SATOU Akira

J-GLOBAL         Last updated: Sep 30, 2019 at 17:18
 
Avatar
Name
SATOU Akira
Affiliation
Hokkaido University
Section
Hokkaido University Hospital, Oral Maxillofacial Disorders
Job title
Lecturer
Research funding number
90271684

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1995
 - 
2007
 Research Associate
 
2007
   
 
- Lecturer
 

Education

 
 
 - 
1985
Faculty of Dentistry, Hokkaido University
 

Published Papers

 
Kazuhito Yoshikawa, Makiko Onodera-Kyan, Yoshimasa Kitagawa, Akira Satoh, Jun Sato, Tetsuya Kitamura, Tohru Shiga, Shiro Watanabe, Nagara Tamaki
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   30 319-323   Jul 2018
© 2018 Asian AOMS(+) ASOMP(+) JSOP(+) JSOMS(+) JSOM(+) and JAMI Objective: FDG-PET has been shown useful in the staging of malignant lymphoma (ML) and in evaluating treatment outcomes. Serum concentration of soluble interleukin-2 receptor (sIL-2R)...
J. Sato, Y. Kitagawa, S. Watanabe, T. Asaka, N. Ohga, K. Hirata, T. Shiga, A. Satoh, N. Tamaki
International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   47 553-560   May 2018
© 2017 International Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Tumour hypoxia can be detected by 18 F-fluoromisonidazole positron emission tomography (FMISO-PET). Few studies have assessed the relationships of new PET parameters, including h...
Kosuke Ishikawa, Yuhei Yamamoto, Hiroshi Furukawa, Yoichi Ohiro, Akira Satoh, Toshihiko Hayashi
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   75 2682-2688   Dec 2017
© 2017 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons Purpose This study evaluated short-term and long-term changes in bone height after mandibular reconstruction using an osteotomized fibula graft, with the aim of identifying factors ass...
秦 浩信, 佐藤 明, 宮腰 昌明, 吉川 和人, 清水 六花, 林 利彦, 箕輪 和行, 北川 善政
日本口腔腫瘍学会誌   29(1) 1-8   Mar 2017
口腔癌の血管柄付遊離皮弁再建術後に生じた中心静脈カテーテル関連深部静脈血栓症を2例経験したので報告するとともに、北海道大学病院では2014年7月から「歯科医師のための血栓発見時の対応マニュアル」の運用を行っているので紹介する。症例1:60歳男性。右口底癌cT4aN1M0の診断で、2010年5月に右頸部郭清術、口底悪性腫瘍切除術、前外側大腿皮弁による再建術を施行した。麻酔の導入時に大腿静脈より中心静脈カテーテルが挿入され、術後5日目で抜去した。術前の4月の上部消化管内視鏡検査で早期胃癌が発見...
Jun Sato, Takeshi Kuroshima, Mayumi Wada, Akira Satoh, Shiro Watanabe, Shozo Okamoto, Tohru Shiga, Nagara Tamaki, Yoshimasa Kitagawa
Odontology   104 239-243   May 2016
© 2015, The Society of The Nippon Dental University. This study describes the use of 18 F-fluoro-2-deoxyglucose positron emission tomography (FDG-PET) to detect a chronic odontogenic infection as the possible origin of a brain abscess (BA). A 74-y...
放射線性骨壊死による病的下顎骨骨折2例の臨床的比較と文献的考察
黒嶋 雄志, 浅香 卓哉, 秦 浩信, 佐藤 明, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   14(2) 107-113   May 2016
症例1は72歳男性で、左側下顎第一大臼歯が自然脱落し、骨露出が指摘され、紹介受診となった。左側下顎体部腫脹はなく、オトガイ部の知覚の左右差はなかった。左側下顎第一大臼歯部に腐骨を示唆する色調の表面粗造な骨が露出していた。パノラマX線で当該部に骨の陥凹があり、歯槽硬線は消失していた。単純CTで当該部海綿骨は下顎下縁近傍まで不規則に消失し、残存する骨梁は高吸収値を示し、硬化性変化が示唆された。放射線性骨壊死と診断し、高気圧酸素療法(HBO)を併用した外科的消炎術を行った。その後、治療に難渋し、...
Akira Satoh, Noritaka Ohga, Takuya Asaka, Yoshimasa Kitagawa
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   27 829-833   Jan 2015
© 2015 Asian AOMS, ASOMP, JSOP, JSOMS, JSOM, and JAMI. Radiotherapy for oral cancer that has caused jaw absorption has been reported occasionally to result in bone regeneration, but this regeneration is generally partial. We report a case of marke...
Jun Sato, Manabu Ohuchi, Mayumi Wada, Noritaka Ohga, Takuya Asaka, Kazuhito Yoshikawa, Masaaki Miyakoshi, Hironobu Hata, Akira Satoh, Yoshimasa Kitagawa
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology   120    Jan 2015
