TAKAHASHI Akira

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 11:00
 
Avatar
Name
TAKAHASHI Akira
Affiliation
The University of Tokushima
Section
Tokushima University Hospital
Job title
Lecturer
Degree
(BLANK)(Osaka University)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2003
   
 
徳島大学 講師 医学部・歯学部附属病院 歯科
 
Jul 1994
   
 
徳島大学 講師 歯学部附属病院
 
Dec 1991
   
 
大阪大学 助手 歯学部
 
Apr 1988
   
 
大阪大学 歯学部附属病院 医員
 

Education

 
 
 - 
1988
Graduate School, Division of Dental Research, Osaka University
 
 
 - 
1984
Faculty of Dentistry, Osaka University
 

Published Papers

 
Radiopacities in Periapical and Panoramic Radiographs
Akira Takahashi
Journal of Oral Health and Biosciences   31(1) 57-61   Jul 2018   [Refereed]
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Kazuya Akita, Kumiko Kamada, Keiko Kudoh, Tetsuya Tamatani, Youji Miyamoto
Dento Maxillo Facial Radiology   Vol.47 20180052-20180052   Apr 2018   [Refereed]
Nasopharyngeal tonsilloliths (NT) and eustachian tube tonsilloliths (ET) are not as well-known to radiologists as palatine and lingual tonsilloliths. The aim of this investigation was to determine the prevalence and imaging characteristics of NT a...
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Keiko Kudoh, Yoshiko Yamamura, Go Ohe, Tetsuya Tamatani, Youji Miyamoto
Dento Maxillo Facial Radiology   Vol.47(No.1) 20170251-20170251   2018   [Refereed]
Lingual tonsilloliths are not as well-known to radiologists than palatine tonsilloliths, although they might be common in clinical practice. The aim of this investigation was to clarify the prevalence and imaging characteristics of lingual tonsill...
徳島県における口腔がん検診の現状
Keiko Kudoh, 鎌田 久美子, Natsumi Takamaru, Yoshiko Yamamura, Go Ohe, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Tetsuya Tamatani, Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto
日本歯科人間ドック学会誌   Vol.12(No.1) 21-25   Oct 2017   [Refereed]
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Takaharu Kudoh, Go Ohe, Natsumi Takamaru, Tetsuya Tamatani, Hirokazu Nagai, Youji Miyamoto
Clinical Oral Investigations   Vol.21(No.1) 85-91   Feb 2017   [Refereed]
Palatine tonsilloliths incidentally detected on diagnostic imaging should be differentiated from pathologic calcifications to enable correct diagnosis and treatment. The aim of this study is to clarify the prevalence and imaging characteristics of...
菅原 千恵子, 高橋 章, 前田 直樹, 久保 典子, 工藤 隆治, 細木 秀彦, 岩崎 裕一
四国歯学会雑誌   19(2) 255-262   Jan 2007   [Refereed]
歯科治療に関連して生じた誤飲・誤嚥について調査した。1995〜2002年に当院を受診した患者総数は797641例で、このうち呼吸器への誤嚥を生じたものは1例もなく、消化器への誤飲を生じたものが35例(0.004%)あった。35例の内訳は、男性15例、女例20例、平均年齢46.3±25.0歳、事故発生時の診療科は補綴科13例、矯正科10例、保存科9例、口腔外科2例、予防歯科1例であった。誤飲リスクに影響を及ぼす可能性のある患者側の要因について調査したところ、舌悪性腫瘍切除術後の患者が3例、重...
口腔がん患者の歯科疾患罹患状況
山村 佳子, 藤澤 健司, 鎌田 久美子, 高丸 菜都美, 工藤 景子, 大江 剛, 工藤 隆治, 高橋 章, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 宮本 洋二
日本歯科人間ドック学会誌   11(1) 29-32   Aug 2016
今回われわれは、口腔がん患者の歯科疾患罹患状況について検討したので報告する。対象は、2015年1月から12月までの1年間に、当科で口腔がんの治療を行った39例(男性20例、女性19例)とした。歯科医院受診を契機として発見された口腔がんは、29例(74.4%)であった。口腔がん患者の口腔衛生状態は28例(71.8%)が不良であった。また、23例(59.0%)に治療が必要な歯科疾患を認めた。11例(28.2%)の患者には、急性化が危惧される慢性炎症巣があったため、がん治療前に歯科治療を行った。...
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Fumiaki Kawano, Yasusei Kudo, Naozumi Ishimaru, Youji Miyamoto
Dento Maxillo Facial Radiology   Vol.45(No.5) 20150362-20150362   Mar 2016   [Refereed]
To demonstrate the usefulness of intraoral ultrasonography (IOUS) for tongue mass lesions, we analyzed surgery cases excluding squamous-cell carcinoma and leukoplakia and compared IOUS and pathological findings. We used the hospital information sy...
Tsuyoshi Honda, Keiko Fujimoto, Takuro Baba, Kan Nagao, Akira Takahashi, Tetsuo Ichikawa
Journal of Oral Health and Biosciences   Vol.28(No.1) 21-27   Jul 2015   [Refereed]
Background: Cervical auscultation is a technique frequently used for the screening of dysphagia. However, this method is difficult to evaluate objectively and it is unclear how sound is generated during the swallowing process. The aim of this stud...
