石原 茂和

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/06 17:43
 
アバター
研究者氏名
石原 茂和
 
イシハラ シゲカズ
ハンドル
handle0182032
URL
http://www.hirokoku-u.ac.jp/int/kansei/
所属
広島国際大学
部署
総合リハビリテーション学部 リハビリテーション支援学科
職名
教授
学位
文学修士(日本大学), 博士(工学)(広島大学)
科研費研究者番号
90243625

プロフィール

I am researching/teaching/consulting Kansei Engineering, Ergonomics and Gerontechnology at Kansei Design Dept. and Assistive Rehab, Hiroshima International Univ

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
広島国際大学 医療・福祉科学研究科 医療工学専攻 博士後期課程 指導教員
 
2012年4月
 - 
現在
広島国際大学 総合リハビリテーション学部 教授
 
2007年10月
 - 
現在
専門社会調査士
 
2003年6月
 - 
現在
日本人間工学会認定 人間工学専門家 
 
2005年4月
 - 
2012年3月
広島国際大学 人間環境学部 教授
 
2001年4月
 - 
2005年3月
広島国際大学 人間環境学部 助教授
 
1998年
 - 
2001年
尾道短期大学 助教授
 
1993年
 - 
1998年
尾道短期大学 講師
 
1992年
 - 
1993年
山口大学 工学部 助手
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1992年3月
広島大学 工学研究科 システム工学専攻 博士後期課程
 
1996年4月
 - 
1988年3月
日本大学 心理学研究科 心理学専攻
 
1982年4月
 - 
1986年3月
日本大学 文理学部(文科系) 心理学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
広島県 ひろしま感性イノベーション推進協議会  委員長
 
2013年1月
 - 
現在
International Society for Gerontechnology  日本支部代表
 
2011年4月
 - 
現在
ちゅうごく産業創造センター  質感色感研究会 委員
 
2004年1月
 - 
現在
International Journal of Industrial Ergonomics  Editor
 
2002年4月
 - 
現在
日本感性工学会  論文編集委員
 
1998年4月
 - 
現在
高圧ガス保安協会  高圧ガス保安主任者講習 講師(ヒューマンエラー対策)
 
1997年4月
 - 
現在
日本人間工学会 中国四国支部  理事
 
1996年4月
 - 
現在
日本人間工学会  評議員
 
2012年4月
 - 
2016年3月
文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム)(メディカルエルゴノミティシャン領域  ひろしま医工連携・先進医療イノベーション 講師
 
2015年9月
 - 
2015年11月
International Society for Temporal Design  第6回大会 副委員長
 
2010年4月
 - 
2014年3月
東広島市  入札監視委員
 
2013年11月
 - 
2013年12月
日本人間工学会 中国四国支部 第46回大会  大会長
 
1997年4月
 - 
2000年3月
広島県君田村 情報化検討委員会  委員
 
1997年4月
 - 
2000年3月
広島県雇用開発協会  雇用延長対策会議委員
 
1995年4月
 - 
1998年3月
広島県地域中高年齢者雇用支援事業  支援会議会長
 

受賞

 
2010年4月
The 2010 IAENG International Conference on Industrial Engineering 優秀論文賞 Development and Improvement of a Washer-Dryer with Kansei Ergonomics
 
2008年9月
バイオメディカルファジイシステム学会 2007年大会 発表賞受賞 洗濯乾燥機での作業姿勢の測定と力学モデルによる静的負荷の検討
 
2005年9月
日本感性工学会 日本感性工学会賞 技術賞 土木建造物の命名支援システムの開発
 
2005年9月
日本感性工学会 出版賞 商品開発と感性,海文堂出版
受賞者: 石原 茂和 長町編,長町・石原・西野・松原・土屋・神田・井上著
 
2003年
日本感性工学会 日本感性工学会技術賞 Analysis of Individual Differences in KANSEI Evaluation Data Based on Cluster Analysis
 

