元結 正次郎


元結 正次郎

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 02:49
 
アバター
研究者氏名
元結 正次郎
 
モトユイ ショウジロウ
所属
東京工業大学
部署
環境・社会理工学院
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学), 工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
60272704

経歴

 
1985年
   
 
-:東急建設株式会社 構造設計部
 
1995年
   
 
-:東京工業大学大学院 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京工業大学 総合理工学研究科 社会開発工学
 
 
 - 
1980年
福井大学 工学部 建築
 

Misc

 
笠井和彦元結正次郎大木洋司
日本建築学会構造系論文集   (561) 125-136   2002年
骨組膜構造物の耐震性能評価のための地震応答解析
石井一夫 加藤史郎 大森博司 小田憲史 藤本益美 元結正次郎 大崎純 中澤祥二 小西克尚
膜構造研究論文集   (15) 1-12   2001年
ひずみ硬化および塑性域の広がりを考慮した弾塑性梁要素に関する一考察 その1 トラス梁によるひずみ硬化ならびに塑性領域長の影響の把握
末岡利之元結正次郎
日本建築学会大会学術梗概集   B-1 765-766   2002年
ひずみ硬化および塑性域の広がりを考慮した弾塑性梁要素に関する一考察 その2 2フランジ梁に対する定式化
金子健作元結正次郎
日本建築学会大会学術梗概集   B-1 767-768   2002年
ひずみ硬化および塑性域の広がりを考慮した弾塑性梁要素に関する一考察 その3 実用的力学モデルの構築(等価モデル)
白奇烈元結正次郎
日本建築学会大会学術梗概集   B-1 769-770   2002年

書籍等出版物

 
建築構造力学入門
数理工学社   2006年   
空間構造におけるコンピュータ利用の新しい試み
日本建築学会   2005年   
初学者の建築講座 建築構造
市ヶ谷出版   2004年   
初学者の建築講座 建築構造力学
市ヶ谷出版   2004年   
空間構造の数値解析ガイドライン2001
日本建築学会   2001年   

講演・口頭発表等

 
"Full-Scale Tests of Passively-Controlled 5-Story Steel Building Using E-Defense Shake Table, Part 1: Test concept, method, and building specimen"
2009年   
制振構造建物実験概要:速報1 E-ディフェンス鋼構造建物実験研究 その43
日本建築学会大会学術講演梗概集   2009年   
合成梁におけるスタッドコネクタの力学挙動 E-ディフェンス鋼構造建物実験研究 その52
日本建築学会大会学術講演梗概集   2009年   
合成梁における支圧部コンクリートの耐力評価 E-ディフェンス鋼構造建物実験研究 その53
日本建築学会大会学術講演梗概集   2009年   
コンクリートの劣化を考慮した支圧部の接触モデル E-ディフェンス鋼構造建物実験研究 その54
日本建築学会大会学術講演梗概集   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
シェル構造における座屈および座屈後挙動
在来工法による天井の動的性状
研究期間: 2000年   
鉄骨および鉄骨コンクリート部材の塑性変形性能
シェル構造の動的挙動