細木 真紀, 薩摩 登誉子, 高橋 章, 西川 啓介, 細木 秀彦, 中野 雅徳, 坂東 永一, 竹内 久裕, 菅原 千恵子, 岩崎 裕一
四国歯学会雑誌   19(2) 231-238   Jan 2007   [Refereed]
スパイラルCT(以下SCT)による顎関節形態の定量的評価法を確立するための基礎研究として、「SCT像の空間精度」「顎関節SCT撮像に適した再構成関数とCT閾値」「ヒト乾燥頭蓋骨下顎頭の三次元再構築データの精度」の3点について検討した。結果、空間精度についてはXY軸方向の精度は概ね良好であったがZ軸の歪みが大きく、これはスパイラルスキャンが連続してZ軸を移動させながら補間によってデータを作るためであると考えられた。顎関節を再構築する際に皮質骨のCT値を利用してCT閾値を決定した場合、再構築さ...
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Fumiaki Kawano, Takaharu Kudoh, Akiko Yamada, Naozumi Ishimaru, Hara Kanae, Youji Miyamoto
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology   Vol.119(No.1) e41-e48   Jan 2015   [Refereed]
Neuroendocrine tumors (NETs) arise from neuroendocrine cells and are mostly observed in the gastrointestinal tract, pancreas, and lungs. NETs in the oral and maxillofacial region are extremely rare. We report a case of a 59-year-old woman with an ...
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Takaharu Kudoh, Daisuke Uchida, Tetsuya Tamatani, Hirokazu Nagai, Youji Miyamoto
The Scientific World Journal      Aug 2014   [Refereed]
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Michiko Kubo, Hideki Otsuka, Naozumi Ishimaru, Youji Miyamoto, Eiichi Honda
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology   Vol.114(No.4) 516-525   Oct 2012   [Refereed]
PET/CT and US are complementary tools to evaluate preoperative patients.
Chieko Sugawara, Akira Takahashi
Journal of Medical Ultrasonics   Vol.37(No.3) 107-115   Mar 2010   [Refereed]
Accuracy of three-dimensional temporomandibular joint reconstruction using spiral CT
Maki Hosoki, Toyoko Satsuma, Akira Takahashi, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Hidehiko Hosoki, Keisuke Nishigawa, Hisahiro Takeuchi
Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint   Vol.17(No.1) 67-67   Apr 2005   [Refereed]
時をかける画像
高橋 章, 中山 英二
歯科放射線   42(4) 286-287   Dec 2002
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 前頸部の皮下組織と顎下部 顎下部の腫れを理解するために
北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二
歯界展望   111(4) 690-697   Apr 2008
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 翼突下顎隙と茎突前隙 口腔の「奥座敷(炎症波及路)」としての重要性を考える
北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二
歯界展望   111(3) 494-501   Mar 2008
皮膚・粘膜の下、透けて見えますか 歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識 咬筋・耳下腺部と側頭部、および下顎後窩 耳下腺手術および下顎骨折時の対応のために
北村 清一郎, 高橋 章, 宮本 洋二
歯界展望   111(2) 280-287   Feb 2008
超音波用高周波積層トランスデューサの空間分解能の評価
高橋 章, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 上村 修三郎, 春名 芳郎
歯科放射線   39(4) 237-238   Jan 2000
Akira TAKAHASHI, Manabu SHIMOMURA, Chieko SUGAWARA-TAKAHASHI, Shusaburo UEMURA
Dental Radiology   40(3) 200-208   Jan 2000   [Refereed]
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Michiko Kubo, Naoki Maeda, Hidehiko Hosoki
Shikoku Dental Research   Vol.20(No.1) 177-180   Jul 2007   [Refereed]
The ultrasonographic features of 12 histologically proven mucus cysts in the lip were reported. All mucus cysts were of submucosal mass with a smooth border. Ten of 12 cysts contained an anechoic area. Among the 12, 11 had an adjacent hypoechoic z...
Toru TAKEUCHI, Akira TAKAHASHI, Takaharu KUDOH, Michiko KUBO, Kenji FUJISAWA
Dental Radiology   38(2) 124-125   Jun 1998   [Refereed]
Akira Takahashi, Chieko Sugawara
Shikoku Dental Research   Vol.20(No.1) 181-187   Jul 2007   [Refereed]
The purpose of this study was to compare the advantages of different fields of view (FOV) between Linear, Sector, and real-time panoramic view (SieScape^TM) in B-mode ultrasonography for the maxillofacial region. <Materials and methods> This prosp...
顎顔面領域における超音波画像表示領域に関する検討
高橋 章, 菅原 千恵子
四国歯学会雑誌   20(1) 181-187   Jun 2007
超音波画像診断の最大の短所は視野が狭いことであるが、顎顔面領域での超音波診断法の応用における検査部位ごとにどの表示法が有効であるか口腔悪性疾患患者60症例(女性35例、男性25例)を対象に前方視的に検討した。検査部位を頬部・口唇部、耳下腺部、顎下部、オトガイ部・舌下部及びその他の5ブロックに分け、リニア・セクタ・SieScape表示の3種類の視野で合計103部位の検査を施行し、部位別の有用性を検討した。その結果、顎・顔面部では多くの場合40mmリニアプローブによるリニア表示で十分であったが...