論文

 
感性工学データの分析方法
石原 茂和
POアカデミージャーナル (日本義肢装具士協会)   26(3) 165-173   2018年12月   [招待有り]
本稿では、感性工学における基本的認識である多次元構造、感性評価実験の方法、評価データの 多変量解析の方法について解説する。モデルデータとして、下腿装具カバーの感性評価実験の結果を使っ て分析例を示す。
Rehabilitation Exercise Aid System with Biomechanical Analysis and AI Image Recognition
松浦浩太郎,石原茂和,松浦亜紀子,森永浩介
Proc. of Intelligent Systems Workshop 2018      2018年12月   [査読有り]
Our system includes biomechanical joint moment estimation and OpenPose, image recognition AI for body skeleton estimation, which was developed in CMU. We developed a joint moment estimation program. The upper limb movements of the elderly male (1 ...
栗田 雄一, 石原 茂和, 稲見 昌彦
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン   12(2) 105-111   2018年9月   [査読有り][招待有り]
本稿では,2016 年10 月にスイスで開催された義手競技,動力義足,エグゾスケルトン,電動車椅子,BCI ゲーム,FES 自転車の各競走から構成されたサイバスロン(Cybathlon)のあらまし,並びに人の身体的運動を支援する身体的ヒューマンロボットインタラクション技術について概説し,人間拡張工学の開く世界を展望する.
Shigekazu Ishihara, Mitsuo Nagamachi, Toshio Tsuchiya
Advances in Intelligent Systems and Computing 774, Advances in Affective and Pleasurable Design Proceedings of the AHFE 2018 International Conference on Affective and Pleasurable Design   312-322   2018年7月   [査読有り]
Kansei engineering methods and text mining methods were applied to the web application for assisting sightseeing travel at Kure city. Kansei engineering methods used here were a questionnaire and multivariate analyses for research inter-relations ...
Keiko Ishihara, Shigekazu Ishihara
Gerontechnology   17(Supplement) 122-122   2018年4月   [査読有り]
S. Ishihara, Y. Kawachi, K. Ishihara, A. Kanbe, R. Itsuki
Gerontechnology   17(Supplement) 180-180   2018年4月   [査読有り]
S. Ishihara, Y. Tokutomi, M. Nagamachi, K. Morinaga, K. Ishihara, A. Kanbe
Gerontechnology   17(Supplement) 192-192   2018年4月   [査読有り]
R. Miyazaki, K. Morinaga, S. Ishihara, A. Kanbe, K. Ishihara
Gerontechnology   17(Supplement) 193-193   2018年4月   [査読有り]
Tatsuro Matsubara, Shigekazu Ishihara, Yukihiro Matsubara and Mitsuo Nagamachi
(in) Advances in Affective and Pleasurable Design,   305-317   2017年7月   [査読有り]
In Kansei engineering, we have been researching the methods for unveiling relations between physical properties and Kansei. Recent years we have utilized 3D measurements of surface details and making “virtual prototyping using Kansei evaluation”. ...
Kansei Ergonomic Study of Body Brush Development
Keiko Ishihara, Kosuke Morinaga, Masayuki Booka, Shigekazu Ishihara
 and Akira Katayama
(in) Advances in Affective and Pleasurable Design,   318-324   2017年7月   [査読有り]
Development and Evaluation of Ankle Mobility VR Rehabilitation Game
Atsushi Kanbe, Shigekazu Ishihara and Mitsuo Nagamachi
(in) Advances in Affective and Pleasurable Design,   325-336   2017年7月   [査読有り]