© 2015 Elsevier Inc. Objective Sequential postoperative salivary interleukin-6 (IL-6) concentrations were examined in patients with oral squamous cell carcinoma (OSCC) who had early or late locoregional recurrences or those who did not. Study Desi...
口腔外から再建用プレート固定を行った無歯顎の外傷性両側下顎骨体部骨折の1例
浅香 卓哉, 秦 浩信, 宮腰 昌明, 坂田 健一郎, 佐藤 明, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   13(1) 1-5   Nov 2014
症例は75歳男性で、転倒して下顎を強打し、疼痛および開口障害が生じた。X線で萎縮した無歯顎の両側下顎骨体部に骨折を認め、左側では小骨片の変位がみられた。手術適応と考えたが、口内法によるミニプレート固定では義歯の支持域を避けての強固な固定を得ることは困難と判断し、口腔外から固定を行う方針とした。下顎下縁の切開により骨折部を明示し、骨片を徒手整復した後、厚さ2mmの再建用6穴チタンプレート2枚およびロッキングスクリュー12本を用いてmonocorticalに固定を行った。さらに義歯支持域の歯槽...
坪井 香奈子, 山崎 裕, 小野寺 麻記子, 吉川 和人, 宮腰 昌明, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 淳, 佐藤 明, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   60(4) 186-192   Apr 2014
注射用ビスフォスフォネート製剤(注射用BP)投与前・投与中の悪性腫瘍患者69例を対象に、投与前に歯科管理あり群(36例)と投与中で歯科管理なし群(33例)に分け、注射用BP関連顎骨壊死(BRONJ)との関連について検討した。使用注射用BPは全例ゾレドロン酸であった。歯科管理あり群では、口腔内ケアのみ10例、抜歯適応26例であった。注射用BP投与前抜歯19例中抜歯後3ヵ月以上の経過観察可能であった13例では、全例で抜歯時にリスク因子(抗腫瘍薬、ステロイド、糖尿病)を認め、抜歯後注射用BP投与...
Jun Sato, Manabu Ohuchi, Keigo Abe, Takehiko Satoh, Takahiro Abe, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Ken Ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
Head and Neck   35 889-894   Jun 2013
Background We have demonstrated that salivary interleukin-6 (IL-6) concentrations change during the treatment in patients with oral squamous cell carcinoma (OSCC). We sought to elucidate the correlations between salivary IL-6 concentration and ear...
Takehiko Satoh, Jun Sato, Takahiro Abe, Akira Satoh, Kenji Imamachi, Yoshimasa Kitagawa
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   25 55-60   Jan 2013
Although tetanus is a rare condition in Japan, it still has a high mortality rate. As patients show trismus, dysphagia, and rigidity of the neck, they tend to consult specialists in dentistry, otolaryngology, and orthopedics. Sometimes, accurate d...
Makiko Kyan-Onodera, Chiharu Satoh, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Chihiro Sugiura, Ken ichi Notani, Tadashi Iizuka, Masanobu Shindoh, Yoshimasa Kitagawa
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   25 97-100   Jan 2013
This article discusses a case of bilateral multiple cervical lymph node metastases of oncocytic carcinoma-an extremely rare neoplasm of the salivary glands-that was found in a 71-year-old Japanese female patient who presented with a painless swell...
Jun Sato, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Makiko Onodera-Kyan, Takahiro Abe, Takehiko Satoh, Ken Ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology   113 424   Jan 2012
Jun Sato, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Makiko Onodera-Kyan, Takahiro Abe, Takehiko Satoh, Ken Ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology and Endodontology   111 587-592   May 2011
Objective. We have previously reported that the histologic mode of invasion of oral squamous cell carcinoma (OSCC) is a significant risk factor for pain. Here we sought to determine whether pain is a risk factor for poor prognosis in patients with...
Jun Sato, Jun Goto, Ayako Harahashi, Tsubasa Murata, Hironobu Hata, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Ken Ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
Supportive Care in Cancer   19 409-416   Mar 2011
Purpose: Postoperative wound infection (WI) is a main complication after head and neck surgery. Poor oral health may be a risk factor for WI. We therefore assessed the contribution of oral health care in preventing postoperative WI in patients wit...
左外耳道癌術後に生じた咬合不全に対して非観血的に咬合誘導を行った1例
