KOKUBUN Noriko

J-GLOBAL         Last updated: Nov 19, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
KOKUBUN Noriko
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Law, Department of Law
Job title
Professor
Research funding number
40259312

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2001
 - 
Aug 2005
教授, 文学部, 愛知県立大学
 
Aug 2005
 - 
Sep 2011
教授, 人文社会科学研究科, Ujniversity of Tsukuba
 
Oct 2011
 - 
Mar 2014
教授, 人文社会系, 筑波大学
 
Apr 2014
 - 
Mar 2016
Professor, Graduate School of Law Department of the Combined Graduate Program in Law and Political Science International Comparative Law and Political Science, Nagoya University
 
Apr 2016
 - 
Mar 2018
Professor, Center for Asian Legal Exchange, Nagoya University
 

Education

 
Apr 1976
 - 
Mar 1980
法律学科, Faculty of Law, Keio University
 
Apr 1982
 - 
Mar 1986
公法学専攻, Graduate School, Division of Law, Keio University
 
Apr 1982
 - 
Mar 1986
法学研究科, Keio University
 

Published Papers

 
韓国臨時政府憲法文書における国家構想
國分典子
名古屋大学法学論集   (277) 217-239   Mar 2018   [Invited]
韓国におけるテロ対策立法
國分典子
論究ジュリスト   (21) 70-78   Apr 2017   [Invited]
韓国建国期の違憲審査についての議論―日本との比較の視点から―
國分典子
名古屋大学法学論集   (272) 25-48   Mar 2017   [Invited]
韓国憲法裁判所の権限範囲とその課題
國分典子
比較憲法学研究   (28) 47-76   2016   [Invited]
韓国の大統領制における国会の機能
國分典子
アジア法研究2015   209-222   Mar 2016   [Invited]

Books etc

 
「韓国における大統領弾劾審判とその基準」戸波江二先生古稀記念『憲法学の創造的展開』
國分典子
信山社   Dec 2017   
分断前後南北憲法変遷史に関する研究―統治構造形成のための行政関係法令を中心に―(原文:韓国語)
リュウ・チソン, 國分典子, 三村光弘,チョン・サンウ (Part:Joint Work)
韓国法制研究院   Nov 2017   
国会を考える
大石眞, 大山礼子, 他 (Part:Joint Work)
三省堂   Mar 2017   
憲法改正の比較政治学
待鳥聡史・駒村圭吾・他 (Part:Joint Work)
弘文堂   2016   
The Spirit of Korean Law
Marie Seon-Hak Kim, Jérôme Bourgon and Pierre-Emmanuel Roux, Frédéric Constant, Anders Karlsson, Noriko Kokubun, Samuel Guex, Joon-Young Moon, Justine Guichard, Tom Ginsburg (Part:Joint Work, The Rise of Korean Constitutional Thought (1875-1945): An East Asian Perspective)
Brill   Dec 2015   ISBN:9789004306011

Conference Activities & Talks

 
韓国の大統領制における国会の機能
國分典子
アジア法学会秋季研究総会   15 Nov 2015   
韓国憲法裁判所の権限範囲を巡る課題
國分典子
比較憲法学会総会   24 Oct 2015   
明治憲法下の国家思想:穂積八束と有賀長雄
黄俊傑、安藤隆穂、李明輝、和田肇、川尻文彦、國分典子ほか
東亜思想交流史国際学術検討会   7 Nov 2014   台湾大学人文社会高等研究院・名古屋大学高等研究院
Korean Constitutional Thought before and during the Colonial Period
Marie Kim, Samuel Guex, Jung Geung-Sik, Anders Karlsson, Sasagawa Norikatsu, Kokubun Noriko
The Second International Conference on Korean Legal History   24 Apr 2014   
 近代東アジア世界と憲法思想
國分典子
海外韓国学著者特講シリーズ    23 Apr 2014   

Works

 
書評 長田彰文著『世界史の中の近代日韓関係(慶應義塾大学出版会、2013年)
The Others   Nov 2014
辻村みよ子・スティール若希編『アジアにおけるジェンダー平等―政策と政治参画』
The Others   2012

Research Grants & Projects

 
東アジアにおける「共和国」の意味ー韓国を中心に
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2015 - Today    Investigator(s): 國分典子
本研究は、韓国が臨時政府時代の憲法以来用いている「共和国」という概念の歴史的発展過程および今日の共和国概念についての議論を機軸に、中国や日本の「共和国」についての理解がこれにどう関わっているか、また西洋の「共和国」概念が東アジアの国家思想のなかでどのように位置づけられるものであるのかを検討し、そこから東アジアにおける「国民国家」の意味を再考しようとするものである。
韓国憲法論における民主主義理念の位置づけ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2008 - Mar 2013    Investigator(s): 國分典子
本研究は、民主化以降の発展が目覚ましい韓国を素材に、韓国憲法史の変化のなかで、民主主義概念がどのように理解されてきたか、それが今日の憲法論における国家理解にどのように関係しているかを多面的に分析・考察したものである。自由主義的民主主義と立憲主義との関係という観点からのみでは捉えられない共和主義的要素が重要であることを指摘し、韓国憲法の有する民主主義観の独自性、アジア的特徴を考察した。