Feature Selection of Foot Pressure in In-toe and Normal Walking using Fourier Descriptors
Kosuke Morinaga, Atsushi Kanbe, Shintaro Okubo, Toshio Tsuji and Shigekazu Ishihara
Abstracts of the 5th Int. Sympo. on Biological Shape Analysis   23-23   2017年6月   [査読有り]
Elder trip activity: A comparative research
Shigekazu Ishihara, Mitsuo Nagamachi, Mikio Kajioka, Shin Aoki, Toshio Tsuchiya
Gerontechnology   15(supplement) 126-126   2016年9月   [査読有り]
Shigekazu Ishihara, Keiko Ishihara, Mitsuo Nagamachi
International Journal of Automation and Smart Technology   5(4) 217-223   2016年1月   [査読有り]
We developed a bedsore-prevention mattress and wheel chair cushion. Throughout development, we made numerous body pressure measurements on different mattresses and cushions. Such measurements required much time and effort. Simulation of body press...
KANSEI ENGINEERING STUDY OF HIROSHIMA OKONOMIYAKI PACKAGE
Sugiyama Yuuka, Nishino Tatsuo, Ishihara Shigekazu
ICIM'2016: PROCEEDINGS OF THE 13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   354-358   2016年   [査読有り]
Application of KANSEI engineering to evaluate the values of ambient scenting and sounds in the public library
Mai YANAGAWA Haruyuki YOSHINAGA Shigekazu ISHIHARA Seiya ENOMOTO Hiroshi HOSOKAWA
Proc. of 7th Int. Sympo. on Temporal Design (ISTD-07)      2015年11月   [査読有り]
Virtual Reality for Kansei Engineering Evaluation on Living Room
Shigekazu ISHIHARA, Genki MASUDA, Mitsuo NAGAMACHI, Keiko ISHIHARA
Proc. of 7th Int. Sympo. on Temporal Design (ISTD-07)      2015年11月   [査読有り]
Cybathlonと超人スポーツ
石原 茂和
リハビリテーション・エンジニアリング   30(4) 111-117   2015年11月   [査読有り][招待有り]
An Application of Stereo Image Reprojection from Multi-Angle Images for Immersive Environment in Building Design
Tatsuro MATSUBARA , Shigekazu ISHIHARA and Yukihiro MATSUBARA
Proc. of 7th Int. Sympo. on Temporal Design (ISTD-07)      2015年11月   [査読有り]
松原 達郎, 松原 行宏, 石原 茂和
日本感性工学会論文誌   14(1) 107-117   2015年   [査読有り]
In product development, a method of cost cutting is required for manufacturing prototypes. Based on our recent research, we propose a low-cost prototyping system for subjective evaluation using a virtual environment. We call this method “Vir...
Ishihara Shigekazu
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOPHYSIOLOGY   94(2) 128   2014年11月   [査読有り]
K. Ishihara, T. Nakamura, S. Ishihara
Gerontechnology   13(2) 217-217   2014年6月   [査読有り]
M. Nagamachi, S. Ishihara, H. Hashimoto, M. Kouchi
Gerontechnology   13(2) 265-265   2014年6月   [査読有り]
S.Ishihara, K.Ishihara, M.Nagamachi
Gerontechnology   13(2) 218-218   2014年6月   [査読有り]
Electronic Product Development with Kansei Engineering / Kansei Ergonomics
Shigekazu Ishihara, Keiko Ishihara, Mitsuo Nagamachi
KEER 2014, INTERNATIONAL CONFERENCE ON KANSEI ENGINEERING AND EMOTION RESEARCH      2014年6月   [査読有り]
