岡田 泰伸

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/19 15:47
 
アバター
研究者氏名
岡田 泰伸
 
オカダ ヤスノブ
所属
生理学研究所
職名
名誉教授
学位
博士(医学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
1978年
   
 
日本生理学会  評議員
 
1982年
 - 
1983年
日本生物物理学会  和文学会誌編集委員
 
1988年
 - 
1991年
日本細胞生物学会  評議員
 
1989年
 - 
1995年
日本膜学会  評議員
 
1989年
   
 
日本膜学会  和文学会誌編集委員
 
1991年
   
 
日本生理学会  英文学会誌編集委員
 
1994年
 - 
2000年
米国生理学会(American Physiological Society)  英文学会総説誌編集委員
 
1996年
   
 
日本細胞生物学会  英文学会誌編集委員
 
1996年
   
 
日本膜学会  理事
 
1999年
   
 
日本生理学会  常任幹事
 
2006年
 - 
2011年
アジア・オセアニア生理科学連合FAOPS  会長
 
2006年
 - 
2012年
日本生理学会  会長
 

受賞

 
2001年
日本生理学会・平成12年度入澤記念優秀論文賞
 
1998年
細胞と分子生理の集い・上皮膜研究グループ 平成10年度JJP優秀論文賞
 

論文

 
T. Shimizu, T. Iehara, K. Sato, T. Fujii, H. Sakai & Y. Okada
Am. J. Physiol. Cell Physiol.   304 C748-C759   2013年   [査読有り]
R.Z. Sabirov, R.S. Kurbannazarova, N.R. Melanova & Y. Okada
PLoS One   8(1) e55646   2013年   [査読有り]
Apoptotic volume decrease (AVD) is independent of mitochondrial dysfunction and initiator caspase activation.
E. Maeno, T. Tsubata & Y. Okada
Cells   1 1156-1167   2012年   [査読有り]
Y. Hasegawa, T. Shimizu, N. Takahashi & Y. Okada
Int. J. Mol. Sci.   13 9363-9379   2012年   [査読有り]
M. R. Islam, H. Uramoto, T. Okada, R.Z. Sabirov & Y. Okada
Am. J. Physiol. Cell Physiol.   303 C924-C935   2012年   [査読有り]
K. Dezaki, E. Maeno, K. Sato, T. Akita & Y. Okada
Apoptosis   17 821-831   2012年   [査読有り]
Y. Ando-Akatsuka, T. Shimizu, T. Numata & Y. Okada
J Cell Physiol   227 3498-3510   2012年   [査読有り]
T. Numata, K. Sato, J. Christmann, R. Marx, Y. Mori, Y. Okada & F. Wehner
J Physiol (London)   590 1121-1138   2012年   [査読有り]
R.S. Kurbannazarova, S.V. Bessonova, Y. Okada & R.Z. Sabirov
Int. J. Mol. Sci.   12 9125-9137   2011年   [査読有り]
O.V. Krasilnikov, R.Z. Sabirov & Y. Okada
J. Physiol. Sci.   61(4) 267-278   2011年   [査読有り]
Am. J. Physiol. Cell Physiol.   298 C900-C909   2010年   [査読有り]
SUBRAMANYAM Muthangi, TAKAHASHI Nobuyuki, HASEGAWA Yuichi, MOHRI Tatsuma, OKADA Yasunobu
J. Biol. Chem.   285(9) 6109-6117   2010年   [査読有り]
JAMES Andrew F., JAMES Andrew F., SABIROV Razshan Z., SABIROV Razshan Z., OKADA Yasunobu
Biochem. Biophys. Res. Commun.   391(1) 841-845   2010年   [査読有り]
Am. J. Physiol. Cell Physiol.   297 C990-C1000   2009年   [査読有り]
Volume-sensitive Cl- channel as a regulator of acquired cisplatin resistance.
Anticancer Res.   28 75-84   2008年
NUMATA Tomohiro, OKADA Yasunobu
J. Biol. Chem.   283(22) 15097-15103   2008年
Am. J. Physiol. Cell Physiol.   294 C1398 - C1406   2008年
NUMATA Tomohiro, SATO Kaori, OKADA Yasunobu, WEHNER Frank
Apoptosis   13(7) 895-903   2008年
Cell. Physiol. Biochem.   19 1-8   2007年
LEE Elbert L., SHIMIZU Takahiro, ISE Tomoko, NUMATA Tomohiro, KOHNO Kimitoshi, OKADA Yasunobu
J. Cell. Physiol.   211(2) 513-521   2007年
J. Physiol. Sci.   57(4) 249-252   2007年
ZAMARAEVA Maria V., ZAMARAEVA Maria V., SABIROV Ravshan Z., SABIROV Ravshan Z., MANABE Ken−ichi, OKADA Yasunobu
Biochem. Biophys. Res. Commun.   363(3) 687-693   2007年
Prerequisite role of persistent cell shrinkage in apoptosis of human epithelial cells
Acta Physiologica Sinica   59 512-526   2007年
SABIROV Ravshan Z., SHEIKO Tatiana, LIU Hongtao, DENG Defeng, OKADA Yasunobu, CRAIGEN William J.
J. Biol. Chem.   281(4) 1897-1904   2006年
MAENO Emi, TAKAHASHI Nobuyuki, OKADA Yasunobu
FEBS Lett.   580(27) 6513-6517   2006年
TANABE S, WANG X, TAKAHASHI N, URAMOTO H, OKADA Y
FEBS Lett.   579(2) 517-522   2005年
Anion channel involved in induction of apoptosis and necrosis.
Adv. Exp. Med. Biol.   559 205-209   2004年
Pflügers Arch. Eur. J. Physiol.   448 287-295   2004年
Expression of novel isoforms of the ClC-1 chloride channel in astrocytic glial cells in vitro.
Glia   47 46-57   2004年
SHIMIZU T, NUMATA T, OKADA Y
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   101(17) 6770-6773   2004年
TERNOVSKY V I, OKADA Y, SABIROV R Z
FEBS Lett.   576(3) 433-436   2004年
Detecting ATP release by a biosensor method.
Science’s STKE   2004-258: (p1-14) 1-12   2004年
IK channels are involved in the regulatory volume decrease in human epithelial cells.
Am. J. Physiol.   284 C77-C84   2003年
BELL P D, LAPOINTE J‐Y, SABIROV R, HAYASHI S, PETI‐PETERDI J, MANABE K, KOVACS G, OKADA Y
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   100(7) 4322-4327   2003年
Calcium-activated non-selective cation channel in macula densa cells.
Am. J. Physiol.   285 F275-F280   2003年
WEHNER F, SHIMIZU T, SABIROV R, OKADA Y
FEBS Lett.   551(1/3) 20-24   2003年
Evaluation of neuronal cell death after a new global ischemia model in infant mice.
Acta Neurochir. Suppl.   86 97-100   2003年
Two-photon excitation fluorescence imaging of the living juxtaglomerular apparatus.
Am. J. Physiol.   283 F197-F201   2002年
Pflügers Arch. Eur. J. Physiol.   444 327-334   2002年
Comp. Biochem. Physiol. Part A.   130 377-383   2001年
FAN H‐T, MORISHIMA S, KIDA H, OKADA Y
Br. J. Pharmacol.   133(7) 1096-1106   2001年
Swelling-activated, cystic fibrosis transmembrane conductance regulator-augmented ATP release and Cl- conductances in C127 cells.
J. Physiol. (London)   523 1-11   2000年
MAENO E, ISHIZAKI Y, KANASEKI T, HAZAMA A, OKADA Y
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   97(17) 9487-9492   2000年
Ca2+-sensing receptor-mediated regulation of volume-sensitive Cl- channels in human epithelial cells.
J. Physiol. (London)   528 457-472   2000年
ヒト上皮細胞からの細胞膨張依存性、CFTR非依存性ATP放出。容積成受性Clチャネルとの相関性の欠如。
一般生理学雑誌   114 525   1999年
肝線維化に伴う肝星細胞におけるナトリウム・カルシウム交換トランスポータの発現
米国科学アカデミー紀要   95 S389   1998年
細胞容積感受性クロライドチャネルのグリベンクラミドによる抑制は二重のメカニズムで起こる
米国生理学雑誌   275 C343   1998年
CFTR発現の証拠なしにもかかわらずモルモット小腸パネト細胞でサイクリックAMP依存性Cl-電流が活性化する。
生理学雑誌   512 765   1998年
新バイオセンサーによる単一膵β細胞からのATP放出の細胞外表面測定
プリューゲル紀要   437 31   1998年
モルモット心室筋細胞及びCFTR導入マウス線維芽細胞におけるgenisteinのチロシンキナーゼ非依存性・細胞外作用
日本生理学雑誌   48 389   1998年
容積感受性・外向整流性Cl-チャネル:その分子実体と容積センサー
米国生理学雑誌   (273) C755   1997年
心筋サイクリックAMP依存性クロライドチャネルのCl-チャネルブロッカー9ACによるフォスファターゼを介する亢進
循環器研究   81 219   1997年
容積感受性Cl-チャネルの細胞外ヌクレオチド感受性
米国生理学雑誌   271 C1872   1996年
サイクリックAMP依存性クロライドチャネルのグリベンクラミドによる抑制
循環器研究   77 417   1995年

