MISC

2010年9月21日

ウェーブレット変換を用いたシャント音の特徴づけと自己組織化マップによる分類

電子情報通信学会 MBE研究会
  • 矢巻透
  • ,
  • 加藤初弘
  • ,
  • 鈴木裕
  • ,
  • 深澤瑞也
  • ,
  • 阪田治
  • ,
  • 服部遊
  • ,
  • 加藤達也

110
211
開始ページ
1
終了ページ
6
記述言語
日本語
掲載種別
記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
出版者・発行元
電子情報通信学会

腎不全患者のシャントでは血管が狭窄を起こすという問題があり,定期的に拡張手術を行う必要がある.しかし,狭窄を早期に発見できないと拡張手術の成功率が低下する.現在,狭窄状態の最も一般的な検査方法はシャントから発生する血流音(シャント音)を聴診することである..本研究では,シャント音をウェーブレット変換で特徴づけ自己組織化マップによって分類する

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008107019

エクスポート
BibTeX RIS