 敬己
2018年度 チャペル講話集 関西学院大学社会学部   58-62   2019年3月
Reaching a Global Readership from the Margin
桑山 敬己
Anthropology News (Newsletter for the American Anthropological Association)   52(6) 23-23   2011年   [依頼有り]
日本文化人類学会北海道地区2008年度研究懇談会報告 中国農村出身の人類学者が見た日本農村:日中文化比較に向けて(秦兆雄氏 講演会)
桑山 敬己
北海道民族学会会報   5 67-69   2009年   [依頼有り]
日本文化人類学会北海道地区2005年度研究懇談会報告
桑山 敬己
北海道民族学会会報   2 95-95   2006年   [依頼有り]
日本文化人類学会北海道地区2004年度研究懇談会報告
桑山 敬己
北海道民族学会会報   1 90-92   2005年   [依頼有り]
書評 Akitoshi Shimizu and Jan van Bremen, eds., Wartime Japanese Anthropology in Asia and the Pacific. Senri Ethnological Studies 65, 2003
桑山 敬己
『文化人類学』   69(3) 472-475   2004年   [依頼有り]
教科書の分析
桑山 敬己
『日本における文化人類学教育の再検討:新たな社会的ニーズのなかで』(平成13~14年度科学研究費補助金 課題番号13410094 研究成果報告書)   9-12   2003年
書評 Joy Hendry, The Orient Strikes Back: A Global View of Cultural Display. Oxford: Berg, 2000
桑山 敬己
Anthropological Science   109(4) 325-330   2001年   [依頼有り]
英語訳「調査・研究の概要」 竹田旦編『中国東北部朝鮮族の民俗文化』
桑山 敬己
竹田旦(編)『中国東北部朝鮮族の民俗文化』(第一書房)   452-455   1999年
Native Anthropologists: With Special Reference to Japanese Studies Inside and Outside Japan
桑山 敬己
Japan Anthropology Workshop Newsletter   26-27 (double issue) 52-56   1997年   [依頼有り]
Response to Jan Van Bremen
桑山 敬己
Japan Anthropology Workshop Newsletter   26-27 (double issue) 66-69   1997年   [依頼有り]
アメリカの人類学の教科書と日本人像
桑山敬己
NEWSLETTER 文化人類学   3 14-15   1996年
書評 Jane Bachnik & Charles J. Quinn, Jr., eds., Situated Meaning: Inside and Outside in Japanese Self, Society, and Language. Princeton: Princeton University Press, 1994
桑山 敬己
Asian Folklore Studies   LIV(1) 141-143   1995年   [依頼有り]
書評 Emiko Ohnuki-Tierney, Rice as Self: Japanese Identity through Time. Princeton: Princeton University Press, 1993
桑山 敬己
Asian Folklore Studies   LIII(2) 359-361   1994年   [依頼有り]
Cultural Understanding and Beyond
桑山 敬己
VCU Voice (newsletter for the faculty and students at Virginia Commonwealth University, Richmond)   19(17)    1991年5月
Japanese Individuality: The Group Model Reconsidered through Native Eyes
桑山 敬己
Anthropology Newsletter (Newsletter for the American Anthropological Association)   32(4)    1991年4月
Commentary: The "Powe"’ of Culture
桑山 敬己
Anthropology Newsletter (Newsletter for the American Anthropological Association)   32(4) 40-40   1991年4月   [査読有り]
書評 Edward Norbeck and Margaret Lock, eds. Health, Illness, and Medical Care in Japan: Cultural and Social Dimensions. Honolulu: University of Hawaii Press, 1987
桑山 敬己
Medical Anthropology Quarterly   5(1) 88-90   1991年   [依頼有り]
書評 Roger Goodman, Japan’s ‘International Youth’: The Emergence of a New Class of Schoolchildren. Oxford: Clarendon Press, 1990
桑山 敬己
