大山 隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/26 13:32
 
アバター
研究者氏名
大山 隆
 
オオヤマ タカシ
URL
http://www.waseda.jp/sem-ohyama/
所属
早稲田大学
部署
教育・総合科学学術院
職名
教授
学位
理学博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
 - 
現在
早稲田大学教育・総合科学学術院理学科 教授
 
1994年
 - 
2006年
甲南大学理工学部生物学科 助教授・教授
 
1994年
 - 
1994年
スイス連邦工科大学細胞生物学研究所(兼任)
 
1990年
 - 
1994年
(財)地球環境産業技術研究機構(兼任)
 
1987年
 - 
1994年
明治乳業ヘルスサイエンス研究所
 
1986年
 - 
1987年
三菱化成生命科学研究所
 
1979年
 - 
1981年
民間企業
 

学歴

 
 
 - 
1985年
名古屋大学 理学研究科 分子生物学
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本生化学会  評議員
 

受賞

 
 
日本生化学会 JB論文賞 (2014)
 

論文

 
New aspects of magnesium function: A key regulator in nucleosome self-assembly, chromatin folding and phase separation.
Ohyama, T.
Int. J. Mol. Sci.   20 4232   2019年   [査読有り]
Miura, O., Ogake, T. and Ohyama, T.
Curr. Genet.   64 945-958   2018年   [査読有り]
A strong structural correlation between short inverted repeat sequences and the polyadenylation signal in yeast and nucleosome exclusion by these inverted repeats.
Miura, O., Ogake, T., Yoneyama, H., Kikuchi, Y. and Ohyama, T.
Curr. Genet.   in press    2018年   [査読有り]
Komatsu, H., Yamamoto, J., Suzuki, H., Nagao, N., Hirose, Y., Ohyama, T., Umekage, S. and Kikuchi, Y.
Gen. Appl. Microbiol.   64 103-107   2018年   [査読有り]
Nagao, N., Yamamoto, J., Komatsu, H., Suzuki, H., Hirose, Y., Umekage, S., Ohyama, T. and Kikuchi, Y.
Biochem. Biophys. Rep.   4 369-374   2018年   [査読有り]
Tanase, J., Yokoo, T., Matsumura, Y., Kinoshita, M., Kikuchi, Y., Suemori, H. and Ohyama, T.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   482 764-770   2017年   [査読有り]
Fukuma, M., Ganmyo, Y., Miura, O., Ohyama, T. and Shimizu, N.
PLoS One.   11(4) e0153338   2016年   [査読有り]
Arai, N., Nishimura, E., Kikuchi, Y. and Ohyama, T.
Biochem. Biophys. Res. Commun.   465 108-112   2015年   [査読有り]
Nishimura, E., Jumyo, S., Arai, N., Kanna, K., Kume, M., Nishikawa, J., Tanase, J. and Ohyama, T.
Planta   240 147-159   2014年   [査読有り]
Udagawa, K. and Ohyama, T.
Genet. Mol. Res.   13 1979-1988   2014年   [査読有り]

Misc

 
ゲノムDNAはいかにして折り畳まれるか—DNA物性とゲノム収納—
大山隆,木村元, 下岡保俊
実験医学増刊号「細胞核—遺伝情報制御と疾患」   27 2715-2722   2009年
DNAの高次構造と物理的特性に印された遺伝情報
大山隆
蛋白質核酸酵素   53(1) 1-11   2008年
Characterization of the nucleases secreted from Drosera Adelae.
Okabe, T. and Ohyama, T.
Proceedings of the 4th international carnivorous plant conference   141-143   2002年
ベントDNA構造を介した転写調節のメカニズム
大山隆
生化学   70 1339-1344   1998年
モウセンゴケとゆかいな仲間たち
大山隆
実験医学   15(6) 672   1997年
転写調節におけるベントDNAの役割
大山隆
Viva Origino   24 199-210   1996年
ベントDNAの形と機能
大山隆
メビオ   10(10) 6-13   1993年
ベントDNAと転写制御
大山隆
蛋白質核酸酵素   35(3) 248-252   1990年
正の超らせん構造をとったプラスミドDNA
大山隆
ラジオアイソトープ   39(6) 55   1990年
転写因子が誘起するDNA二重らせんの曲がり.(共著)
南雲正彦,大山隆
実験医学   8(4) 364-367   1990年