竹内 徹, 高橋 章, 菅原 千恵子
歯科放射線   37(1) 41-48   Jun 1997   [Refereed]
下顎頭に重積する解剖学的構造として,側頭下稜から蝶形骨棘に至る隆起,関節結節から蝶形骨棘に至る隆起,関節後突起,外耳道前壁,乳様突起の5つの構造物があった.それらのうち,乳様突起が重積すると読影が不可能であった.下顎頭が乳様突起と重積しないX線束入射角は,前頭面に対して前内側下方から約30度の角度であり,これを最適のX線入射角と考えた
口唇部粘液嚢胞の超音波画像所見
高橋 章, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 細木 秀彦
四国歯学会雑誌   20(1) 177-180   Jun 2007
口唇部より摘出後の病理組織学的所見から粘液嚢胞と確定診断された12症例(男性7例、女性2例、19〜73歳)における術前の超音波画像の特徴について検討した。その結果、発生部位は下唇10例・上唇1例・唇交連1例で、触診では弾性硬7例・弾性軟5例で、短径が10mmを超える例は存在しなかった。画像所見では全例で病変は口輪筋よりも粘膜側に存在し、境界円滑で、内部エコーレベルは10例が無エコーであり、抽出物内容は漿液性又は粘液性液体であった。2例では高エコー又は低エコーの内容物を有しており無エコー領域...
Chieko SUGAWARA, Akira TAKAHASHI, Toru TAKEUCHI, Manabu SHIMOMURA, Hidehiko HOSOKI, Hitomi KONAKA, Shusaburo UEMURA, Takanori SHIBATA
Dental Rediology   37(2) 127-135   Jan 1997   [Refereed]
The detectability of osseous abnormalities of the mandibular condyle in two different projections using the panoramic x-ray unit was examined. Seventy two autopsy mandibular condyles with macroscopic osseous changes were selected. Corrected sagitt...
Akira Takahashi, Naoki Maeda, Chieko Sugawara, Takaharu Kudoh, Michiko Kubo, Hidehiko Hosoki, Hirokazu Iwasaki
Shikoku Dental Research   Vol.19(No.2) 239-246   Feb 2007   [Refereed]
Abdominal CT examinations for the scouting of distant metastasis (DM) of orofacial malignant tumors were retrospectively evaluated, for the purpose of establishing the standard way of examination. Out of 159 patients with oral malignancies, 247 ab...
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Naoki Maeda, Hidehiko Hosoki
Shikoku Dental Research   Vol.19(No.2) 247-253   Feb 2007   [Refereed]
Three dimensional ultrasonographic imaging was performed for the cervical lymphadenopathy. Forty lymph nodes with suspicion of metastatic lymphadenopathy out of 20 patients with oral cancers were served for the present study. We could not judge th...
Manabu SHIMOMURA, Takaharu KUDOH, Shinichi KAWAGUCHI, Akira TAKAHASHI, Toru TAKEUCHI, Chieko SUGAWARA, Hidehiko HOSOKI, Hirokazu SAKANO, Shusaburo UEMURA
Dental Radiology   37(1) 35-40   Mar 1997   [Refereed]
To obtain a clear image of the temporomandibular joint (TMJ) on a rotational panoramic radiograph, the mandibular condyle should be in the image layer of panoramic equipment. The intercondylar distance in Japanese subjects was measured to identify...
口腔癌頸部転移リンパ節の検出に対する超音波三次元イメージングの有用性
高橋 章, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 細木 秀彦
四国歯学会雑誌   19(2) 247-253   Jan 2007
口腔扁平上皮癌のリンパ節転移検索を目的にBモードまたはパワードプラ法による検査を行ったが判定困難であった20例40リンパ節に対して超音波三次元血流イメージングを施行し、病理診断との相関性について検討した。三次元血流イメージングによりリンパ節辺縁部の血流は「線状」「網状」「点状」に分類することができ、「点状」の血流は転移リンパ節に特異的に観察された。「点状」血流を指標としたリンパ節転移の診断精度は、正診率73%、陽性的中率89%、陰性的中率68%、感度44%、特異度95%であった。
口腔顎顔面悪性腫瘍の遠隔転移評価における躯幹部CT検査の位置づけ
高橋 章, 前田 直樹, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 細木 秀彦, 岩崎 裕一
四国歯学会雑誌   19(2) 239-246   Jan 2007
当科で1999〜2003年に遠隔転移検索目的で躯幹部CTを施行した口腔顔面部悪性腫瘍159例を対象に、遠隔転移の検出率、造影剤使用の有無による検出率の差異、頸部リンパ節転移と遠隔転移の関連性などについて検討した。遠隔転移の検出率は5.7%であった。転移臓器は肺が最も多く、次いで縦隔、肝の順であった。造影剤使用群と非使用群との間で検出率に有意差はみられなかった。頸部リンパ節転移がある場合には遠隔転移のリスクが高いと考えられ、定期的な躯幹部CT検査が必要と思われた。
見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集 顎関節の局所解剖学 顎関節症を理解するために
北村 清一郎, 篠原 千尋, 高橋 章
歯界展望   108(1) 72-78   Jul 2006
見える!わかる!臨床に役立つ解剖写真集 インプラント植立手技のエビデンスを考える 下顎インプラント
北村 清一郎, 高橋 章, 安田 清次郎
歯界展望   107(4) 738-743   Apr 2006
高橋 章, 下村 学, 菅原 千恵子, 上村 修三郎
歯科放射線   40(3) 200-208   Sep 2000
55歳女性にみられた舌動脈由来の非外傷性仮性動脈瘤例を報告した.隣接する下顎骨及び下顎線の変化を伴っており,慢性的に経過した可能性が示唆された.単純X線画像では下顎骨の吸収及び病変辺縁の石灰化を伴っていた.超音波画像,X線CT,MRI,血管造影は各々特徴的な所見を提示しており,動脈瘤と他疾患との鑑別に有用と考えられた.本症例では凝血塊形成が優勢であり,血管拡張がごく軽微であったため,MRAでの有効性が示されなかった.唾液腺造影は本疾患が顎下腺に及ぼした障害を観察する上で有用であった
Examination of the roots of paramolar tuberoles with computed tomography: Report of 3 cases
Keiji Oishi, Mika Oishi, Akira Takahashi, Jun-ichi Kido, Shuzaburo Uemura, Toshihiko Nagata