Journal of Asian Studies   50(4) 929-931   1991年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
文化人類学と現代民俗学
桑山 敬己 (担当:共著, 範囲:第1章 文化人類学)
風響社   2019年4月   ISBN:978-4-89489-412-9
『詳論 文化人類学:基本と最新のトピックを深く学ぶ』
桑山 敬己 (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   2018年4月   ISBN:978-4-623-08271-1
『社会人類学入門:多文化共生のために(増補新版)』
Joy Hendry(著)桑山敬己・堀口佐知子(訳) (担当:共訳)
法政大学出版局   2017年7月   ISBN:978-4-588-67519-5
『日本はどのように語られたか:海外の文化人類学的・民俗学的日本研究』(桑山敬己編)
桑山敬己(編) (担当:編者)
昭和堂   2016年3月   ISBN:978-4-8122-1534-0
『よくわかる文化人類学』(韓国語訳)
綾部恒雄・桑山敬己(編) (担当:共編者)
大邱:啓明大学校出版部   2012年8月   ISBN:978-89-7585-582-5
『近代<日本意識>の成立:民俗学・民族学の貢献』(ヨーゼフ・クライナー編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「英語圏日本研究におけるイエ・モデルの形成:日本の学者の見えざる貢献」)
東京堂   2012年   ISBN:978-4490207729
Anthropologists, Indigenous Scholars and the Research Endeavour: Seeking Bridges towards Mutual Respect (Joy Hendry & Laara Fitznor, eds.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:"The Ainu in the Ethnographic Triad: From the Described to the Describer")
London: Routledge   2012年   ISBN:978-1138008861
『アイヌ研究の現在と未来』 (北海道大学アイヌ・先住民研究センター編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「序」)
北海道大学出版会   2010年   ISBN:978-4832967274
『知里真志保:人と学問』(北海道大学北方研究教育センター編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「アイヌ研究におけるネイティヴの葛藤:知里真志保の場合」)
北海道大学出版会   2010年   ISBN:978-4832933750
『現代日本民俗学的理論与方法』(中国語)(王暁葵・何彬 編訳)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「柳田国男的『世界民俗学』再考」)
北京:学苑出版社   2010年   ISBN:978-7507736465
『よくわかる文化人類学 第2版』
綾部恒雄・桑山敬己(編) (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   2010年   ISBN:978-4623056965
Cambridge Companion to Modern Japanese Culture (Yoshio Sugimoto, ed.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:"Japan's Emic Conceptions")
Cambridge: Cambridge University Press   2009年   ISBN:978-0521880473
『文化人類学事典』(日本文化人類学会 編)
桑山敬己 (担当:共編者, 範囲:第18章「きわめる」の編集・執筆)
丸善   2009年   ISBN:978-4621079973
『ネイティヴの人類学と民俗学:知の世界システムと日本』
桑山敬己(単著)
弘文堂   2008年12月   ISBN:978-4335561153
『内と外からのまなざし』(星野勉 編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「境界を越えて:文化人類学的日本研究の場合」)
三和書房   2008年   ISBN:978-4862510341
Theories and Methods in Japanese Studies: Current State and Future Developments -- Papers in Honor of Josef Kreiner (Hans Dieter Olschleger, ed.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:"Japanese Anthropology and Folklore Studies")
V&R unipress, Bonn University Press   2008年   
『日韓共同編集 グローバル化時代をいかに生きるか:国際理解のためのレッスン』
韓敬九・桑山敬己(編) (担当:共編者)
平凡社   2008年   ISBN:978-4582833751
Unit 7 Culture and Representation
桑山 敬己 (担当:分担執筆, 範囲:EIU (Education for International Understanding) Training Modules for Teacher Trainers)
