木村 和弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 19:01
 
アバター
研究者氏名
木村 和弘
 
キムラ カズヒロ
URL
http://www.hokudai.ac.jp/veteri/
所属
北海道大学
部署
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 比較形態機能学講座 生化学教室
職名
教授
学位
博士(獣医学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年6月
 - 
現在
北海道大学 (連合)獣医学研究科 教授
 
1995年4月
 - 
2007年5月
北海道大学 (連合)獣医学研究科 助教授
 
1989年10月
 - 
1995年3月
大阪府立大学(農学部) 助手
 
1988年4月
 - 
1989年9月
大阪大学(医学部) 研究生
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1988年3月
北海道大学 大学院獣医学研究科 
 
1979年4月
 - 
1983年3月
北海道大学 獣医学部 
 

受賞

 
2006年3月
日本獣医学会賞
 

論文

 
Elfeky Mohamed, Yoneshiro Takeshi, Okamatsu-Ogura Yuko, Kimura Kazuhiro
JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   163(2) 143-153   2018年2月   [査読有り]
Yoneshiro Takeshi, Kaede Ryuji, Nagaya Kazuki, Aoyama Julia, Saito Mana, Okamatsu-Ogura Yuko, Kimura Kazuhiro, Terao Akira
OBESITY RESEARCH & CLINICAL PRACTICE   12(1) 127-137   2018年1月   [査読有り]
Okamatsu-Ogura Yuko, Nio-Kobayashi Junko, Nagaya Kazuki, Tsubota Ayumi, Kimura Kazuhiro
JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   124(1) 99-108   2018年1月   [査読有り]
Role of macrophages in depot-dependent browning of white adipose tissue.
Journal of Physiological Sciences   68 601-608   2018年   [査読有り]
Melinjo (Gnetum gnemon L.) seed extract induces uncoupling protein 1 expression in brown fat and protects mice against diet-induced obesity, inflammation, and insulin resistance.
Nutrition Research   58 17-25   2018年   [査読有り]
Watanabe Atsushi, Hata Eiji, Slama Petr, Kimura Kazuhiro, Hirai Tsunao
JOURNAL OF APPLIED ANIMAL RESEARCH   46(1) 604-608   2017年8月   [査読有り]
Okamatsu-Ogura Yuko, Fukano Keigo, Tsubota Ayumi, Nio-Kobayashi Junko, Nakamura Kyoko, Morimatsu Masami, Sakaue Hiroshi, Saito Masayuki, Kimura Kazuhiro
SCIENTIFIC REPORTS   7    2017年7月   [査読有り]
Abd Eldaim Mabrouk Attia, Matsuoka Shinya, Okamatsu-Ogura Yuko, Kamikawa Akihiro, Ahmed Mohamed Mohamed, Terao Akira, Nakajima Kei-ichi, Kimura Kazuhiro
GENES TO CELLS   22(6) 568-582   2017年6月   [査読有り]
Shin Woongchul, Okamatsu-Ogura Yuko, Machida Ken, Tsubota Ayumi, Nio-Kobayashi Junko, Kimura Kazuhiro
OBESITY   25(2) 417-423   2017年2月   [査読有り]
Ito Tomoki, Yamaji Daisuke, Kamikawa Akihiro, Eldaim Mabrouk Attia Abd, Okamatsu-Ogura Yuko, Terao Akira, Saito Masayuki, Kimura Kazuhiro
ENDOCRINE JOURNAL   64(8) 777-785   2017年   [査読有り]
Fukano Keigo, Okamatsu-Ogura Yuko, Tsubota Ayumi, Nio-Kobayashi Junko, Kimura Kazuhiro
PLOS ONE   11(11)    2016年11月   [査読有り]
Elfeky Mohamed, Kaede Ryuji, Okamatsu-Ogura Yuko, Kimura Kazuhiro
MEDIATORS OF INFLAMMATION      2016年   [査読有り]
Okamatsu-Ogura Yuko, Tsubota Ayumi, Ohygma Kana, Nogusa Yoshihito, Saito Masayuki, Kimura Kazuhiro
JOURNAL OF FUNCTIONAL FOODS   19 1-9   2015年12月   [査読有り]
Sakurai Yuta, Okamatsu-Ogura Yuko, Saito Masayuki, Kimura Kazuhiro, Nakao Ryo, Ohnuma Aiko, Kobayashi Mari
MARINE MAMMAL SCIENCE   31(2) 818-827   2015年4月   [査読有り]
Teramura Yasufumi, Terao Akira, Okada Yuko, Tomida Junichi, Okamatsu-Ogura Yuko, Kimura Kazuhiro
JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH   62(3) 117-127   2014年8月   [査読有り]
Experimental Animals   62 205-213   2014年   [査読有り]
Fukano Keigo, Kimura Kazuhiro
Methods in Enzymolpogy   542 115-124   2014年   [査読有り]
Okamatsu-Ogura Yuko, Fukano Keigo, Tsubota Ayumi, Uozumi Akihiro, Terao Akira, Kimura Kazuhiro, Saito Masayuki
PLOS ONE   8(12)    2013年12月   [査読有り]
Tanno Shogo, Terao Akira, Okamatsu-Ogura Yuko, Kimura Kazuhiro
OBESITY RESEARCH & CLINICAL PRACTICE   7(4) E251-E257   2013年7月   [査読有り]

Misc

 
褐色/ベージュ脂肪細胞の発生機構と生理的役割
岡松 優子、木村 和弘
Bioindustry   30(11) 4-10   2013年
上川 昭博, 鈴木 千春, 山本 敦子, 木村 和弘
肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity   15(2) 222-224   2009年8月
褐色脂肪細胞によるエネルギー代謝制御におけるPGC-1の役割
岡松 優子, 木村 和弘
内分泌・糖尿病科   29 109-116   2009年
寺尾 晶, 春山 貴志, 木村 和弘
獣医生化学 = Veterinary biochemistry   44(0) 11-14   2007年12月
山地 大介, 斉藤 昌之, 木村 和弘
肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity   13(3) 314-316   2007年12月

