中野 隆史

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/27 13:35
 
アバター
研究者氏名
中野 隆史
 
ナカノ タカシ
URL
http://www.totoro.to/
所属
大阪医科大学
部署
医学部 医学科 予防・社会医学講座 微生物学教室
職名
教授
学位
医学博士
その他の所属
大阪医科大学大阪医科大学

研究分野

 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
関西ウォーター研究会  評議員
 
 
 - 
現在
日本感染症学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本細菌学会  関西支部評議員
 

論文

 
Wu H, Nakano T, Matsuzaki Y, Ooi Y, Kohno T, Ishihara S, Sano K
Medical molecular morphology      2014年1月   [査読有り]
Kobayashi T, Hirose J, Wu H, Sano K, Katsumata T, Tsujibo H, Nakano T
Journal of virological methods   194 154-160   2013年12月   [査読有り]
Nakano T, Hirose J, Kobayashi T, Hiro N, Kondo F, Tamai H, Tanaka K, Sano K
Ecotoxicology and environmental safety   90 98-102   2013年4月   [査読有り]
Yamamoto TM, Nakano T, Yamaguchi M, Shimizu M, Wu H, Aoki H, Ota R, Kobayashi T, Sano K
Medical molecular morphology   45 199-205   2012年12月   [査読有り]
Nakano T, Aoki H, Wu H, Fujioka Y, Nakazawa E, Sano K
Journal of microbiological methods   90 60-64   2012年7月   [査読有り]
Kobayashi T, Hirose J, Sano K, Kato R, Ijiri Y, Takiuchi H, Tanaka K, Goto E, Tamai H, Nakano T
Ecotoxicology and environmental safety   78 123-127   2012年4月   [査読有り]
Ooi Y, Daikoku E, Wu H, Aoki H, Morita C, Nakano T, Kohno T, Takasaki T, Sano K
Medical molecular morphology   44 213-220   2011年12月   [査読有り]
Yamamoto SP, Okawa K, Nakano T, Sano K, Ogawa K, Masuda T, Morikawa Y, Koyanagi Y, Suzuki Y
Microbes and infection / Institut Pasteur   13 339-349   2011年4月   [査読有り]

Misc

 
サル免疫不全ウイルス(SIV)粒子表面構造観察のためのネガティブ染色法の検討
大阪医科大学雑誌   50(1) 59-95   1991年
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)のヒト単球系培養細胞(U937)への感染初期動態の研究
大阪医科大学雑誌   50(1) 96-100   1991年
感染症のDNA診断〜HIV〜
臨床病理   41(11) 1240-1245   1993年

書籍等出版物

 
医療・福祉系学生のための専門基礎科目(改訂第2版)
中野 隆史
金芳堂   2013年   
動物由来感染症マニュアル
中野 隆史 (担当:共著, 範囲:破傷風・ボツリヌス症・ガス壊疽・他)
金芳堂   2009年   
医療従事者のためのこれだけは知っておきたい61の法律
中野 隆史 (担当:共著, 範囲:感染症法)
金芳堂   2007年   
医療・福祉系学生のための専門基礎科目
中野 隆史 (担当:共著, 範囲:微生物学)
金芳堂   2007年   
イメージできる臨床微生物学・医動物学
中野 隆史 (担当:編者, 範囲:全章)
メディカ出版   2006年   
病原微生物学
中野 隆史 (担当:共著, 範囲:肝炎ウイルス)
東京化学同人   2002年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
非放射性逆転写酵素活性測定法の開発とその応用
Helicobacter pylori の病原因子に関する研究
共同研究
研究期間: 2000年   
電気分解の医療応用
その他の研究制度
研究期間: 2006年 - 2013年
電気分解の医療応用として,食塩水電気分解産物の消毒効果について,その適応と限界を明らかにするとともに,医療廃液処理に対する電気分解の応用について研究する。

特許

 
水処理装置
4402939