Asia-Pacific Centre of Education for International Understanding, Seoul   2007年   
『失われる文化、失われるアイデンティティ』(『講座 世界の先住民 ファースト・ピープルズの現在』第10巻)(綾部恒雄 編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「第25章 ネイティヴの人類学」)
明石書店   2007年   ISBN:978-4750324777
Dismantling the East-West Dichotomy (Joy Hendry & Heung Wah Wong, eds.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:Anthropological Fieldwork Reconsidered: With Japanese Folkloristics as a Mirror)
London: Routledge   2006年   ISBN:978-0415397384
『文化人類学20の理論』(綾部恒雄 編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「第19章 民族誌論」)
弘文堂   2006年   ISBN:978-4335561122
Blackwell Encyclopedia of Sociology (11 volumes) (George Ritzer, ed.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:“Ba,” “Ie,” “Jomin,” “Kunio Yanagita”)
Oxford: Blackwell   2006年   ISBN:978-1405168144
『よくわかる文化人類学』
綾部恒雄・桑山敬己(編) (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   2006年   ISBN:978-4623045778
『文化人類学入門:現代と古典をつなぐ20のモデル』(山下晋司 編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「文化」)
弘文堂   2005年   ISBN:978-4335561061
Asian Anthropology (Jan van Bremen, Eyal Ben-Ari, and Syed Farid Alatas, eds.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:“Native Discourse in the Academic World System: Kunio Yanagita’s Project of Global Folkloristics Reconsidered”)
London: Routledge   2005年   ISBN:978-0415349833
Native Anthropology: The Japanese Challenge to Western Academic Hegemony
桑山敬己(単著)
Trans Pacific Press   2004年2月   ISBN:978-1876843762
『文化人類学文献事典』(小松和彦 編)
桑山 敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「ヘンドリー、ジョイ Hendry, Joy, Becoming Japanese: the world of the pre-school child」)
弘文堂   2004年   
『事典現代アメリカ』(小田隆裕・柏木博・巽孝之・能登路雅子・松尾弌之・吉見俊哉 編)
桑山 敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「33 文化人類学」)
大修館書店   2004年   
『大正社会と改造の潮流』(日本の時代史24)(季武嘉也 編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「大正の家族と文化ナショナリズム」)
吉川弘文館   2004年   ISBN:978-4642008242
The Making of Anthropology in East and Southeast Asia (Shinji Yamashita, Joseph Bosco, & J. S. Eades, eds.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:“The ‘World System’ of Anthropology: Japan and Asia in the Global Community of Anthropologists”)
New York: Berghahn Books   2004年   ISBN:978-1571812582
『文化人類学最新術語100』(綾部恒雄 編)
桑山 敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「グローバリゼーション」「自己」「ネイティヴの人類学」「表象と展示」「ポストモダニズム」)
弘文堂   2002年7月   
Joy Hendry(著) 桑山 敬己(訳) (担当:単訳)
法政大学出版局   2002年   ISBN:978-4588675065
『比較文化とは何か:研究方法と課題』(中野毅 編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「相対主義と普遍主義のはざまで:人権を通して見た文化人類学的世界」)
第三文明社   1999年   ISBN:978-4476090161
