中山 俊憲

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/11 09:25
 
アバター
研究者氏名
中山 俊憲
 
ナカヤマ トシノリ
URL
http://www.m.chiba-u.ac.jp/class/meneki/index.html
所属
千葉大学
部署
大学院 医学研究院 免疫発生学
職名
教授
学位
医学博士(東京大学)
科研費研究者番号
50237468

研究分野

 
 

経歴

 
2018年
 - 
現在
南カリフォルニア大学 ケック医学校 客員教授
 
2018年
 - 
現在
カリフォルニア大学サンディエゴ校 医学部 兼任教授
 
2015年
 - 
現在
千葉大学 医学部長・大学院医学研究院長
 
2014年
 - 
現在
千葉大学 副学長
 
2004年
 - 
現在
千葉大学大学院医学研究科 免疫発生学 教授
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
武田科学振興財団  選考委員
 
2018年
 - 
現在
JMA Journal  Editor
 
2018年
 - 
現在
日本免疫学会  賞等選考委員会委員
 
2018年
 - 
現在
日本免疫学会  日本免疫学会創立50周年記念事業実行委員会委員
 
2017年
 - 
現在
医学教育振興財団  運営委員会委員
 
2017年
 - 
現在
日本医療研究開発機構  老化メカニズムの解明・制御プロジェクト プログラムオフィサー
 
2017年
 - 
現在
日本医療研究開発機構  革新的先端研究支援事業インキュベートタイプ LEAP課題評価委員
 
2017年
 - 
現在
日本医療研究開発機構  老化メカニズムの解明・制御プロジェクト事業課題評価委員会委員
 
2017年
 - 
現在
日本医療研究開発機構  次世代がん医療創生研究事業評価委員会委員
 
2017年
 - 
現在
日本アレルギー学会  第5回総合アレルギー講習会実行委員会委員
 

受賞

 
2015年
千葉大学 優秀発明賞
 
2004年
第14回アボットジャパン・アレルギー学術奨励賞
 
2000年
日本免疫学会賞
 
1997年
日本バイオイメージング学会研究奨励賞
 
1992年
霜仁会(山口大学医学部同窓会)研究奨励賞
 

論文

 
Ichikawa T, Hirahara K, Kokubo K, Kiuchi M, Aoki A, Morimoto Y, Kumagai J, Onodera A, Mato N, Tumes DJ, Goto Y, Hagiwara K, Inagaki Y, Sparwasser T, Tobe K, Nakayama T
Nature immunology      2019年10月   [査読有り]
Cossarizza A, Chang HD, Radbruch A, Acs A, Adam D, Adam-Klages S, Agace WW, Aghaeepour N, Akdis M, Allez M, Almeida LN, Alvisi G, Anderson G, Andrä I, Annunziato F, Anselmo A, Bacher P, Baldari CT, Bari S, Barnaba V, Barros-Martins J, Battistini L, Bauer W, Baumgart S, Baumgarth N, Baumjohann D, Baying B, Bebawy M, Becher B, Beisker W, Benes V, Beyaert R, Blanco A, Boardman DA, Bogdan C, Borger JG, Borsellino G, Boulais PE, Bradford JA, Brenner D, Brinkman RR, Brooks AES, Busch DH, Büscher M, Bushnell TP, Calzetti F, Cameron G, Cammarata I, Cao X, Cardell SL, Casola S, Cassatella MA, Cavani A, Celada A, Chatenoud L, Chattopadhyay PK, Chow S, Christakou E, Čičin-Šain L, Clerici M, Colombo FS, Cook L, Cooke A, Cooper AM, Corbett AJ, Cosma A, Cosmi L, Coulie PG, Cumano A, Cvetkovic L, Dang VD, Dang-Heine C, Davey MS, Davies D, De Biasi S, Del Zotto G, Dela Cruz GV, Delacher M, Della Bella S, Dellabona P, Deniz G, Dessing M, Di Santo JP, Diefenbach A, Dieli F, Dolf A, Dörner T, Dress RJ, Dudziak D, Dustin M, Dutertre CA, Ebner F, Eckle SBG, Edinger M, Eede P, Ehrhardt GRA, Eich M, Engel