角岡 賢一

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/31 09:22
 
アバター
研究者氏名
角岡 賢一
 
カドオカ ケンイチ
所属
龍谷大学
部署
経営学部 経営学科 (教養教育)
職名
教授
学位
文学修士

プロフィール

神戸大学で筧壽雄教授の下に、日本語の擬音語と擬態語、選択体系機能言語学の研究から出発しました。その後、音調(イントネーション)の意味と機能についても選択体系の枠組みで考えています。日本語の擬音語・擬態語、節音調の意味と機能に関しては著書がありますのでご参照ください。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
1999年
 龍谷大学経営学部 講師
 
1999年
 - 
2005年
 同 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年
神戸大学 文化科学研究科 言語学
 

委員歴

 
 
   
 
日本機能言語学会 前理事
 
 
   
 
日本機能言語学会  前論文集編集委員
 

論文

 
An Acoustic Analysis of the Rakugo Story Kusshami Koushaku (second part)
角岡 賢一
龍谷紀要   40(1) 11-26   2018年9月   [査読有り]
英語と日本語におけるモダリティ定義の対照研究
角岡 賢一
龍谷大学国際社会文化研究所紀要   20(1) 71-84   2018年6月   [査読有り]
節談説教の談話構造分析
角岡 賢一
龍谷大学グローバル教育推進センター研究年報   27(1) 57-69   2018年3月   [査読有り]
An Acoustic Analysis of the Rakugo Story Kusshami Koushaku (first part)
角岡 賢一
龍谷紀要   39(2) 13-31   2018年3月   [査読有り]
A Brief History of Kamigata Rakugo up to 1800
角岡 賢一
龍谷紀要   39(1) 29-45   2017年9月   [査読有り]
A Contrastive Study of the English and the Japanese Modality Systems
角岡 賢一
龍谷大学国際社会文化研究所紀要   19 133-147   2017年6月   [査読有り]
上方落語に見られる軽蔑語の実例
角岡 賢一
龍谷大学グローバル教育推進センター研究年報   26(1) 95-114   2017年3月   [査読有り]
A Cross-linguistic Study of Types of Jokes
角岡 賢一
龍谷紀要   38(1) 35-50   2016年9月   [査読有り]
機能文法による日本語叙法体系分析
角岡 賢一
龍谷紀要   37(2) 37-53   2016年3月   [査読有り]
日本語モダリティ表現における叙述形式について
角岡 賢一
龍谷紀要   37(1) 27-38   2015年10月   [査読有り]
機能文法による日本語モダライゼーションとモジュレーションの下位分類の分析
角岡 賢一
龍谷大学国際社会文化研究所紀要   17(1) 105-119   2015年6月   [査読有り]
On the Asymmetric Nature of Polarity in Japanese Modality
角岡 賢一
龍谷大学国際センター研究年報   24(1) 75-84   2015年3月   [査読有り]
落語「軒付け」における話芸語り口の音響分析
角岡 賢一
龍谷紀要   36(2) 47-74   2015年3月   [査読有り]
A Corpus-based Study of Japanese Explanatory Modality
角岡 賢一
The Ryukoku Journal of Humanities and Sciences   36(1) 11-27   2014年9月   [査読有り]
機能文法による日本語叙法構造とモダリティの分析
角岡 賢一
龍谷大学国際社会文化研究所紀要   16(1) 127-142   2014年6月   [査読有り]
落語「くっしゃみ講釈」における話芸語り口の音響分析
角岡 賢一
龍谷紀要   35(2) 21-47   2014年3月   [査読有り]