Japanese Culture and Society: Models of Interpretation (Josef Kreiner & Hans D. Olschleger, eds.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:“The Familial (Ie) Model of Japanese Society”)
Munchen: Iudicium   1996年   ISBN:978-3891294925
Japanese Sense of Self (Nancy Rosenberger, ed.)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:"The Reference Other Orientation")
Cambrdige: Cambridge University Press   1992年   ISBN:978-0521466370
『異文化とのかかわり』(星野命・斉藤耕二・菊池章夫 編)
桑山敬己 (担当:分担執筆, 範囲:「アメリカ心理人類学の動向:文化相対主義をめぐって」)
川島書店   1987年   ISBN:978-4761003548

講演・口頭発表等

 
The Making of Women's Kimono as Japan's National Dress: The Dynamics of Gaze from Within and Without
桑山 敬己
2019 Meeting of the East Asian Anthropological Association   2019年9月29日   
文化人類学とは何か:いくつかの基本概念の問い直し [招待有り]
桑山 敬己
第80回神戸人類学研究会   2019年1月29日   
「『ネイティヴの人類学と民俗学』とその後:日本の学問の行方』 [招待有り]
桑山 敬己
関西学院大学社会学部 2018年度第3回研究会例会   2018年10月31日   
異文化体験から学ぶもの:日本・欧米・東アジアの現場から [招待有り]
桑山 敬己
日本女子大学 文化学会講演会   2018年6月23日   
日本はどのように見られたか:女性の着物をめぐる西洋と日本の眼差し [招待有り]
桑山 敬己
第8回理論民俗学研究会   2018年6月16日   
知の世界システムと東アジアの民俗学(知的世界体系与東亜的民俗学) [招待有り]
桑山 敬己
シンポジウム都市化と文化の多様性 華東師範大学(上海)   2017年11月4日   
What is Cultural about Intangible Cultural Heritage: A Critical Reflection on the UNESCO Approach to Culture [招待有り]
桑山 敬己
The 1st World Humanities Conference, Belgium   2017年8月9日   
Change and Continuity in Rural Japan: Anthropological and Folkloristic Perspectives
桑山 敬己
China-Japan-USA Summer Institute of Folklore Studies, Inner Mongolia, China   2017年7月18日   
The Objectives of the Roundtable Discussion: The Internationalization/Globalization of Anthropology in East Asia -- Part 1 Korea and Japan [招待有り]
桑山 敬己
The 3rd International Symposium of the Japanese Society of Cultural Anthropology (JASCA)   2016年11月19日   
外国から見たわが郷土高松 [招待有り]
桑山 敬己
岡山市高松公民館講演会   2016年8月28日   
Is the Gap Narrowing or Widening: Hierarchical Structuring of Knowledge through Ranking and Auditing in the Age of Neoliberalism [招待有り]
桑山 敬己
2016 Annual Meeting, Society for East Asian Anthropology, American Anthropological Association   2016年6月19日   
コメント 公開シンポジウム「世界のなかの民俗学」 [招待有り]
桑山 敬己
第67回日本民俗学会年会   2015年10月10日   
Re-reading John Embree, Suye Mura (1939): What Do Classics Tell Us Today?
桑山 敬己
2015 Annual Meeting of the East Asain Anthropological Association, Taipei, Taiwan   2015年10月3日   
国際情報発信強化に関する概説と若干の私見 [招待有り]
桑山 敬己
日本文化人類学会 第49回研究大会 ラウンドテーブル2015 「国際化/グローバル化の波動と文化人類学:複数性の岐路に立って」   2015年5月30日   
The Internationalization of Japanese Anthropology and the Attempt to Strengthen the Overseas Dissemination of Information
桑山 敬己
The 1st JASCA (Japanese Society of Cultural Anthropology) International Symposium, Tokyo   2014年11月22日   
