大野 隆造

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/24 15:17
 
アバター
研究者氏名
大野 隆造
 
オオノ リユウゾウ
URL
http://www.enveng.titech.ac.jp/ohno/
学位
工学博士(東京工業大学), Master of Architecture(University of Wisconsin-Milwaukee), 工学修士(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京工業大学 大学院総合理工学研究科 人間環境システム専攻 大学院総合理工学研究科 人間環境システム専攻 教授
 
1983年
   
 
-:東京工業大学 助手
 
1986年
   
 
-:神戸大学 助教授
 
1995年
   
 
-:東京工業大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東京工業大学 理工学研究科 建築学
 
 
 - 
1972年
東京工業大学 工学部 建築学科
 

委員歴

 
2004年
 - 
2006年
人間・環境学会  副会長
 

Misc

 
研究の風景―大野隆造研究室―
大野隆造
建築と社会   91(1055) 8-9   2010年
空間体験を設計する
大野隆造
建築と社会   (1046) 12-15   2009年
大野隆造, 田巻 秀和, 添田昌志
日本建築学会計画系論文集   74(635) 59-65   2009年
Makoto Inagami, Ryuzo Ohno, Rieko Tujiuchi
Cognitive Studies   15(1) 134-143   2008年
都市のビジュアルシミュレーション ヨーロッパ建築内視学会(EAEA)の動向
大野隆造
都市計画   (270) 5-8   2007年

書籍等出版物

 
文化・建築・環境デザイン
彰国社   2008年   
地震と人間 (シリ-ズ都市地震工学)
朝倉書店   2007年   
暮らしの防犯と防災
放送大学教育振興会   2006年   
Front/Back Definition of Spaces Around Suburban Houses near Tokyo: A quantitative study on perception and use of outdoor areas, in Martens, B. and Keul A. G. (Eds), Designing Social Innovation: Planning, Building, Evaluation
Hogrefe & Huber Publishers   2005年   
建築環境設備学(分担)
彰国社   2003年   

講演・口頭発表等

 
Perception of Earthquake Hazard by Urban Children
Second International Conference on Urban Earthquake Engineering   2005年   
大学院入学者の環境移行―研究室自席まわりにおける行動の変容その影響要因―
人間・環境学会第12回大会   2005年   
地下鉄駅の空間構成等を考慮した放送 内容が初期避難行動に及ぼす影響
日本建築学会大会   2005年   
屋外広場における滞在者の配置と着 座選好度の関係(その1)実験の概要とVR実験の妥当性の検討
日本建築学会大会   2005年   
屋外広場における滞在者の配置と着 座選好度の関係(その2)滞在者の影響の定量的分析
日本建築学会大会   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
シークエンス体験記述のための諸感覚で受容される環境情報の計測
アジアの都市・村落の計画における社会・行動・文化的な要因
研究期間: 2000年 - 2002年
インターラクティブな視覚シミュレーションによる公共空間における行動分析