民秋 実

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/30 09:23
 
アバター
研究者氏名
民秋 実
 
タミアキ ミノル
所属
鈴鹿工業高等専門学校
部署
機械工学科
職名
教授
学位
博士(工学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 教授
 
2003年4月
 - 
2015年3月
鈴鹿工業高等専門学校 准教授
 
1993年4月
 - 
2003年3月
鈴鹿工業高等専門学校 講師
 

学歴

 
 
 - 
1993年
大阪府立大学 工学研究科 機械工学
 
 
 - 
1988年
同志社大学 工学部 機械工学
 

委員歴

 
1993年
   
 
~ 機械力学に関する研究に従事
 

論文

 
平面二軸荷負荷を受ける有孔GFRP平板の円孔周りの繊維状態が強度特性に及ぼす影響
民秋 実, 伊藤 豪
鈴鹿工業高等専門学校 紀要   50 21-26   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
二軸引張下におけるGFRP材料の繊維密度が強度特性に与える影響
今村啓吾,民秋 実
日本機械学会東海支部第 67 期総会・講演会講演論文集   183(1) 718   2018年3月
民秋 実, 藤井 透, 大窪 和也
材料   64(9) 739-744   2015年1月   [査読有り]
Carbon fiber reinforced plastics (CFRP) are widely used as structural components and are regarded as the major candidates for reducing the structural weight. Especially, application of CFRP to the cryogenic liquid fuel tanks is one of the most yea...
民秋実, 伊藤豪
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.J0410505   2015年9月
民秋実, 田中龍馬
日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.J0410404   2015年9月
民秋 実, 藤井 透, 大窪 和也, 伊藤 慎人
鈴鹿工業高等専門学校 紀要   46 17-22   2013年2月   [査読有り]
環境に優しい天然繊維強化複合材料として,強化繊維に竹繊維を,母材にポリプロピレン樹脂を使用した竹繊維強化複合材料を,射出成形により製作するためのペレットの製作方法として,ポリプロピレン不織布に竹繊維を巻き込み,二軸混練押出機を使用する方法を考案した.そして竹繊維の含有率が,衝撃強度,引張り強度,疲労寿命に及ぼす影響を調べた.その結果,竹繊維の含有率をポリプロピレン樹脂との重量比で60%にした場合,竹繊維とポリプロピレン樹脂との界面接着性が最も良くなり,いずれの強度特性も向上することがわかった.
民秋 実
論文集「高専教育」 : kosen kyoiku   (37) 535-539   2014年3月   [査読有り]
This paper reports on the outline of the approach which used the football teaching method for homeroom activities.The purpose of this approach is to improve communication in the classroom. At first, I examine the lifestyle of studentsusing a quest...
民秋 実, 高野 典子
鈴鹿工業高等専門学校紀要   48 33-38   2015年2月   [査読有り]
末次 正寛, 垰 克己, 民秋 実, 谷川 義之, 大西 敬紀
鈴鹿工業高等専門学校紀要   48 17-24   2015年2月   [査読有り]
末次 正寛, 民秋 実, 谷川 義之, 関野 晃一
鈴鹿工業高等専門学校紀要   48 25-32   2015年2月   [査読有り]
寺田祐基, 打田正樹, 民秋実, 森田良文
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.1P1-E02   2012年5月
紀平 裕太, 民秋 実
東海支部総会講演会講演論文集   2012(61) "426-1"-"426-2"   2012年3月
川邊利紀, 民秋実
日本高専学会年会講演会講演論文集   17th 141-142   2011年8月
民秋実, 高野典子
日本機械学会九州支部講演会講演論文集   2011 71-72   2011年9月
渥美亮一, 民秋実
日本機械学会東海支部総会講演会講演論文集   60th(CD-ROM) ROMBUNNO.853   2011年3月
高野典子, 民秋実
日本機械学会東海支部総会講演会講演論文集   59th 347-348   2010年3月
森圭太郎, 民秋実
日本機械学会東海支部総会講演会講演論文集   58th 9-10   2009年3月
伊藤慎人, 民秋実
日本材料学会東海支部学術講演会講演論文集   2nd 13-14   2008年
民秋実
日本材料学会学術講演会講演論文集   56th 275-276   2007年5月
要 信吾, 民秋 実
東海支部総会講演会講演論文集   2007(56) 173-174   2007年3月
伊藤 慎人, 民秋 実
東海支部総会講演会講演論文集   2007(56) 171-172   2007年3月

担当経験のある科目

 
 

Works

 
複合材料の多軸応力下での疲労破壊

競争的資金等の研究課題

 
支持方法の異なるアルミニウム平板の各種振動解析
その他の研究制度
研究期間: 1993年   
GERP平板の二軸荷重下における振動解析
その他の研究制度
研究期間: 1993年   
熱応力を受ける水平圧力容器の解析と設計
その他の研究制度
研究期間: 2000年   
GFRPサンドイッチパネルの隆起現象の原因解明
その他の研究制度
研究期間: 2001年   
竹繊維強化複合材料の強度特性
その他の研究制度
研究期間: 2002年   
竹繊維を強化材とした複合材料を製作し、その強度特性について研究する。