The Pleasure of Enemy Culture amid International Crises: Culture as Consumable Cross-Border Goods in the Age of Globalization
桑山 敬己
2014 annual meeting of the East Asian Anthropological Association, Daegu, Korea   2014年11月14日   
Comments on Zawawi Ibrahim, "Anthropological Fieldworking and Exploring Theoretical Hybridization in the Periphery [招待有り]
桑山 敬己
The Second Tokyo Thinkshop, Global Social Thought and Academic Practices in the Social Sciences, Tokyo   2014年10月4日   
The Basic Characteristics of Japanese Folkloristics
桑山 敬己
2014 Inter-Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences, Chiba, Japan   2014年5月18日   
The past and future of the World Council of Anthropological Associations (WCAA Tenth Anniversary Symposium) [招待有り]
桑山 敬己
2014 Inter-Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences, Chiba, Japan   2014年5月17日   
Common Themes and Varied Approaches: Globalization, Migration and Popular Arts (AAA/JASCA joint panel) [招待有り]
桑山 敬己
2014 Inter-Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences, Chiba, Japan   2014年5月16日   
Strengthening JASCA Publications in the World [招待有り]
桑山 敬己
2014 Inter-Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences, Chiba, Japan   2014年5月15日   
政治危機と異文化交流:昨今の日韓関係をめぐって [招待有り]
桑山 敬己
平成遠友学校   2014年2月25日   
教室における文化的邂逅:自/異文化 を 異/自国 で語ること
桑山 敬己
日本文化人類学会第47回研究大会   2013年6月9日   
Suye Mura と Village Japan: 英語圏人類学における2つの古典的日本村落研究の比較から学ぶもの [招待有り]
桑山 敬己
国際常民文化研究機構 第8回公開研究会   2012年11月2日   
日本村落研究の広域化に向けて―岡山市を事例に [招待有り]
桑山 敬己
東北人類学談話会   2012年9月26日   
コメント 海外研究者がみた日本というフィールド [招待有り]
桑山 敬己
第863回日本民俗学会談話会   2012年7月8日   
内外の日本文化論における岡正雄の位置
桑山 敬己
国際会議 岡正雄:日本民族学の草分け   2012年3月10日   
戦後日本農村の近代化と変貌:岡山市の新池集落を事例に [招待有り]
桑山 敬己
日本の『近代化』をアジア・アフリカ諸社会との比較で再検討する   2012年1月29日   
Unfinished Projects in Postwar Japanese Anthropology: Explorations into What Never Happened [招待有り]
桑山 敬己
Anthropological Creation of East Asia: A Critical Reflection, Seoul, Korea   2011年12月9日   
Anthropological Reflections on Cultural Relativism [招待有り]
桑山 敬己
The First World Humanities Forum, UNESCO, Busan, Korea   2011年11月24日   
日本のアイヌ研究に関する若干の考察 [招待有り]
桑山 敬己
日本民俗学・民族学の貢献:終戦から昭和40年代まで   2011年11月19日   
文化人類学的日本研究の方法論の開発
桑山 敬己
日本文化人類学会第45回研究大会   2011年6月12日   
何がフィールドで変わったのか:岡山市の新池(Niiike)集落における過去27年間の出来事
桑山 敬己
日本文化人類学会第45回研究大会   2011年6月12日   
ネイティヴの人類学と先住民:アイヌの言語学者・知里真志保を中心に [招待有り]
桑山 敬己
京都人類学研究会4月季節例会   2011年4月22日   
英語圏人類学におけるイエ・モデルの形成:日本の学者の初期貢献 [招待有り]
桑山 敬己
近代の<日本意識>の成立:日本民俗学・民族学の貢献――昭和前半   2010年12月11日   
海外学者の日本文化研究について [招待有り]
桑山 敬己
民博共同研究 海外における人類学的日本研究の総合的分析   2010年12月4日   
はじめに 日本文化人類学会公開講座「人類学とアイヌ研究:日常としてのフィールドワーク」 [招待有り]
桑山 敬己
日本文化人類学会公開講座「人類学とアイヌ研究:日常としてのフィールドワーク」   2010年11月13日   
