清水 優

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 12:59
 
アバター
研究者氏名
清水 優
 
シミズ マサル
ハンドル
handle0181129
eメール
shimizusist.chukyo-u.ac.jp
所属
中京大学
部署
工学部 機械システム工学科
職名
准教授
学位
博士(情報科学)(中京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
中京大学 工学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
中京大学 情報理工学部 准教授
 
2000年4月
 - 
2007年3月
中京大学 情報科学部 講師
 
1991年4月
 - 
2000年3月
中京大学 情報科学部 助手
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
名古屋工業大学 工学部 機械工学
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
現在
RoboCup World Champion Ship  Executive Committee of Rescue Virtual Robot League
 
2010年6月
 - 
現在
ロボカップジャパンオープン  レスキューロボットリーグ実行委員
 
2014年7月
 - 
2018年6月
RoboCup World Champion Ship  Technical Committee of Rescue Virtual Robot League
 

受賞

 
2017年10月
IEEE International Symposium on Safety Security and Rescue Robotics(SSRR) 2017 Best Late Breaking Report Award Competition Task Development for Response Robot Innovation in World Robot Summit
受賞者: Tetsuya Kimura, Masayuki Okugawa, Katsuji Oogane, Yoshikazu Ohtsubo, Masaru Shimizu, Tomoichi Takahashi, Satoshi Tadokoro
 
2017年7月
RoboCup 2017 Infrastructure Oeuvre Award Hinomiyagura:Proposal of robot new task using more human sensors in real environments
受賞者: M.SHIMIZU, T.TAKAHASHI
 
2004年
ロボカップジャパンオープン大阪2004 計測自動制御学会賞(最優秀賞)
 

論文

 
Masaru Shimizu,Tomoichi Takahashi
IEEE International Symposium on Safety, Security and Rescue Robotics, SSRR 2017, Shanghai, China, October 11-13, 2017   75-80   2017年   [査読有り]
Masaru Shimizu,Masayuki Okugawa,Katsuji Oogane,Yoshikazu Ohtsubo,Tetsuya Kimura,Tomoichi Takahashi,Satoshi Tadokoro
RoboCup 2016: Robot World Cup XX [Leipzig, Germany, June 30 - July 4, 2016]   440-451   2016年   [査読有り]
Masaru Shimizu,Tomoichi Takahashi
2016 IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2016, Lausanne, Switzerland, October 23-27, 2016   81-85   2016年   [査読有り]
Masaru Shimizu,Nate Koenig,Array,Tomoichi Takahashi
RoboCup 2015: Robot World Cup XIX [papers from the 19th Annual RoboCup International Symposium, Hefei, China, July 23, 2015].   331-338   2015年   [査読有り]
Masayuki Okugawa,Katsuji Oogane,Masaru Shimizu,Yoshikazu Ohtsubo,Tetsuya Kimura,Tomoichi Takahashi,Satoshi Tadokoro
2015 IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2015, West Lafayette, IN, USA, October 18-20, 2015   1-2   2015年   [査読有り]
Tomoichi Takahashi,Masaru Shimizu
RoboCup 2014: Robot World Cup XVIII [papers from the 18th Annual RoboCup International Symposium, Jo?o Pessoa, Brazil, July 15   295-305   2014年   [査読有り]
Tomoichi Takahashi,Masaru Shimizu
RoboCup 2014: Robot World Cup XVIII [papers from the 18th Annual RoboCup International Symposium, Jo?o Pessoa, Brazil, July 15   358-368   2014年   [査読有り]
Masaru Shimizu,Tomoichi Takahashi
2014 IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2014, Toyako-cho, Hokkaido, Japan, October 27-30, 2014   1-6   2014年   [査読有り]
Masaru Shimizu,Tomoichi Takahashi
Advanced Robotics   27(5) 385-391   2013年   [査読有り]
Shinji Uebayashi,Masaru Shimizu,Takashi Fujiwara
Proceedings of the 78th IEEE Vehicular Technology Conference, VTC Fall 2013, Las Vegas, NV, USA, September 2-5, 2013   1-5   2013年   [査読有り]
Yoshitaka Furuta,Masayoshi Kanoh,Taro Shimizu,Masaru Shimizu,Tsuyoshi Nakamura
FUZZ-IEEE 2012, IEEE International Conference on Fuzzy Systems, Brisbane, Australia, June 10-15, 2012, Proceedings.   1-4   2012年   [査読有り]
Mitsuhiro Hayase,Isao Wakabayashi,Masaru Shimizu,Masayoshi Kanoh
The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS), and The 13th International Symposium on Advanced Intelligence Systems (ISIS), Kobe, Japan, November 20-24, 2012   615-619   2012年   [査読有り]
Masaru Shimizu,Tomoichi Takahashi
IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2012, College Station, TX, USA, November 5-8, 2012   1-5   2012年   [査読有り]
Masaru Shimizu,Takayuki Fujiwara,Shinji Uebayashi
Proceedings of the 75th IEEE Vehicular Technology Conference, VTC Spring 2012, Yokohama, Japan, May 6-9, 2012   1-5   2012年   [査読有り]
Masaru Shimizu,Tomoichi Takahashi
Robot-Human Teamwork in Dynamic Adverse Environment, Papers from the 2011 AAAI Fall Symposium, Arlington, Virginia, USA, November 4-6, 2011      2011年   [査読有り]
Kazuo Araki,Masanori Sato,Takayuki Noda,Yuji Chiba,Masaru Shimizu
Proceedings of IAPR Workshop on Machine Vision Applications, MVA 1990, November 28-30, 1990, Kokubunji, Tokyo, Japan   43-46   1990年   [査読有り]