書籍等出版物

 
ギャノング 生理学”(原書23版)
岡田泰伸(監訳者)
丸善   2011年   
最新パッチクランプ実験技術法
岡田泰伸(編)
吉岡書店   2011年   
The puzzles of volume-activated anion channels. In, “Physiology and Pathology of Chloride Transporters and Channels in the Nervous System. From Molecules to Diseases” (eds. F.J. Alvarez-Leefmans & E. Delpire) pp 283-306
Elsevier, San Diego   2009年   
第一章 細胞の一般生理.“標準生理学”(第7版)(小澤瀞司、福田康一郎 総編集)pp10-46
医学書院   2009年   
ギャノング 生理学(原書22版)(訳者代表)
丸善   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
神経細胞酸毒性死防御にむけた酸感受性アニオンチャネルの温度感受性解明と分子同定
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 岡田 泰伸
視索上核低浸透圧センサー同定によるバソプレッシン分泌抑制メカニズムの解明
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 岡田 泰伸
容積賦活性アニオンチャネルの分子同定と細胞生死スイッチメカニズムの解明
研究期間: 2009年 - 2012年
容積センサーアニオンチャネルとメカノセンサーカチオンチャネルの動作変換と相互連関
研究期間: 2006年 - 2010年
消化管上皮細胞の吸収・分泌機構とイオンチャネル
消化管上皮輸送
アポトーシスとネクローシスのイオン機構
細胞容積調節機構とイオンチャネル