P, Engelhardt B, Erdei A, Esser C, Everts B, Evrard M, Falk CS, Fehniger TA, Felipo-Benavent M, Ferry H, Feuerer M, Filby A, Filkor K, Fillatreau S, Follo M, Förster I, Foster J, Foulds GA, Frehse B, Frenette PS, Frischbutter S, Fritzsche W, Galbraith DW, Gangaev A, Garbi N, Gaudilliere B, Gazzinelli RT, Geginat J, Gerner W, Gherardin NA, Ghoreschi K, Gibellini L, Ginhoux F, Goda K, Godfrey DI, Goettlinger C, González-Navajas JM, Goodyear CS, Gori A, Grogan JL, Grummitt D, Grützkau A, Haftmann C, Hahn J, Hammad H, Hämmerling G, Hansmann L, Hansson G, Harpur CM, Hartmann S, Hauser A, Hauser AE, Haviland DL, Hedley D, Hernández DC, Herrera G, Herrmann M, Hess C, Höfer T, Hoffmann P, Hogquist K, Holland T, Höllt T, Holmdahl R, Hombrink P, Houston JP, Hoyer BF, Huang B, Huang FP, Huber JE, Huehn J, Hundemer M, Hunter CA, Hwang WYK, Iannone A, Ingelfinger F, Ivison SM, Jäck HM, Jani PK, Jávega B, Jonjic S, Kaiser T, Kalina T, Kamradt T, Kaufmann SHE, Keller B, Ketelaars SLC, Khalilnezhad A, Khan S, Kisielow J, Klenerman P, Knopf J, Koay HF, Kobow K, Kolls JK, Kong WT, Kopf M, Korn T, Kriegsmann K, Kristyanto H, Kroneis T, Krueger A, Kühne J, Kukat C, Kunkel D, Kunze-Schumacher H, Kurosaki T, Kurts C, Kvistborg P, Kwok I, Landry J, Lantz O, Lanuti P, LaRosa F, Lehuen A, LeibundGut-Landmann S, Leipold MD, Leung LYT, Levings MK, Lino AC, Liotta F, Litwin V, Liu Y, Ljunggren HG, Lohoff M, Lombardi G, Lopez L, López-Botet M, Lovett-Racke AE, Lubberts E, Luche H, Ludewig B, Lugli E, Lunemann S, Maecker HT, Maggi L, Maguire O, Mair F, Mair KH, Mantovani A, Manz RA, Marshall AJ, Martínez-Romero A, Martrus G, Marventano I, Maslinski W, Matarese G, Mattioli AV, Maueröder C, Mazzoni A, McCluskey J, McGrath M, McGuire HM, McInnes IB, Mei HE, Melchers F, Melzer S, Mielenz D, Miller SD, Mills KHG, Minderman H, Mjösberg J, Moore J, Moran B, Moretta L, Mosmann TR, Müller S, Multhoff G, Muñoz LE, Münz C, Nakayama T, Nasi M, Neumann K, Ng LG, Niedobitek A, Nourshargh S, Núñez G, O'Connor JE, Ochel A, Oja A, Ordonez D, Orfao A, Orlowski-Oliver E, Ouyang W, Oxenius A, Palankar R, Panse I, Pattanapanyasat K, Paulsen M, Pavlinic D, Penter L, Peterson P, Peth C, Petriz J, Piancone F, Pickl WF, Piconese S, Pinti M, Pockley AG, Podolska MJ, Poon Z, Pracht K, Prinz I, Pucillo CEM, Quataert SA, Quatrini L, Quinn KM, Radbruch H, Radstake TRDJ, Rahmig