Profile Information

Affiliation
Shiga University Faculty of Education Professor
Degree
教育学修士(その他の機関)

J-GLOBAL ID
200901038067161802

【研究活動】最近、算数・数学教育の研究において構成主義の議論が盛んである。算数科、数学科の教授学習過程を子どもたちが数学的知識を構成し合意することを教師が支援する過程であると捉えると、その過程を円滑なものにするためには、子どもたちのメタ認知的活動や彼らの数学的知識の観察者としての教師の役割が重要であると考える。そこで、教師がいかに子どもたちのメタ認知を意識し、彼らが構成する知識を観察するかについて研究している。 【教育活動】子どもたち主体の教授学習過程を展開するには、教師の支援、援助が重要である。しかしながら、教師の数学観が固定的で静的なものであるとなかなかそれは実現できない。そこで、教員養成において、構成主義的な学校数学の捉え方を教授し、より柔軟な教師としての姿勢を学生に身に付けさせることが必要であると考え実践している。

Research Interests

  4

Committee Memberships

  3

Papers

  25

Misc.

  31

Books and Other Publications

  4

Presentations

  11

Works

  2