武田 徹

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/27 10:02
 
アバター
研究者氏名
武田 徹
 
タケダ トオル
URL
http://nara-kindai.unv.jp/02gakka/interview-staff/ivs06-07.html
所属
近畿大学
部署
農学部 バイオサイエンス学科 生命情報工学研究室
職名
准教授
学位
農学修士, 農学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1991年
近畿大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1989年
近畿大学 農学部 食品栄養
 

論文

 
Selenium is involved in the detoxification of methylglyoxal in Arabidopsis seedlings.
武田 徹
Biomedical Research on Trace Elements   27(1) 125-131   2016年6月   [査読有り]
武田 徹、近藤 健、上田和典、飯田 彰
Biomedical Research on Trace Elements   27(1) 8-14   2016年4月   [査読有り]
武田 徹
Biochemistry and Biophysics Reports   4 39-43   2015年9月   [査読有り]
武田 徹、福井由記
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   79(10) 1579-1586   2015年5月   [査読有り]
J. Biosci. Bioeng.   112 462-468   2011年2月   [査読有り]

Misc

 
武田 徹, 重岡 成, 村上 恵, School of Human Cultures, The University of Shiga Prefecture, School of Human Cultures, The University of Shiga Prefecture, School of Human Cultures, The University of Shiga Prefecture, School of Human Cultures, The University of Shiga Prefecture, School of Humanities for Environmental Policy and Technology, University of Hyogo, Byotai Seiri Laboratory, Division of Human Nutrition, The Incorporated Administrative Agency of Health and Nutrition, Graduate School of Life Science, Showa Women's University, Takeda Research Institute of Life Science and Preventive Medicine, Institute of Applied Biochemistry, Institute of Applied Biochemistry, Department of Health Science, Kochi Women's University, Department of Health Science, Kochi Women's University, Department of Laboratory Medicine, Ohashi Hospital, Toho University School of Medicine, Department of Laboratory Medicine, Ohashi Hospital, Toho University School of Medicine
J. Nutri. Sci. Vitaminol.   51 319-328   2005年5月
成人女子と男子の水溶性ビタミンの所要量について、1週間の制限食および一定生活条件下で、血液中および尿中の各種水溶性ビタミンを測定することにより考察した。
武田 徹, 三枝尚洋, 薮田行哲, Madhusudhan, R, 元木隆志, 吉村和也, 重岡 成, 島根大学
Plant Cell Physiol.   45 1271-1279   2004年9月
ホウレンソウのアスコルビン酸合成に関与するL-ガラクトースデヒドロゲナーゼは、アスコルビン酸によりフィードバック阻害を受けることを明らかにした。
アンティ・オキシダントの基礎と臨床―ビタミンC-
重岡 成, 武田 徹, 村上恵
栄養   19 305-310   2002年
クラミドモナスにおけるセレン誘導性グルタチオンペルオキシダーゼの精製と免疫学的性質
275,623-627    1991年
クラミドモナスにおける亜セレン酸によるグルタチオンペルオキシダーゼの誘導とその生理機能
67,439-444    1992年

講演・口頭発表等

 
Post-translational activation of NAD-glyceraldehyde dehydrogenase by specific incorporation of selenium via glutathione in plant
TAKEDA Toru, TAKAGAI Toshiki, HIROSE Keiji, KOTAKE Mikiko, TAKAYAMA Sekika
The 7th International Selenium Conference   2018年10月1日   
ソルガムにおける亜セレン酸および亜テルル酸還元系の解析
武田 徹、渡部翔太、中條滉叡、新 晶帆、田中里奈
第29回日本微量元素学会学術集会   2018年7月7日   
セレン化によるブロッコリー由来NAD-GAPDHの活性化機構の解明
高貝俊生、廣瀬啓自、小竹未季子、髙山せい花、武田 徹
第29回日本微量元素学会学術集会   2018年7月7日   
セレン蓄積植物におけるNAD依存GAPDHのセレンによる活性化機構
高貝俊生、武田 徹
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月17日   
ソルガムにおける亜テルル酸吸収と特異的還元系の解析
渡部翔太、中條滉叡、武田 徹
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月17日   

担当経験のある科目

 
  • 化学基礎 (近畿大学農学部バイオサイエンス学科)
  • 環境生物学 (近畿大学農学部バイオサイエンス学科)
  • 細胞生物学Ⅱ (近畿大学農学部バイオサイエンス学科)
  • 植物生理学 (近畿大学農学部バイオサイエンス学科)
  • 免疫化学 (近畿大学農学部バイオサイエンス学科, 水産学科, 応用生命化学科)

競争的資金等の研究課題

 
環境浄化をめざした植物におけるセレン・テルルの代謝および集積機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2016年10月 - 2019年3月    代表者: 武田 徹
藻類における活性酸素代謝