北森 正吾, 佐藤 淳, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔診断学会雑誌   23(2) 317-320   Oct 2010
52歳男。左外耳道癌の診断で、腫瘍切除術、左耳下腺全摘出術、腹直筋を用いた顔面再建術を受けた。その際左下顎頭への腫瘍の浸潤を認めたため、耳介、耳介周囲の皮膚、咬筋・側頭筋の一部、耳介側頭神経、左下顎頭の切除を受けた。また、左頸部郭清術を行った際、胸鎖乳突筋は切断、副神経は保存した。術直後より咬合不全を自覚した。左顔面神経麻痺および左三叉神経第3枝支配領域の知覚鈍麻症状を認めた。パノラマX線所見では、左下顎頭が下顎頸部で切断され、欠如していた。左外耳道癌術後ならびに左下顎頭切除に伴う咬合不全...
Takeshi Nishioka, Masaharu Fujino, Akihiro Homma, Tetsuro Yamashita, Akira Sato, Keiichi Ohmori, Kenichi Obinata, Hiroki Shirato, Kenichi Notani, Masamichi Nishio
Yonsei Medical Journal   51 557-561   Jul 2010
Purpose: Deciding on treatment carcinoma of the tongue when the tumor has a thickness of 1.5 cm or more is difficult. Surgery often requires wide resection and re-construction, leading to considerable functional impairment. A cesium implant is an ...
【口腔内科学的アプローチの現在】 口腔領域低侵襲手術
佐藤 明
歯科医療   24(2) 72-78   Apr 2010
Jun Sato, Jun Goto, Tsubasa Murata, Shogo Kitamori, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Yoshimasa Kitagawa
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology and Endodontology   110 330-336   Jan 2010
Objective. The aim of this study was to elucidate changes in interleukin-6 (IL-6) levels in whole saliva during the treatment of patients with oral squamous cell carcinoma (OSCC). Study design. Twenty-nine consecutive inpatients with OSCC were enr...
寺田 典子, 周田 和華恵, 佐藤 明, 野谷 健一, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   54(1) 8-11   Jan 2008
症例は30歳女性で、17年前頃に左側下顎第二大臼歯の感染根管治療を受け、その後、開口障害が間歇的にみられたが、腫脹や疼痛がなかったため放置していた。開口量は15mmで、双手診で左側咬筋部に腫瘤様病変を触知した。パノラマX線、CT,MRIで、左側下顎第二大臼歯根尖部の透過像、左側咬筋付着部上方の肥厚、咬筋内の腫瘤状陰影を認めた。原因歯である左側下顎第二大臼歯の抜歯後も開口量の増加がみられなかったため、瘢痕切除、咬筋腱膜切離、側頭筋付着部剥離術を行った。術中、皮質骨表面の塑造化と咬筋内に多くの...
北川 善政, 中村 美喜子, 齊藤 正晃, 山崎 裕, 秦 浩信, 佐藤 明, 小野 貢伸, 滝波 修一, 佐野 和生, 戸塚 靖則
頭頸部癌   33(3) 220-225   Oct 2007
術前放射線化学療法は、口腔扁平上皮癌患者における器官および機能温存に重要な役割を果たしている。術前療法後に、縮小手術による器官温存手術を決断するためには、術前治療の正確な効果判定と残存腫瘍の有無の評価が大変重要である。そこで、われわれは口腔癌治療におけるFDG-PETの臨床的役割について検討した。口腔扁平上皮癌45例に対して放射線併用動注化学療法を行い、FDG-PETで治療前および6週後に評価した。治療前PETから治療効果の予測が、治療後PETから残存腫瘍の有無の評価や予後予測が可能であっ...
S-1によるTumor Dormancy Therapy 肺転移後1年5ヵ月の長期生存が得られた上顎洞癌の1例
佐藤 明, 佐藤 健彦, 金田 泰幸, 加藤 卓己, 野谷 健一, 北川 善政
癌と化学療法   34(5) 749-751   May 2007
患者は65歳、男性。上顎洞癌に対し術前化学放射線療法後根治切除を施行した。手術2ヵ月後に肺転移が認められたため、S-1 120mg/dayの投与を開始した。S-1投与は2週連日投与後1週休薬とした。本療法により在宅でQOLを維持しながら副作用なく527日間の長期生存が得られた。S-1はtumor dormancy therapyを実施する上で有用な薬剤の一つと思われた。(著者抄録)
Jun Sato, Jun Sato, Jun Goto, Takumi Kato, Michiko Terada, Akira Satoh, Yoshimasa Kitagawa
Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   19 226-229   Jan 2007
Loxoprofen sodium is a phenyl propionic acid non-steroidal anti-inflammatory drug with a very good safety record. An unusual case of thrombocytopaenia most likely induced by loxoprofen sodium is reported. An 82-year-old woman developed thrombocyto...
【先生!ご存知ですか?知って得する各科の"ノウハウ" 日常診療で役立つ,各専門領域のコツや定石を集めました!】 歯科・口腔外科 歯性感染症 unknown fever,全身疾患と歯科医療
佐藤 明
治療   87(3月増刊) 1418-1420   Apr 2005
【日常病にどう対応しますか? 頻度順に考える症状/疾病の対処法】 その他で比較的多い健康問題の対応 口臭,舌痛,口腔ケア
佐藤 明
治療   86(3月増刊) 1321-1322   Mar 2004
顔貌に変形をきたした,いわゆる球状上顎嚢胞の1例
榊原 典幸, 石川 誠, 佐藤 明, 豊田 晶子, 野谷 健一, 福田 博, 飯塚 正, 向後 隆男
北海道歯学雑誌   23(2) 277-282   Dec 2002
18歳女.右鼻翼基部の無痛性腫脹と顔貌の左右非対称を認め,口腔内は右上顎第5-2歯唇側歯槽部に骨様硬の膨隆を認めた.オルソパントモグラムで右上顎第3歯軸の遠心傾斜及び右上顎第3,2歯の歯根解離を認め,同部に洋梨状のX線透過像を認めた.両歯はいずれも生活歯であった.CTでは病変は鼻翼基部を持ち上げ,皮膚側に膨張性に膨隆する,薄い骨組織と内容液を伴った比較的大きな透過像として認められ,その範囲は上顎骨から洞前壁に沿って眼窩底の高さ迄に及んでいた.球状上顎嚢胞との臨床診断により全身麻酔にて嚢胞摘...
柏崎 晴彦, 鄭 漢忠, 大廣 洋一, 佐藤 明, 守屋 信吾, 戸塚 靖則
日本口腔外科学会雑誌   48(10) 526-529   Oct 2002
術後の補助的化学療法1クール目に比較的重度の副作用を生じた進行口腔癌2例(症例1:58歳女,症例2:68歳男)に対して2クール目にchronomodulationに基づいた化学療法を行い,副作用の軽減が得られた.投与薬剤は症例1ではCDDPと5-FU,症例2ではCDDP,ADR,CPAであった.症例1の1クール目で強い口内炎が出現したのは,抗癌剤が以前に施行した放射線治療効果を呼び戻す効果,即ちrecall phenomenonによる可能性も否定できないが2クール目ではrecall phe...
