芝 清隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/18 16:21
 
アバター
研究者氏名
芝 清隆
 
シバ キヨタカ
URL
http://molcraft.org
所属
公益財団法人がん研究会
部署
がん研究所蛋白創製研究部
職名
部長

研究分野

 
 

経歴

 
2013年9月
 - 
現在
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 連携教授
 
2010年4月
 - 
現在
東京歯科大学 客員教授
 
1986年
 - 
1987年
国立放送教育開発センター 講師
 
1987年
 - 
1989年
東京大学理学部生物化学教室 助手
 
1989年
 - 
1991年
マサチューセッツ工科大学生物学部 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
1986年
京都大学 理学研究科 生物物理
 
 
 - 
1981年
京都大学 理学部 生物物理
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
日本細胞外小胞学会  監事
 
2017年11月
 - 
2020年11月
日本生化学会  代議員
 
2004年
 - 
2006年
日本生化学会  JB編集委員
 
1995年
 - 
1996年
日本生物物理学会  生物物理編集委員
 

受賞

 
2002年
東京テクノ・フォーラム21「ゴールドメダル賞」
 
2002年
武田研究奨励賞優秀賞
 
2006年
癌研究会学術賞
 

論文

 
Suzuki Y, Kobayashi K, Wakisaka Y, Deng D, Tanaka S, Huang CJ, Lei C, Sun CW, Liu H, Fujiwaki Y, Lee S, Isozaki A, Kasai Y, Hayakawa T, Sakuma S, Arai F, Koizumi K, Tezuka H, Inaba M, Hiraki K, Ito T, Hase M, Matsusaka S, Shiba K, Suga K, Nishikawa M, Jona M, Yatomi Y, Yalikun Y, Tanaka Y, Sugimura T, Nitta N, Goda K, Ozeki Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116(32) 15842-15848   2019年8月   [査読有り]
Matsumura S, Minamisawa T, Suga K, Kishita H, Akagi T, Ichiki T, Ichikawa Y, Shiba K
Journal of extracellular vesicles   8(1) 1579541   2019年   [査読有り]
Kokubun K, Matsumura S, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
International Journal of Nanomedicine   13 1643-1652   2018年3月   [査読有り]
Nitta N, Sugimura T, Isozaki A, Mikami H, Hiraki K, Sakuma S, Iino T, Arai F, Endo T, Fujiwaki Y, Fukuzawa H, Hase M, Hayakawa T, Hiramatsu K, Hoshino Y, Inaba M, Ito T, Karakawa H, Kasai Y, Koizumi K, Lee S, Lei C, Li M, Maeno T, Matsusaka S, Murakami D, Nakagawa A, Oguchi Y, Oikawa M, Ota T, Shiba K, Shintaku H, Shirasaki Y, Suga K, Suzuki Y, Suzuki N, Tanaka Y, Tezuka H, Toyokawa C, Yalikun Y, Yamada M, Yamagishi M, Yamano T, Yasumoto A, Yatomi Y, Yazawa M, Di Carlo D, Hosokawa Y, Uemura S, Ozeki Y, Goda K
Cell   175(1) 266-276.e13   2018年9月   [査読有り]
Mitsutaka Yoshida, Kazuhiro Hibino, Satoshi Yamamoto, Sachiko Matsumura, Yasutomo Yajima, Kiyotaka Shiba
Biotechnology and Bioengineering   115(3) 536-544   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
芝清隆, 芝清隆, 吉成正雄, 矢島安朝, 矢島安朝
歯界展望   131(3) 580‐584   2018年3月
矢島安朝, 芝清隆, 片倉朗, 吉成正雄, 野村武史, 橋本貞充, 村松敬, 佐々木穂高
歯科学報   117(4) 290‐291   2017年8月
芝清隆
月刊PHARM STAGE   17(4) 37‐40   2017年7月
芝清隆
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.2AW06‐1 (WEB ONLY)   2017年
伊藤和希, 小川裕太, 横田圭司, 松村幸子, 南澤宝美后, 菅加奈子, 芝清隆, 木村康男, 平野愛弓, 荻野俊郎
真空に関する連合講演会講演予稿集   57th 75   2016年11月

書籍等出版物

 
イントロン・エクソン境界での酵素の二断片化
1995年   
ヒトアスパラギニルtRNA合成酵素:分子クローニングとAsx-tRNA合成酵素族の進化歴史の類推
核酵研究   1998年   
既存遺伝子資源に依存しない機能性遺伝子(人工遺伝子)の創出
技術予測シリーズ:21世紀に期待される技術〜その将来展望、日本ビジネスレポート   2000年   
無機マテリアルに働きかけるタンパク質  
ナノバイオテクノロジーの最前線(植田充美監修)、シーエムシー出版   2003年   
アミノアシルtRNA合成酵素の進化    
シュプリンガーレビュー「ゲノムからみた生物の多様性と進化」(五條堀孝 編)、シュップリンガー・フェアラーク東京   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
試験管内タンパク質創出系の開発
機能性人工タンパク質の創製
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2002年 - 2008年
直交バイオ界面を用いた細胞捕捉装置の開発
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2009年 - 2014年
悪性腫瘍の細胞外マーカーに対するペプチド・アプタマーを利用したマイクロ流路系の細胞捕捉装置の開発。
バイオとナノの融合による次世代ナノシステム
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2008年 - 2013年
人工・天然の生体高分子の特性を利用した新しいプロセス技術の開発。