田上 善夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/07 14:43
 
アバター
研究者氏名
田上 善夫
 
タガミ ヨシオ
eメール
tagamiems.u-toyama.ac.jp
URL
http://edcgeo.edu.u-toyama.ac.jp
所属
富山大学
部署
人間発達科学部
職名
名誉教授
学位
理学博士(東京都立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
富山大学 人間発達科学部 教授
 
1981年
 - 
1993年
東京都立大学理学部 助手
 
1993年
 - 
1997年
富山大学教育学部 助教授
 
1997年
 - 
2004年
富山大学教育学部 教授
 
2005年
 - 
2012年
富山大学人間発達科学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東京都立大学 理学研究科 地理学
 
 
 - 
1973年
東京都立大学 理学部 地理
 

委員歴

 
2006年
 - 
2007年
国土交通省北陸地方整備局 入札監視委員会委員
 
1995年
 - 
2008年
日本国際地図学会  評議員
 

論文

 
ニュージーランドにおけるブドウ栽培と環境保全
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   11(1) 183-207   2016年10月   [査読有り]
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   10(2) 205-219   2016年3月   [査読有り]
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   10(1) 161-173   2015年10月   [査読有り]
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   9(2) 97-116   2015年3月   [査読有り]
久米島における祭地とその由来
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   9(1) 199-220   2014年10月   [査読有り]
気候環境の変動と祭祀とのかかわり
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   8(2) 101-114   2014年3月   [査読有り]
気候災害・防災祈願と古代・中世の気候変動
田上 善夫
歴史地理学   55(5) 23-38   2013年12月   [査読有り]
風の祭祀と海の祭祀
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   8(1) 163-180   2013年10月   [査読有り]
田上善夫
富山大学人間発達科学部紀要   7(2) 173-188   2013年3月
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   7(1) 91-105   2012年
In this study, reconstruction of MCA (Medieval Climate Anomaly) through proxy data was tried to clarify its nature. At first, "prayers for rain" records were collected from "Rikkokushi", six national histories of the ancient Japan, and the climate...
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   6(2) 243-264   2012年
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   6(2) 149-163   2012年
In this study, the factors and processes were analyzed of the appearance of the strong winds in various parts of the Japanese Islands. The wind record of AMeDAS since its beginning was used as data. The top 1/1000 strongest winds in each observati...
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   6(1) 135-148   2011年
By the global warming, environment of Eastern Asia is changing greatly. In this study, an important air environment, a local circulation system, is analyzed. The day when the inner product between the wind vector of 15 o'clock and that of 03 o'clo...
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   5(2) 75-87   2011年
This study aimed to clarify the factors for the appearance of the unseasonable high temperature and the low temperature. First of all, the normal values of hourly data were calculated at Automated Meteorological Data Acquisition System. The abnorm...
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   4(2) 125-139   2010年
The distribution of regional wind and temperature in the Toyama plains was clarified in this study. The four days that recorded the remarkable high temperature in 2004 were chosen. The numerical model was applied, and the regional distribution and...
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   5(1) 169-194   2010年
本論では,風の祭祀にかんして,まず現在の実態を明らかにする。とくに風の祭祀の分布密度の高い,信越地方とその周辺を例として,特色のある民間行事をとりあげる。こうした風の祭祀について,とくに以下の3点から分析を加える。まず共通点の多い,信州とくに諏訪周辺の風の祭祀からの分析である。次に記紀に始まる古文献にみられる風の祭祀からの分析である。さらに風の三郎とかかわりの深い,全国に進出した諏訪信仰からの分析である。最後にこれらの分析に基づいて,風の祭祀にみられる風の観念について,検討を試みる。
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   5(1) 83-99   2010年
In this study, the large-scale temperature rise in the Japanese Islands was taken up. The daily values of AMeDAS in 2004 were used for data. Large-scale temperature rise was defined as the case when the deviation from the normal of the daily maxim...