上下顎歯肉に生じたびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例
上野 尚雄, 進藤 正信, 佐藤 明, 飯塚 正, 福田 知正, 守屋 信吾, 野谷 健一, 福田 博, 向後 隆男
北海道歯学雑誌   22(1) 55-60   Jun 2001
82歳男.義歯不適を主訴とした.右上顎第一小臼歯部から右上顎結節にかけて,弾性硬,無痛性の腫瘤を,左下顎臼歯部頬側歯槽部にφ10×25mm大の弾性硬,無痛性の腫瘤を認めた.生検を行い,病理学的にび漫性大細胞型B細胞リンパ腫と診断された.又,上部消化管スクリーニングを行ったところ,胃角直上の小彎にφ3cmのポリープ,大彎にφ3cmの腫瘍が認められ,病理学的に口腔内の腫瘤と同じく,び漫性大細胞型B細胞リンパ腫の診断を得た.その後,内科に転科するも,高齢の為積極的な化学療法は困難と判断され,lo...
Clinical characteristics of 30 distant metastases in 427 locoregionally controlled oral squamous cell carcinomas
The Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   12(1) 1-7   2000   [Refereed]
向後 隆男, 飯塚 正, 進藤 正信
日本口腔科学会雑誌   46(1) 1-8   Jan 1997
22歳女,44歳男,64歳女の3例のgiant cell fibromaの病理組織学的及び微細構造的検索を行い,その病態ならびに巨細胞の起源について検討した.症例により組織像に種々の相異がみられた.巨細胞は微細構造的に単核ないし多核線維芽細胞に類似した像を示した
佐藤 明, 鄭 漢忠, 山下 知巳
日本口腔腫瘍学会誌   8(4) 273-281   Dec 1996
頸部郭清術施行300側のうち組織学的転移陽性は176側で,その平均転移個数は2.4個,節外浸潤は62側,進展部位はLevel IIIまでで全体の85%を占めていた.原発部が制御されたpN(+)例の頸部再発率は10.5%であった.原発部・頸部共に制御されたpN(+)例の遠隔転移の頻度は23.5%, 3個以上の頸部リンパ節転移例では41.7%の転移率であった.転移個数及び進展部位と5年累積生存率とに関連がみられ,原発部制御例に限定するとpN 3個以上及びlevel IV, Vへの進展例の5年累...
佐藤 明, 中島 純一, 鄭 漢忠
日本口腔腫瘍学会誌   8(1) 45-53   Mar 1996
24例のX線像は単胞型12例,多胞型9例及び蜂巣状3例で,前方部症例9例中6例が多胞型又は蜂巣状であるのに対して,後方部症例15例では9例が単胞型であった.後方部症例は大部分がplexiform typeであった.治療法は2例に下顎骨辺縁切除術が行われ,再発もなく経過良好であった.摘出掻爬術は21例に施行され,4例に再発がみられた.免疫染色が可能であった12例のPCNA陽性率は3.3〜42.1%に分布し,その平均値は22.3%であった
野谷 健一, 半沢 元章, 佐藤 明
日本口腔腫瘍学会誌   7(2) 83-90   Aug 1995
23例の臨床的特徴は,口底,扁平上皮癌,進展例,集学的治療がなされた症例に多かった.扁平上皮癌は唾液腺癌や非上皮性悪性腫瘍に比べ遠隔転移の出現が早かった.又,遠隔転移確認後の生存平均期間も扁平上皮癌症例が他に比べて短かった.転移部位では肺,骨,肝が多く,原発巣の組織型に違いはなかった.5年累積生存率は,全例で13.0%,扁平上皮癌が6.7%,唾液腺癌が33.3%,非上皮性悪性腫瘍が40.0%であった
佐藤 明, 斎藤 徹, 野谷 健一
日本口腔外科学会雑誌   40(7) 717-722   Jul 1994
舌扁平上皮癌1次症例33例を対象として,組織学的悪性度,浸潤式,DNA ploidy, PCNA陽性率の4種類のパラメーターと原発部再発およびリンパ節転移との関連について検討した。1)原発部再発との関連では,PCNA高陽性率群に再発率が高い傾向がみられたが,いずれのパラメーターも統計学的有意差は認められなかった。2)リンパ節転移との検討では,組織学的悪性度では有意差はなかったが,浸潤様式,DNA ploidy, PCNA陽性率ではそれぞれgrade 4, DNA aneuploidy, P...
佐藤 明, 原田 浩之, 山崎 裕
日本口腔外科学会雑誌   40(4) 531-533   Apr 1994
細菌学的検査を施行した49症例中12例にMRSAが検出された。検出例は基礎疾患を有する悪性腫瘍患者が大半で,うち2例にMRSA感染症が発症した。感染経路としては医療スタッフを介しての院内感染が示唆され,易感染性患者への伝播の防止が最重要である
Tohru Saito, Jun Sato, Akira Satoh, Ken ichi Notani, Hiroshi Fukuda, Shigetaka Mizuno, Masanobu Shindoh, Akira Amemiya
International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   23 28-31   Jan 1994
The relationship between DNA ploidy and the incidence of cervical lymph node metastasis in 36 patients with tongue squamous cell carcinoma (SCC) was investigated. The aneuploidy rate of tongue carcinomas was 15/36 (42%), and the mean DNA index (DI...
佐藤 明, 斎藤 徹, 野谷 健一
日本口腔外科学会雑誌   39(12) 1269-1275   Dec 1993
舌扁平上皮癌1次症例22例を対象とした。1)PCNA陽性率は,臨床病期,組織学的悪性度,浸潤様式およびDNA ploidyと有意な相関が認められた。2)原発部再発との検討では,再発例でPCNA陽性率が高い傾向がみられたが,有意差はみられなかった。3)リンパ節転移との関連では転移陽性例でPCNA陽性率は有意に高く,また陽性率30%以上の症例ではリンパ節転移が有意に多く認められ,PCNA陽性率は易転移性のパラメーターとして有用と考えられた。4)3年累積生存率は陽性率30%未満の症例が92.3%...
佐藤 明, 野谷 健一, 福田 博
日本口腔腫瘍学会誌   5(3) 272-277   Dec 1993
口腔扁平上皮癌の皮膚浸潤例に対し,皮膚切除を含む根治手術を行い,組織学的に皮膚浸潤が確認された14症例について検討を行った。皮膚浸潤例の原発部位はさまざまであったが,皮膚への浸潤・転移部位は全症例が原発・再発巣および頸部転移リンパ節を被覆する皮膚であった。14例中7例に再発がみられ,この7例中5例は衛星病巣を伴った再発で,これらは原発巣制御不能により全例死亡した。この衛星病巣はリンパ行性の逆行性転移により生じると考えられた。手術と併用した放射線療法および化学療法の衛星病巣制御に対する有効性...
唾液腺貯留嚢胞に対する吸引,圧迫療法
大類 晋
日本口腔科学会雑誌   41(5) 904-904   Dec 1992
野谷 健一, 佐藤 明, 鄭 漢忠
日本口腔外科学会雑誌   38(10) 1528-1533   Oct 1992
口腔癌の皮膚浸潤例の根治的切除例14例を主に病理組織学的検討を行った.1)皮膚浸潤部位は,14例中13例が原発部に近接した顔面・頸部皮膚にみられた.他の1例は頸部リンパ節転移の表面皮膚にみられた.2)皮膚切除部の制御例・非制御例に分けて,原発部腫瘍の組織学的grade, Willenのmode of invasionを検討したが,両者に差異はみられなかった.3)皮膚浸潤例全体では,び漫性浸潤のgrade 3・4の浸潤様式が多く,皮膚浸潤部と原発腫瘍との間の浸潤様式には,相関はみられなかった...