IMPLEMENTATION OF ATMOSPHERIC ILLUMINATION METHOD FOR IMMERSIVE GRAPHICS ON KANSEI VR SYSTEM
Matsubara Tatsuro, Matsubara Yukihiro, Nagamachi Mitsuo, Ishihara Shigekazu
ICIM2014: PROCEEDINGS OF THE TWELFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   379-383   2014年   [査読有り]
Prelude to Natphoric Kansei Engineering Framework
Anitawati Mohd Lokman, Mohammad Bakri Che Haron, Siti Zaleha Zainal Abidin, Noor Elaiza Abd Khalid, Shigekazu Ishihara
Journal of Software Engineering and Applications   6 638-644   2013年12月   [査読有り]
人間工学
石原 茂和
感性工学ハンドブック(椎塚久雄 編),朝倉書店   383-397   2013年11月   [査読有り][招待有り]
The finite element analysis of pressures inside the body while lying down on mattress
Shigekazu Ishihara, Keiko Ishihara, Mitsuo Nagamachi
Proc. of RESNA 2013 (Rehabilitaton Engineering and Assistive Technology society of North America)      2013年6月   [査読有り]
石原 茂和, 長町 三生
季刊中国総研   17(2) 1-19   2013年6月   [査読有り][招待有り]
感性工学の方法論の概略と,2000年代以降の感性工学,感性人間工学の成果をまとめた.
M. Nagamachi, S. Ishihara, M. Nakamura, K. Morishima
Gerontechnology   11(4) 513-520   2013年4月   [査読有り]
Development of the music game for retaining cognitive and motor functions
Shigekazu Ishihara, Keiko Ishihara, Mitsuo Nagamachi
Gerontechnology   11(2) 409-409   2012年12月   [査読有り]
A cognitive training game for elderly people
Keiko Ishihara, Mitsuo Nagamachi, Shigekazu Ishihara
Gerontechnology   11(1) 173-173   2012年12月   [査読有り]
Keiko Ishihara, Mitsuo Nagamachi, Masahiko Kohchi, Shigekazu Ishihara
Kansei Engineering International   11(4) 241-246   2012年12月   [査読有り]
An electronic-mechanical game was developed for elderly and disabled people so that they could have an enjoyable way to train their cognitive functions. Because our players were not familiar with electronic games, we proposed constraints and requi...
大籠 健太, 石原 恵子, 長町 三生, 河内 昌彦, 石原 茂和
電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学   111(424) 25-28   2012年1月
大籠 健太, 石原 恵子, 長町 三生, 河内 昌彦, 石原 茂和
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111(424) 25-28   2012年1月
著者らは、高齢者や障害者など、一般のゲーム機が対象としない方々に、楽しみながら認知機能のトレーニングを行っていただくことを目的としたゲーム機の開発を目指してきた。試作したゲーム機を実際に使っていただき、利用者の反応をもとに改良を重ねている。内容はモグラたたき型のゲームで反応速度やエラーのか愛数などを記録したものをグラフにすることで、利用者ごとの反応の特徴や利用回数による反応の変化を追跡し、利用者自信の励みや施設職員の参考にする資料とすることができる。
Shigekazu Ishihara, Keiko Ishihara, and Mitsuo Nagamachi
Proc. of 2011 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering   27-32   2011年9月   [査読有り]
Kenta Ogomori, Keiko Ishihara, Shigekazu Ishihara, Mitsuo Nagamachi, and Masahiko Kohchi
Proc. of 2011 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering   150-154   2011年9月   [査読有り]
Komori M, Kawamura S, Ishihara S
Journal of experimental psychology. Human perception and performance   37(3) 626-633   2011年6月   [査読有り]