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology   Vol.88(No.4) 479-483   Oct 1999   [Refereed]
菅原 千恵子, 高橋 章, 竹内 徹
歯科放射線   37(2) 127-135   Sep 1997
パノラマ撮影を利用し,顎関節症における下顎頭骨形態の異常を検出するには,osteophyteやconcavityに対して検出率の高い側面方向の撮影に加えて,erosionを高率に検出できる前内下方からの撮影を加える必要がある
Toru TAKEUCHI, Akira TAKAHASHI, Chieko SUGAWARA, Manabu SHIMOMURA, Naoki MAEDA, Akihisa TADA, Shusaburo UEMURA
Dental Radiology   37(1) 41-48   1997
顎関節症のMRI診断 joint effusionのMRによる診断
高橋 章, 上村 修三郎, 西山 秀昌
映像情報Medical   28(2) 63-68   Jan 1996
日本人高齢者の顎関節に関する研究(第1報) 下顎頭の肉眼的観察
菅原 千恵子, 柴田 考典, 高橋 章
日本顎関節学会雑誌   7(1) 95-109   May 1995
1)日本人高齢者96遺体より摘出した174下顎頭を検体とした. 2)下顎頭の前後径の平均は男性11.2±1.21mm,女性10.8±1.41mm,内外側径は男性22.0±2.28mm,女性20.1±2.97mm 3)下顎頭外形は,上方観では楕円形55.2%,後方観では弧状型62.6%,側方観では弧状型73.6%と最も多かった.各型の分布には男女差,左右差はなかった. 4)下顎頭表面の形態変化は66/168にみられ,段差,陥凹,突起,小孔などが観察された.表面の形態変化における出現率は,女性...
MRI findings of TMJ subluxation in relation to joint sound
Akira Takahashi Hideyoshi Nishiyama Tadashi Sasai Shumei Murakami Toshiya Kuwahara Hajime Fuchihata Takao Maruyama
Proceedings of the 10th international congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology   401-407   1994   [Refereed]
Angiography of the temporomandibular joint - Description of an experimental technique with initial results
Ritsuo Takagi Tsunehisa Shimoda Per-Lennart Westesson Akira Takahashi Thomas W.Morris Tsukasa Sano Jeffery J.Moses
Oral Surg Oral med Oral Pathol   78(4) 539-543   1994   [Refereed]
Rieko Ibaraki, Hideyoshi Nishiyama, Tadashi Nakaminami, Akira Takahashi, Toshiya Kuwahara, Fumio Takashima, Takao Maruyama
The Journal of theJapan Prosthodontic Society   38(5) 1066-1071   1994
顎関節前後方向撮影法による下顎頭輪郭影について
西山 秀昌, 呉 好宗, 高橋 章
日本顎関節学会雑誌   5(1) 48-61   May 1993
高橋 章, Wu Hao-zong, 村上 秀明
歯科放射線   33(1) 31-35   Mar 1993
Magnetic Resonance Evaluation of the temporomandibular joint disc position and configuration
Shumei Murakami Akira Takahashi Hideyoshi Nishiyama Masami Fujishita Hajime Fuchihata
Dentomaxillofacial Radiology   22(4) 205-207   1993   [Refereed]
Shumei Murakami Masami Fujishita Akira Takahashi Hideyoshi Nishiyama Yuka Uchiyama Tadashi Sasai Hajime Fuchihata
Oral Radiology   9(1) 41-47   1993   [Refereed]
Diagnosis of coronoid process hyperplasia by three-dimensional computed tomographic imaging
Takahashi, A. Wu, Hao-Zong Murakami, S. Kondoh,H. Fujishita,M. Fuchihata,H.
DentoMaxilloFacial Radiology   22(3) 149-154   1993   [Refereed]
Akira TAKAHASHI, WU Hao-zong, Shumei MURAKAMI, Hideyoshi NISHIYAMA, Masami FUJISHITA, Hajime FUCHIHATA
Japanese Society ofDental Radiology   33(1) 31-35   1993
高橋 章, Wu Hao-zong, 村上 秀明
歯科放射線   32(4) 223-236   Dec 1992
The clinicoradiologic predictability of perforations of the soft tissue of the temporomandibular joint
Takahashi,A. Murakami,S. Nishiyama,H. Sasai,T. Fujishita,M. Fuchihata,H.
Oral Surg Oral med Oral Pathol   74(2) 243-250   1992   [Refereed]
骨髄腫2症例のX線像について
高橋 章
歯科放射線   31(1) 51-51   May 1991
Role of coronal CT arthrography in diagnosis of internal derangement of temporomandibular joint
TAKAHASHI Akira
The 9th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology      1991   [Refereed]
Role of Radiographic Examination in Diagnosis of TMJ disorders
Fuchihata,H. Takahashi,A. Nishiyama,H. Kondoh,H. Fujishita,M. Kozuka,T.
DentoMaxilloFacial Radiology   20(3) 182-182   1991   [Refereed]
上顎前突症における顎関節のX線学的診断に関する研究
高橋 章
日本顎関節学会雑誌   2(1) 175-176   Jun 1990
TAKAHASHI Akira
Oral Radiology   5(1) 11-22   1989   [Refereed]
顎関節断層X線画像の信頼性に関する研究
高橋 章
大阪大学歯学雑誌   33(1) 69-88   Jun 1988
顎関節ファントムを作製し,生体と可及的同一条件下における断層像を作製,像の明瞭度,ボケ残像,擬似輪郭の出現の有無について検討した.さらに乾燥頭蓋骨を用いて下顎頭の形態の分析を行い,断層撮影時の像の信頼域についても検討した.1)管球側顎関節とフィルム側顎関節との間で断層像に大きな差は認められなかった.両者とも顎関節外側部において頭蓋骨の影響による画質の劣化が見られた.2)被写体表面の傾斜が管球の最大振角よりも大きい場合,輪郭影と被写体輪郭との不一致が生じた.3)ハイポサイクロイダル軌道により...
Masmi Fujishita Akira Takahashi Tatsuo Hashida Hajime Fuchihata Yasuo Fukuda Takeshi Ishida
Oral Radiology   3(1) 79-86   1987   [Refereed]
高橋 章, 岩本 容泰, 橋田 達雄
歯科放射線   25(2) 102-104   Jun 1985