田上善夫
富山大学人間発達科学部紀要   3(2) 89-103   2009年
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   4(1) 83-105   2009年
In this study, an attempt was made to clarify the influence of the climate variation on viniculture for the brewing in central Japan. First of all, some vineyards in central Japan were investigated. Next, as for the orchards in central part Japan,...
地方における霊山の配置とその影響
田上善夫
富山大学人間発達科学部紀要   2(2) 95-114   2008年
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   3(1) 103-120   2008年
In this research, the influence that Global warming has been exerting on viniculture in Europe was taken up.The field investigation and the statistical research were done, and the influence of the climate variation was analyzed. The results of thi...
田畑 弾・田上善夫
富山大学人間発達科学部紀要   2(1) 47-54   2007年
田上善夫・田畑 弾
富山大学人間発達科学部紀要   2(1) 73-86   2007年
中央日本における山岳信仰施設の開創と変容
田上善夫
富山大学人間発達科学部紀要   2(1) 55-72   2007年
風の祭祀からみた砺波平野周辺の不吹堂の特色について
田上善夫
砺波散村地域研究所研究紀要   24 24-35   2007年
田畑 弾・田上善夫
富山大学人間発達科学部紀要   1(2) 71-78   2007年
田上善夫・田畑 弾
富山大学人間発達科学部紀要   1(2) 57-70   2007年
社寺の分布密度と霊場について
田上善夫
富山大学人間発達科学部紀要   1(2) 35-56   2007年
田上 善夫
富山大学教育学部紀要   60 89-106   2006年2月
In this research, the examples of the sacred place and the belief facilities in southwestern Japan were investigated. On the basis of it, the factor of the sacred place establishment was studied. The main results are as follows. The origin of the ...
巡拝路からみた霊場の構造とその変容について
田上 善夫
富山大学人間発達科学部紀要   1(1) 201-220   2006年
中央日本とその周辺の霊場と寺院宗派の影響
田上善夫
富山大学教育学部研究論集   8 43-56   2005年
東北日本とその周辺の地方霊場と寺社分布
田上善夫
富山大学教育学部紀要   59 51-64   2005年
富山県の霊場とその巡拝路の特色
田上善夫
富山県地学地理学研究論集   12 43-54   2005年
田上 善夫
富山大学教育学部研究論集   7 35-48   2004年9月
In this paper, the local sacred places in the central and northern part of the Japan Sea Coast, from Fukui Prefecture to Aomori Prefecture, were treated. Some of them were investigated at their actual locations. And the distribution of the sacred ...
田上 善夫
富山大学教育学部紀要   58 159-172   2004年2月
In this paper, the local sacred places in Hokuriku, southern Tohoku, and southern Kanto were investigated mainly from the viewpoint of pilgrimage ways. In many sacred places, the sacred point has moved around since the time of establishment, and t...
田上 善夫
富山大学教育学部紀要   57 59-73   2003年2月
Many sacred places face rocks and waterfalls at the feet of mountains, and it is common that the structures there have nature in their bases, even if they belong to a small shrine, a small temple, or a house of ascetic. It is thought that gods of ...
地方霊場の立地環境と展開について
田上善夫
富山大学教育学部研究論集   (6) 35-48   2003年
田上 善夫
富山大学教育学部紀要   56 17-30   2002年2月
Some characteristics of shrine distribution in central Japan
Yoshio TAGAMI
Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University   37 51-60   2002年
富山県および広域の神社構成とその風の祭祀への影響
田上善夫
富山大学教育学部研究論集   (5) 35-49   2002年
北陸における風宮と樹木,岩石,山岳の社祠とのかかわり
田上善夫
富山大学教育学部紀要   (56) 17-30   2002年
富山平野周辺の風宮の分布とその要因
田上善夫
富山大学教育学部研究論集   (4) 13-28   2001年
北陸における風鎮祈願にまつわる行事とその由来
田上善夫
富山大学教育学部紀要   (55) 1-15   2001年
富山県周辺における風祭と風鎌について
田上善夫
富山大学教育学部研究論集   (3) 69-82   2000年
富山の不吹堂の風神祭と局地風地域における風の祭祀
田上善夫
富山大学教育学部紀要   (54) 1-13   2000年
田上 善夫, 徳橋 曜, 市川 文彦
研究年報   25 223-252   1999年
深井 甚三, 田上 善夫
社會經濟史學   63(5) 579-598   1998年1月
富山県における卓越風と局地風
田上善夫
富山県地学地理学研究論集 第11集   133-141   1996年
小氷期末の越中の国の気候
田上善夫
礪波散村地域研究所研究紀要   11 53-59   1994年
深石 一夫, 田上 善夫
地學雜誌   102(2) 176-182   1993年4月
In order to reconstruct the winter climate in Japan in the 18th century, the authors tried to gather weather records of old diaries written in that period. The winter climate in Japan is influenced by the east high-west low pressure pattern and it...

