渡邊 眞紀子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/26 12:11
 
アバター
研究者氏名
渡邊 眞紀子
 
ワタナベ マキコ
URL
http://www.comp.tmu.ac.jp/env.geo/
所属
首都大学東京
部署
都市環境科学研究科 地理環境科学域
職名
教授
学位
学術博士

研究分野

 
 

経歴

 
2016年8月
 - 
2016年9月
レジャイナ大学 客員教授
 
2008年4月
   
 
- 首都大学東京  教授
 
2002年12月
 - 
2010年3月
- 東京工業大学 教授
 
2000年9月
 - 
2000年9月
クラスノヤルスク国立大学 客員教授
 
1998年3月
 - 
1998年4月
ケンブリッジ大学セントキャサリン校 客員研究員
 
1995年4月
 - 
2002年11月
- 東京工業大学 助教授
 
1994年4月
 - 
1995年3月
- 中央学院大学 助教授
 
1990年4月
 - 
1994年3月
- 中央学院大学 専任講師
 
1983年10月
 - 
1987年3月
- お茶の水女子大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1989年
お茶の水女子大学 人間文化研究科 人間環境学
 
 
 - 
1979年
お茶の水女子大学 文教育学部 地理学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
農林水産省  国立研究開発法人審議会 専門委員
 
2005年8月
 - 
2015年8月
日本第四紀学会  評議員
 
2007年6月
 - 
現在
国立科学博物館附属自然教育園  運営委員
 
1999年5月
 - 
2018年4月
日本リモートセンシング学会  評議員
 
2013年2月
 - 
2015年3月
農林水産省  独立行政法人評価委員会専門委員
 
2006年8月
 - 
2014年9月
日本学術会議連携会員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
日本学術振興会学術システム研究センター研究員
 
2008年4月
 - 
2012年3月
日本地理学会  理事
 

受賞

 
2012年10月
財団法人 河川環境管理財団 理事長賞 利根川下流河道における細粒底質の動態と質的変化に関する調査
受賞者: 代表:石川忠晴、研究分担:渡邊眞紀子
 

論文

 
Geochemical source and dispersion of copper, arsenic, lead, and zinc in the topsoil from the vicinity of Erdenet mining area, Mongolia.
Bolormaa Oyuntsetseg, Jajinjav Yondonjamts, Ochirkhuyag Bayanjargal, Lunchakorn Prathumratana, Makiko Watanabe, Kyoung-Woong Kim.
Geochemistry: Exploration, Environment, Analysis   doi.org/10.1144/(geochem2018-025)    2019年1月   [査読有り]
Sakagami N, Guo Y, Watanabe M
Soil and Microbes   (72) 50-55   2018年4月   [査読有り]
Saccharides of ectomycorrhizal fungal sclerotia as sources of forest soil polysaccharides
Sugiura, Yuki, Watanabe, Makiko, Nonoyama Yaya, Sakagami Nobuo, Guo, Yong, Murayama, Shigetoshi
Soil Science and Plant Nutrition   http://dx.doi.org/10.1080/00    2017年10月   [査読有り]
トカラ列島諏訪之瀬島における農業基盤としての土壌の特性
茗荷傑、橋本恵祐、亀井宏行、渡邊 眞紀子
地理学評論   90 257-270   2017年5月   [査読有り]
SOURI Bubak, WATANABE Makiko
Geosciences Journal   21 33-46   2017年2月   [査読有り]
野々山(佐々木)弥・坂上伸生・成澤才彦・太田寛行・渡邊眞紀子
土と微生物   70 56-59   2016年11月   [査読有り]
S Enkhzaya, K Ohe, K Shiomori, O Bolormaa, O Bayanjargal , M Watanabe
Journal of Environmental Science and Technology   (DOI:10.3923/jest.2016.379)    2016年8月   [査読有り]
TANINO Kikuko, HOSONO Mamoru,WATANABE Makiko
Quaternary International   397 234-249   2016年2月   [査読有り]
田代 崇・Mario B. Collado・渡邊眞紀子・森島済
第四紀研究   54 87-95   2015年4月   [査読有り]