東京・ロサンゼルス・リッチモンド・札幌 [招待有り]
桑山 敬己
日本文化人類学会北海道地区・2010年度第1回研究懇談会   2010年7月24日   
フィールドワークについて考える [招待有り]
桑山 敬己
首都大学東京・社会人類学研究室 第772回研究会   2010年6月25日   
コメント 当事者の声と日本のネイティヴ人類学
桑山 敬己
日本文化人類学会第44回研究大会   2010年6月13日   
総合討論 共振する世界の対象化に向けて:グローカル研究の理論と実践 [招待有り]
桑山 敬己
成城大学グローカル研究センター 公開シンポジウム   2010年5月15日   
海外学者の日本研究について:イエ・モデルの形成過程 [招待有り]
桑山 敬己
第846回日本民俗学会談話会「さらば「民俗学」:新しい《民俗学》の再構築に向けて(4)   2009年12月22日   
The Ethnographic Triad and Natives: The Case of Ainu in Collaborative Research [招待有り]
桑山 敬己
Seeking Bridges between Anthropology and Indigenous/Native Studies, Oxford   2009年6月15日   
アイヌ研究におけるネイティヴの葛藤:知里真志保の場合 [招待有り]
桑山 敬己
生誕100周年記念シンポジウム「知里真志保:人と学問」   2009年2月22日   
Culture and Representation: The Making of Kimono as Japan's National Dress [招待有り]
桑山 敬己
International Class, Meiji Gakuin University, Yokohama   2008年11月21日   
コメント 分科会「Non-native 人類学による日本の村のフィールドワーク」(代表:マイケル・シャクルトン)
桑山 敬己
第42回日本文化人類学会研究大会   2008年6月1日   
人類学にはナショナルな伝統がある [招待有り]
桑山 敬己
日本文化人類学会関東地区研究懇談会   2008年2月10日   
Culture and Representation [招待有り]
桑山 敬己
Teachers' Workshop, Asia Pacific Center for Education of International Understanding, Seoul   2007年10月5日   
ネイティヴの人類学:調査する側と調査される側 [招待有り]
桑山 敬己
北海道大学アイヌ・先住民研究センター巡回講座   2007年8月18日   
文化人類学における騙し [招待有り]
桑山 敬己
北海道大学文学部公開講座「嘘八百:ウソとペテンの文化誌」   2007年6月6日   
西洋文明論としての新渡戸稲造『武士道』 [招待有り]
桑山 敬己
国際日本学シンポジウム「国際日本学:ことばとことばを越えるもの」(法政大学21世紀COE)   2006年11月9日   
パリ・シンポジウムを振り返る [招待有り]
桑山 敬己
法政大学国際日本学、パリ・シンポジウム第1回成果検討会   2006年7月31日   
基調報告:ネイティヴの人類学と西洋研究 [招待有り]
桑山 敬己
ヨーロッパ民族学会、現代ヨーロッパ人類学研究会、ヨーロッパ基層文化研究会 合同研究会   2006年6月2日   
Japanese Anthropology and Folklore Studies [招待有り]
桑山 敬己
国際シンポジウムState, Current Developments and Future Tasks in Japanese Studies、ボン大学   2006年2月   
Transcending the Boundaries: The Case of the Anthropology of Japan [招待有り]
桑山 敬己
国際シンポジウム Japanese Studies, Seen from Europe, Seen from Japan. パリ日本文化会館(Maison de la Culture du Japan a Paris)   2005年12月   
国際日本学における日本の位置 [招待有り]
桑山 敬己
法政大学国際日本学研究所 定例研究会   2005年11月4日   
アメリカの人類学から何を学ぶか [招待有り]
桑山 敬己
日本文化人類学会近畿地区研究懇談会   2005年10月29日   
文化人類学から見た民俗学のフィールドワーク
桑山 敬己
第57回日本民俗学会研究大会   2005年10月9日   
コメント 分科会「自文化人類学の可能性:『日本人』人類学者による日本研究の現在」(代表:沼崎一郎)
桑山 敬己
第39回日本文化人類学会研究大会   2005年5月22日   
Anthropological Fieldwork Reconsidered: With Japanese Folkloristics as a Mirror (presented as part of the plenary session) [招待有り]
桑山 敬己
The 2005 Annual Meeting of Japan Anthropology Workshop (JAWS), Hong Kong   2005年3月19日   
討論:人類学の複数化と人類学会世界協議会(WCCA)の設立 [招待有り]
桑山 敬己
大阪大学21世紀COEプログラム「インターフェイスの人文学」   2005年2月13日   
パネリスト 公開シンポジウム「現代世界の文化人類学:社会との連携を求めて」 [招待有り]
桑山 敬己
公開シンポジウム「現代世界の文化人類学:社会との連携を求めて」   2004年10月30日   
Cultural Policy: Introduction
桑山 敬己