顔の認知において,性別の認識に必要な特徴と,そうでない特徴を弁別した.48人の男性と,48人の女性の顔画像から18の特徴点を使って,Morphometricsの手法で分析した.写真の男性らしさ女性らしさの評価を外部基準として分析したところ,性別で異なる位置の特徴点以外にも,無関係であるバリエーションの2つの主成分が見つかった.このことから,男性/女性らしい顔の認知には,生物学的な造形の変化以外の部分も関与している事がしめされた.
Music and Kansei: Relation between Modes, Melodic Ranges, Rhythms and Kansei (Chapter 10)
Shigekazu Ishihara, Mitsuo Nagamachi and Jun Masaki
Kansei Engineering and Soft Computing, IGI Global Press      2011年4月   [査読有り]
Tatsuro Matsubara,Shigekazu Ishihara,Mitsuo Nagamachi,Yukihiro Matsubara
Adv. Human-Computer Interaction   2011 295074:1-295074:12   2011年   [査読有り]
一般家庭の庭の写真を数多く集め,感性評価を行ない,レイアウトと感性の関係を調べた.オリジナルのリアルタイムレンダリングエンジンを作成し,庭の感性工学システムを作成した.日照の違いによる影も正確に繁栄できる.
Ishihara Keiko, Dake Kazuo, Ishihara Shigekazu
IAENG TRANSACTIONS ON ENGINEERING TECHNOLOGIES, VOL 5   1285 387-+   2010年12月   [査読有り]
Development of a New Mattress Preventing Bedsore from the Viewpoint of Kansei Ergonomics
Mitsuo Nagamachi, Shigekazu Ishihara, Masayuki Nakamura and Kiyoshi Morishima
Proc. of 7th International Conf. on Design and Emotion 2010.      2010年10月   [査読有り]
Statistical Shape Analysis and Kansei Engineering
Shigekazu Ishihara, Keiko Ishihara and Mitsuo Nagamachi
Proc. of 7th International Conf. on Design and Emotion 2010      2010年10月   [査読有り]
MODERN STATISTICAL ANALYSIS TECHNIQUES FOR KANSEI ENGINEERING
Ishihara Shigekazu, Ishihara Keiko, Nagamachi Mitsuo
ICIM 2010: PROCEEDINGS OF THE TENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT   695-702   2010年9月   [査読有り]
Shigekazu Ishihara, Keiko Ishihara, Ryo Nakagawa, Mitsuo Nagamachi, Hirofumi Sako, Yoshihisa Fujiwara, Masahiro Naito
Engineering Letters   18(3) 243-249   2010年8月   [査読有り]
Washer-dryer machines with slanted drums have recently become popular in Japan. Using three-dimensional motion capture devices, we measured and analyzed user posture while using such machines. Subjective Kansei and usability questionnaires were al...
Development of Wheel Chair Cushion with Kansei Ergonomics
S. Ishihara, M. Nagamachi, M. Nakamura, K.Morishima.
Gerontechnology      2010年5月   [査読有り]
An electromechanical whack-a-mole-type game for older people
K. Ishihara, K. Oogomori, M. Nagamachi and S. Ishihara
Gerontechnology      2010年5月   [査読有り]
Kansei Engineering Development for a Preventing Bed Sore
Mitsuo Nagamachi, Shigekazu Ishihara, Masayuki Nakamura and Kiyoshi Morishima
Gerontechnology      2010年5月   [査読有り]
Tatsuro Matsubara, Yukihiro Matsubara, Shigekazu Ishihara and Seiji Inokuchi
日本感性工学会論文誌   9(2) 119-128   2010年3月   [査読有り]
Along with recent developments of industrial finishing of plastics, simulating surfaces is much desired in industries. This research attempts to build a virtual prototyping system for surface finishing. Simulating surfaces will accelerate to Kanse...

