玉浦 裕

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/17 13:56
 
アバター
研究者氏名
玉浦 裕
 
タマウラ ユタカ
学位
理学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
00108185

経歴

 
 
   
 
東京工業大学 科学技術創成研究院 名誉教授, 研究員
 
1976年
   
 
東京工業大学 助手
 
1988年
   
 
東京工業大学 助教授
 
1992年
   
 
東京工業大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
東京工業大学 理工学研究科 化学
 
 
 - 
1970年
早稲田大学 理工学部 応用化学
 

委員歴

 
2000年
   
 
生態工学会  副会長
 
2001年
   
 
大学等環境安全協議会  会長
 
1998年
 - 
2000年
日本高温ソーラ熱利用協会  会長
 
1994年
 - 
1997年
日本化学会二酸化炭素固定研究会  幹事
 

受賞

 
1988年
国際フェライト最優秀論文賞
 
2003年
生態工学会賞学術賞
 
1993年
CELSS学会論文賞
 

Misc

 
PRTR(化学物質排出移動量届出制度)”, 臨床病理レビュー特集 新改訂 医療廃棄物の適正処理マニュアル―感染性廃棄物を中心に
金子宏 玉浦裕
臨床病理刊行会   133 174-176   2005年

書籍等出版物

 
炭素の事典
朝倉書店   2007年   
理工系基礎化学
講談社サイエンティフィク   2006年   
水素利用技術集成
エヌ.ティー.エス   2005年   
CO_2_削減技術と持続可能型社会
生物の化学 遺伝/ 裳華房   2003年   
集光太陽熱による水素製造技術
水素利用技術集成,エヌ・ティー・エス   2003年   

講演・口頭発表等

 
Environmental and Health Safety Education in Chemical Laboratory of University
2005年   
Creation of CSR-Society and Academic Activity
7th Symposium on Asian Academic Network for Environmental Safety and Waste Management   2005年   
Solar Hydrogen Production using YSZ Supported Ni-ferrite System
2005 International Solar Energy Conference   2005年   
Chemical Analysis Procedure of Experimental Wastes for Chemical Substances Management in Tokyo Institute of Technology
7th Symposium on Asian Academic Network for Environmental Safety and Waste Management   2005年   
ビームダウン集光システムによる太陽熱発電
第22回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス   2006年   

Works

 
石炭・天然ガス活用型二酸化炭素回収・利用技術開発
芸術活動   2000年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
太陽エネルギーの熱化学的変換に関する研究
反応性セラミックスを用いた水素発生に関する研究
ソーラハイブリッド燃料生産に関する研究
ソーラーハイブリッド水素生産プロジェクト