KAISER Stefan

J-GLOBALへ         更新日: 10/05/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
KAISER Stefan
 
カイザー シユテフアン
所属
旧所属 筑波大学 人文社会科学研究科
職名
教授
学位
修士(東京大学大学院), 博士

研究分野

 
 

委員歴

 
1986年
 - 
1993年
英国日本研究学会(BAJS)  会員
 
1988年
 - 
1994年
ヨーロッパ日本研究会  日本語学・日本語教育学分科会召集者
 
1988年
 - 
1993年
英国日本語教育研修会  評議員
 
1998年
 - 
2001年
日本語教育学会  評議員,学会誌「日本語教育」編集委員
 
1993年
 - 
2001年
日本語教育方法研究会  評議員,会長
 

Misc

 
日本語学史におけるシーボルトの位置付け-関係資料からの追求-
日本語の研究   4(1)    2008年
日本語学の諸問題―文字の類型論と日本語の表記―
國學院雜誌   CVIII(十一) 13-27   2007年
Trends and Aims of Japanese Language Teaching in Japan in the Context of the Diminishing Importance of Japan’s Position in the World. Keynote Speech.
Bonn: Bier’sche VerlagsanstaltGenenz, Kay und Monika Unkel (Hg.) Referate des 12. Deutschsprachigen Japanologentages, Band III: Sprache, Sprachwissenschaft, Sprachlehrforschung.   1-17   2006年
Exercises in the Yokohama Dialectと横浜ダイアレクト
日本語の研究   1(1)    2005年
“Yokohama dialect, Yokohama kotoba and Kurumaya-eigo: the nature of the pidjin that developed in contact situations after the opening of the port of Yokohama”.
Libreria Editrice Cafoscarina, VeneziaThe Third Conference on Japanese Language and Japanese Language Teaching Proceedings of the Conference, Rome, 17-19th March, 2005.   275-289   2005年

書籍等出版物

 
第18章 Exercises in the Yokohama Dialectと外国語学習
藤原雅憲他編『大学における日本語教育の構築と展開 大坪一夫教授古希記念論文集』ひつじ書房   2007年   
諸外国の言語政策と日本の言語政策: 正書法改革における日独の事例
朝倉日本語講座1『世界の中の日本語』   2005年   
Language and script in Japan and other East Asian countries: Between insularity and technology.
Languages in a Globalizing World Languages in a Globalizing World Cambridge University PressLanguages in a Globalizing World   2003年   
ヨコハマ・ダイアレクト-幕末・明治期の接触場面で使われたことばをめぐって
二十一世紀的日本研究国際会議論文集 二十一世紀的日本研究国際会議論文集 二十一世紀的日本研究国際会議論文集   2001年   
Japanese : A Comprehensive Grammar.
London/New York : Routledge.   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
日本語学習者のためのオンライン辞書
研究期間: 2002年 - 2005年