Misc

 
Multiple malignantlymphoma : a case report
Japanese Society ofDental Radiology   25(2) 102-104   1985
Clinical Experience ofDental Xeroradiography (Xerox 110 System)
The Journal of OsakaUniversity Dental School   30(2) 357-364   1985
Oral Radiology   3(1) 79-86   1987
A Study on Reliabilityof Tomographic Image of the TemporomandibularJoint
The Journal of OsakaUniversity Dental School   33(1) 69-88   1988
An Analysis ofComplications Following Double ContrastArthrotomography of the TemporomandibularJoint
Journal of JapaneseSociety for Temporomandibular Joint   1(1) 1-9   1988

Conference Activities & Talks

 
当科における口腔扁平苔癬症例の臨床的検討
Keiko Kudoh, Takaharu Kudoh, Tetsuya Tamatani, Yoshiko Yamamura, Natsumi Takamaru, Go Ohe, Akira Takahashi, Kenji Fujisawa, 横田 美保, 鎌田 久美子, Youji Miyamoto
日本歯科人間ドック学会第20 回学術大会   10 Dec 2017   
口腔癌に対する強度変調放射線治療の有効性について
工藤 隆治, 工藤 景子, 高橋 章, 宮本 洋二
歯科放射線   17 Jun 2016   
白いものが写っていますが,何でしょうか? デンタルやパノラマ写真の不透過像 [Invited]
Akira Takahashi
四国歯学会第51回例会・第36回総会   29 Jun 2017   
当科における歯原性角化嚢胞の臨床的検討
横田 美保, Keiko Kudoh, Tetsuya Tamatani, 鎌田 久美子, Naoyuki Fukuda, Natsumi Takamaru, Yoshiko Yamamura, Takayuki Nakagawa, Go Ohe, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Kenji Fujisawa, 鯨岡 聡子, Yasusei Kudo, Naozumi Ishimaru, Youji Miyamoto
第46回日本口腔外科学会中国四国学術集会   27 May 2017   
早期口腔扁平上皮癌患者におけるABCG2,ALDH1,Bmi-1,CD24およびCD44発見に関する検討
Tetsuya Tamatani, Natsumi Takamaru, Go Ohe, Akira Takahashi, Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto
第71回NPO法人日本口腔科学会学術集会   26 Apr 2017   
咽頭扁桃結石に関するX線診断学的検討
Akira Takahashi, Takaharu Kudoh, Keiko Kudoh, Natsumi Takamaru, Go Ohe, Tetsuya Tamatani, Kenji Fujisawa, Chieko Sugawara, Youji Miyamoto
第71回NPO法人日本口腔科学会学術集会   26 Apr 2017   
当科における口腔がん検診の現況
Keiko Kudoh, 鎌田 久美子, 横田 美保, Natsumi Takamaru, Yoshiko Yamamura, Go Ohe, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Tetsuya Tamatani, Kenji Fujisawa, Hirokazu Nagai, Youji Miyamoto
日本歯科人間ドック学会第19回学術大会   17 Dec 2016   
CT画像による副オトガイ孔の発現頻度に関する検討
Kamata Kumiko, Akira Takahashi, Go Ohe, Natsumi Takamaru, Kenji Fujisawa, Hirokazu Nagai, Susumu Abe, Youji Miyamoto
日本口腔インプラント学会 中国・四国歯部学術大会   6 Nov 2016   
単独歯インプラントの隣在歯の生存率に関する調査
Horikawa Eriko, Susumu Abe, Kenji Fujisawa, Akira Takahashi, Eiji Yamauchi, Yoritoki Tomotake, Youji Miyamoto, Fumiaki Kawano
日本口腔インプラント学会 中国・四国支部学術大会   6 Nov 2016   
当科における早期口腔扁平上皮癌患者の臨床的検討
Tetsuya Tamatani, Natsumi Takamaru, 鎌田 久美子, 横田 美保, Yoshiko Yamamura, Keiko Kudoh, Go Ohe, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Kenji Fujisawa, Hirokazu Nagai, Youji Miyamoto
第64回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会   28 Oct 2016   
口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移診断におけるFDG-PET検査の有用性
Akira Takahashi, 鎌田 久美子, Yoshiko Yamamura, Natsumi Takamaru, Takaharu Kudoh, Keiko Kudoh, Go Ohe, Kenji Fujisawa, Tetsuya Tamatani, Hirokazu Nagai, Youji Miyamoto
第15回中国四国口腔癌研究会   18 Oct 2016   
口蓋平面を基準とした後上歯槽動脈の走行に関する検討
高橋 章, 工藤 隆治, 工藤 景子, 山村 佳子, 高丸 菜都美, 大江 剛, 玉谷 哲也, 藤澤 健司, 永井 宏和, 宮本 洋二
日本口腔科学会雑誌   Jul 2016   
硬口蓋を基準とした後上歯槽動脈の走行に関する検討
Akira Takahashi, Takaharu Kudoh, Keiko Kudoh, Natsumi Takamaru, Go Ohe, Tetsuya Tamatani, Hirokazu Nagai, Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto
第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会   17 Apr 2016   
舌扁桃結石に関するX線診断学的検討
高橋 章, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 工藤 景子, 高丸 菜都美, 大江 剛, 玉谷 哲也, 藤澤 健司, 永井 宏和, 宮本 洋二
日本口腔科学会雑誌   Mar 2016   
歯科受診を契機にして発見された他科領域の悪性疾患症例
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Takaharu Kudoh, Fumiaki Kawano, Youji Miyamoto
日本歯科放射線学会第35回関西・九州合同地方会   12 Dec 2015   
舌扁桃結石に関するX線診断学的検討
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Takaharu Kudoh, Keiko Kudoh, Natsumi Takamaru, Go Ohe, Tetsuya Tamatani, Kenji Fujisawa, Hirokazu Nagai, Youji Miyamoto