Misc

 
Environmental studies in soil. Prespectives of bridging chemistry and biology and geosciences in multi-scales.
WATANABE Makiko
Abstract of the 6th International Conference on Chemistry and Chemical Engineering Research and Development in Chemistry. pp.6, 2018 June, Ulaanbaatar (プレナリー招待講演).      2018年6月
自然教育園における1990年以降の降水特性とその変化
赤坂郁美,遠藤拓洋,渡邊眞紀子,矢野 亮
自然教育園報告   49 41-48   2018年6月
CCDカメラを用いた自然教育園の林地における土壌動物観察
渡邊 眞紀子・井上健介・小高暢子・成澤才彦・大里陽一・遠藤拓洋
Miscellaneous Reports of the Institute for Nature Study   48 103-108   2017年6月
Effect of soil profile structure on seasonal changes of soil temperature in urban forests.
MIYAJIMA Seiya, MATSUDAIRA Hayato, WATANABE Makiko
Geographical Report of Tokyo Metropolitan University   52 11-22   2017年3月
自然教育園内の土壌呼吸の観測 -都内緑地公園との比較-
宮島聖也、村田智吉、川東正幸、渡邊 眞紀子
自然教育園報告   47 61-70   2016年6月
Product Index as an indicator of weathering within an alluvial fan profile
Hardenbicker U. , Watanabe, M and R. Kotowitch
The 38th annual conference of the Prairie Division of the Canadian Association of Geographers (CAG) ,September 26-28, 2014, Manitoba      2014年9月
Characterization of magnetic spherical fractions in sand deposits for interpretation of environmental change around the El- Zayyan temple, Kharga Oasis,Western Desert, Egypt
Makiko Watanabe, Natsuko Koizumi, Sayuri Kato, Ryohei Kikuchi, and Hiroyuki Kamei
European Geosciences Union General Assembly 2014 ,Vienna      2014年5月
Fungal community in sclerotia of Japanese beech forest soils in northern Japan
Amasya, A.,Narisawa, K.,Watanabe, M.
European Geosciences Union General Assembly 2014      2014年5月
土壌断面構造の及ぼす夏季地温への影響‐都市公園土壌を対象に‐
一澤ひかる・魚井夏子・渡邊眞紀子・森島済
地理誌叢   53(1) 1-12   2011年7月
Trace element distribution in soils and plants around Erdenet mining area, Mongolia
B. Oyntsetseg, Y. Inoue and M. Watanabe
Proceedings of 4th International Conference GREEN CHEMISTRY & ADVANCED TECHNOLOGY   50-54   2010年

書籍等出版物

 
Anthropogenic Soils in Japan
WATANABE Makiko, KAWAHIGASHI Masayuki (担当:共編者)
Springer Nature Singapore   2018年10月   
Soils within Cities- Global approaches to their sustainable management - composition, properties, and functions of soils of the urban environment-
Schweitzerbart Science Publishers, Stuttgart   2017年2月   
土壌地理学,その基本概念と応用(分担)
古今書院   1990年   
衛星画像で見る日本(共編)
古今書院   1997年   
中部アメリカ(共訳)
朝倉書店   1999年   

講演・口頭発表等

 
Environmental studies in soil. Prespectives of bridging chemistry and biology and geosciences in multi-scales. [招待有り]
Makiko Watanabe
The 6th International Conference on Chemistry and Chemical Engineering Research and Development in Chemistry   2018年6月20日   
Characteristics of heat and water transfer in man-made soils in urban area [招待有り]
Makiko Watanabe, Seiya Miyajima , Yoichi Osato
日本土壌肥料学会シンポジウム「都市域を含む開発地域の土壌の生成・性状・利用」   2014年9月10日   
ALOS画像を用いたエジプト西方沙漠ハルガオアシスの水環境地図 [招待有り]
渡邊 眞紀子
計測自動制御学会リモートセンシング部会シンポジウム   2011年10月   

競争的資金等の研究課題

 
エジプト西方砂漠ハルガオアシス・アルザヤーン神殿周辺における環境考古学的研究
研究期間: 2004年   
都市土壌の分類と評価手法の開発
研究期間: 2002年   
土壌菌核粒子のキャラクタリゼーションと腐植構成成分としての位置づけ
研究期間: 2000年   

特許

 
土壌の膨潤性の評価手法
特開2007-101363