民秋 均

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/28 02:59
 
アバター
研究者氏名
民秋 均
 
タミアキ ヒトシ
URL
http://www.ritsumei.ac.jp/se/rc/staff/tamiaki/lab.html
所属
立命館大学
部署
生命科学部応用化学科
職名
教授
学位
理学博士(京都大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1987年11月
京都大学理学部・研修員
 
1987年4月
 - 
1987年11月
日本学術振興会・特別研究員
 
1987年11月
 - 
1993年3月
京都大学理学部化学教室・助手
 
1991年9月
 - 
1992年11月
アレキサンダーフォンフンボルト財団・奨学研究員(博士研究員)
 
1993年4月
 - 
1999年3月
立命館大学理工学部・助教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
京都大学 理学部 化学
 
 
 - 
1986年
京都大学大学院 理学研究科 化学専攻
 

受賞

 
2016年9月
光化学協会 2016年光化学討論会特別講演賞
 
2014年3月
日本化学会 日本化学会学術賞
 
2006年9月
光化学協会 光化学協会賞
 
1986年
野津記念奨励賞
 

論文

 
Covalently linked dimer of chlorophyll-a derivative with an amide bond and its folded conformer
H. Tamiaki, T. Tatebe, Y. Kitagawa
Tetrahedron Lett.   59 3120-3123   2018年
Bilayer chlorophyll-based biosolar cells inspired from the Z-scheme process of oxygenic photosynthesis
S. Duan, C. Dall'Agnese, G. Chen, X.-F. Wang, H. Tamiaki, Y. Yamamoto, T. Ikeuchi, S. Sasaki
ACS Energy Lett.   3 1708-1712   2018年
Synthesis of carboxylated chlorophyll derivatives and their activities in dye-sensitized solar cells
H. Tamiaki, N. Hagio, S. Tsuzuki, Y. Cui, T. Zouta, X.-F. Wang, Y. Kinoshita
Tetrahedron   74 4078-4085   2018年
Dyad sensitizer of chlorophyll with indoline dye for panchromatic photocatalytic hydrogen evolution
Y. Sun, Y. Sun, C. Dall'Agnese, X.-F. Wang, G. Chen, O. Kitao, H. Tamiaki, K. Sakai, T. Ikeuchi, S. Sasaki
ACS Applied Energy Materials   1 2813-2820   2018年
Enhancement of performance in chlorophyll-based bulk-heterojunction organic-inorganic solar cells upon aggregate management via solvent engineering
W. Zhao, S. Sasaki, H. Tamiaki, Y. Sanehira, Y. Wei, G. Chen, X.-F. Wang
Organic Electronics   59 419-426   2018年

書籍等出版物

 
J. Photochem. Photobiol. A: Chem., 358, "Editorial for the special issue of Artificial Photosynthesis ICARP2017"
H. Inoue, A. Kudo, H. Tamiaki
Elsevier   2018年   
Faraday Discuss., 198, "Biological approaches to artificial photosynthesis, fundamental processes and theoretical approaches: general discussion"
V. Artero, L. Hammarström, F. Fan, D. R. Whang, J. Martinez, A. Harriman, T. Noguchi, J. Karlsson, P. Summers, S. Itoh, R. Cogdell, A. Kibler, J. Ehrmaier, H. Tamiaki, E. Fujita, S. Shima, S. Yoshino, H. Inoue, M. Wasielewski, T. Corry, D. Gust, F. Cassiola, H. Ishida, K. Takagi, S. O. Kang, C. Li, L. Sun, H. Park, H. Hashimoto, Y. Amao, E. J. Son, N. Kamiya, J.-R. Shen, K. Yamaguchi
RSC   2017年   
マテリアルステージ、16(11)、天然/人工光合成におけるアンテナの構造、機能と開発動向
庄司 淳、民秋 均
技術情報協会   2017年   
「光化学系I」、光触媒/光半導体を利用した人工光合成—最先端科学から実装技術への発展を目指して—
塚谷祐介、民秋 均
NTS   2017年   
フロンテイア生物無機化学、集光系
民秋 均
三共出版   2016年   

講演・口頭発表等

 
Synthesis of deuterated chlorophyll derivatives and their physical properties
GRC, Chemistry and Biology of Tetrapyrroles   2018年7月   
様々な位置にカルボニル基をもつ両親媒性クロロフィル誘導体の合成と自己会合
第30回配位化合物の光化学討論会、P27   2018年7月   
水中における両親媒性および疎水性亜鉛クロロフィル誘導体を用いたコアシェル型共会合体の創製
第30回配位化合物の光化学討論会、P24   2018年7月   
酸素含有官能基を20位に持つ亜鉛クロロフィル誘導体の合成と自己会合
第30回配位化合物の光化学討論会、P10   2018年7月   
好塩性光合成細菌Halorhodospira halochlorisの特異なゲノムの構造:2つのpufオペロン
日本微生物生態学会第32回大会、P1-065   2018年7月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
光合成初期過程器官の時間・空間高分解能分光
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(研究拠点を形成する研究)
研究期間: 2009年 - 2013年
細胞輸送用ヒドロゲルの開発
JST研究成果最適展開支援事業(A-STEP)フィージビリティスタディ(FS)ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化)
研究期間: 2009年 - 2010年

特許

 
WO2015/125849 : バクテリオクロロフィルbの大量産生方法及び産生菌
WO2013/122064 : 緑色硫黄細菌変異体およびバクテリオクロロフィル
2014-103920 : 緑色硫黄細菌変異株及びそれを利用したバクテリオクロロフィルc同族体の製造方法
2014-3938 : 新規酵素およびそれを用いたバクテリオクロロフィルの製造方法
2013-185086 : 尿素型ヒドロゲル化剤