Misc

 
おわら風の盆と風祭
田上 善夫
おわらの記憶   22-27   2013年8月
東アジアにおける環境変動の連続性
田上 善夫
環境の視点からみた共生   234-247   2013年3月
富山の風まつり
田上 善夫
暮らしの歳時記 -富山編   197-198   2012年8月
おわら風の盆と風祭について
田上 善夫
おわら通信   4 33-39   2011年9月   [査読有り]
佐渡と越後の風の三郎の由来について
田上 善夫
日本佐渡学   12 41-46   2010年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
風の事典
田上 善夫 (担当:分担執筆, 範囲:乾風害、屋敷森、風神・風祭、風が作る音、風車、ブリ起こし、波の花)
丸善   2011年11月   
東アジア「共生」学創成の学際的融合的研究
田上 善夫 (担当:分担執筆, 範囲:東アジアにおける近年の環境変動と環境危機への対応-環境への局地循環系の影響-)
富山大学   2011年3月   
『歴史と気候』 小氷期のワインづくり(pp.200-213)
朝倉書店   1995年   
『日本の気候景観-風と樹風と集落-』 利尻島-夏の卓越風と冬の塩風(pp.91-95)
古今書院   2000年   
『大沢野町史』 地域環境の変容(pp.696-722)
大沢野町   2005年   

講演・口頭発表等

 
田上 善夫
季刊地理学 = Quarterly journal of geography   2007年10月31日   
田上 善夫
大会講演予講集   2006年9月30日   
田上 善夫
日本地理学会発表要旨集 = Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers   2006年9月10日   

Works

 
ペルー・エクアドルのエルニーニョ調査
1985年
スイスアルプスの小氷期の気候調査
1989年 - 1990年
歴史時代におけるスイスの気候変動調査
1997年
カリブ海の極小国家・地域の構造と自然・社会的特質
1999年 - 2001年
極小国家の「国家的アイデンティティ」の社会的経済的・文化的基盤に関する研究
1999年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
ニュージーランドにおける環境保全とそれに配慮したサステイナブルな観光に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B)(海外学術調査): 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 田上 善夫
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 田上 善夫
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 田上 善夫
本研究では、天候記録・気候災害記録から歴史時代の気候変動を、広域的にまた長期間について復元することを目標に、「気候環境基盤GIS」を構築し、それに格納された祈雨や風鎮などの防災祈願行事や霊場巡拝における祈願などから、歴史時代の災害記録内容の分析を行った。そのため、全国各地での防災祈願行事にかんする現地調査と資料収集を行った。それにもとづいて、歴史時代の気候、祭祀や神社、霊場や寺院、また霊山などのデータベースを作成した。さらに、これらの新たに得られた地域の情報をもとにして、地理情報システム上...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 田上 善夫
本研究では歴史時代の気候変動に関して、気候災害・民間行事とのかかわりから解明することを目標とした。その基礎として、気候災害の記録をコード化してパソコン入力し、従来の『歴史気候データベース』を充実させた。これらより客観的な気候の復元を行うため、災害記録の持つ意味や、変動と当時の人々や社会とのかかわりの解明を行った。歴史時代の気候災害の痕跡は、各地に継承されている民間行事にもみられる。たとえば富山ではフェーン災害に対して風鎮めの祭りが行われている。こうした民間行事と気候とのかかわりは多様なため...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 田上 善夫
平成11〜12年度において、歴史時代の気候復元に必要な史料を収集し、データベースの構築を行なった。それには日本海側各地をはじめ全国の公立図書館・文書館・大学図書館などで、「小氷期」や「中世温暖期」を中心とした天候・災害記録を収集した。さらに文書だけでなく、デジタルカメラを使用して画像資料も収集し、ノートパソコン等を使用して構築中の「歴史気候データベース」に入力して、その充実をはかった。このデータベースにもとづき、日本を中心にして天候頻度や気候災害分布図を作成した。つぎに現在の天候記録・災害...