BABA Tadashi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 6, 2019 at 03:16
 
Avatar
Name
BABA Tadashi

Published Papers

 
Effects of benzyladenine and light on post-harvest Calamondin (x Citrofortunella microcarpa) fruit color and quality
Kawai, Y., T. Baba, M. Yoshida, J. U. Agravante, D. R. Del Carmen
The Horticultural Journal   87(3) 324-328   Jul 2018   [Refereed]
収穫後のカラマンシー果実にBA処理を行い、光環境を変えて貯蔵したところ、BA+暗黒で緑色維持の効果が高かった。
Effects ofsoil drying and a light-reflecting sheet on the fruit quality, vitamin C content, and antioxidant capacity of balckcurrant fruits (Ribes nigrum L.)
60(3) 138-143   Dec 2015   [Refereed]
Unique ethylene-regulated touch responses of Arabidopsis thaliana roots to physical hardness
C.Yamamoto, Y.Sakata, T.Taji, T.Baba and S.Tanaka
Journal of Plant Research Springer Vol.121      Sep 2008
植物の根の接触反応について、分子生物学的視点から解析を行った。硬さの異なる2層の培地中における根の屈曲反応を測定する系を開発し、エチレン生合成が屈曲時に減少し、貫通時に増加することを見い出した。エチレンは根端の硬さと細胞分化を介して、屈曲反応を制御していることが示唆された。
Effectiveness of high pressure treatment at low temperature to improve postharvest life of horticultural commodities
Baba,T., S.Ito, F.Ikeda and M.Manago
Acta Horticulturae International Society for Horticultural Science No.768      May 2008
加圧環境下における各種園芸作物の貯蔵性を検討した。加圧環境は、エチレン生成や蒸散を抑制することを通じて、低温障害回避や黄化防止、カビ発生軽減などに効果があり、多くの青果物で貯蔵性延長効果のあることがわかった。ただし各青果物で最適加圧条件は100倍以上の差があるため、個々の作物に応じて加圧条件を決める必要があった。
Ensuring sufficient yield and high-palatability rice cultivated through the direct sowing with recycled-paper mulch in Japan
Okabe,M., T.Baba, M.Kamei, K.Yokota and K.Suyama
Journal of ISSAAS The International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences Vol.13No.3特集号      Apr 2008
中山間地における稲作を活性化させるため、有機JASの取得を目指した。具体的な活動として、新潟県上越市の中山間地をフィールドに、わが国で開発された直播タイプの再生紙マルチを除草作業の軽減を目的として棚田に敷設した。その問題点の克服のために、敷設時期および鳥害防止策を検討した。その結果、ネットを張って鳥獣害防止を図ることで、一定の収量が確保できることを明らかにした。

Conference Activities & Talks

 
SEASONAL AND INTERANNUAL VARIATION IN THE QUALITY OF CALAMONDIN (x Citrofortunella microcarpa) FRUITS HARVESTED AT DIFFERENT STAGES OF MATURITY
M. Yoshida, T. Baba, Y. Kawai., J.U. Agravante, E. P. Serrano
ISSAAS   12 Oct 2018   ISSAAS
カラマンシー果実のアスコルビン酸含量を評価し、年次変動は収穫場所による違いについて結果をまとめた。
Action Research to Promote the Sustainable Development of Local Agriculture in Southeast Asia
T. Baba
ISSAAS   7 Nov 2015   ISSAAS
東京農業大学戦略研究プロジェクトの成果を本学会招待講演の1題として講演した。
Effects of rainy season pruning on flowering of Calamomdin (x Citrofortunella microcarpa)
Masuyama, K., Y. Kawai., T. Baba, M. Yoshida, J.U. Agravante, D. R. Del Carmen
ISSAAS   7 Nov 2015   ISSAAS
カラマンシーの収穫時期をずらすために、夏期剪定を行い、開花時期の調節に成功した。
Antioxidant capacity of Calamomdin (x Citrofortunella microcarpa) fruits and commercial beverage products in the Philippines
M. Yoshida, T. Baba, Y. Kawai., J.U. Agravante, D. R. Del Carmen
ISSAAS   7 Nov 2015   ISSAAS
カラマンシー果実の抗酸化能を評価し、また飲料加工した場合の抗酸化能の変化を測定した。
Effects of benzyladenine and light on Calamomdin (x Citrofortunella microcarpa) postharvest fruit color and quality
Y. Kawai., T. Baba, M. Yoshida, J.U. Agravante, D. R. Del Carmen
ISSAAS   7 Nov 2015   ISSAAS
収穫後のカラマンシー果実にBA処理を行い、光環境を変えて貯蔵したところ、BA+暗黒で緑色維持の効果が高かった。