An Acoustic Analysis of English and Japanese Jokes: Focusing on Intensity
角岡 賢一
The Ryukoku Journal of Humanities and Sciences   35(1) 13-28   2013年9月   [査読有り]
機能文法による日本語説明モダリティの分析
角岡 賢一
機能言語学研究   7 23-42   2013年3月   [査読有り]
An Acoustic Analysis of English Monologue- and Dialogue-type Jokes
角岡 賢一
The Ryukoku Journal o Humanities and Sciences   34(2) 21-36   2013年3月   [査読有り]
日本語説明モダリティとその否定形式について
角岡賢一
龍谷紀要   34巻(1号) 15-31   2012年9月
日本語小咄の音響分析
角岡賢一
龍谷大学国際センター研究年報   21(一号) 33-50   2012年3月
「落語の談話構造:間と音調」
角岡 賢一
龍谷大学国際センター研究年報   20(1) 47-60   2011年
「日本語における節音調の意味と機能について」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第18巻(第1号) 17-33   2009年
「日本語における節音調の意味と機能について」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第18巻(第1号) 17-33   2009年
「日本語における和語起源の一拍接頭辞について」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   (第17号) 49-71   2008年
「日本語における和語起源の一拍接頭辞について」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   (第17号) 49-71   2008年
「節音調の担う意味についての機能的考察」
角岡 賢一
『龍谷紀要』   第28巻(第2号) 1-12   2007年
「日本語の否定接頭辞「ぶ」と連濁について」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第16号(1) 35-47   2007年
「日本語オノマトペ語彙の形態論的考察」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第15号(1) 29-43   2006年
「日本語オノマトペの交替形語彙分析」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第14巻(1) 39-57   2005年3月
「社会学的観点からの個別言語の分類について」
角岡 賢一
『龍谷大学経済学論集』   第44巻(5) 31-53   2005年3月
「経済言語学:社会科学と言語学の接点」
角岡 賢一
『社会科学研究年報』   第34号(1) 36-51   2004年3月
「日本語オノマトペ語彙の語源について」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第13号(1) 15-36   2004年3月
「深草学舎2年生英語共通テスト得点推移分析」
角岡 賢一
『龍谷大学英語英文学論叢』   第22号(1) 34-54   2003年6月
「日本語オノマトペ語基の多義性について」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第12巻(1) 23-44   2003年3月
「日本語オノマトペ語彙の接辞」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第11号(1) 35-61   2002年3月
「日本語オノマトペ語彙派生過程における語基」
角岡 賢一
『龍谷大学国際センター研究年報』   第10号(1) 43-68   2001年3月
「日本語における『かな擬似オノマトペ』」
角岡 賢一
『龍谷紀要』   第22巻(第2号) 77-93   2001年3月
「英日語の笑い方の様態表現に関する対照的考察」
角岡 賢一
神戸英米論叢   第6巻(1) 183-197   1992年
「日本語オノマトペの音韻構造」
角岡 賢一
神戸英米論叢   第5巻(1) 173-183   1991年

