神谷 佳男

J-GLOBALへ         更新日: 16/10/03 17:00
 
アバター
研究者氏名
神谷 佳男
 
カミタニ ヨシオ
所属
金沢美術工芸大学
部署
美術工芸学部 芸術学専攻
職名
教授
学位
Diplôme Supérieur d’Art Plastique(国立高等美術学校(フランス)), Diplôme de Langue Française,Mention Bien

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
1996年
金沢美術工芸大学美術工芸学部講師
 
1996年
 - 
2006年
金沢美術工芸大学美術工芸学部助教授
 
2001年
 - 
2003年
 北陸大学外国語学部 非常勤講師(フランス語)
 
2005年
   
 
- 金沢学院大学    非常勤講師(版画)
 
2006年
   
 
-    金沢美術工芸大学美術工芸学部教授(現在に至る)
 

学歴

 
 
 - 
1988年
Ecole Nationale Supérieure des Beaux-Arts 造形芸術研究科 
 
 
   
 
Université de Paris Ⅷ 造形芸術研究科 
 
 
 - 
1981年
金沢美術工芸大学 美術工芸学部 美術科 油絵専攻
 

受賞

 
1990年
仏 ル・サロン 佳作賞 (Le Salon mention honorable)
 

論文

 
パリの美術学校における形態学の教育 その歴史と今日の特徴 -フィリップ・コマール教授の講演会から-
神谷 佳男
金沢美術工芸大学 紀要 第57号   (57) 27-59   2013年3月
木製リトプレス機 -アトリエMMGからの贈り物-
神谷 佳男
金沢美術工芸大学 紀要 第56号   (56) 47-60   2012年3月
ルーヴル美術館のカルコグラフィー
神谷 佳男
金沢美術工芸大学 紀要 第54号   (54) 59-72   2010年3月
ヨーロッパに現存する木製銅版画プレス機の調査
神谷 佳男
金沢美術工芸大学 紀要 第53号   (53) 49-57   2009年3月
腐蝕銅版画の防蝕被膜について -アブラアム・ボスの『腐蝕銅版画技法』の場合を中心に-
神谷 佳男
金沢美術工芸大学 紀要 第49号   (49) 91-104   2005年3月
美術大学における教員免許状取得に関わるカリキュラムの研究
北原靖子、神谷佳男、浅野隆、土井宏二、輪島道友
金沢美術工芸大学 紀要 第42号   (42) 6-7   1998年3月

Misc

 
「マチエールという視点」
北陸中日新聞   文化欄 記事    2004年8月
LOGIQUE: THE ARCHITECTURE OF LOUIS VUITTON で青木淳氏の「同潤会アパートとルイ・ヴィトン表参道ビル」を翻訳
Louis Vuitton Japan      2003年3月
「ベルギー・フランドル地方の美術教育の歴史と展望」ゲント王立美術アカデミー学長シャンタル・デ・スメット氏の原稿翻訳
金沢美術工芸大学紀要   41号,p.13-19    1997年
「版画にみるマティスの世界」カタログ序文の翻訳,富山県立近代美術館編集
   1995年

書籍等出版物

 
技法からみる17世紀銅版画 アブラアム・ボスと同時代の版画制作
神谷佳男 (担当:共著, 範囲:防蝕被膜の再現実験 -コシャン版『腐蝕版画技法』から-)
金沢芸術学研究会   2011年3月   
17世紀フランス銅版画技法の研究 アブラアム・ボス『酸と硬軟のワニスによる銅凹版画技法』
上田恒夫、神谷佳男、他 (担当:共著)
金沢美術工芸大学美術工芸研究所   2004年3月   

所属学協会

 
 

Works

 
第17回「富来を描く美術展」に「船影」(銅版画)を委嘱出品
芸術活動   2005年
「ナント市の文化政策-都市再生への挑戦」仏ナント市文化担当助役ヤニック・ガン氏の講演通訳(金沢21世紀美術館内)
2005年4月
「版画の魅力 -シャガール・ミロ・東山魁夷- 」展の監修・銅版画見本制作 (石川県立美術館)
2004年11月
第16回「富来を描く美術展」に「富来・赤崎」(銅版画)を委嘱出品
芸術活動   2004年11月
北陸大学オープン大学の「イタリア文化紀行」講座で「ルネッサンス美術」を講義
2004年10月
「日仏金箔フォーラム」でジャン・フィリップ・ランクロ氏の基調講演の通訳を担当
2004年10月
第15回「富来を描く美術展」に「おだやかな入江」(銅版画)を委嘱出品
芸術活動   2003年11月
「ビデオ作家紹介と作品制作における視点について」 仏ナンシー国立美術学校教授ブリギッテ・ツィーガー氏の講演通訳 (金沢美術工芸大学姉妹都市学術交流講演会)
2002年11月
第14回 「富来を描く美術展」に「港」(銅版画)を委嘱出品
芸術活動   2002年11月
「肉体のガラス」 仏ナンシー国立美術学校教授ナタリー・ブラン氏の講演通訳(金沢美術工芸大学姉妹都市学術交流講演会)
2000年12月
「ヨーロッパの町並みと色彩」 仏国立高等装飾美術学校教授ジャン・フィリップ・ランクロ氏の講演通訳(金沢美術工芸大学市民講座)
2000年9月
「環境に優しいデザイン」 ゲント王立美術アカデミー教授ディーク・ファン・ゴッホ氏の講演通訳(金沢美術工芸大学姉妹都市学術交流講演会)
1999年11月
平成10年度教員作品展に「連動1」「連動2」(版画)を出品
芸術活動   1999年2月
「現代フランス映像作家紹介」 仏ナンシー国立美術学校教授クリスチャン・メルリオ氏の講演通訳(金沢美術工芸大学姉妹都市学術交流講演会)
1998年12月
「私の作品と現代フランス映像事情」 仏ナンシー国立美術学校教授クリスチャン・メルリオ氏の講演通訳(金沢美術工芸大学姉妹都市学術交流講演会)
1998年12月
第一回世界的芸術家滞在制度(アーティスト・イン・レジデンス)でファブリス・イベール氏のコーディネーター
1998年5月
金沢市・ナンシー市姉妹都市提携25周年記念テレビ会議の同時通訳
1998年5月
個展
芸術活動   1997年
「ヨーロッパ、ベルギーのアール・ヌーヴォー」 ゲント王立美術アカデミー教授エディー・ムイラート氏の講演通訳 (金沢美術工芸大学姉妹都市学術交流講演会)
1997年10月
「器と色」 仏国立高等装飾美術学校教授ジャン・フィリップ・ランクロ氏の講演通訳(石川県立九谷焼技術研修所)
1997年5月