野坂 通子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/11 11:52
 
アバター
研究者氏名
野坂 通子
 
ノサカ ミチコ
所属
佐世保工業高等専門学校
部署
物質工学科 物質工学科
職名
准教授
学位
理学博士(九州大学), 薬学修士(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1991年
九州大学 理学研究科 数理生物学
 
 
 - 
1982年
九州大学 薬学研究科 薬品物理化学
 
 
 - 
1980年
九州大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
1985年
 - 
1986年
日本生物物理学会  学会委員
 
1985年
 - 
1986年
: 日本生物物理学会 学会委員
 

論文

 
Enzymatic reaction sites on a plane formed with four exon-junctions
野坂 通子、サティワン ブディ、砂場ー光増 俊哉 
Journal of Theoretical Biology   457 51-56   2018年8月   [査読有り]
Planes formed with four intron-positions in tertiary structures of retinol binding protein and calpaine Domain VI  
野坂 通子、砂場 俊哉 
J. Theoretical Biol.,340 (2014) pp.139~145      2014年1月   [査読有り]
Geometrical correspond- dence identified and a new interaction unit suggested in striated muscle
野坂 通子
J. Theoretical Biol.,238(2006) pp.464~473      2006年1月   [査読有り]
Centripetal Modules and Ancient Introns  
野坂 通子
GENE vol. 238 pp.85~91      1999年11月   [査読有り]
Ancient divergence of long and short isoforms of adenylate kinase: molecularevolution of the nucleoside mono-phosphate kinase family   
野坂 通子
FEBS Letters Vol.385 pp.214~220      1996年5月   [査読有り]

Misc

 
骨格筋フィラメントの周期構造間の一致が予測する物性とその検証
野坂 通子
第30回生物物理学会年会   34    1992年10月
タンパク質モジュールの境界とイントロン位置の対応の評価:イントロンの欠失について
日本生物物理学会年会予稿集   35 S85   1995年
タンパク質モジュール構造の特性研究の為のシステム構築
佐世保工業高等専門学校研究報告   (37) 33-53   2000年
Michiko Nosaka
J. Theor. Biol.   238(2) 464-473   2006年
Scott W. Roy, Michiko Nosaka, Sandro J. DeSouza, Walter Gilbert
Gene   238(1) 85-91   1999年

書籍等出版物

 
Assorted Modules in Protein Architecture
野坂 通子 (担当:共著)
Progress in Clinical and Biological Research,Vol.289  全512頁   1989年4月   
Protein Architecture and Origin of Introns
野坂 通子 (担当:共著)
Cold Spring Harbor Symposia on Quantitative Biology Evolution of Catalytic Functions Vol.52(1987)  全941頁   1987年7月   
Modules as Building Units in Contemporary Proteins and Prebiological Evolution
野坂 通子 (担当:共著)
Primitive Engyme and Primitive Gene,Origin of Genetic Code    全38頁   1987年5月   

講演・口頭発表等

 
4つのイントロン位置で形成される平面上の酵素反応サイト
野坂 通子
日本生物物理学会年会   2018年9月16日   

Works

 
横紋筋フィラメントの分子集含周期間にみられる一致は、滑り運動の単位を示唆している
1992年 - 1991年
タンパク質のモンジュール周定法の自動化
1989年
アデニル酸キナーゼのモジュール構造と進化
1988年
生物物理若手の会-夏の学校のオーガニゼーション(テーマ:進化)
1986年
NAD結合ドメインのモジュール構造と進化
1992年 - 1991年

競争的資金等の研究課題

 
タンパク質の立体構造と生物的機能の関係
研究期間: 1987年   
筋肉の収縮メカニズム
研究期間: 1993年   
水の浄化プロセス