Misc

 
節談説教の文化的研究
角岡 賢一
龍谷大学グローバル教育推進センター研究年報   25(1) 103-116   2016年3月   [査読有り]
口語訳による経文読誦実践について
角岡 賢一
龍谷大学国際センター研究年報   23(1) 47-61   2014年3月   [査読有り]
「高等教育の学費と格差社会の相関関係について」
角岡 賢一
『社会科学研究年報』   41(1) 84-95   2012年5月
「高等教育の学費と格差社会の相関関係について」
角岡 賢一
『社会科学研究年報』   41(1) 84-95   2012年5月
「政権交代前の高等教育政策総括」
角岡 賢一
『龍谷紀要』   31(2) 39-53   2010年

書籍等出版物

 
A Linguistic Study of Kamigata Rakugo Stories
角岡 賢一
松柏社   2018年3月   ISBN:978-4-7754-0254-2
本書は、本学国際社会文化研究所の出版助成を受けて刊行されました。上方落語に特化した英語の研究書は初めてと思われます。小話を含めてサゲ(オチ)を地口とそれ以外に分類し、語り口に差があるか分析しました。また、『くっしゃみ講釈』と『軒付け』の二話を音響分析しています。
機能文法による日本語モダリティ研究
角岡 賢一 (担当:編者, 範囲:四,五,七章)
くろしお出版   2016年12月   ISBN:9784874247143
選択体系機能言語学では、モダリティを「肯否中間領域に属する」と定義している。この定義に基づいて日本語モダリティを分析した。モダライゼイションには証拠性・能力・蓋然性・通常性、モデュレイションには義務姓・必要性・許可性・期待性・志向性という下位分類を設けた。
Language and Language Behavior
角岡 賢一 (担当:分担執筆, 範囲:A Comparison of the First Chinese Thesauruses)
The Linguistic Society of St. Petersburg   2014年9月   
An Acoustic Analysis of the Punch Lines in English Jokes
角岡 賢一 (担当:分担執筆, 範囲:Focus on English Phonetics)
Cambridge Scholars Publishing   2013年   
Punch Line Paratone in English
角岡 賢一 (担当:分担執筆, 範囲:Exploring English Phonetics)
Cambridge Scholars Publishing   2012年   

講演・口頭発表等

 
Acceptance of Anton Marty's Semantics in Japan: Professor Fumio Nakajima and Professor Shige-yuki Kuroda
角岡 賢一
ヘンリー・スウィート学会年次大会   2018年9月7日   
A Linguistic Application of Phonetics and Phonology to Language Education
角岡 賢一
Peru TESOL 26th Annual Convention   2018年7月31日   
A Linguistic Application of Phonetics and Phonology to Language Education
角岡 賢一
多言語教育環境における第二言語習得・教育学会   2018年2月16日   
A Linguistic Application of Phonetics to Language Education
角岡 賢一
第三回教育・文学・言語学学会   2017年11月26日   
A Contrastive Study of the Modality Systems of English and Japanese
角岡 賢一
European Systemic Functional Linguistics Association   2017年6月29日   
A Systemic Analysis of the Modality Systems of English and Japanese
角岡 賢一
The 23rd International Symposium of the Theoretical and Applied Linguistics   2017年4月1日   
Acceptance of Anton Marty’s Semantics in Japan
角岡 賢一
ヘンリー・スィート協会年次大会   2016年9月14日   
A Systemic Analysis of the Modality Systems of English and Japanese
角岡 賢一
Linguistic Association of Canada and the United States   2016年8月4日   
An Empirical Study of Typology of Jokes
角岡 賢一
Linguistic Approach to Funniness, Amusement and Laughter   2016年3月18日   
A Study of Japanese Modality using a Corpus
角岡 賢一
第八回コーパス言語学学会   2016年3月2日   
Anton Marty's Influence in Japan
角岡 賢一
ヘンリー・スィート協会年次大会   2015年9月18日   
The Meaning and Function of the English Intonation Systems
角岡 賢一
36th Annual International Convention, TESOL Greece   2015年3月21日   
Teaching English Pronunciation
角岡 賢一
第十一回カンボジア英語教育学会   2015年2月28日   
An Acoustic Analysis of an English Joke
角岡 賢一
The Korean Association for the Study of English Language and Linguistics   2014年12月6日   
Eight Modes of Definition in the Chinese Thesaurus Erya
角岡 賢一
13th International Conference on the History of the Language Sciences   2014年8月27日   
“The Symbolism of the Onomatopoeia Markers in Japanese.”
角岡 賢一
音象徴の歴史に関する国際学会   2014年2月21日   
“The Symbolism of the Onomatopoeia Markers in Japanese.”
角岡 賢一
アラバマ現代言語学会   2014年2月8日   
『爾雅』と『方言』の比較
角岡 賢一
ヘンリー・スィート協会年次大会   2013年8月29日   
An Acoustic Analysis of English Jokes
角岡 賢一
Linguistic Approach to Funniness, Amusement and Laughter   2013年3月21日   
落語の談話的構造――「間」と「音調」
第七回日本語実用言語学国際学会   2011年   

Works

 
受験者における上位グループと下位グループに対してのTOEIC内容的妥当性について
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
言語の意味体系に関する研究
Meaning of intonation