菊田 千春

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/15 19:19
 
アバター
研究者氏名
菊田 千春
 
キクタ チハル
所属
同志社大学
部署
文学部英文学科
職名
博士後期課程教授
学位
Ph.D.(ヴィクトリア大学), 文学修士(同志社大学)
科研費研究者番号
40278453

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1993年
同志社大学 文学研究科 英文学専攻
 
 
 - 
1992年
ヴィクトリア大学大学院 言語学科 言語学
 
 
 - 
1988年
同志社大学 文学研究科 英文学専攻
 
 
 - 
1986年
同志社大学 文学部 英文学科
 

委員歴

 
 
   
 
関西言語学会  運営委員、編集委員
 

論文

 
Development of Conditional Imperatives in Japanese: A Diachronic Constructional Approach
KIKUTA Chiharu Uda
Cognitive Linguistics   29(2) 235-274   2018年5月   [査読有り]
「テミル条件文にみられる構文変化の過程―語用論的強化と階層的構文ネットワークに基づく言語変化」
菊田 千春
『認知言語学論考』   No. 11    2013年
「上代日本語のガ格について: 活格説の問題点」
菊田 千春
『同志社大学英語英文学研究』   (No. 89) 89-123.   2012年
「複合動詞テミルの非意志的用法の成立:語用論的強化の観点から」
菊田 千春
『日本語文法』   11巻(2号) 43-59   2011年
「文法化としてのトコロ関係節の成立:主要部内在型関係節との比較からみえるもの」
菊田 千春
『同志社大学英語英文学研究』   (No. 84) 71-106.   2009年

Misc

 
"Jóhanna Barðdal, Elena. Smirnova, Lotte. Sommerer, and Spike Gildea編 Diachronic Construction Grammar."
菊田 千春
『歴史言語学』   (5) 55-65   2016年11月   [査読有り][依頼有り]
"Predicate Concatenation: A Study of the V-teV Predicate in Japanese, by Kentaro Nakatani."
菊田 千春
English Linguistics. No. 32. (日本英語学会)[357-370].   32 357-370   2015年12月   [査読有り][依頼有り]
“Information-Based Syntax and Semantics: A Review of C. Pollard and I.A. Sag, Head-Driven Phrase Structure Grammar."
宇田 千春
English Linguistics. (日本英語学会)[367-395]   13 367-395   1996年11月   [査読有り][依頼有り]
"SUBCAT Feature and Valence Features: More Evidence from Japanese Passives." 
宇田 千春
Studies on the Universality of Constraint-Based Phrase Structure Grammars, ed. T. Gunji. (Report of the International Scientific Research Program. Joint Research Project No. 06044133)   203-215   1996年5月
「結果構文『てある』の統語構造について」 (On the Syntactic Structure of the Japanese Resultative -te aru)
宇田 千春
『制約に基づく日本語の構造の研究:国際日本文化研究センター共同研究報告書』   13-29   1996年4月

書籍等出版物

 
Complex Predicates in Japanese
宇田 千春
Garland Publishing Inc. (New York)   1994年   
『現代の言語学』(第2章「音のはなし」、第11章「日本語の諸相」担当)
宇田 千春
金星堂出版   1996年   ISBN:7647-3643-8
「上代日本語におけるノ・ガ格と名詞性:規則性と例外の共存をめざして」
菊田 千春
英宝社 『言語研究の接点―理論と記述―』   2004年   
『現代英語学へのアプローチ』   第3章「近代英語の誕生」担当
菊田 千春
英宝社   2013年   ISBN:978-4-269-61032-3
『英語学パースペクティブ』   第13章「言語と認知」担当
菊田 千春
南雲堂   2015年   ISBN:978-4-523-30075-5

講演・口頭発表等

 
"A Diachronic Construction Grammar Analysis of the Focus Construction (Kakari-Musubi) in Japanese."
菊田 千春
International Conference on Construction Grammar 10 (ICCG10)   2018年7月17日   
A Constructional Approach to the Historical Development of Conditional Imperatives in Japanese
菊田 千春
12 th International Cognitive Linguistics Conference   2013年   
テミロ条件命令文とその成立過程:構文ネットワークの役割
菊田 千春
日本語文法学会第13回大会   2012年   
“An Optimality-Theoretic Alternative to the Apparent Wh-Movement in Old Japanese.”
菊田 千春
9th International Conference of Lexical Functional Grammar (LFG04)   2004年   
「『が・の交替現象』に派生は必要か?:HPSGで名詞性と述語性をつなぐ」
菊田 千春
第20回日本英語学会   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
複合述語構文の意味と構造
制約に基づく統語論と意味論
文法化と構文変化のメカニズム
構文化現象の研究