Misc

 
A Case of Maxillary Sinus Carcinoma Showing Long Time Survival with Administration of S-1 as Tumor Dormancy Therapy
Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   34(5) 749-751   2007

Books etc

 
ORAL ONCOLOGY volume-12
Sato J, Goto J, Harahashi A, Yamazaki Y, Sato A, Kitagawa Y (Part:Joint Work, Preoperative lymph node staging of oral cancer with FDG-PET)
Ocean Papers & Printers, New Delhi   2008   

Conference Activities & Talks

 
当科における過去10年間の口腔顎顔面外傷症例の臨床的検討
村田 翼, 浅香 卓哉, 佐藤 明, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Oct 2017   
顎下リンパ節にみられたIgG4関連リンパ節症の1例
宮腰 昌明, 吉川 和人, 清水 六花, 鎌口 真由美, 秦 浩信, 佐藤 明, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Jul 2017   
当科における後期高齢者口腔扁平上皮癌手術症例の臨床的検討
今待 賢治, 坪井 香奈子, 黒嶋 雄志, 吉川 和人, 宮腰 昌明, 佐藤 明, 北川 善政
頭頸部癌   May 2017   
自立前期高齢者に対する味覚異常に関する疫学研究
元川 賢一朗, 佐藤 明, 大賀 則孝, 山崎 裕, 北川 善政
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2017   
地域自立高齢者の味覚異常と咬合状態の関連に関する検討
松下 貴惠, 元川 賢一郎, 岡田 和隆, 佐藤 明, 北川 善政, 山崎 裕
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2017   
Medically unexplained oral symptomへの口腔内科的アプローチ 当科における「Medically unexplained oral symptom」患者への対応
佐藤 淳, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2017   
自立前期高齢者に対する味覚異常に関する疫学研究
元川 賢一朗, 佐藤 明, 大賀 則孝, 山崎 裕, 北川 善政
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2016   
地域自立高齢者の味覚異常と咬合状態の関連に関する検討
松下 貴惠, 元川 賢一郎, 岡田 和隆, 佐藤 明, 北川 善政, 山崎 裕
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2016   
Medically unexplained oral symptomへの口腔内科的アプローチ 当科における「Medically unexplained oral symptom」患者への対応
佐藤 淳, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2016   
角化嚢胞性歯原性腫瘍摘出術後、病的骨折部位に異常骨吸収を認めた1例
宮腰 昌明, 大賀 則孝, 今待 賢治, 吉川 和人, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Dec 2016   
当科における口底扁平上皮癌の治療成績
秦 浩信, 佐藤 明, 宮腰 昌明, 吉川 和人, 黒嶋 雄志, 加藤 泰史, 北川 善政
頭頸部癌   May 2016   
当科における下顎歯肉扁平上皮癌の治療成績
吉川 和人, 秦 浩信, 宮腰 昌明, 黒嶋 雄志, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 明, 北川 善政
頭頸部癌   May 2016   
顎下リンパ節にみられたIgG4関連リンパ節症の1例
宮腰 昌明, 吉川 和人, 清水 六花, 鎌口 真由美, 秦 浩信, 佐藤 明, 北川 善政
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2016   
病的下顎骨骨折の2例
黒嶋 雄志, 佐藤 明, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Dec 2015   
当科における舌扁平上皮癌の治療成績
秦 浩信, 宮腰 昌明, 吉川 和人, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 明, 北川 善政
頭頸部癌   May 2015   
頬粘膜に生じた細菌に関連したと思われる白色病変の1例
佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 吉川 和人, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔診断学会雑誌   Feb 2015   
頬粘膜に生じた細菌に関連したと思われる白色病変の1例
佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 吉川 和人, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔内科学会雑誌   Dec 2014   
Clinicopathological investigation of selective neck dissection( Level I~IV)
SATOH Akira
American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons   8 Sep 2014   
口腔扁平上皮癌患者の治療後の唾液中のIL-6濃度のモニタリングは局所再発の予測に有用である
佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 吉川 和人, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 明, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Sep 2014   
FDG-PET/CTを用いた口腔癌術前頸部リンパ節転移検出に関する検討
宮腰 昌明, 秦 浩信, 佐藤 明, 山崎 裕, 岡本 祥三, 志賀 哲, 北川 善政, 玉木 長良
核医学   Sep 2013   
Transmasseteric antero-parotid approach(TMAP)で行った関節突起骨折の1例