書籍等出版物

 
エピジェネティクス
大山 隆・東中川 徹 (担当:共著)
裳華房   2016年   
Intrinsic homology-sensing and assembling property of chromatin fiber. In Bernstein, H. and Bernstein, C. (eds.)
Nishikawa, J., Shimooka, Y. and Ohyama, T.
Meiosis. InTech   2013年   
大山隆監修、西川一八・清水光弘編集「ベーシックマスター生化学」
オーム社   2008年   
Regulation of chromatin structure by curved DNA: how activator binding sites become accessible. In Nagata, K. and Takeyasu, K. (eds.), Nuclear Dynamics-Molecular Biology and Visualization of the Nucleus-.
Springer-Verlag (Tokyo)   2007年   
Genetic information carried in DNA conformation and properties. In Kiyama, R. and Shimizu, M. (eds), DNA structure, Chromatin and Gene Expression.
Transworld Research Network (Kerala)   2006年   
東中川徹、大山隆、清水光弘編「ベーシックマスター分子生物学」
オーム社   2006年   
Curved DNA and prokaryotic promoters: a mechanism for activation of transcription. In Ohyama, T. (ed.), DNA Conformation and Transcription.
Springer (New York)   2005年   
Curved DNA and Transcription in eukaryotes. In Ohyama, T. (ed.), DNA Conformation and Transcription.
Springer (New York)   2005年   
The role of unusual DNA structures in chromatin organization for transcription. In Ohyama, T. (ed.), DNA Conformation and Transcription.
Springer (New York)   2005年   
実験室の小さな生き物たち.(共著)
羊土社   1999年   

講演・口頭発表等

 
Novel effects of metal cations on nucleic acids, chromatin and undifferentiated state of ES cells [招待有り]
大山 隆
8th Annual World Congress of Molecular & Cell Biology -Exploring life, Inspiring innovation, Creating feature-   2018年   
遺伝情報収納の基本原理 [招待有り]
大山 隆
第6回都医学研シンポジウム「DNAとゲノム:二重らせん構造を超えて」   2016年   
DNAの物理的特性に隠された情報と機能 [招待有り]
大山 隆
日本分析化学会第63年会 特別シンポジウム「異分野との融合」   2014年   
Self-organizing and self-assembling properties of chromatin fiber. [招待有り]
大山 隆
1st Singapore-Japan-India Joint Symposium on Protein-DNA Interactions in Prokaryotic Nucleoid and Eukaryotic Chromatin   2013年   
ゲノム折り畳みの基本原理と間期染色体構造(A) [招待有り]
大山 隆
平成23年度日本生化学会関東支部例会特別企画   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
ヒトゲノムDNAの折り畳み原理の解明
科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 大山 隆
機能性RNAの微生物生産およびRNA発現菌の利用
科学研究費: 基盤研究(A)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 菊池 洋
遺伝情報収納・発現・継承の時空間場
科学研究費: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2008年 - 2013年    代表者: 平岡 秦
ゲノムにおける高頻度組換え部位の形成基盤:新視点からの解析
科学研究費: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 大山 隆
遺伝情報収納のダイナミクス
科学研究費: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 大山 隆
非B型DNA配列を利用した遺伝子発現制御による高効率・安定的遺伝子改変動物の開発
科学研究費: 新学術領域研究(研究課題提案型)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 三谷 匡
細胞核ダイナミクスにおけるゲノムの機能的収納機構の解明
科学研究費: 特定領域研究
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 大山 隆
DNAの高次構造と物理的特性に印された遺伝情報の解読
科学研究費: 基盤研究C(一般)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 大山 隆
細胞核ダイナミクスにおけるゲノムの機能的収納機構の解明
科学研究費: 特定領域研究
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 大山 隆
転写開始のためのクロマチン基盤構造の構築機構:ベントDNAが担う役割の解明
科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 大山 隆