書籍等出版物

 
Patel VB ed. Molecular Nutrition: Carbohydrate
木村 和弘 (担当:分担執筆, 範囲:Linking pathways and processes: retinoic acid and glucose. Chapter 14)
Elsever   2019年   
改訂. 獣医生化学
木村 和弘 他 (担当:編者, 範囲:編集および第14章細胞間情報伝達と受容、応答、調節 の執筆)
朝倉書店   2016年4月   
Conceptual background and bioenergetic/mitochondrial aspects of oncometabolism. in Methods of Enzymology
木村 和弘 (担当:分担執筆, 範囲:Measurement of enolase activity in cell lysates.Methods Enzymol 542, 115-124.)
Elsever   2014年   
特集 褐色脂肪細胞と食品成分−抗肥満へのアプローチ
木村 和弘 (担当:監修, 範囲:特集号の監修 30巻11号)
バイオインダストリー   2013年11月   
Sima AAF (ed) Diabetes and C-Peptide: Scientific and Clinical Aspects. Contemporary Diabetes
木村 和弘 (担当:分担執筆, 範囲:Is NO-eNOS a target for C-peptide action and its protective effects on diabetic nephropathy? (Chapter6))
Springer Science+Business Media, LLC   2011年   
からだと酸素の辞典 (酸素ダイナミックス研究会編)
木村 和弘 (担当:分担執筆, 範囲:UCPと酸素消費量)
朝倉書店   2009年   
獣医生化学実験
獣医生理学・生理化学教育懇談会 (担当:監修, 範囲:第3版改訂監修)
緑書房   2008年4月   
ホルモンハンドブック 新訂eBook版(日本比較内分泌学会編)
木村 和弘 (担当:分担執筆, 範囲:レプチン (Section I-E-4-g))
南江堂   2007年   
獣医生化学
木村 和弘 (担当:分担執筆, 範囲:細胞間情報伝達と受容、応答、調節(第15章))
朝倉書店   2005年   
臓器灌流実験講座 (臓器灌流研究会編)
木村 和弘 (担当:分担執筆, 範囲:プロスタノイドの生成とグリコーゲン分解)
新興医学出版   2000年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 木村 和弘
これまで脂肪細胞の状態が大きく異なる食餌性肥満(HFD)マウスと対照(ND)マウスを用い、HFD群未妊娠の乳腺では導管の分枝頻度が低下し、その細胞組成や間質構造にも異常があること、HFD群妊娠期乳腺においても腺房構造形成遅延と機能成熟の遅れがあることを明らかにした。ここでは出産後の泌乳期における肥満影響の解明を試みたが,HFD群のマウスでは母性行動異常により授乳がほとんどの個体でみられず、ND群との乳腺構造の単純な比較は意味がないと思われた。そこで、肥満と母性行動の関連ついて定量的解析を試...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 木村 和弘
未妊娠の雌マウスにおいて肥満が乳腺発達異常(導管径の短縮と分岐数の減少、筋上皮細胞層の欠失とコラーゲン層の肥厚)をもたらすことを明らかにし、その異常の一部は脂肪細胞分泌因子レプチンに因ることを強く示唆した。一方、イヌ乳腺腫瘍組織より得た不死化細胞5株の増殖はレプチンにより影響されず、癌化に伴う応答性の変化が示唆された。さらに導管形成を促進する成長因子HGFの脂肪細胞における発現調節機構などについて検討した。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2007年    代表者: 斉藤 昌之
哺乳動物には通常の白色脂肪とは別に褐色脂肪組織(BAT)があり、ミトコンドリアにある脱共役蛋白質(UCP1)の働きによって熱を産生している。本研究では、BATについて、特に交感神経の調節作用と脂肪・糖代謝、肥満との関係に焦点を当ててマウスやイヌ、ヒトで検討した。1、β3アドレナリン受容体(AR)は脂肪細胞に局在している。正常マウスにβ3AR作動薬を投与すると、摂食量は変わらないが、BAT熱産生亢進、白色脂肪からの脂肪動員、エネルギー(酸素)消費亢進が起こり、最終的には白色脂肪細胞サイズが小...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 木村 和弘
脱共役タンパク質(UCP)はミトコンドリア内膜と外膜間に形成されたプロトン勾配とATP合成を脱共役させる。AMP-activated protein kinase (AMPK)はATPの分解産物であるAMPによって活性化される蛋白質リン酸化酵素であり、細胞内エネルギーレベルの低下を感知して活性が上昇する。本研究ではUCPの発現あるいは活性化が細胞のATPレベルを低下させ、AMPKを介して細胞のエネルギー代謝を調節するか明らかにすることを目的とした。まずUCP1遺伝子ノックアウト(KO)マウ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 木村 和弘
脱共役タンパク質UCP2(uncoupling protein2)の肝臓での発現がエネルギー代謝調節および物質(糖・アミノ酸・脂肪酸)代謝に与える影響を明らかにするため、以下の実験を行った。肝細胞でのUCP2の発現を解析したところ、肝部分切除後の再生肝において発現が増大した。肝臓潅流法を用いて、種々の代謝について検討したところ、再生肝では脂肪酸からの酸素消費(ベータ酸化)やケトン体生成が促進し、ケトン体生成1モル当りの酸素消費量は対照に比べ有意に高く、逆にミトコンドリア内のNADH/NAD...

特許

 
柴田 治樹, 本庄 勉, 斉藤 昌之, 木村 和弘, 佐々木 典康