藤森 康澄

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/25 17:13
 
アバター
研究者氏名
藤森 康澄
 
フジモリ ヤスズミ
所属
北海道大学
部署
大学院水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 海洋計測学分野
職名
教授
学位
博士(水産学)(東京海洋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年5月
 - 
現在
北海道大学 大学院水産科学研究院 教授
 
1993年
 - 
1994年
 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
 
1994年
 - 
1995年
 北海道大学助手(水産学部漁業学科漁具漁法学講座) 助手
 
1995年
 - 
2005年
 水産学部海洋生産システム学科生産システム設計学講座 助手
 
2005年
 - 
2010年4月
北海道大学 大学院水産科学研究院 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
東京水産大学 水産学研究科 海洋生産学専攻
 
 
 - 
1987年
東京水産大学 水産学部 漁業生産学科
 
 
 - 
1988年
東京水産大学 水産学部 水産専攻科
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
現在
北海道  北海道連合海区漁業調整委員会委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本水産工学会  評議員
 
2017年8月
 - 
2019年3月
一般社団法人海洋水産システム協会  さけ・ます代替漁法調査・検討委員会委員
 
2016年9月
 - 
2016年12月
一般社団法人海洋水産システム協会  さけます代替漁法可能性調査・検証委員会委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本水産学会  シンポジウム企画委員
 

受賞

 
2000年4月
日本水産学会 奨励賞
 

論文

 
藤森 康澄
北海道大学水産科学研究彙報   68(1) 1-6   2018年3月
藤森康澄,越智洋介,山崎慎太郎,伊藤遼平,小林由美,山本 潤,田丸 修,蔵 本洋介,桜井泰憲
Fisheries Science   84(6) 953-961   2018年11月   [査読有り]
片山 貴士,藤森 康澄
日本水産学会誌      2018年   [査読有り]
総論:持続的漁業に最適な漁獲技術とは?−資源回復を向上させるために−
梶川和武,藤森康澄,山川 卓,松下吉樹
月刊海洋   49(9) 1-6   2017年
高橋勇樹,藤森康澄,胡 夫祥,木村暢夫
日本水産学会誌   83(6) 950-960   2017年

Misc

 
えりも地域サケ定置網におけるゼニガタアザラシによる漁業被害と対策手法
藤森康澄,蔵本洋介
水産海洋地域研究集会第48回北洋研究シンポジウム      2018年8月
藤森康澄
日本LCA学会誌   14(3) 213-218   2018年   [依頼有り]
資源評価体制確立推進事業報告書<資源解析手法教科書-補遺集- 東海 正編>
日本水産資源保護協会      2002年

講演・口頭発表等

 
三陸沖合底びき網に導入された角目網パネルのキチジに対するサイズ選択性の推定
遠藤拓也,片山貴士,藤森康澄
日本水産学会   2017年3月   
LED灯光の特性の違いによる集魚効果の比較
坂本誠,松原直人,安間洋樹,清水晋,藤森康澄,片倉靖次
日本水産学会   2017年3月   
水中カメラを用いたサケ定置網に侵入するゼニガタアザラシの個体識別
伊藤遼平,藤森康澄,桜井泰憲,小林由美,山本潤,蔵本洋介
日本水産学会   2017年3月   
エゾメバルの鳴音の音響特性,および鳴音受信頻度と個体密度の関係
松原直人,坂本誠,片倉靖次,赤松友成,高橋竜三,藤森康澄,木村暢夫,前川和義,安間洋樹
日本水産学会支部大会   2016年10月   
中西部太平洋のマグロ類漁業における東アジア各国の生産・貿易量の相互関係と影響力の検証
劉 昱謙,藤森康澄
日本水産学会大会   2016年3月   

競争的資金等の研究課題

 
北海道噴火湾のトヤマエビ漁業における小型個体保護のための脱出機能付かご漁具の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 藤森 康澄
平成30年度 えりも地域ゼニガタアザラシ行動解析調査業務
環境省: 環境省北海道地方環境事務所受託研究
研究期間: 2018年11月 - 2019年3月    代表者: 藤森 康澄
H29スルメイカ対光行動実験の実施に係る委託事業
国立研究開発法人水産研究・教育機構・水産工学研究所: 受託研究
研究期間: 2017年4月 - 2017年12月    代表者: 藤森 康澄
光学プランクトン観測システムによる動物プランクトン生産力の定量評価
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2012年4月 - 2017年3月    代表者: 山口 篤
平成28年度 えりも地域ゼニガタアザラシ捕獲網の 改良検討業務
環境省: 環境省北海道地方環境事務所受託研究
研究期間: 2016年4月 - 2016年10月    代表者: 藤森 康澄