The Social Use of Anthropology in the Contemporary World, Osaka   2004年10月28日   
はじめに 分科会「日本の文化財・文化遺産をめぐる政治と経済:民俗学との対話」(代表:桑山敬己)
桑山 敬己
第38回日本文化人類学会研究大会   2004年6月   
民族誌を逆に読む:アメリカ人論としての『菊と刀』 [招待有り]
桑山 敬己
日本民族学会関東地区研究会   2004年2月   
フィールドワークから見た日本の文化人類学と民俗学 [招待有り]
桑山 敬己
九州人類学研究会例会   2003年12月   
対話者としてのネイティヴ [招待有り]
桑山 敬己
科研プロジェクト「自社会研究としての人類学の確立にむけた基礎的研究」(代表:中西裕二)   2003年6月   
コメント 分科会「概説書を通してみる戦後日本の民族学・文化人類学」(代表:岡田浩樹)
桑山 敬己
第37回日本民族学会研究大会   2003年5月   
Anthropological Education in Asia: Overcoming the Peripheral Status in the Academic World System [招待有り]
桑山 敬己
ソウル国立大学人類学部第75回懇談会   2003年3月   
An Analysis of Japanese Textbooks of Anthropology
桑山 敬己
The 101st Annual Meeting of the American Anthropological Association, New Orleans   2002年11月   
Comments on Jan van Bremen, “Wartime Anthropology in the 20th Century: America, Europe, and Japan” [招待有り]
桑山 敬己
日本民族学会関東地区研究懇談会・東京大学文化人類学セミナー共催   2002年7月   
文化人類学の変貌:教科書の分析から 分科会「文化人類学の未来:新たな社会的ニーズの中で」(代表:山下晋司)
桑山 敬己
第36回日本民族学会研究大会   2002年6月   
趣旨説明 分科会「教室の中の人類学:異文化としての日本で人類学を教える」(代表:桑山敬己)
桑山 敬己
第36回日本民族学会研究大会   2002年6月   
Margaret Mead and Ruth Benedict in Japan [招待有り]
桑山 敬己
The Interplay of Cultures: Whither the United States in the World? The Library of Congress, Washington, D.C.   2001年12月   
ソトから見た日本の「家」族論
桑山 敬己
日本民俗学会第53回年会   2001年11月   
アジア人がアメリカで文化人類学を教えるとき [招待有り]
桑山 敬己
日本民族学会関東地区研究懇談会   2001年7月   
日本の文化人類学教科書の分析から見た変貌
桑山 敬己
科研プロジェクト「日本における文化人類学養育の再検討:新たな社会的ニーズのなかで」(代表:山下晋司)   2001年7月   
続・柳田国男の『世界民俗学』再考 [招待有り]
桑山 敬己
柳田国男の会第7回年会   2001年5月   
逆エスノグラフィ:民族誌のもう一つの読み方 [招待有り]
桑山 敬己
東京都立大学社会人類学活動研究報告   2000年11月   
ネイティヴの語りと人類学の世界システム [招待有り]
桑山 敬己
国立民族学博物館共同研究会「先住民による海洋資源利用と管理」   2000年10月   
Native Discourse in the "World System "of Knowledge : Lessons from Kunio Yanagita's "National" and "Global" Sciences of Folklore [招待有り]
桑山敬己
The Human Sciences and Asian Experience, the Centre for the Study of Culture and Society, Bangalore, India   2000年   
"Native Anthropologists" and Beyond
桑山 敬己
The 12th Meeting of Japan Anthropology Workshop (JAWS), Osaka   1999年3月   
柳田国男の「世界民俗学」と人類学の「世界システム」
桑山 敬己
日本民俗学会第51回年会   1999年   
人類学の「世界システム」
桑山 敬己
第33回日本民族学会研究発表大会   1999年   
Theoretical Problems in the Representation of Japan [招待有り]
桑山 敬己
Anthropology Workshop, Oxford Brookes University   1998年6月   
Discussant for Marshal Sahlins' Lecture," What is Anthropological Enlightenment?: Some Lessons of the Twentieth Century" [招待有り]
桑山 敬己
日本民族学会国際連携委員会・関東地区研究会共催人類学コロキアム   1998年1月   
The ‘World System’ of Anthropology: Dialogue between the Centers and the Peripheries
桑山 敬己
The 14th Meeting of the International Congress of Anthropological and Ethnological Sciences, Williamsburg   1998年   
