HANAZAKI IKUYO

J-GLOBAL         Last updated: Dec 8, 2018 at 03:14
 
Avatar
Name
HANAZAKI IKUYO
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Letters, Japanese Literature Program
Job title
Professor
Degree
PhD(Humanities)(Japan Women's University)
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Interests

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1983
Department of Japanese Literature, Faculty of Literature, Japan Women's University
 
 
 - 
Mar 1985
Graduate School, Division of Letters, Japan Women's University
 

Awards & Honors

 
Mar 2004
第12回やまなし文学賞(研究・評論部門)
 

Published Papers

 
「大岡昇平戦後の出発――『俘虜記』「武蔵野夫人」「野火」」
IKUYO HANAZAKI
『国文目白』   第23号 pp.82-91   Feb 1984
「大岡昇平『花影』の生成――初出原稿からの考察  -子供の声・「怨み」の削除・葉子の孤絶――」
花﨑育代
『国語と国文学』   第95巻(第4号) pp.3-19   Apr 2018
「三島由紀夫・方法としての貴種流離 ――昭和三十年前後・「鰯売恋曳網」「海と夕焼」を中心に――」
HANAZAKI Ikuyo
『論究日本文學』   (第107号) pp.1-16   Dec 2017
「立尾真士著『「死」の文学、「死者」の書法  椎名麟三・大岡昇平の「戦後」』」
花﨑育代
『日本近代文学』   (第94集) pp.255-258   May 2016
「大岡昇平「野火」手稿――『展望』初出第三回分について――」
花﨑育代
『論究日本文學』   (第100号) pp.145-154   May 2014

Books etc

 
『大岡昇平研究』
双文社出版   Oct 2003   
『大岡昇平研究』(改訂増刷)
双文社出版   Feb 2011   
「大岡昇平」(『近代文学II』)
学術図書出版社   1990   
「長谷川かな女」「小林美代子」「香山彬子」「木村治美」「北原リエ」の項(村松定孝・渡辺澄子編『現代女性文学辞典』)
東京堂出版   Oct 1990   
「上田理恵――自己直視への過程――」(『別冊 国文学解釈と鑑賞』(特集「女性作家の新流」))
至文堂   May 1991   

Conference Activities & Talks

 
大岡昇平の自筆資料を調査して
日本近代文学館 図書資料委員会   11 May 2013   
〝関西弁〟からみる大岡昇平の文学
2008年度日本近代文学会関西支部春季大会   14 Jun 2008   

Teaching Experience

 

Works

 
「大岡昇平の戦中戦後―『俘虜記』を中心に」
The Others   Jun 2014
「戦後文学のなかの女性―大岡昇平作品―<生きていく女性>へ」
The Others   Mar 2014
基調講演 佐藤卓己「終戦記念日の神話」を超えて」印象記
The Others   Mar 2007