S, Rahn HP, Rajwa B, Ravichandran G, Raz Y, Rebhahn JA, Recktenwald D, Reimer D, Reis E Sousa C, Remmerswaal EBM, Richter L, Rico LG, Riddell A, Rieger AM, Robinson JP, Romagnani C, Rubartelli A, Ruland J, Saalmüller A, Saeys Y, Saito T, Sakaguchi S, Sala-de-Oyanguren F, Samstag Y, Sanderson S, Sandrock I, Santoni A, Sanz RB, Saresella M, Sautes-Fridman C, Sawitzki B, Schadt L, Scheffold A, Scherer HU, Schiemann M, Schildberg FA, Schimisky E, Schlitzer A, Schlosser J, Schmid S, Schmitt S, Schober K, Schraivogel D, Schuh W, Schüler T, Schulte R, Schulz AR, Schulz SR, Scottá C, Scott-Algara D, Sester DP, Shankey TV, Silva-Santos B, Simon AK, Sitnik KM, Sozzani S, Speiser DE, Spidlen J, Stahlberg A, Stall AM, Stanley N, Stark R, Stehle C, Steinmetz T, Stockinger H, Takahama Y, Takeda K, Tan L, Tárnok A, Tiegs G, Toldi G, Tornack J, Traggiai E, Trebak M, Tree TIM, Trotter J, Trowsdale J, Tsoumakidou M, Ulrich H, Urbanczyk S, van de Veen W, van den Broek M, van der Pol E, Van Gassen S, Van Isterdael G, van Lier RAW, Veldhoen M, Vento-Asturias S, Vieira P, Voehringer D, Volk HD, von Borstel A, von Volkmann K, Waisman A, Walker RV, Wallace PK, Wang SA, Wang XM, Ward MD, Ward-Hartstonge KA, Warnatz K, Warnes G, Warth S, Waskow C, Watson JV, Watzl C, Wegener L, Weisenburger T, Wiedemann A, Wienands J, Wilharm A, Wilkinson RJ, Willimsky G, Wing JB, Winkelmann R, Winkler TH, Wirz OF, Wong A, Wurst P, Yang JHM, Yang J, Yazdanbakhsh M, Yu L, Yue A, Zhang H, Zhao Y, Ziegler SM, Zielinski C, Zimmermann J, Zychlinsky A
European journal of immunology   49(10) 1457-1973   2019年10月   [査読有り]
Ihara F, Sakurai D, Takami M, Kamata T, Kunii N, Yamasaki K, Iinuma T, Nakayama T, Motohashi S, Okamoto Y
Cancer immunology, immunotherapy : CII      2019年10月   [査読有り]
Kimura MY, Koyama-Nasu R, Yagi R, Nakayama T
Seminars in immunopathology   41(3) 349-358   2019年5月   [査読有り]
Hirahara K, Shinoda K, Morimoto Y, Kiuchi M, Aoki A, Kumagai J, Kokubo K, Nakayama T
Frontiers in immunology   10 570   2019年3月   [査読有り]
Hirahara K, Aoki A, Morimoto Y, Kiuchi M, Okano M, Nakayama T
Seminars in immunopathology   41(3) 339-348   2019年5月   [査読有り]
Tumes D, Hirahara K, Papadopoulos M, Shinoda K, Onodera A, Kumagai J, Yip KH, Pant H, Kokubo K, Masahiro K, Aoki A, Obata-Ninomiya K, Tokoyoda K, Endo Y, Kimura MY, Nakayama T
The Journal of allergy and clinical immunology      2019年3月   [査読有り]
