大本 泉

J-GLOBALへ         更新日: 05/02/10 00:00
 
アバター
研究者氏名
大本 泉
 
オオモト イズミ
所属
仙台白百合女子大学
部署
人間学部 国際教養学科
職名
助教授
学位
文学修士(日本女子大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年
日本女子大学 文学研究科 日本文学
 
 
 - 
1982年
跡見学園女子大学 文学部 国文
 

委員歴

 
1986年
 - 
1988年
日本近代文学会  運営委員
 

受賞

 
1986年
日本女子大学成瀬賞
 

Misc

 
正宗白鳥『地獄』の諸相-その交錯した内面劇-
日本近代文学   46,13    1992年
正宗白鳥の方法-『徒労』を視点として-
目白近代文学   7,17    1987年
正宗白鳥の翻案児童文学-処女出版『ふしぎの魚』の紹介-
国文目白   31,15    1994年
正宗白鳥『入江のほとり』小論
日白近代文学   10,6    1990年
「今年の秋」〈正宗白鳥〉
国文学解釈と鑑賞   54(4) 5   1989年

書籍等出版物

 
正宗白鳥『塵埃』論-給与生活者の悲哀
『近代の文学』所収 河出書房新社   1993年   
「苦悩の年鑑」「女類」「男女同権」「フォスフォレッセンス」「ろまん燈篭」
『太宰治全作品研究事典』(共著)   1995年   
文芸思潮の様相
東京堂出版 『日本の文学とことば』所収   1998年   
富岡多恵子
女性文学を学ぶ人のために   2000年   
現代文学と枕草子
枕草子大事典   2001年   

Works

 
正宗白鳥『地嶽』の諸相
1982年 - 1991年
正宗白鳥『泥人形』の世界
1989年 - 1990年
作家白鳥の内的危機意識-明治四十年代『妖怪画』の周辺-
1981年 - 1987年
正宗白鳥「妖怪画」
1985年 - 1986年
正宗白鳥「何処へ」
1985年 - 1986年

競争的資金等の研究課題

 
正宗白鳥の文学に関する研究
研究期間: 1982年