SATO Tatsuya

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
SATO Tatsuya
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Comprehensive Psychology, Department of Comprehensive Psychology
Job title
Professor
Degree
Ph.D(Tohoku University), M.A.(Tokyo Metropolitan University)
Other affiliation
Ritsumeikan UniversityRitsumeikan UniversityRitsumeikan UniversityRitsumeikan UniversityRitsumeikan UniversityRitsumeikan University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1985
Psychology, Faculty of Humanities, Tokyo Metropolitan University
 
 
 - 
Mar 1987
Psychology , "Graduate School, Division of Humanities", Tokyo Metropolitan University
 
 
 - 
Mar 1989
Psychology , "Graduate School, Division of Humanities", Tokyo Metropolitan University
 

Awards & Honors

 
Sep 2016
日本質的心理学会優秀フィールド論文賞, 日本質的心理学会
 
Sep 2013
日本質的心理学会優秀フィールド論文賞, 日本質的心理学会
 
Sep 2009
日本質的心理学会優秀理論論文賞, 日本質的心理学会
 
2000
日本発達心理学会論文賞
 
1993
日本社会心理学会若手研究者奨励賞
 

Published Papers

 
土元 哲平, サトウ タツヤ
キャリア教育研究   37(2) 35-44   Apr 2019
Narrative: its Implications and its Possibility
Tatsuya Sato
SLCE: Studies of Language and Cultural Education   16 2-11   Dec 2018
取調べ録画動画の提示方法が自白の任意性判断に 及ぼす影響 -日本独自の二画面同時提示方式と撮影焦点の観点から-
中田友貴・若林宏輔・サトウタツヤ
法と心理   18 70-85   Oct 2018
ボランティアと連携した学級復帰の支援体制づくり――全日制単位制高校におけるフィールドワーク
神崎真実・サトウタツヤ
教育心理学研究   66 241-258   Sep 2018
Wilhelm Wundt in Sendai“ – Zur Geschichte der Psychologie in Japan
Uwe Wolfradt und Tatsuya Sato
Psychologische Rundschau   69 169-169   Jul 2018

Misc

 
[心理学史 諸国探訪] イタリア 
サトウタツヤ
心理学ワールド   (85) 29   Apr 2019
万歳三唱令 文書流言か文化創造か 対人援助学&心理学の縦横無尽 (24)
サトウタツヤ
対人援助学マガジン   (36) 113-118   Mar 2019
[心理学史 諸国探訪] インド 
サトウタツヤ
心理学ワールド   (84) 29   Jan 2019
質的データの可視化支援ツール「NARREX」の開発―KJ法経由のTEMとそれをサポートする方法について
斎藤進也・安田裕子・隅本雅友・菅井育子・サトウタツヤ
立命館人間科学研究   38 111-120   Jan 2019
[心理学史 諸国探訪] 国際心理学会の提唱者オコロビッツ(ポーランド)
サトウタツヤ
心理学ワールド   (83) 29   Oct 2018

Books etc

 
時間と記号 木戸彩恵・サトウタツヤ(編)『文化心理学』
サトウタツヤ
ちとせプレス   Mar 2019   
記号という考え方 木戸彩恵・サトウタツヤ(編)『文化心理学』
サトウタツヤ
ちとせプレス   Mar 2019   
文化心理学の歴史 木戸彩恵・サトウタツヤ(編)『文化心理学』
サトウタツヤ
ちとせプレス   Mar 2019   
文化心理学
木戸彩恵・サトウタツヤ
ちとせプレス   Mar 2019   
質的心理学辞典
能智正博・香川秀太・川島大輔・サトウタツヤ・柴山真琴・鈴木聡志(編集)
新曜社   Nov 2018   ISBN:4788516012

Conference Activities & Talks

 
Fifteen years of Trajectory Equifinality Approach
The 1st Transnational Meeting on Trajectory Equifinality Approach   2 Mar 2019   
Dialogue with "Voices of the Analysis" in Transition :The Perspective from Multi-voicedness
The 1st Transnational Meeting on Trajectory Equifinality Approach   2 Mar 2019   
避難区域外での行動選択と支援に関する研究ー福島県の住民の語りからー
日本質的心理学会第15回大会   23 Nov 2018   
自傷行為を行う生徒と関わる担任教師に対する支援のあり方ー複線径路・等至性モデリング(TEM)による分析
日本質的心理学会第15回大会   23 Nov 2018   
大学生のやる気はなぜなくなるのか?どのようにしてなくならないようにできるのか? ――TEAによる検討――
日本質的心理学会第15回大会   23 Nov 2018   

Teaching Experience

 
 

Works

 
ものつくり企業が注目する質的研究法  人々の願いを明らかにするTEM
The Others   Mar 2018
個人、家族、地域における「一貫性の感覚」の重要性  健康生成論をベースに被災地の復興の人生径路を考えてみる
The Others   Mar 2018 - Mar 2018
第2回 双葉郡住民実態調査 調査報告書
The Others   Jan 2018
日本心理学会高校生のための心理学講座
The Others   Dec 2017 - Dec 2017
質的研究とは何か
The Others   Mar 2017 - Mar 2017

Research Grants & Projects

 
「病いとともに生きる」という生き方―生きることの楽しさを難病の患者さんから学ぶ
独立行政法人日本学術振興会・研究成果の社会還元・普及事業
Project Year: 2010 - 2010
三次元表現を用いた議論の可視化ツール
社会技術研究開発センター(RISTEX)科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』公募
Project Year: 2010 - 2010
公共的コミュニケーションの可視化-複雑社会における政治的法的判断の構造
独立行政法人日本学術振興会・異分野融合による方法的革新を目指した人文・社会科学研究推進事業
Project Year: 2009 - 2011
人文社会科学振興若手の会
日本学術振興会 人文社会科学振興プロジェクト
Project Year: 2008 - 2008
ボトムアップ人間関係論の構築
日本学術振興会人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究事業
Project Year: 2005 - 2007