Harada K, Ihara F, Takami M, Kamata T, Mise N, Yoshizawa H, Hishiki T, Saito T, Terui K, Nakata M, Komatsu S, Ikeuchi T, Nakayama T, Yoshida H, Motohashi S
Cancer science   110(3) 888-902   2019年3月   [査読有り]
Pillai MR, Mihi B, Ishiwata K, Nakamura K, Sakuragi N, Finkelstein DB, McGargill MA, Nakayama T, Ayabe T, Coleman ML, Bix M
PloS one   14(2) e0211244   2019年   [査読有り]
Kameoka Y, Kishi F, Koura M, Yamakawa Y, Nagasawa R, Ito F, Matsuda J, Suzuki O, Nakayama T, Suzuki K
Drug design, development and therapy   13 555-568   2019年   [査読有り]
Makita Y, Kunii N, Sakurai D, Ihara F, Motohashi S, Suzuki A, Nakayama T, Okamoto Y
BMC cancer   18(1) 1254   2018年12月   [査読有り]
Wada T, Hirahara K, Aoki A, Morimoto Y, Kiuchi M, Kumagai J, Okano M, Kokubo K, Kato M, Fukano C, Ohashi-Doi K, Nakayama T
Journal of immunological methods   465 53-60   2018年12月   [査読有り]
Takami M, Cunha C, Motohashi S, Nakayama T, Iwashima M
European journal of immunology   48(12) 1938-1943   2018年12月   [査読有り]
Tanaka K, Kanesaka Y, Takami M, Suzuki A, Hosokawa H, Onodera A, Kamata T, Nagato K, Nakayama T, Yoshino I, Motohashi S
Biochemical and biophysical research communications   506(1) 27-32   2018年11月   [査読有り]
Mita Y, Kimura MY, Hayashizaki K, Koyama-Nasu R, Ito T, Motohashi S, Okamoto Y, Nakayama T
International immunology   30(12) 559-567   2018年11月   [査読有り]
Hirahara K, Mato N, Hagiwara K, Nakayama T
Journal of leukocyte biology   104(5) 895-901   2018年11月   [査読有り]
Tokuhara D, Kurashima Y, Kamioka M, Nakayama T, Ernst P, Kiyono H
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   68(1) 17-25   2018年10月   [査読有り]
Yamamoto T, Endo Y, Onodera A, Hirahara K, Asou HK, Nakajima T, Kanno T, Ouchi Y, Uematsu S, Nishimasu H, Nureki O, Tumes DJ, Shimojo N, Nakayama T
Nature communications   9(1) 4231   2018年10月   [査読有り]
Obata-Ninomiya K, Ishiwata K, Nakano H, Endo Y, Ichikawa T, Onodera A, Hirahara K, Okamoto Y, Kanuka H, Nakayama T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(42) E9849-E9858   2018年10月   [査読有り]
Identification of specifically reduced Th2 cell subsets in allergic rhinitis patients after sublingual immunotherapy.
Ihara F, Sakurai D, Yonekura S, Iinuma T, Yagi R, Sakurai T, Ito T, Matsuura A, Morimoto Y, Arai T, Suzuki S, Katayama K, Nakayama T, Okamoto Y.
Allergy   73(9) 1823-1832   2018年9月   [査読有り]

