寺内 正典

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:39
 
アバター
研究者氏名
寺内 正典
 
テラウチ マサノリ
eメール
terauchihosei.ac.jp
所属
法政大学
部署
経済学部経済学科
職名
教授
学位
修士(文学)
科研費研究者番号
20227507

研究分野

 
 

経歴

 
1980年4月
 - 
1988年3月
東京都立志村高等学校教諭
 
1988年4月
 - 
1990年3月
東京都立城北高等学校教諭
 
1990年4月
 - 
1993年3月
東京都立航空工業高等専門学校 専任講師
 
1992年4月
 - 
1993年3月
芝浦工業大学 非常勤講師
 
1992年4月
 - 
1995年3月
共立女子短期大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
法政大学 人文科学研究科 英文学(応用言語学)
 
2000年4月
 - 
2006年3月
明海大学 応用言語学研究科 第二言語習得
 
 
 - 
1980年
法政大学 文学部 英文学
 

委員歴

 
1999年3月
   
 
大学英語教育学会(JACET)  大学教育実態調査委員会 副委員長・研究紀要論文審査委員・研究企画委員
 
1998年4月
 - 
1999年8月
国際応用言語学会(AILA)  研究発表審査委員・総務委員
 
1993年4月
   
 
英語教育協議会・同友会(ELEC)  常任理事・リーディング研究部長・研究紀要論文査読委員・編集委員長
 
1993年4月
   
 
法政大学英文学会  評議員
 
1993年4月
 - 
2000年3月
大学英語教育学会(JACET)  研究企画委員・SLA研究会副代表
 

Misc

 
口頭発表:「メタ認知ストラテジ―の仕様に関する調査結果と読解指導への示唆」
第6回ELEC英語教育研究大会      2000年11月
日本人外国語学習者を被験者として、そのメタ認知ストラテジーの使用の実態を調査し、その調査結果をふまえて、読解指導への示唆を提案した。
メタ認知ストラテジーの使用に関する調査結果と読解指導への示唆
「第5回ELEC教育研究大会・大会要項」 ELEC同友会      2000年11月
読解に関するメタ認知ストラテジーの使用の実態を日本人外国語学習者を被験者として調査し、ストラテジー使用を意識している被験者がそうではない被験者と比べて読解における習熟度が高いことを実証した。 19~28頁
口頭発表:「読みを深化・発展させる効果的な発問」
2000年度ELECサマーワークショップ      2000年8月
読解における発問の型を分析し、post-reading activityにおける、読み取った情報を深化・発展させる発問の方法について提案した。
口頭発表:「Interactive processingに基づくリーディング指導」
ELEC英語教育協議会・2000年度夏期英語教育研修会      2000年8月
Interactive processingのプロセスを重視した構文解析の自動化・自動処理の方略を取り入れたリーディング指導の在り方について考察した。
口頭発表:「文法形式に焦点をあてた英文法指導」
ELEC英語教育協議会・2000年度春期英語教育研修会      2000年3月
英文法の形式(grammatical forms)に焦点をあてた英文法指導の諸問題について検討を加え、定着に役立つgarden-path techniqueなどの具体的な応用の可能性について考察した。

書籍等出版物

 
英語教育学の実証的研究法入門  
中谷安男他 (担当:共著)
研究社   2012年8月   
第二言語習得研究の現在ーこれからの外国語教育への視点
小池生夫、木下耕児、成田真澄 (担当:編者)
大修館書店   2004年12月   
INTERACTIONS READ AND EXPRESS YOURSELF
三修社   2000年11月   
読解に関するスキーマ、ストラテジー、スキルなどを効率的に習得できるように配慮して編集し、さらに読み取った内容や情報を踏まえて学習者が主体的に自分の意見を述べることができることを目指した、リーディングにおけるコミュニケーションを重視した大学用教科書である。 編集代表
『SLAと外国語教育―文献紹介』
リーベル出版   2000年11月   
第2言語習得(SLA)と外国語教育に関する基本文献ならびに学術論文の概要と批評・評価をこの分野の下位分野毎に各10~12編ずつ収録したものである。13~14、17~19、118~126頁を担当した。 共編著 編集委員
『NHK TVアンコール3ヶ月英会話 おしゃべりEメール・インターネット英語活用法』7月号、8月号、9月号
NHK出版   2000年7月   
上記27の3冊のテキストを基に、内容を精選し、1冊にまとめ、各テキスト間の関係を密接にし、段階的に学習者が取り組んでいけるように再構成した。アンコール版NHK3ヶ月英会話用テキストである。(準拠したCDもついている。)