第63回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会   7 Nov 2015   
口蓋扁桃結石に関するX線診断学的検討 パノラマX線写真における描出状況
高橋 章, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 工藤 景子, 高丸 菜都美, 大江 剛, 玉谷 哲也, 永井 宏和, 宮本 洋二
日本口腔科学会雑誌   Jul 2015   
口蓋扁桃結石に関するX線診断学的検討 -パノラマX線写真における描出状況
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Takaharu Kudoh, Keiko Kudoh, Natsumi Takamaru, Go Ohe, Tetsuya Tamatani, Hirokazu Nagai, Youji Miyamoto
第69回日本口腔科学会学術集会   12 May 2015   
歯科における超音波診断の現状
菅原 千恵子, 高橋 章, 宮本 洋二, 河野 文昭
超音波医学   Jan 2015   
Computer-Aided Diagnostic System of the Jaw Lesions by Probabilistic Methods: Improvement of accuracy by adding measurement findings=
Hirokazu Iwasaki, Akira Takahashi, Takaharu Kudoh, Chieko Sugawara, Michiko Kubo
1 Nov 2014   Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology
歯科領域における超音波検査の現状
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Fumiaki Kawano, Youji Miyamoto
日本超音波医学会 第24回四国地方会学術集会   4 Oct 2014   
気管切開後気管狭窄を有する患者の全身麻酔経験
鎌田 久美子, Kazumi Takaishi, Akira Takahashi, Takaharu Kudoh, 青山 智祐, 大塚 良, Satoru Eguchi, Shigemasa Tomioka, Hiroshi Kitahata
第29回中国・四国歯科麻酔研究会   21 Jul 2014   
顎骨疾患の統計学的手法を用いたCADシステム -CADモデルに影響する因子の分析-
Hirokazu Iwasaki, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Michiko Kubo
日歯放第55回学術大会   8 Jun 2014   
口腔癌の頸部リンパ節マッピングによる頸部リンパ節転移診断精度の検討
Akira Takahashi, Nobuyuki Kuribayashi, Takaharu Kudoh, Daisuke Uchida, Tetsuya Tamatani, Hirokazu Nagai, Youji Miyamoto
日本口腔外科学会 中国四国支部学術大会 徳島   26 Apr 2014   
Bayesian Networkを用いた統計学的手法による顎骨X線透過性と不透過性との混合性疾患およびX線不透過性疾患の鑑別診断
Hirokazu Iwasaki, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Michiko Kubo
日歯放第18回臨床画像大会   14 Dec 2013   
Bayesian Networkを用いた統計学的手法による顎骨疾患の総合的鑑別診断
Hirokazu Iwasaki, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Michiko Kubo
日歯放第33回関西・九州合同地方会   3 Nov 2013   
Bayesアルゴリズムを用いた統計学的手法による悪性腫瘍と骨随炎の鑑別診断
Hirokazu Iwasaki, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Michiko Kubo
日歯放第54回学術大会   2 Jun 2013   
口蓋扁桃石灰化に関するX線診断学的検討 -CTにおける描出状況-
Akira Takahashi, Takaharu Kudoh, Chieko Sugawara, Youji Miyamoto
第54回NPO法人日本歯科放射線学会学術大会   2 Jun 2013   
Metastatic Neuroendocrine tumor in mandible from the duodenum
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Michiko Kubo
第54回日本歯科放射線学会総会   1 Jun 2013   Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology
Bayesアルゴリズムを用いた統計学的手法による顎骨嚢胞様疾患の鑑別診断
Hirokazu Iwasaki, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Michiko Kubo
第32回日本歯科放射線学会九州・関西合同地方会   8 Dec 2012   Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology
AmeloblastomaとKeratocystic Odontogenic Tumorおよび類似口腔疾患のBayesアルゴリズムを用いた統計学的手法による鑑別診断
Hirokazu Iwasaki, Takaharu Kudoh, Akira Takahashi
日本歯科放射線学会第17回臨床画像大会   26 Oct 2012   Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology
口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移の診断におけるFDG-PET検査の有用性
佐藤 裕子, Miwa Miyauchi, Daisuke Uchida, Natsumi Takamaru, Tetsuya Tamatani, Kenji Fujisawa, Hirokazu Nagai, Michiko Kubo, Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Youji Miyamoto
第40回(社)日本口腔外科学会 中・四国地方会   28 May 2011   
PET-CT集積と頸部転移リンパ節の超音波画像との比較
菅原 千恵子, 高橋 章, 久保 典子, 誉田 栄一
超音波医学   Jan 2011   
PET-CT集積と頸部転移リンパ節の超音波画像との比較
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Michiko Kubo, Eiichi Honda
日本超音波医学会 第20回四国地方学術集会   2 Oct 2010   
部署リスクマネジャー教育にリスク管理院内認定コースを導入して
加藤 真介, 鈴木 察子, 高橋 章, 宮川 操
医療の質・安全学会誌   Nov 2009   
Mediastinal abscess originated from dental infection:evaluation of 2 cases with CT images
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Naoki Maeda, Hidehiko Hosoki, Eiichi Honda
The 16th international congress of Dentomaxillofacial Radiology   Jun 2007   
口唇病変の超音波画像所見
高橋 章, 神原 明子, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 細木 秀彦, 誉田 栄一
四国歯学会雑誌   Jan 2007   
口唇病変の超音波画像所見