Misc

 
肺移植の拒絶反応における免疫チェックポイント分子を用いた免疫寛容の誘導に向けての基礎研究
海寳 大輔, 鈴木 秀海, 椎名 裕樹, 田中 教久, 山本 高義, 坂入 祐一, 和田 啓伸, 中島 崇裕, 木内 政宏, 本橋 新一郎, 中山 俊憲, 吉野 一郎
移植   54(総会臨時) 263-263   2019年9月
【アレルギーの分子細胞機構】エフェクター、メモリーTh2細胞の誘導と維持のエピジェネティクス
小久保 幸太, 小野寺 淳, 中山 俊憲
臨床免疫・アレルギー科   72(2) 117-121   2019年8月
【新時代が始まった-アレルギー疾患研究 疾患多様性を理解し病態の層別化に基づく治療を実現する】(第1章)アレルギーのメカニズム研究 免疫細胞とサイトカインなど アレルギー性気道炎症の病態形成におけるPathogenic Th2細胞の多様な役割
青木 亜美, 平原 潔, 中山 俊憲
実験医学   37(10) 1561-1566   2019年6月
CD4陽性T細胞(ヘルパーT細胞;Th細胞)は外来異物に対する宿主防御機構として獲得免疫応答の中心を担う一方、多くのアレルギー疾患の発症や病態形成に関与している。かつては1型Th細胞(Th1)と2型Th細胞(Th2)の不均衡がアレルギー疾患をはじめとする慢性炎症疾患の発症メカニズムとして理解されてきた。しかし近年、Th細胞が多様なサブセットと可塑性を有することが明らかになるにあたり、古典的なTh1/Th2バランス破綻モデルではアレルギー疾患の発症機序を十分説明することができないことがわかっ...
専門医のためのアレルギー学講座 免疫学における基礎と新たな展開 病原性Th細胞
森本 侑樹, 平原 潔, 中山 俊憲
アレルギー   68(3) 138-143   2019年5月
【医療の近未来予想図】 若手研究者・研究医の活躍が拓く未来医療 千葉大学での「治療学」研究の推進と人材育成
中山 俊憲
日本医事新報   (4958) 49-49   2019年5月
異所性結膜リンパ濾胞構造を伴う実験的アレルギー性結膜炎モデルの作成
横山 美樹子, 平原 潔, 中山 俊憲, 海老原 伸行
日本眼科学会雑誌   123(臨増) 248-248   2019年3月
【呼吸器病学TOPICS 2018-19】 アレルギー・免疫・炎症 線維化誘導-病原性ヘルパーT細胞による気道周囲の線維化誘導機構
平原 潔, 森本 侑樹, 中山 俊憲
分子呼吸器病   23(1) 10-12   2019年3月
慢性好酸球性副鼻腔炎における線維化誘導 病原性ヘルパーT細胞による組織線維化誘導機構
平原 潔, 森本 侑樹, 中山 俊憲
鼻アレルギーフロンティア   19(1) 20-22   2019年2月
【免疫と代謝(イムノメタボリズム)】 脂肪酸代謝によるT細胞分化のユニークな制御
遠藤 裕介, 中山 俊憲
炎症と免疫   27(1) 14-18   2018年12月
近年、脂肪組織のみならず、がんや炎症病態などの疾患局所においても代謝-免疫システムのクロストークの重要性が明らかとなっている。免疫細胞のなかでもT細胞は、分化段階によって細胞サイズ・増殖能・サイトカイン産生などの細胞特性が劇的に変化することから、代謝の影響を最も強く受ける細胞の一つである。本稿では、T細胞の分化・機能獲得における代謝、とりわけ「脂肪酸代謝」の重要性を概説し、そのユニークな作用について論じる。また筆者らが発見したT細胞分化を司る脂肪酸代謝メタボリックリプログラミングの分子制御...

