八瀬 善郎

J-GLOBALへ         更新日: 11/02/01 00:00
 
アバター
研究者氏名
八瀬 善郎
 
ヤセ ヨシロウ
所属
関西医療大学
職名
名誉学長
学位
医学博士(和歌山県立医科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1954年
 - 
1964年
和歌山県立医科大学 助手
 
1964年
 - 
1965年
米国国立神経病研究所 客員研究員
 
1965年
 - 
1971年
和歌山県立医科大学 助教授
 
1971年
 - 
1978年
和歌山県立医科大学 教授
 
1993年
 - 
2003年
関西鍼灸短期大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1952年
京都府立医科大学 医学部 
 

委員歴

 
1971年
 - 
1993年
日本神経学会  評議員
 
1992年
 - 
1999年
日本東洋医学会  評議員、顧問
 
1990年
   
 
日本微量元素学会  評議員
 
1986年
   
 
国際神経学会(International Society of Neurology)  理事
 
1992年
   
 
日本和漢医薬学会  評議員
 

受賞

 
1984年
Congressional Record
 

Misc

 
筋萎縮性側索硬化症-精神分裂症様徴候とアルツハイマー原線維変化の出現との関連-(共著)
神経学雑誌   27,118-128    1972年
筋萎縮性側索硬化症の病因
ランセット   2(7772) 292-296   1972年
紀伊半島における筋萎縮性側索硬化症の疫学的研究
神経研究の進歩   17(1) 30-33   1973年
筋萎縮性側索硬化症-中枢神経組織における二価金属の相互作用と軟部組織の石灰化-(共著)
日本学術会議会報   50(5-6) 401-406   1974年
カルシウムの相互作用に伴う中枢神経変性におけるアルミニウムの役割
神経中毒学   1,101-109    1980年

書籍等出版物

 
日本における筋萎縮性側索硬化症(共著)
臨床神経学   1975年   
紀伊半島における筋萎縮性側索硬化症とパーキンソン痴呆について-グアムにおける類似疾患とアルツハイマー病の比較-(共著)
臨床神経学全集・運動系疾患   1991年   
精神神経疾患 (共著)
ミネラルの事典   2003年   
筋萎縮性側索硬化症の長期生存例
ほんとうに困った症例集   2003年   
神経変性疾患と鍼灸
長寿科学事典   2003年   

Works

 
スモン患者に使用する漢方薬の基礎的臨床的研究-黄耆桂枝五物湯加紅参の血管内皮細胞に及ぼす影響
1990年 - 1992年
SMON患者における漢方長期投与例の増悪・改善因子(1)
1990年 - 1992年
紀伊半島多発地区ALSの神経病理学的検討とAlの分析について
1970年 - 1993年
運動ニューロン疾患(末梢神経麻痺の評価各論)
1990年 - 1992年
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の最近の経過と予後
1980年 - 1992年

競争的資金等の研究課題

 
運動ニューロン疾患の成因に関する研究
国際共同研究
研究期間: 1961年   
SMONの東洋医学的治療に関する研究
共同研究
研究期間: 1972年   
高齢者における鍼灸の中枢神経への影響について
共同研究
研究期間: 1993年 - 1998年
これからの大学教育のあり方
その他の研究制度
研究期間: 2002年   
鍼灸治療と時代の流れ
その他の研究制度
研究期間: 2000年