The Ie and Japan’s Cultural Nationalism
桑山 敬己
The 95th Annual Meeting of the American Anthropological Association, San Francisco   1996年   
コメント:分科会「多数派問題を考える:在日外国人の文化と人権から見た日本社会
桑山 敬己
第30回日本民族学会研究発表大会   1996年   
イエ社会論の再検討 [招待有り]
桑山 敬己
「宗教と社会」学会プロジェクト「個人主義の再考」   1995年12月   
他者としての日本:アメリカの文化人類学の教科書に見る日本の表象とその問題点
桑山 敬己
第29回日本民族学会研究発表大会   1995年   
Native Anthropologists as ‘Professional Others’: Are They Partners or Rivals?
桑山 敬己
The 117th Annual Meeting of the American Ethnological Society, Austin   1995年   
Changing Evaluations of the Family (Ie) System in Japan
桑山 敬己
The 90th Annual Meeting of the American Anthropological Association, Chicago   1991年   
The Individual and the Household in Japan: The Ie Model Reconsidered
桑山 敬己
The 89th Annual Meeting of the American Anthropological Association, New Orleans   1990年   
The Household and the Self in Japan: Theoretical Reconsiderations of the Group Model
桑山 敬己
The 88th Annual Meeting of the American Anthropological Association, Washington, D.C.   1989年   
Merging: Parent-Child Suicide in Japan
桑山 敬己
The 87th Annual Meeting of the American Anthropological Association, Phoenix   1988年   
The Household and the Concept of Self in Japan: A Re-examination of the Group-Oriented Character of the Japanese
桑山 敬己
The 40 th Annual Meeting of the Association for Asian Studies, San Francisco   1988年   
The Reference Other Orientation: A Key to the Mechanization of Agriculture and Land Cultivation in Niiike since the 1950s.
桑山 敬己
The 86th Annual Meeting of the American Anthropological Association, Chicago   1987年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
東アジア〈日常学としての民俗学〉の構築に向けて:日中韓と独との研究協業網の形成
日本学術振興会 科学研究費: 基盤研究A
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 岩本 通弥
海外における人類学的日本研究の総合的分析
国立民族博物館: 共同研究
研究期間: 2011年10月 - 2014年3月    代表者: 桑山 敬己
「先住民族の権利に関する国連宣言」の国内的実現に係る総合的・実証的研究
日本学術振興会 科学研究費: 基盤研究A
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 常本 照樹
アジアにおける博覧会の研究-ヒトの展示を通して
日本学術振興会 科学研究費: 基盤研究B
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 宮武 公夫
文化政策・伝統文化産業とフォークローリズム: 日中韓と独との研究協業網の形成
日本学術振興会 科学研究費: 基盤研究A
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 岩本 通弥
日本における文化人類学教育再検討:新たな社会的ニーズのなかで
日本学術振興会 科学研究費: 基盤研究B
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 山下 晉司
Sasakawa Fellowship for Japanese Studies
University of California, Los Angeles: 
研究期間: 1988年9月 - 1989年6月    代表者: 桑山 敬己
Fellowship for Psychocutlural Studies
Department of Anthropology, University of California, Los Angeles: 
研究期間: 1984年9月 - 1987年6月    代表者: 桑山 敬己
Fulbright Scholarship (all-expense)
日米教育委員会: 
研究期間: 1982年9月 - 1984年8月    代表者: 桑山 敬己