高橋 伯夫

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/22 18:13
 
アバター
研究者氏名
高橋 伯夫
 
タカハシ ハクオ
URL
http://www3.kmu.ac.jp/byotai/index.htm

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
関西医科大学 医学部 教授
 
1972年
 - 
1974年
京都府立医科大学附属病院 研修医
 
1974年
 - 
1975年
近江八幡市立市民病院 医員
 
1975年
 - 
1978年
京都府立医科大学 医員
 
1978年
 - 
1980年
米国カンサス大学 特別研究員
 

委員歴

 
1994年
 - 
2009年
大阪府医師会臨床検査精度管理委員会副委員長
 
1998年
   
 
- 大阪府医師会雑誌「大阪医学」編集委員会編集委員
 
1998年
 - 
2004年
財団法人成人血管病研究振興財団 岡本賞選考委員会委員
 
1998年
 - 
2006年
関西医科大学医師会副会長
 
2003年
 - 
2006年
文部科学省大学設置審議会専門委員
 

受賞

 
1992年
岡本研究奨励賞
 

Misc

 
Tsuji H, Nishino N, Kimura Y, Yamada K, Nukui M, Yamamoto S, Iwasaka T, Takahashi H
Acta cardiologica   59(5) 527-531   2004年
Nishimura M, Takahashi H, Yoshimura M
Acta physiologica   189(4) 369-377   2007年
Nishimura M, Takahashi H, and Yoshimura M
Acta physiologica Scandinavica   168(1) 181-186   2000年
Taniuchi S, Kojima T, Hara Mt K, Yamamoto A, Sasai M, Takahashi H, Kobayashi Y
Allergy   56(7) 693-695   2001年
Benzamil blockade of brain Na+ channels averts Na+-induced hypertension in rats
Nishimura M, Ohtsuka K, Nanbu A, Takahashi H, Yoshimura M
The American journal of physiology   274(3) R635-R644   1998年

書籍等出版物

 
Induction of FcγRII (CD32)-FcRγ-chain association by ouabain in a monocytic cell line THP-1「10th International Congress of Immunology,」
Monduzzie Editore   1998年   
Soluble Fcγ receptor type IIIa in plasma as a novel marker for the inflammatory activity in rheumatoid arthritis「13th International Congress of Immunology」
Medimond S.r.l.,   2007年   
An atrial natriuretic polypeptide family aboloshes centrally-induced hemodynamic alterations caused by hypertonic NaCl in anesthetized rats.「Central nervous system and blood pressure contro」
Yubunsha Publishing   1994年   
Measurement of urinary excretions of nitrite and nitrate, and effects of inhibition of nitric oxide production on hemodynamics in SHR.「Genetic Hypertension, John Libbey Eurotext」
John Libbey Eurotext   1992年   
Measurement of soluble FcγRIIIaMφ in plasma as a novel marker for atherosclerosis.「Immunology 2004.」
Medimond SRI   2004年   ISBN:9788875870706

講演・口頭発表等

 
Measurement of soluble FcγRIIIa and soluble FcγRIIIa in urine
第38回日本免疫学会総会・学術集会   2008年   
"Ursodeoxycholic acid inhibits endothelial cell plasminogen activator inhibitor-1 expression induced by high glucose depend on transforming growth factor signalling"
44th European Association for the Study of Diabetes(EASD)   2008年   
Ursodeoxycholic acid inhibits endothelial cell plasminonen activator inhibitor-1 expression induced by high glucose
Hypertension2008   2008年   
The Effect of Endogenous Digitalis, Marinobufotoxin, in Sodium Metabolism
第14回国際SHRシンポジウム   2008年   
Expression of FcγRIIIa on NKT cell from RA patients
第37回日本免疫学会総会・学術集会   2007年   

Works

 
食塩過剰に伴う高血圧の病態と視床下部由来の内因性ジギタリス様物質
1993年4月 - 1996年3月
抗リン脂質抗体-特にIgA型-の測定と臨床的意義
1994年4月 - 1996年3月
IgA型抗リン脂質抗体と血栓症との関連
1996年4月 - 1998年3月
内因性ジギタリスの固定とその水・電解質・血圧調節に占める役割の検討
1996年4月 - 1998年3月
動脈硬化症の病態に占めるセロトニン(5HT)_2受容体の役割の解明
1997年4月 - 1998年3月

競争的資金等の研究課題

 
内因性ジギタリスと高血圧発症との関係
研究期間: 1982年   
食塩代謝とアルドステロン
研究期間: 1986年   
セロトニン、血小板機能、動脈硬化症
研究期間: 2000年   
動脈硬化と炎症マーカー
研究期間: 2001年