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Michiko Kubo, Naoki Maeda, Hidehiko Hosoki, Eiichi Honda
Shikoku Dental Research   27 Jul 2006   Shikoku Society of Dental Research
口唇病変の超音波画像所見
高橋 章, 菅原 千恵子, 久保 典子, 前田 直樹, 誉田 栄一
歯科放射線   Jun 2006   
Ultrasonographic findings of lip lesion
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Michiko Kubo, Naoki Maeda, Eiichi Honda
Dental Radiology   15 May 2006   
躯幹部CTによる口腔顎顔面悪性腫瘍遠隔転移の評価
高橋 章, 中村 竜也, 多田 衣里, 前田 直樹, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 川口 真一, 細木 秀彦, 岩崎 裕一, 誉田 栄一
四国歯学会雑誌   Jan 2006   
多発性骨髄腫による全身性アミロイドーシスにより生じた巨舌症の症例
菅原 千恵子, 川口 真一, 高橋 章, 細木 秀彦, 誉田 栄一
歯科放射線   Dec 2005   
術後性蝶形骨洞嚢胞と真菌性炎の合併が疑われた一例
高橋 章, 菅原 千恵子, 工藤 隆治, 久保 典子, 前田 直樹, 誉田 栄一
歯科放射線   Dec 2005   
舌病変の超音波画像所見
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Eiichi Honda
日本乳腺甲状腺超音波診断会議   8 Oct 2005   
術後性蝶形骨洞嚢胞と真菌性炎の合併が疑われた一例
Akira Takahashi, Chieko Sugawara, Takaharu Kudoh, Michiko Kubo, Naoki Maeda, Eiichi Honda
日本歯科放射線学会大10回臨床画像大会   16 Sep 2005   
多発性骨髄腫による全身性アミロイドーシスにより生じた巨舌症の一例
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, Hidehiko Hosoki, Eiichi Honda
日本歯科放射線学会大10回臨床画像大会   16 Sep 2005   
躯幹部CTによる口腔顎顔面悪性腫瘍遠隔転移の評価
Akira Takahashi, Naoki Maeda, Chieko Sugawara, Takaharu Kudoh, Michiko Kubo, Hidehiko Hosoki, Hirokazu Iwasaki, Eiichi Honda
四国歯学会   Jun 2005   
歯科治療中の誤嚥・誤飲事故の実態調査
菅原 千恵子, 前田 直樹, 久保 典子, 高橋 章, 細木 秀彦, 誉田 栄一
歯科放射線   Dec 2004   
口腔顔面部悪性腫瘍の遠隔転移スクリーニングにおける躯幹部CT検査の位置づけ
高橋 章, 前田 直樹, 菅原 千恵子, 久保 典子, 工藤 隆治, 川口 真一, 誉田 栄一
歯科放射線   Dec 2004   
Accuracy of three-dimensional temporomandibular joint reconstruction using Spiral CT
Maki Hosoki, Toyoko Satsuma, Akira Takahashi, Eiichi Bando, Masanori Nakano, Hidehiko Hosoki, Keisuke Nishigawa, Hisahiro Takeuchi
The Annual Meeting of the Japanese Society for Temporomandibular Joint Program and Abstracts   5 Jul 2004   Japanese Society for Temporomandibular Joint
Dermoid Cystの超音波画像所見
菅原 千恵子, 高橋 章, 前田 直樹, 岩崎 裕一
歯科放射線   Dec 2003   
顎下型ガマ腫に対する超音波ガイド下穿刺吸引の経験
高橋 章, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一, 鎌田 伸之
歯科放射線   Dec 2003   
下顎歯性感染から縦隔への膿瘍波及をみた2例
高橋 章, 竹内 徹, 前田 直樹, 久保 典子, 菅原 千恵子, 誉田 栄一
歯科放射線   Sep 2003   
Evaluation of Three-dimensional Temporomandibular Joint Image Reconstructed from Spiral CT Data
Maki Hosoki, Keisuke Nishigawa, Toyoko Satsuma, Eiichi Bando, Akira Takahashi, Hidehiko Hosoki, Masanori Nakano
82th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research   27 Jun 2003   
関節円板復位に伴って咬合の不調和を生じた1症例
細木 真紀, 中野 雅徳, 坂東 永一, 高橋 章, 西川 啓介, 細木 秀彦, 竹内 久裕, 薩摩 登誉子
日本顎関節学会雑誌   Apr 2003   
顎口腔領域の悪性リンパ腫の検出に画像診断は役にたつのか?
菅原 千恵子, 高橋 章, 前田 直樹, 竹内 徹, 工藤 隆治, 川口 真一, 岩崎 裕一
歯科放射線   Sep 2002   
顎下部病変の診断における超音波画像検査の位置づけ
高橋 章, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 岩崎 裕一
歯科放射線   Sep 2002   
新構想徳島大学病院におけるHIS,RIS,PACS モダリティ連携と歯科放射線科
岩崎 裕一, 細木 秀彦, 高橋 章, 前田 直樹, 工藤 隆治, 川口 真一, 久保 典子, 菅原 千恵子, 竹内 徹, 坂野 啓一, 多田 章久, 小中 ひとみ
歯科放射線   Sep 2002   
関節円板復位に伴って咬合の不調和を生じた一症例
Maki Hosoki, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Akira Takahashi, Keisuke Nishigawa, Hidehiko Hosoki, Hisahiro Takeuchi, Toyoko Satsuma
第15回 日本顎関節学会学術大会   27 Jun 2002   
スパイラルCTによる顎関節の三次元形状
細木 真紀, 薩摩 登誉子, 西川 啓介, 中野 雅徳, 坂東 永一, 高橋 章, 細木 秀彦, 菅原 千恵子, 岩崎 裕一, 上村 修三郎
日本顎関節学会雑誌   Apr 2002   
スパイラルCTの撮像方向に伴う下顎頭三次元再構成画像の形態・寸法の変動
菅原 千恵子, 高橋 章, 前田 直樹, 下村 学, 細木 秀彦, 岩崎 裕一, 上村 修三郎, 細木 真紀, 坂東 永一, 柴田 考典
日本顎関節学会雑誌   Apr 2002   
肘関節骨軟骨障害の病態診断における再構成CTの有用性の検討
松浦 哲也, 柏口 新二, 岩瀬 毅信, 武田 芳嗣, 高橋 章, 安井 夏生
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   Aug 2001   
スパイラルCTによる顎関節の三次元形状
Maki Hosoki, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Eiichi Bando, Akira Takahashi, Hidehiko Hosoki, Chieko Sugawara, Hirokazu Iwasaki, 上村 修三郎
第14回 日本顎関節学会学術大会   27 Jul 2001   Japanese Society for Temporomandibular Joint
スパイラルCTの撮像方向に伴う下顎頭3次元再構成画像の形態・寸法の変動