Misc

 
Yousry H. Abdelkader, Daoud Ait-Kadi, Basim Al-Najjar, Ali Allahverdi, Bala P. Amavasai, Carlos Henggeler, Djamel Bouchaffra, Indranil Bose, Anthony Brabazon, Mietek Brdys, Fidel Cacheda, Alan Hoi Shou Chan, Felix T.S. Chan, Chin Chen Chang, Pranay Chaudhuri, Chun Hsien Chen, Chung Shue Chen, Mu Song Chen, Qingfeng Chen, Wallace Choy, T. S. Chung, Orville Leverne Clubb, Manuel Jose Damasio, Chuangyin Dang, Alexander Djordjevich, Yu Fai Fung, G. Ganesan, Robert Gay Kheng Leng, Goh Ong Sing, Angel Marin Gracia, Zonghua Gu, Nalan Gulpinar, Phil Heaton-Adegbile, Enrique Herrera-Viedma, Josep R. Herrero, Xu Huang, Chi Kuang Hwang, Heung Suk Hwang, Shigekazu Ishihara, Limin Jia, Rajgopal Kannan, George P. Karatzas, Hideki Katagiri, Graham Kendall, Kensaku Kikuta, Haeng Kon Kim, Sung Il Kim, Cartik Kothari, Mohan Krishnamoorthy, Tadahiko Kumamoto, Reggie Kwan, Ho Woo Lee, Layuan Li, Xueliang Li, Yiming Li, Chih Min Lin, Baoding Liu, Liping Liu, Elsa M.Macias Lopez, Clement Luk, Kazuaki Maeda, Prabhat K. Mahanti, Qusay H. Mahmoud, Nikolaos Matsatsinis, George Mavrommatis, Michael McGuigan, Patricia Melin, Ludmil Mikhailov, Hiroshi Mineno, Herman Monsuur, Chiung Moon, Alejandro Murua, Nysret Musliu, Didier Nakache, Jun Ni, Lars Nolle, A. Alper Ozalp, Wan Kai Pang, Apostolos N. Papadopoulos, Selwyn Piramuthu, I. M. Premachandra, Quah Tong Seng, Dharmendra Sharma, Jiuh Biing Sheu, Shey Huei Sheu, Cornel I.G. Resteanu, Carlos Romero, Susumu Saito, Tadeusz Sawik, Rosemary R. Seva, Elhadi Shakshuki, Vrijendra Singh, Yannis Siskos, Yuri Grigoriyevich Stoyan, Junping Sun, Zhaohao Sun, A. B. Rad, Marina Resta, Maria Luque Rodriguez, Raul Rojas
IMECS 2011 - International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2011   2    2011年7月
石原 茂和, 西野 達夫, 中本 圭樹, 大前 優, 長町 三生
日本人間工学会大会講演集   47(0) 240-241   2011年
大野 祥雄, 中本 圭樹, 大前 優, 西野 達夫, 石原 茂和, 長町 三生
日本人間工学会大会講演集   47(0) 238-239   2011年
北本 圭太朗, 中本 圭樹, 大前 優, 西野 達夫, 石原 茂和, 長町 三生
日本人間工学会大会講演集   47(0) 236-237   2011年
大前 優, 中本 圭樹, 西野 達夫, 石原 茂和, 長町 三生
日本人間工学会大会講演集   47(0) 234-235   2011年
中本 圭樹, 大前 優, 西野 達夫, 石原 茂和, 長町 三生
日本人間工学会大会講演集   47(0) 232-233   2011年
西野 達夫, 石原 茂和, 中本 圭樹, 大前 優, 長町 三生
日本人間工学会大会講演集   47(0) 230-231   2011年
大籠 健太, 石原 恵子, 長町 三生, 石原 茂和
日本人間工学会大会講演集   46(0) 254-255   2010年
濱崎 景子, 長町 三生, 石原 茂和, 瓜阪 陽輔, 岩村 憲樹, 濱村 徳久
日本人間工学会大会講演集   46(0) 452-453   2010年
濱崎 景子, 長町 三生, 石原 茂和, 瓜阪 陽輔, 大前 優, 岩村 憲樹, 柳浦 友彰, 濱村 徳久
日本人間工学会大会講演集   45(0) 316-317   2009年
長町 三生, 石原 茂和, 中村 政行, 森嶋 淳
日本人間工学会大会講演集   45(0) 214-215   2009年

書籍等出版物

 
徳岡 正肇 (担当:分担執筆)
SBクリエイティブ   2015年2月   ISBN:4797380055
石原 茂和 (担当:共著, 範囲:Chapter 3, Psychological Methods of Kansei Engineering, Chapter 5 Statistical Analysis for Kansei/Affective Engineering)
CRC Press   2011年1月   ISBN:9781439821336
A guided tour through the each stages of process, Kansei/Affective Engineering explores how to apply Kansei/Affective Engineering. It describes the psychological survey and psycho-physiological measurement of consumer feelings and the multivariate...
Affective meaning: The Kansei Enginnering approach (in) Product Experience
Simon Schütte, Jörgen Eklund, Shigekazu Ishihara, Mitsuo Nagamachi (担当:分担執筆)
Elsevier Science   2007年12月   ISBN:008045089X
Product Experience brings together research that investigates how people experience products: durable, non-durable, or virtual. In contrast to other books, the present book takes a very broad, possibly all-inclusive perspective, on how people expe...
日本出版サービス   2006年3月   ISBN:4889221166
石原 茂和, 松原 行宏, 神田 太樹, 井上 勝雄, 西野 達夫, 土屋 敏夫 (担当:共著)
海文堂出版   2005年5月   ISBN:4303723916
守 一雄, 都築 誉史, 楠見 孝 (担当:分担執筆)
北大路書房   2001年7月   ISBN:4762822191
Visual Processing (in) Industrial and occupational ergonomics: user's encyclopedia
石原 茂和 (担当:共著)
International Journal of Industrial Engineering   1999年2月   
Neural Network Simulation of QC circle Activities (in) The Dynamics of Japanese Organizations,
石原 茂和 (担当:分担執筆)
Routledge   1996年3月   ISBN:9780415869584
This book assessess the organizational flexibility and pragmatism of Japanese management styles and contrasts this with Western management approaches which focus more closely on patterns of stability. Issues in change and organizational renewal ar...