吉川 和人, 佐藤 明, 浅香 卓哉, 鈴木 峻一, 播磨 美樹, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Jun 2013   
下顎骨に生じた紡錘細胞癌の1例
三河 洋平, 佐藤 明, 浅香 卓哉, 秦 浩信, 北村 哲也, 進藤 正信, 野谷 健一, 北川 善政
頭頸部癌   May 2013   
FDG-PET/CTを用いた口腔癌術前頸部リンパ節転移検出に関する検討
宮腰 昌明, 村井 知佳, 阿部 貴洋, 秦 浩信, 佐藤 明, 山崎 裕, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Jan 2013   
口腔外科領域におけるHBOの適応と有用性
北川 善政, 浅香 卓哉, 佐藤 淳, 秦 浩信, 佐藤 明, 山崎 裕
日本高気圧環境・潜水医学会雑誌   Dec 2012   
Usefulness of free vascularized bone reconstruction for advanced mandibular osteoradionecrosis
SATOH Akira
Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery   15 Nov 2012   
口腔外から再建用プレート固定を行った無歯顎の両側下顎骨体部骨折の1例
浅香 卓哉, 秦 浩信, 宮腰 昌明, 坂田 健一郎, 佐藤 明, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Jun 2012   
外科療法を行った放射線性顎骨骨髄炎の臨床的検討
佐藤 明, 秦 浩信, 北川 善政
頭頸部癌   May 2012   
治療前の痛みは口腔扁平上皮癌患者の予後不良を予測する因子となりえるか?
佐藤 淳, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Jan 2012   
唾液中IL-6濃度は口腔扁平上皮癌患者の原発部再発・頸部後発転移に関連する
佐藤 淳, 小野寺 麻記子, 村井 知佳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Sep 2011   
新たな口腔内皮膚移植術の試み
宮腰 昌明, 秦 浩信, 阿部 貴洋, 佐藤 健彦, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Sep 2011   
当科における救急科紹介患者の臨床的検討
佐藤 明, 佐藤 健彦, 宮腰 昌明, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Jun 2011   
当科において保存療法を施行した下顎骨骨折の臨床的検討
宮腰 昌明, 佐藤 明, 佐藤 健彦, 黒嶋 雄志, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Jun 2011   
口腔扁平上皮癌再発例の臨床的検討
佐藤 明, 秦 浩信, 野谷 健一, 北川 善政
頭頸部癌   May 2011   
口腔扁平上皮癌患者の治療前の疼痛に関連する因子の研究(第四報) 疼痛は癌の内向性増殖に関連して予後を左右する
佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Jan 2011   
開口障害の精査依頼で受診した破傷風の1例
阿部 貴洋, 佐藤 淳, 寺田 典子, 佐藤 健彦, 秦 浩信, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Jan 2011   
当科における口腔癌の下顎広範切除例に対する顎堤形成術
秦 浩信, 村田 翼, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 黒嶋 伸一郎, 小野木 宏仲, 野谷 健治, 林 利彦, 古川 洋志, 北川 善政
頭頸部癌   May 2010   
保存的頸部郭清術の治療成績
佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔腫瘍学会誌   Dec 2009   
頭頸部領域悪性リンパ腫の悪性度評価におけるFDG-PETおよびsIL-2Rの有用性の検討
小野寺 麻記子, 秦 浩信, 山崎 裕, 佐藤 明, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Sep 2009   
上顎骨に生じた腺腫様歯原性腫瘍の1例
梅本 紘子, 金田 泰幸, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 野谷 健一, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Sep 2009   
口腔扁平上皮癌患者の治療前の疼痛に関連する因子の研究(第四報) 舌癌の自発痛に限定しての検討
佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Sep 2009   
難治性の下顎骨骨髄炎に対するFDG-PETの有用性の検討
秦 浩信, 山崎 裕, 佐藤 明, 杉浦 千尋, 佐藤 淳, 小野寺 麻記子, 梅本 紘子, 北森 正吾, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Sep 2009   
下顎骨中心性歯原性線維腫の1例
佐藤 健彦, 佐藤 明, 秦 浩信, 阿部 貴洋, 黒嶋 雄志, 野谷 健一, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Sep 2009   
口腔扁平上皮癌患者の唾液中のIL-6発現についての検討(第三報) 短期的予後との関連
佐藤 淳, 北森 正吾, 後藤 隼, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Sep 2009   
口腔前庭に歯牙迷入を認めた口腔外傷の1例
佐藤 健彦, 北森 正吾, 佐藤 明, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Jun 2009   
下顎歯肉扁平上皮癌手術症例の治療成績の検討
栗林 和代, 小野 貢伸, 足利 雄一, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
頭頸部癌   May 2009   
口腔扁平上皮癌患者の唾液中のIL-6発現についての検討(第2報) 臨床パラメーターおよび短期予後との関連
佐藤 淳, 後藤 隼, 原橋 綾子, 佐藤 明, 山崎 裕, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Sep 2008   
下顎歯肉癌における術前化学療法併用放射線療法後の腫瘍残存様式
大廣 洋一, 進藤 正信, 小泉 雄, 小野 貢伸, 足利 雄一, 鄭 漢忠, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
日本口腔科学会雑誌   Sep 2008   
軟口蓋原発神経内分泌型小細胞癌の1例