Misc

 
沼田 宗敏, 清水 優, 舟橋 琢磨, 輿水 大和
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   130(11) 2039-2046   2010年11月
Scene analysis based on the images captured from rescue robot is used to be composed of the basic three image processing stages: edge detection, line detection, and object recognition. The key technology to do this is Hough transform for line dete...
清水 優, 荒木 和男, 広瀬 誠, 松本 武洋, 永見 政宏, 黒田 和宏, 宮坂 健夫
全国大会講演論文集   57(0) 91-92   1998年10月
広瀬 誠, 黒田 和宏, 黒柳 憲司, 宮阪 健夫, 清水 優, 荒木 和男
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   97(387) 33-40   1997年11月
これまで、筆者らは、当研究室で開発された高速・連続三次元計測装置により得られた距離情報をもとに、コンピュータのモデリングソフトを用いてリアリティある三次元CGを作成してきた。今回、上記の計測装置から、新たに獲得することのできた輝度情報をもとに、三次元CGの作成を試みると、前述のものよりリアリティのある三次元CGを作成することができた。本報では、この輝度情報の効果について詳細に述べている。
川合 剛, 清水 優, 荒木 和男
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   96(492) 9-16   1997年1月
本論文では, 当研究室で開発した高速・連続三次元計測装置によって取得される距離画像を用いて, 現実世界の運動物体の解析を試みた. なかでも, 物体認識の初期段階である, 距離画像からの特徴抽出を中心に行なった. また, 運動物体を連続して計測した各距離画像から抽出した特徴点を用いて, フレーム間の運動パラメータを求め, それを自動化する手法について検討した.
竹本 記朗, 清水 優, 荒木 和男
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   96(491) 25-31   1997年1月
多視点画像の統合処理の中で、特徴点を指定してそれを行なう方法は盛んに研究されている。我々は統合精度を高めるために、当研究室で開発した高速・連続3次元計測装置から得られる連続した距離画像を用いて統合を行なった。連続した距離画像はシーン間に計測対象の共通部分のデータが計測される割合が高いため、位置合わせにおける誤差も軽減でき、また一般に運動する計測対象にも対応できる。この様なアプローチで多視点画像の統合を試みる。

講演・口頭発表等

 
The proposal of the sufferer discovery vision system for the rescue robot
QCAV 2005(Quality Control of Artificial Vision)   2005年   

Works

 
ロボカップジャパンオープン新潟2003 レスキューロボットリーグ 出場(結果4位)
2003年
ロボカップジャパンオープン大阪2004 レスキューロボットリーグ 出場( 結果3位/10チーム)
2004年
ロボカップ大阪2005 レスキューロボットリーグ 出場(結果:14位/25チーム)
2005年
ロボカップジャパンオープン北九州2006 レスキューロボットリーグ 出場( 結果3位/9チーム)
2006年