書籍等出版物

 
中山 俊憲
医歯薬出版   2019年   
中山 俊憲, 中島 裕史
医歯薬出版   2012年   

講演・口頭発表等

 
病原性Th2細胞によるアレルギ-性炎症誘導とその制御
中山 俊憲
第17回高知眼炎症研究会   2019年11月2日   
Pathogenic Th2 (Tpath2) cells in airway inflammation: Fibrosis inducing Tpath2 cells
中山 俊憲
6th Pediatric Allergy and Asthma Meeting   2019年10月17日   
Pathogenic tissue resident CD4 T cells in lung fibrosis [招待有り]
中山 俊憲
9th International Conference on Autoimmunity   2019年10月13日   
記憶型病原性Th2細胞によるアレルギ-性気道炎症制御 [招待有り]
中山 俊憲
アレルギ-・好酸球研究会2019   2019年10月5日   
病原性記憶Th細胞による難治性炎症疾患の病態制御 [招待有り]
中山 俊憲
第31回日本神経免疫学会学術集会   2019年9月27日   
IL-25, 33, TSLP [招待有り]
中山 俊憲
第39回六甲カンファレンス   2019年8月10日   
病原性Th2細胞による慢性炎症制御 [招待有り]
中山 俊憲
第43回日本小児皮膚科学会学術大会   2019年7月20日   
記憶型病原性Th2細胞によるアレルギ−性気道炎症の発症と線維化誘導 [招待有り]
中山 俊憲
第40回日本炎症・再生医学会   2019年7月16日   
病原性Th2細胞による喘息の発症と線維化の最新知見
中山 俊憲
Asthma Seminar for emerging talents   2019年6月25日   
獲得免疫の観点から
中山 俊憲
SANOFI Asthma Forum   2019年6月23日   
病原性T細胞による慢性炎症の遷延化機構:線維化誘導病原性Th2細胞 [招待有り]
中山 俊憲
岡山大学大学院セミナ−   2019年5月10日   
Pathogenic Th2 (Tpath2) cells in the airway: Fibrosis-inducing Tpath2 cells
中山 俊憲
University of Southern California   2019年4月22日   
Pathogenic Th2 (Tpath2) cells in airway inflammation: fibrosis-inducing Tpath2 cells
中山 俊憲
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology   2019年3月24日   
Memory-type pathogenic Th2 (Tpath2) cells in the airway: a fibrosis-inducing Tpath2 cell subset [招待有り]
中山 俊憲
Severe Asthma Expert Meeting Embassy of Sweden   2019年3月24日   
病原性Th2細胞による喘息の発症と線維化の最新知見 [招待有り]
中山 俊憲
Severe Asthma Symposium in Shiga   2019年3月14日   
Memory type pathogenic Th2 (Tpath2) cells in airway inflammation: Distinction between Tpath2 cells and ILC2 [招待有り]
中山 俊憲
3rd cMAV CU-UCSD Symposium   2019年2月14日   
病原性Th2細胞による慢性気道炎症の病態制御 [招待有り]
中山 俊憲
基盤研セミナ−   2019年2月4日   
記憶型病原性Th2細胞による慢性気道炎症の病態制御 [招待有り]
中山 俊憲
第23回南栃木肺研究会(SToPC)   2019年1月31日   
病原性Th細胞 [招待有り]
中山 俊憲
第5回総合アレルギ−講習会〜Total Allergistをめざして〜   2018年12月15日   
Epigenetics in the induction and maintenance of effector and memory Th2 cells
中山 俊憲
第47回日本免疫学会総会・学術集会   2018年12月12日   

競争的資金等の研究課題

 
「免疫記憶を代謝で制御する」:脂肪酸代謝調節による記憶T細胞の形成と機能制御
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2018年6月 - 2022年3月    代表者: 中山 俊憲
Pathogenicな免疫記憶の形成と維持機構の解明
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2014年5月 - 2019年3月    代表者: 中山 俊憲
肺および肝臓内の炎症細胞インビボライブイメージングシステムの構築
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 中山 俊憲

特許

 
中山 俊憲, 細川 裕之, 常世田 好司, 林崎 浩史, 鈴木 茜
古城 周久, 宮越 陽, 加藤 静恵, 對比地 久美子, 速水 友紀, 中村 美紀子, 中山 俊憲, 岩村 千秋
中島 裕史, 加々美 新一郎, 齋藤 ゆかり, 池田 啓, 鈴木 快枝, 須藤 明, 中山 俊憲, 岩本 逸夫, 小原 收, 山下 政克, 野中 謙, 的場 亮
鈴木 和男, 中山 俊憲, 中島 裕史, 長尾 朋和, 湯村 和子
岡本 美孝, 稲嶺 絢子, 堀口 茂俊, 櫻井 大樹, 中山 俊憲, 野中 謙, 山下 政克, 小原 收
鈴木 和男, 中山 俊憲, 長尾 朋和, 菅又 龍一, 大村 智, 砂塚 敏明, 廣瀬 友靖, 菅原 章公