黒嶋 雄志, 杉浦 千尋, 北森 正吾, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Sep 2008   
根治切除を行った口底扁平上皮癌56例の治療成績
佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔腫瘍学会誌   Sep 2008   
下顎粉砕骨折の治療経験
黒嶋 雄介, 佐藤 明, 黒嶋 伸一郎, 野谷 健一, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Jun 2008   
下顎正中および両側関節突起骨折により関節頸部の外側転位を生じた小児骨折の1例
佐藤 明, 大内 学, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
口腔顎顔面外傷   Jun 2008   
頬粘膜扁平上皮癌82例の治療成績
佐藤 明, 小野 貢伸, 野谷 健一, 戸塚 靖則, 北川 善政
頭頸部癌   May 2008   
口底癌手術例の治療成績
小野 貢伸, 佐藤 明, 足利 雄一, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
頭頸部癌   May 2008   
著しい骨硬化像を認めた下顎腺様嚢胞癌の1例
秦 浩信, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 進藤 正信, 北川 善政, 関堂 充
頭頸部癌   May 2008   
癌(臨床) FDG-PETは、口腔癌のoccultmetastasisを検出可能か?
齊藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Jan 2008   
口腔癌患者の唾液中のIL-6発現についての検討(第一報) 口腔ケアに伴う経時的変化
佐藤 淳, 後藤 隼, 白戸 綾子, 佐藤 明, 山崎 裕, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Jan 2008   
口腔癌入院患者に対する合併症予防としての口腔ケアの効果
後藤 隼, 佐藤 淳, 佐藤 明, 杉浦 千尋, 山崎 裕, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Jan 2008   
下顎小臼歯部に生じた石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例
村井 知佳, 山崎 裕, 佐藤 明, 佐藤 健彦, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Jan 2008   
舌癌に対する頸部郭清術の郭清範囲に関する検討
佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 足利 雄一, 戸塚 靖則
日本口腔外科学会雑誌   Aug 2007   
骨吸収を伴った下顎頭から再建腓骨部への再発癌に対する化学放射線療法後に著明な骨再生がみられた1例
佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
頭頸部癌   May 2007   
口腔扁平上皮癌患者の治療前の疼痛に関連する因子の研究(第三報) 疼痛は癌の内向性増殖に関連している
佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
頭頸部癌   May 2007   
ロキソプロフェンナトリウムにより血小板減少症を生じたと考えられた三叉神経痛の1例
後藤 隼, 佐藤 淳, 加藤 卓己, 寺田 典子, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 北川 善政
日本口腔科学会雑誌   Jan 2007   
2005年WHO新分類に基づいた歯原性腫瘍の臨床的・病理学的検討
山田 珠希, 笠原 知恵, 大廣 洋一, 野呂 洋輔, 山本 栄治, 小林 一三, 戸塚 靖則, 佐藤 明, 北川 善政, 飯塚 正, 進藤 正信
日本口腔科学会雑誌   Jan 2007   
Study on optimal type of neck dissection for tongue carcinoma
SATOH Akira
American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons   12 Oct 2007   
塩酸プロピトカイン・フェリプレシンにて術中メトヘモグロビン血症を発症した左上顎歯肉癌の1例
大久保 直登, 阿部 貴洋, 佐藤 淳, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2006   
FDG-PETにて高集積を認めたトキソプラズマ症の1例
小澤 秀之, 山崎 裕, 阿部 貴洋, 榊原 典幸, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2006   
片側咬筋の瘢痕性変化により重度開口障害をきたした1例
寺田 典子, 佐藤 淳, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 進藤 正信
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2006   
口腔癌患者の疼痛に関する臨床的研究(第一報) 治療前の疼痛に関連する因子の検討
佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2006   
TS-1が奏効した上顎洞癌肺転移例の1例
佐藤 明, 加藤 卓己, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔腫瘍学会誌   Dec 2006   
口蓋および耳下腺に発生したMALTリンパ腫の1例
加藤 卓己, 山崎 裕, 佐藤 明, 箕輪 和行, 進藤 正信, 北川 善政
日本口腔腫瘍学会誌   Dec 2006   
口腔扁平上皮癌頸部リンパ節転移におけるFDG-PETとCTの診断能に関する比較研究
山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 滝波 修一, 中村 太保, 北川 善政
日本口腔腫瘍学会誌   Dec 2006   
口腔癌患者の疼痛に関する研究(第二報) 治療前の疼痛に関連する因子(多変量解析)
佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Sep 2006   
頭頸部癌におけるMET-PETの有用性の検討
斉藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 北川 善政
日本口腔外科学会雑誌   Sep 2006   
下歯槽神経臼歯枝由来と考えられた下顎骨中心性神経鞘腫の1例
吉川 和人, 榊原 典幸, 佐藤 明, 寺田 典子, 石川 誠, 野谷 健一, 北川 善政, 飯塚 正, 箕輪 和行
日本口腔外科学会雑誌   Jul 2006   
同時性重複癌4例に対する根治的治療経験
