坂本 竜彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/09 14:24
 
アバター
研究者氏名
坂本 竜彦
 
サカモト タツヒコ
所属
独立行政法人海洋研究開発機構
部署
地球内部変動研究センター
職名
グループリーダー
学位
博士(理学)(北海道大学), 修士(理学)(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1993年
北海道ハイテリノロジー専門学校 非常勤講師
 
1991年
 - 
1992年
札幌学院大学社会情報学部 非常勤講師
 
1994年
 - 
1995年
日本学術振興会 特別研究員(DC)
 
1995年
   
 
- 北海道大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻・助手
 
1997年
   
 
- 北海道東海大学海洋開発工学科 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1995年
北海道大学 理学研究科 地質学鉱物学
 
 
 - 
1991年
北海道大学 理学部 地質学鉱物学
 

受賞

 
1994年
日本地質学会研究奨励賞
 

Misc

 
地質学雑誌   98(7) 611-633   1992年
縞状構造の周期性について
月刊地球   15(5) 277-281   1993年
日本海における第四紀後期生物生産量の変動サイクル
月刊地球   15(1) 12-18   1993年
佐渡島新第三系中山層の縞状珪藻泥岩に記録された海洋変動のリズム
月刊地球   13(7) 467-469   1991年
大和海盆堆積物中のラミナ
工業技術院地質調査所「日本海中部遠縁部・大陸棚周辺海域の海洋学的研究平成4年度研究概要報告書」   245-261   1993年

書籍等出版物

 
ラミナ(地層の縞状構造)の周期性について-太陽と月の運動との関係
富士書院,「生物リズムの構造-MemCalc1000による生物時系列データの解析   1992年   

Works

 
日本海中部東縁部大陸棚周辺海域の海洋地質学的研究
1992年
国際深海掘削計画第160次航海(東地中海)
1995年
国際学術研究(文部省科学研究費補助金)「温室期の地球システムにおける生物生産と物質輸送の高精度解析」におけるフランス南プロヴァンスでの学術試料)採集
2000年
国際深海掘削計画第186次航海(三陸沖)
2000年
科学技術振興事業団戦略基礎研究オホーツク海氷の実態と気候システムにおける役割の解明
1997年

競争的資金等の研究課題

 
オホーツク海、ベーリング海、北極海における海氷変動の実態解明
白亜紀海洋無酸素事変のメカニズム及び温室地球の気候変動の解明
縞状堆積物(ラミナ)の記録する古海洋変動の周期とメカニズムの解明
柱状堆物積物・堆積岩コアの非破壊状態計測装置の開発研究