井上 哲理

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/22 22:35
 
アバター
研究者氏名
井上 哲理
 
イノウエ テツリ
eメール
inouenw.kanagawa-it.ac.jp
所属
神奈川工科大学
部署
情報学部 情報ネットワーク・コミュニケーション学科
職名
教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
30223259

研究分野

 
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1992年3月
早稲田大学 理工学研究科 博士後期課程 物理学及び応用物理学
 
1987年4月
 - 
1989年3月
早稲田大学 理工学研究科 修士課程 物理学及び応用物理学
 
1983年4月
 - 
1987年3月
早稲田大学 理工学部 応用物理学科
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
神奈川工科大学 情報学部 情報ネットワーク・コミュニケーション学科 教授
 
2000年4月
 - 
2006年3月
神奈川工科大学 情報ネットワーク工学科 助教授
 
1993年5月
 - 
2000年3月
神奈川工科大学 工学部情報工学科 助手
 
1990年4月
 - 
1993年3月
早稲田大学 人間科学部 助手
 

書籍等出版物

 
医用画像ハンドブック
石田隆行,桂川茂彦, 藤田広志 (監修) (担当:分担執筆)
2010年12月   
立体映像技術 -空間表現メディアの最新動向-
本田捷夫 (監修) (担当:分担執筆)
2008年8月   
バーチャルリアリティ制作-次世代メディアクリエータ入門-
井上哲理,太田啓路,盛川浩志,河合隆史 (担当:共著)
カットシステム   2003年12月   
3次元画像と人間の科学(原島博監修)“3章 視機能から見た3次元画像”
原島博(編) (担当:分担執筆)
オーム社   2000年4月   
バーチャルリアリティ最先端 ~仮想現実感の基本原理と未来~
野呂 影勇,井上 哲理,宮本 博幸 (担当:共著)
講談社   1992年12月   

論文

 
Immersive Visualization of 3D Protein Structures for Bioscience Students
Tetsuri Inoue, Kazutake Uehira, Ayumi Koike
Proc. the 20th Congress of the International Ergonomics Association (IEA 2018)   10 432-439   2018年8月
We have developed a visualization software to display protein structures in 3D on high-performance head-mounted displays (HMDs). This software aims to support students studying bioscience in understanding protein structures easily and rapidly. An ...
Anticipatory judgements associated with vision of an opponent’s end-effector: An approach by motion perturbation and spatial occlusion
Hirofumi Ida, Kazunobu Fukuhara, Motonobu Ishii, Tetsuri Inoue
Quarterly Journal of Experimental Psychology      2018年6月   [査読有り]
Sense of Height and Virtual Body in Head-Mounted Display Environments
T. Shibata, T. Inoue
Proc. IDW'15 ((International Display Workshops 2015)   804-807   2015年12月
T. Inoue, T. Shibata
Proc. IEA2015 (19thTriennial Congress of the International Ergonomics Association)      2015年8月
Takashi Shibata, JaeLin Lee, Tetsuri Inoue
Proc. of SPIE-IS&T Electronic Imaging, SPIE Vol. 9012      2014年2月
Rapid advances in computer and display technologies have made it possible to present high quality virtual reality (VR) environment. To use such virtual environments effectively, research should be performed into how users perceive and react to vir...

特許

 
特開2002-341289 : 立体映像観察装置
河合 隆史、井上 哲理、柴田 隆史、葭原 義弘
特許第4617024号 : 立体映像信号の編集方法及び立体映像撮影用のビデオカメラの光学アダプター装置
河合 隆史、井上 哲理、柴田 隆史、坂口 裕介、岡部 和重・・・
特許第4469159号 : 立体映像評価装置および立体映像チューナ
河合隆史,井上哲理
特許第4208614号 : 映像コンテンツの評価装置
河合隆史,井上哲理,大和久裕代,花村剛
特開平6-241754 : 仮想現実空間を利用した測定システム
野呂影勇, 井上哲理,他3名

講演・口頭発表等

 
Immersive Visualization of 3D Protein Structures for Bioscience Students
Tetsuri Inoue, Kazutake Uehira, Ayumi Koike
20th Congress of International Ergonomics Association   2018年8月30日   
Sense of Height and Virtual Body in Head-Mounted Display Environments
T. Shibata, T. Inoue
IDW2015 (International Display Workshops 2015)   2015年12月10日   
Evaluation of Visual Fatigue and Sense of Presence for CAVE-like multi-projection display
T. Inoue, T. Shibata
IEA (国際人間工学会) 2015   2015年8月9日   
Effect of virtual body images on the sense of height in HMD environments
T. Inoue, T. Shibata
International Conference of Image & Printing Technology 2014   2014年11月6日   
Ergonomic approaches to designing educational materials for immersive multi-projection system
T. Shibata, J. Lee, T. Inoue
The Engineering Reality of Virtual Reality 2014 (SPIE)   2014年2月1日   

Misc

 
ウェアラブル端末の現状と課題
井上哲理
映像情報メディア学会誌   71(3) 280-282   2017年3月
「ウェアラブル端末」特集の導入として,本誌2003年13月に掲載された同様の特集を振返り,ウェアラブル端末の発展について考察した.性能の向上に加えて,端末自体の情報処理能力も向上していることを述べた.またウェアラブル端末の現状での種類や課題などを述べた.最後に今後の発展には応用面からの開発・研究が必要であることを述べた.
井上哲理
映像情報メディア学会誌   68(5) 384-389   2014年5月
本稿ではいわゆる「立体映像ブーム」に注目して,ブームを起こしやすい立体映像の特徴を考察した.まず,2010年頃のブームとそれ以前のブームを説明して,次に2眼式立体映像の仕組みと特徴,問題点を述べた.そして,立体映像の将来や必要性について意見を述べた.
井上哲理
映像情報メディア学会誌   68(4) 321-323   2014年2月
関 靖夫, 速水 治夫, 井上 哲理
ITを活用した教育シンポジウム講演論文集   5(0) 41-44   2011年3月
井上 哲理
ITを活用した教育シンポジウム講演論文集   5(0) 57-60   2011年3月

委員歴

 
2014年1月
 - 
2014年12月
大学教育学会  2014年度課題研究集会・実行委員長
 
2013年6月
 - 
2017年5月
映像情報メディア学会  会誌編集委員会・企画委員会 幹事
 
2011年6月
 - 
2015年5月
画像電子学会  企画委員会・委員
 
2009年6月
 - 
2011年5月
画像電子学会  企画理事
 
2009年9月
 - 
2010年8月
画像電子学会  第37回年次大会実行委員長
 

Works

 
立体映像が人に及ぼす影響
1990年 - 1993年
コンテンツ評価技術
2001年
多視点立体映像ライブ通信に関する研究開発
2000年

競争的資金等の研究課題

 
医療技術の革新に貢献するバイオ機能材料開発の研究拠点形成
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2015年4月       代表者: 小池あゆみ(神奈川工科大学応用バイオ科学部)
没入型映像システムにおける立体映像知覚の基礎研究
科学研究費:基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 井上哲理(神奈川工科大学情報学部)
捕捉課題における視覚―動作カップリングから3D呈示の実在感を評価する
科学研究費:若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 井田博史(上武大学商学部)
WALL e-Learning
科学研究費: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: ブルノ・ペーロン(上智大学文学部)
次世代ヒューマンメディアをコアとする 共生共創コミュニケーションシステムの研究
私立大学学術研究高度化推進事業「学術フロンティア」
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月    代表者: 上平員丈(神奈川工科大学情報学部)

担当経験のある科目