佐藤 明, 齊藤 正晃, 野谷 健一, 北川 善政
頭頸部癌   May 2006   
頭頸部癌頸部リンパ節転移におけるFDG-PETとCT,USGの診断能に関する比較研究
齊藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 佐藤 隆文, 滝波 修一, 中村 太保, 北川 善政
頭頸部癌   May 2006   
舌癌対側頸部リンパ節転移例の検討
佐藤 明, 加藤 卓己, 見附 明彦, 吉川 和人, 野谷 健一, 北川 善政, 足利 雄一, 戸塚 靖則
日本口腔外科学会雑誌   Sep 2005   
FDG-PETによる頭頸部扁平上皮癌頸部リンパ節転移の診断に関する研究 リンパ節個々の病理組織学的所見との比較
齊藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則
日本口腔科学会雑誌   Sep 2005   
Stage III,IV舌癌手術例の検討
佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 足利 雄一, 小野 貢伸, 大廣 洋一, 高野 昌士, 小堀 善則, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則
頭頸部癌   May 2005   
組織型の異なる両側異時性上顎癌の1例
金田 泰幸, 佐藤 明, 邊見 亨, 野谷 健一, 進藤 正信, 向後 隆男
日本口腔科学会雑誌   Jan 2005   
UFTが著効を示した下顎歯肉癌の1例
鈴木 宣充, 佐藤 明, 水野 貴行, 野谷 健一, 福田 博
日本口腔外科学会雑誌   Mar 2004   
舌及び肺の同時性重複癌の1例
阿部 旬子, 佐藤 明, 水野 貴行, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信
日本口腔外科学会雑誌   Mar 2004   
口腔癌患者における上部消化管スクリーニング検査について
鎌田 卓, 小野 貢伸, 高野 昌士, 足利 雄一, 大廣 洋一, 佐藤 明, 山崎 裕, 鄭 漢忠, 野谷 健一, 戸塚 靖則
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2003   
下顎骨再建プレート使用症例における合併症の検討
高野 昌士, 小野 貢伸, 足利 雄一, 鄭 漢忠, 佐藤 明, 野谷 健一, 戸塚 康則
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2003   
頭頸部癌術後に発症したMRSA肺炎に対するVCM投与時のTDMの有用性
豊田 晶子, 山崎 裕, 佐藤 明, 杉浦 千尋, 佐藤 千晴, 榊原 典幸, 野谷 健一, 笠師 久美子, 原田 幸子, 和田 育男
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2003   
舌癌T2N0症例に対する予防郭清の意義 多変量解析による検討
佐藤 明, 高野 昌士, 野谷 健一, 戸塚 靖則, 福田 博
日本口腔科学会雑誌   Nov 2003   
下顎骨転移巣を初発症状とした肺小細胞癌の1例
阿部 貴洋, 佐藤 明, 佐藤 千晴, 豊田 晶子, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信, 向後 隆男
日本口腔外科学会雑誌   Feb 2003   
術前動注併用放射線治療を行った進行舌癌の2例
守屋 信吾, 佐藤 明, 大森 桂一, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 西岡 健, 本間 明宏, 野谷 健一, 福田 博
日本口腔外科学会雑誌   Feb 2003   
当科における扁平上皮癌Stage IV症例の臨床的検討
守屋 信吾, 佐藤 明, 北田 秀昭, 山下 知巳, 野谷 健一, 福田 博
日本口腔腫瘍学会誌   Dec 2002   
REAL分類による口腔外科領域非ホジキンリンパ腫の臨床病理学的検討
金田 泰幸, 佐藤 明, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信, 向後 隆男
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2002   
上顎骨に発生した骨軟骨腫の1例
豊田 晶子, 佐藤 明, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信, 向後 隆男
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2002   
術後に急性出血性直腸潰瘍を合併した頬粘膜癌の1例
齊藤 正晃, 佐藤 明, 邊見 亨, 葛巻 哲, 野谷 健一, 福田 博
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2001   
MASA法を用いた口腔扁平上皮癌における微小頸部リンパ節転移の検出
佐藤 千晴, 山崎 裕, 千葉 逸朗, 佐藤 明, 平井 敦子, 野谷 健一, 福田 博, 飯塚 正, 向後 隆男
頭頸部腫瘍   May 2001   
DMBA誘発ハムスター舌癌のリンパ節転移に関する免疫組織化学的研究
牧野 修治郎, 川口 泰, 佐藤 明, 福田 博
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2000   
口腔癌における遺伝子学的手法による微小頸部リンパ節転移診断の試み
佐藤 千晴, 山崎 裕, 千葉 逸朗, 佐藤 明, 平井 敦子, 金田 泰幸, 野谷 健一, 福田 博, 女澤 史恵, 飯塚 正
日本口腔外科学会雑誌   Dec 2000   
翼突下顎隙と側頭下窩へ進展した下顎歯肉癌の1例
川口 泰, 山下 知巳, 牧野 修治郎, 佐藤 明, 守屋 信吾, 山崎 裕, 野谷 健一, 高橋 浩師, 箕輪 和行, 福田 博
日本口腔外科学会雑誌   Nov 2000   
9,10-dimethyl-1,2-benzanthracene(DMBA)誘発ハムスター頬嚢粘膜癌の発癌過程におけるプロテアーゼ発現に関する研究 臨床検体におけるプロテアーゼ発現との対比
佐藤 明, 荒 敏昭, 金田 泰幸, 福田 博
日本口腔外科学会雑誌   Dec 1998   
DMBA誘発ハムスター頬嚢粘膜癌の発癌過程におけるプロテアーゼ発現に関する研究
佐藤 明, 荒 敏昭, 金田 泰幸, 福田 博, 松本 章
日本口腔科学会雑誌   Dec 1998   
口腔扁平上皮癌における頸部リンパ節転移様相
高 律子, Tei Kanchu, 佐藤 明, 牧野 修治郎, 原田 浩之, 野谷 健一, 福田 博, Lin Hsin, 小野 貢伸, 戸塚 靖則
日本口腔腫瘍学会誌   Sep 1998   
口腔扁平上皮癌に対する術前照射の評価 Coxの比例ハザードモデルを用いて
佐藤 明
日本口腔外科学会雑誌   Dec 1997   

Research Grants & Projects

 
Study of invasion, metastasis and prognosis in oral cancer,