講演・口頭発表等

 
石原 恵子, 石原 茂和
日本人間工学会誌   2018年   
2年目の"IPE CAMP"の成果分析 IPE教育の意義質問紙とまとめポスター
石原 茂和, 清水 希功, 清水 壽一郎, 田中 秀樹, 村上 照夫, 焼廣 益秀
保健医療福祉連携   2016年3月   
2年目の"IPE CAMP"の成果分析 IPE/IPW質問票の主成分分析
石原 茂和, 清水 希功, 清水 壽一郎, 笛吹 修治, 田中 秀樹, 村上 照夫, 焼廣 益秀
保健医療福祉連携   2016年3月   
片山 彰, 石原 恵子, 石原 茂和, 岩城 達也, 森永 浩介, 坊岡 正之
人間工学   2016年   
門脇 章人, 小川 和徳, 石原 恵子, 石原 茂和
人間工学   2015年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
ヘアトリートメント容器の感性工学による開発
1999年
バスルーム色彩の感性工学による研究
1998年

競争的資金等の研究課題

 
ニューラルネットワークを用いた人間の感性の構造の解析
科学研究費補助金
研究期間: 1992年 - 2005年
ニューラルネットワークを用いた社会集団の自己組織化プロセスのモデル
研究期間: 1992年 - 2005年
高齢者の視覚と環境の安全対策
科学研究費補助金
研究期間: 1992年 - 2005年
感性工学の製品開発への応用

特許

 
特開2010-246598 : 車椅子用クッション材及び車椅子のクッション
中村 政行,田中 孝司,森島 淳,藤本 麻由,石丸 園子,松井 まり子,長町 三生,石原 茂和,小林 清,小西 末男,小田 兼久

社会貢献活動

 
株式会社カジオカLAと呉市観光コース案内ソフトの開発
【助言・指導】  2014年10月1日 - 現在
(株)ハッピーおがわとの福祉機器開発,商品化
【助言・指導】  (株)ハッピーおがわ  2006年4月1日 - 2016年3月1日
GLABと姿勢矯正効果測定装置を開発,委託研究
【助言・指導】  2013年10月1日 - 2014年3月15日
(株)オムロンスイッチデバイセズと車載機器用スイッチの感性人間工学研究
【助言・指導】  2012年4月1日 - 2014年3月15日
(株)SHARPとスマートフォン形状の感性人間工学研究
【助言・指導】  2012年10月1日 - 2013年3月15日
三洋電機・海外市場向けデュアルデジタルカメラXacti VPC-FH1操作性の評価,改善,商品化
【助言・指導】  2007年11月1日 - 2008年12月20日
(株)さんこう計画・禅クッションによる姿勢改善効果の測定
【助言・指導】  2008年3月15日 - 2008年10月31日
三洋電機・海外市場向けPND(携帯型カーナビ)NVM-4370の操作性評価,改善,商品化
【助言・指導】  2007年4月1日 - 2007年9月30日
三洋電機(株)・全自動洗濯機AQUA AWD-3000操作パネルのユーザビリティ改善,商品化
【助言・指導】  三洋電機(株)  2006年4月1日 - 2007年1月31日