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, 上村 修三郎, Eiichi Bando, 柴田 考典
第14回 日本顎関節学会総会(神戸市)   26 Jul 2001   
スパイラルCTを用いた顎関節の立体評価法について
細木 真紀, 薩摩 登誉子, 西川 啓介, 中野 雅徳, 坂東 永一, 鈴木 温, 池田 隆志, 高橋 章, 細木 秀彦, 下村 学
日本顎関節学会雑誌   Apr 2001   
頸部リンパ節評価におけるTissue Harmonic Imagingの有用性
菅原 千恵子, 高橋 章, 前田 直樹, 竹内 徹, 上村 修三郎, 春名 芳郎
歯科放射線   Oct 2000   
ファントムを用いたPhase inversion-Tissue Harmonic Imagingの分解能に関する基礎的検討
菅原 千恵子, 高橋 章, 工藤 隆治, 上村 修三郎, 春名 芳郎
歯科放射線   Oct 2000   
超音波三次元表示機能(3-Scape(TM))の基礎的検討
春名 芳郎, 高橋 章, 菅原 千恵子
歯科放射線   Oct 2000   
口腔癌の評価におけるTissue Harmonic Imagingの有用性
高橋 章, 菅原 千恵子, 川口 真一, 岩崎 裕一, 上村 修三郎, 春名 芳郎
歯科放射線   Oct 2000   
顎顔面部病変における超音波三次元表示法(3-Scape(TM))の有用性について
高橋 章, 菅原 千恵子, 下村 学, 細木 秀彦, 上村 修三郎, 春名 芳郎
歯科放射線   Oct 2000   
顎顔面領域における高周波積層トランスデューサの有効性に関する検討
高橋 章, 菅原 千恵子, 前田 直樹, 上村 修三郎, 春名 芳郎
歯科放射線   Oct 1999   
"Condylar resorption" - fact or fantasy?
The 12th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology,Osaka   1999   
顎関節症の画像所見は臨床症状をどこまで反映しているか? 骨変化と臨床症状
高橋 章
歯科放射線   Sep 1998   
顎下部〜咽頭部の血腫症例
高橋 章
歯科放射線   Jun 1998   
下顎骨の異常吸収 下顎頭吸収の画像診断
高橋 章
日本顎関節学会雑誌   Apr 1998   
パノラマX線撮影における下顎頭形態異常の診断能に関する研究
Chieko Sugawara, Akira Takahashi, 上村 修三郎, 柴田 考典
第10回 日本顎関節学会総会(札幌)   31 Jul 1997   
顎顔面部用MRI表面コイルの試作と信号強度分布計測による評価
高橋 章
歯科放射線   Sep 1996   
X線断層撮影による顎関節の前頭面観ー下顎前突症の場合-
上村 修三郎, Chieko Sugawara, Akira Takahashi, 下村 学, Takaharu Kudoh
第9回 日本顎関節学会総会(品川)   11 Jul 1996   
顎内障における関節円板の動態と臨床症状の関連について
高橋 章
歯界展望   May 1996   
摘出下顎頭の肉眼的所見とックス線断層画像所見との比較
Chieko Sugawara, 下村 学, Akira Takahashi, 上村 修三郎, 柴田 考典
第8回 日本顎関節学会総会(鶴見大学・関内)   13 Jul 1995   
Joint effusionのMRによる診断
高橋 章
日本画像医学雑誌   Dec 1994   
頭頸部疾患の診断におけるfat suppressed T1W MR imageの有効性
高橋 章
歯科放射線   Jun 1994   
顎関節亜脱臼と関節雑音との関連について
高橋 章
日本顎関節学会雑誌   May 1993   
顎関節部へのMRIの応用
高橋 章, 西山 秀昌, 徳岡 修
歯科放射線   Sep 1992   
筋突起過長症例のCT三次元表示
高橋 章
歯科放射線   Sep 1991   
顎関節画像検査法の選択に関する一考察
高橋 章
歯科放射線   May 1991   
顎関節部軟組織のX線診断学的研究 関節円板穿孔について
高橋 章
歯科放射線   Aug 1988   
Closed lockと類似の臨床経過を示した筋突起過形成の2例について
高橋 章
歯科放射線   Jun 1988   
顎関節断層撮影時における画像形成に関する研究
高橋 章
歯科放射線   Aug 1987   
顎関節部軟組織のX線診断学的研究 顎関節造影断層所見と断層X線像,臨床所見との関連
高橋 章
歯科放射線   Aug 1986   
Mandibular protrusionにおける顎関節のX線学的診断に関する研究
高橋 章
歯科放射線   Aug 1985   
A Radiographic Study of the Development of the Maxillary Teeth and the Maxillary Sinus
The 7th International Congress of Dentomasillofacial Radiology,London   1985   
A Computer Simulation Study of Dynamic Subtraction in Dental Panoramic Radiograph
The 7th International Congress of Dentomasillofacial Radiology ,London   1985   
The Development of a Three-Dimensional System for the Analysis of Oral Function
The 7th International Congress of Dentomaxillofacial radiology ,London   1985   
Myxoma of the Jaws - report of the six cases
Dento-Maxillo-facial Radiology The 3rd Japan-Korea Joint ,Tokyo   1986   
Radio-diagnostic study of the perforation of the TMJ soft tissue
American Academy of Dental Radiology,40th Annual scientiific Session,honolulu   1989   
Development of digital tomographic system for TMJ 3D display and measurement
American Academy of Dental Radiology,40th Annual scientiific Session,honolulu   1989   
Role of Radiographic Examination for Diagnosis of TMJ Arthrosis
The 6th Korea-Japan Joint Seminar of Dento-Maxillofacial Radiology,Seoul   1990   
Role of Radiographic Examination in Diagnosis of TMJ disorders
American Academy of Oral & Maxillofacial Radiology, 41th Annual Meeting,Boston   1990   
Role of coronal CT artyhrography in diagnosis of internal derangement of temporomandibular joint
The 9th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology,Budapest   1991   

Research Grants & Projects

 
Study on temporomandibular joint image diagnosis
Study on maxillofacial image diagnosis
Study on temporomandibular joint blood supply
Study on medical ultrasonics
Project Year: 1999